FC2ブログ

北迫薫の 日本のこと日本のもの

葦分け小舟にはなれないけれど

 
06
 
IMG_2588
                         ジュース絞り機


コープで見つけたジュース絞り器。
楽しいでしょ。
面白いでしょ、と書くべきか。
このような物を見つけるとワクワクしちゃいます。





バーゼル
                                さて白マムはどっちだ 笑


目的もなく街を歩くのは楽しいものです。
バーゼルの治安はとてもよいうえに
のんびりとしているので
日本にいるより寛げます。

新宿、渋谷、原宿、銀座。
ごみごみセカセカしています。



スイス バーゼル IMG_2581
                         ニキ・ド・サンファル 作 でしょうか?






P1010195








バーゼル P1010137








IMG_2583





バーゼル P1010193




歩いても、トラムに乗っても楽しい!



IMG_2600
                                    ビルを壊すオブジェ

新しいものと古いものが
とてもうまく融合しています。


                                            つづく


ライイン sp_l364



来年2020年の白マムも愛用する京都手帳がでました。


京都手帖2020


拙著 夜間飛行 ともどもよろしく。

  
スポンサーサイト



 
05
 

IMG_2594




ことわっておきます。
別に珍しい朝食ではありません。
白マム個人の備忘録です。

しばしお付き合いください。


バーゼル 69940749_2490648421027833_7575811080186757120_n
                                        ジャム







バーゼル 69791891_2490648501027825_8210755435792171008_n


見せ方がきれいなので、
トワイニングも凄く美味しく思えちゃいます。




バーゼル ヴィクトリアホテルの朝食 IMG_25685







バーゼル







70070242_2490648354361173_8708702652621389824_n








バーゼル ヴィクトリアホテルの朝食 IMG_25674







バーゼル ヴィクトリアホテルの朝食 IMG_25663








バーゼル ヴィクトリアホテルの朝食 IMG_25652







バーゼル ヴィクトリアホテルの朝食 IMG_25937
                                  貴腐サラミ






バーゼル ヴィクトリアホテルの朝食 IMG_25958


この白カビに覆われたサラミが大好きで何枚も
食べてしまいました。
このサラミ、あと1週間もすればねっとりとして
最高においしくなるなあと思いながらパクパク食べる
白マムです。





バーゼル ヴィクトリアホテルの朝食 IMG_25706


パンもコーヒーもチーズもサラミも
どれも美味しかったし
こじんまりだけれども
落ち着ける空間でした。




70641325_2490647471027928_7172090502324420608_n



朝食をいただきながら思った日本人と西洋人の大きな違いは
日本人は並んでいるものをありったけ皿に盛りつける。
西洋の人々は、パンにチーズにコーヒー程度の
盛り付け。

ちょっとわが身が恥ずかしい。。。





バーゼル大聖堂 IMG_2575 (2)
        食堂よりの眺め 手前 聖エリザベート寺院 奥 大聖堂





                                  つづく

ライイン sp_l364



来年2020年の白マムも愛用する京都手帳がでました。


京都手帖2020


拙著 夜間飛行 ともどもよろしく。

  




 
04
 
ライン川 69663450_2481801721912503_8933785086692687872_o


バーゼル市役所、マルクト広場をあとにして
ライン川にでます。

日本の川と違ってとうとうとした流れと街中だというのに
きれいな水です。

泳いでいる人がいました。


中央橋の袂には世界共通の愛の印の「鍵」。


バーゼル 中央橋 P1010064 (2)


この契りの鍵は日本的にいえば(マム的)このような
破風飾りで守られています。↓



バーゼル 中央橋 P1010066 (2)






P1010070 (2)
                                ミットレレ橋





バーゼル トイレ P1010079


畔で見かけたトイレ。
女子はどういうイラストなのだろうと考えてしまった。




P1010072







P1010085


可愛いホテルが並んでいます。




バーゼル ライン川 渡し舟


遠くに大聖堂の尖塔が見えます。

渡し舟に乗って対岸の大聖堂に向かいます。
つまり戻るというわけです。
舟は対岸に張ってあるロープをつたって進みます。

とても気持ちがよく
友人らと写真を撮りましたが
残念ながら友人の顔を晒すわけにはいかず
掲載はいたしません。





P1010084

近づくと大聖堂の屋根がきれいなタイル張りということがわかります。
舟は大聖堂の真下に着岸。
急階段をのぼり大聖堂へ向かいます。




P1010098 (2)






バーゼル大聖堂 69207337_2490833117676030_7142175037200531456_n (2)
                      バーゼル大聖堂


建設当初はロマネスク様式でしたが、
1356年の震災で倒壊。
現在の大聖堂はゴシック様式で再建されました。




バーゼル大聖堂






バーゼル 大聖堂 P1010107







バーゼル 大聖堂 P1010130






バーゼル 大聖堂 P1010111 (2)







バーゼル 大聖堂 P1010122






バーゼル 大聖堂 P1010119






バーゼル 大聖堂 P1010114







バーゼル 大聖堂 P1010118 (2)







バーゼル 大聖堂 P1010126







バーゼル 大聖堂 P1010113 (2)






バーゼル大聖堂 P1010129 (2)







バーゼル大聖堂 P1010127







バーゼル大聖堂 P1010109


簡素だけれどもステンドグラスがきれいな
素朴な寺院でした。




バーゼル 大聖堂 P1010138








バーゼル大聖堂 尖塔 IMG_2575 (2)


ホテルビクトリアより大聖堂を眺める




バーゼル大聖堂オフィシャルサイト


                           次回は街中散策 ぶら白マム                              

 
01
 
P1010076
                             バーゼル ライン川 赤い大聖堂 ミュンスター


「バーゼルに行ってきました」というと
殆どの人がきょとんとします。
「どこそれ?」
この反応は正しいでしょう。


私とて
合気道の講習会がなければバーゼルの地は
一生踏まなかったでしょうから。


スイス合気会 St.Jakobshalle(サンクト・ヤコブスハッレ)にて IMG_2590
サンクト・ヤコブスハッレにて


チューリッヒ空港から電車で1時間。
ドイツ・フランス・スイスの3国との国境に位置する
バーゼルは観光都市として知られていません。
だからでしょうか、観光客呼び込みの為
とても親切です。

ホテル滞在者にはバーゼルカードが無料で配布されます。
これがあれば
バーゼル市内の交通機関は滞在中無料ですし
美術館や博物館の入場料も割引になります。


バーゼル中央駅前 トラム P1010001



トラムが網の目のように発達していますから
無料券は助かりました。
トラム乗り放題です。


私が泊まったホテルヴィクトリアはバーゼル中央駅の真正面。
目と鼻の先です。
ホテル選びはとにもかくにも駅に近いが
優先順位1番です。


ホテルヴィクトリア 67429546_2422412064518136_6173260900900798464_n ホテルヴィクトリア 67416525_2422412101184799_6637915966497882112_n



トラムもホテルの前から次々に出ていますので
とても便利でした。
ホテルの隣りはコープですから4日滞在中の食事に
大変助かりあました。
ここから
有名な旧市街、ライン川はなだらかな坂を下って15分程でしょうか。
歩いていけますし、帰路はトラムに乗れば10分もかかりません。



バーゼル マルクト広場 P1010142
                                 マルクト広場


有名な赤い市庁舎があるマルクト広場で腹ごしらえ。
物価が高いスイスはレストランを避けてなるべく屋台や
コープで食料品を調達します。


バーゼル マルクト広場 67431536_2422441411181868_5281942113376796672_n バーゼル マルクト広場 P1010154

67472283_2422441644515178_6222049839597748224_n バーゼル マルクト広場67431008_2422441454515197_7060539872250953728_n





バーゼル 赤い市庁舎 67837596_2422441544515188_7158882047665111040_n





バーゼル市庁舎 P1010157 (2)
                                   赤い市庁舎 Rathaus



赤い市庁舎は真正面の道路が工事中で
残念ながらカメラにきちんとおさまりません。





バーゼル市庁舎 P1010152



市庁舎の向かいにマクドナルド発見。
シックです。



バーゼルのマクドナルド P1010153
                                       マクドナルド






バーゼル市庁舎 P1010156 (2)


市庁舎の前、マクドナルドの並びの老舗チョコレート店の
喫茶室です。名前・・・忘れてしまいました。
スイスは食べ物、飲み物が日本人にあっているといえます。
くどくありません。
特にコーヒーが美味しかったですね。



バーゼル P1010023




バーゼルはとても治安がよく街全体が豊かな
雰囲気です。
路地を歩いても危険を察知するようなことがなく
安心して歩けます。
犬連れもとても多くて犬好きの私はそれだけで
癒されます。

バーゼル P1010025
              ↑黒ラブがいます❤








バーゼル P1010042







バーゼル P1010027 (2)



マルクト広場から5分も歩けばライン川にでます。


                                       つづく


 
20
 
P1010458 (3)
                      バーゼル中央駅 Bahnhof Basel SBB


< バーゼルに行くには? >

といっても
バ-ゼルを観光目的として行く人は殆どいないでしょう。

私とて観光ならず、
合気道のスイス講習会会場がバーゼルだったので
合気道着の入ったスーツケースをゴロゴロとひっぱって
バーゼルへ赴いたのですから。

などと書くと旅慣れいるようですが
外国はまったくダメです。



IMG_2590
   St.Jakobshalle(サンクト・ヤコブスハッレ)内にて






70262500_2490832914342717_6438724883777060864_n




チューリッヒへの直行便のチケット
(スイスインターナショナルエアラインと全日空の共同運航、成田発)と
ホテルをオンラインで取るだけとると
あとは
欧州エキスプレス/マックスビスタトラベル
に泣きつきました。


訪問地と宿泊数を伝え
何度メールをしたことでしょう。
変更や訂正に対してきちんと対応してくださり
メールでわからないことは
電話をして訊くお婆さん白マムに
最後まで親切でした。

婆さん白マムはしつこく質問。
嫌な顔ひとつされませんでした。

本来はオンラインで電車のチケットは購入するのですが
婆さん白マムは細々と質問したくて
渋谷の道玄坂の事務所までいって
直に応答してもらい

スイスハーフカード及び
全行程の電車のチケットを購入しました。

1週間程度のスイス旅行ならばスイスパスより
ハーフカードの方がお得。
ハーフカードはユングフラウ鉄道やゴンドラが半額になる
ので、物価が高いスイスではとても助かりました。

スイス初日のスイス空港からバーゼル、
その後のグリンデルワルト、ユングフラウ鉄道往復、
帰路のチューリッヒの電車のチケットも
すべて欧州エキスプレス/マックスビスタトラベルにお世話になりました。

マックスビスタトラベルの担当者さんは
駅のプラットホームまで書き込んで下さる親切な方で
何一つ交通機関で戸惑うことはありませんでした。

さて
私たちが乗ったスイスインターナショナルエアラインは
7月9日10時10分に成田を発ち
スイス時間の9日15時15分にチューリッヒ空港につきました。

チューリッヒ空港からチューリッヒ中央駅には
間断なく電車が発車していますが、
マックスビスタトラベルさんは
バーゼルに行くにはチューリッヒ中央駅で
乗り換えないと行けないけど
17時48分のバゼール行きに乗ると乗り換えがありません、
と教えてくれました。

プラットホームは4 までも付け加えて。

しかし
入国に時間がかからず教わった電車の時間まで2時間もあります。
ならばと
頑張って乗り換えをと電車の駅へとゴロゴロガラガラと進みます。

駅は空港の最下層、地下三階にありますから
とにかく降りて行く。

スイスは改札がありませんので
そのまま電車に乗り込みました。

チケットは言いましたが日本で購入済みです。
マックスビスタトラベルさんがどれだけ親切かというと
どの切符にも「何月何日」と使用日が分かり易く
ポストイットに書かれています。
そしてプラットホームもね。(笑)

チケットは車内で検札されます(されない場合もある)。
検札時にハープカードとチケットを見せるとOKです。

改札がないということは
日本人感覚の駅員さんがどこにいるかわかりません。
だから
もし私たちが日本でチケットを購入せずにいちいち
乗車の度に自動券売機で購入していたら
やり方がわからず、訊くに訊けず
オタオタおろおろしていたことでしょう。


バーゼル IMG_2581
                           ニキ・ド・サンファルの作品(?)


<スイス ハーフフェアカード(Half Fare Card)>

スイス国鉄、バスなど大半の交通機関の料金が半額になります(期間1ヶ月)。
料金は、2等で120CHF(約13,300円)。
スイスの車両は1等と2等のみです。
2等で十分です。
車両もお手洗いもきれいです。

1週間程度~1ヶ月程度、スイスに滞在する方で
ユングフラウ鉄道を利用(50%OFF)する計画があり
移動の日程を早めに決められる方には
とても便利でお得だと思います。

スイスは物価が高くて交通費が驚くほど高いです。
だから
沢山のお得な交通カードがでています。
が、
沢山ありすぎてどれを組み合わせていいのかわからない。
随分と頭をひねりましたがわからない。
だから
欧州エキスプレス/マックスビスタトラベルにお世話になって
試算してもらったうえで
スイスハーフフェアカードを購入したわけです。

グリンデルワルトではゴンドラに乗りました。
これは予定にいれてませんでしたので
チケットをその場で購入しましたが、
ハーフカードを提示すると
往復6000円が半額の3000円になりました。

3000円でも高いと思われるかもしれませんが、
片道30分は乗るでしょうか。
日本のようにすぐに終点ではありません。
そして車窓の景色の素晴らしいこと。
3000円はちっともおしくありませんでした。



グリンデルワルト P1010216
                                    グリンデルワルト 






                                                 つづく


 
18
 
チューリッヒ P1010447
                          外国の牛は目が青い! チューリッヒ



合気道の用事でスイスに行ってきました。

バーゼル4泊
グリンデルワルト2泊
チューリッヒ1泊

いつになったらブログにアップできるや
私自身見当がつかないのですが
時間をかけて画像だけでも
アップできればと思っています。


バーゼル 赤い市庁舎 P1010151 (2)
                      バーゼル市庁舎








バーゼル P1010076
                                         ライン川







グリンデルワルト P1010216
                     グリンデルワルト・ユングフラウヨッホ





 
06
 
京都タワー DSC_0323 (3)


山科の毘沙門堂で精も根も使い果たした白マムです。

本当は大急ぎで奈良に行き東大寺さんの御朱印帳を
購入する計画をたてていましたが
もう身体がいうことをききません。

というわけで京都駅にてまったり。



DSC_0397







京都タワー DSC_0322



2泊3日でしたが
徳島、大津、京都、大阪、山科と
一人旅を満喫してまいりました。

お次はかなりの遠出を企画中です。



京都タワー DSC_0321 (2)




ライイン sp_l364

2019年5月2日
東京→徳島
5月3日
徳島大津三尾神社→三井寺 1 / レレレ観音 / 3 / 4京都瑞泉寺大阪心斎橋リズールホテル
5月4日
錦市場錦天満宮京都ロームシアター山科毘沙門堂山科聖天堂京都→東京





 
05
 
山科聖天堂 DSC_0300


本尊   大聖歓喜天
宗派   天台宗
山号   護法山
院号   安国院
創建年  寛文5年(1665年)  
開基   公海
正式名称  護法山双林院  
別称   山科聖天
所在地  京都市山科区安朱稲荷山町18-1
アクセス 山科駅徒歩20分
公式オフィシャルサイト


山科聖天堂 DSC_0295 山科聖天堂

山科聖天堂 DSC_0297 山科毘沙門堂 DSC_0298


毘沙門堂の石段を降り切ると山科聖天双林院の道標が
立っています。
山道を5分ほど歩くと聖天の鳥居が現れます。



山科聖天堂 DSC_0301


緑もみじに目を奪われます。
秋の紅葉はいかばかりかと想像。




山科聖天




↑大根と巾着↓の歓喜天のお印。



山科聖天堂 DSC_0313










山科聖天堂 DSC_0303
                                       聖天堂







山科聖天堂 DSC_0304
                            聖天堂のお印 大根と巾着







山科聖天堂
                                     不動明王堂







山科聖天堂 DSC_0310 (4)
                                    不動明王堂内部








DSC_0309
                   弁財天                  不動明王








DSC_0308
                           大日如来(?)








山科聖天堂 DSC_0311
                     お滝不動さん







山科聖天 ご朱印 IMG_20190530_0011
                  山科聖天堂 ご朱印



ライイン sp_l364


2019年5月2日
東京→徳島
5月3日
徳島大津三尾神社→三井寺 1 / レレレ観音 / 3 / 4京都瑞泉寺大阪心斎橋リズールホテル
5月4日
錦市場錦天満宮京都ロームシアター山科毘沙門堂山科聖天堂京都→東京


 
03
 
山科毘沙門堂 DSC_0234



本尊   毘沙門天
宗派   天台宗
寺格   天台宗京都五門跡
山号   護法山
院号   安国院
創建年 (伝)大宝3年(703年)  
開基   (伝)行基
正式名称別称   護法山安國院出雲寺

天台宗五門跡
      妙法院三千院青蓮院毘沙門堂、曼珠院

所在地  京都市山科区安朱稲荷山町18 
アクセス 山科駅徒歩20分
公式オフィシャルサイト



山科 山科毘沙門堂 DSC_0220

山科毘沙門堂 DSC_0222 山科毘沙門堂 DSC_0223

山科駅の案内通りに進むと、狭い線路脇のに出ます。
これが毘沙門堂への道かと?頭をひねりつつ歩くと
行き止まりとなり山側に折れます。

そこから緩やかな坂をずっと歩きます。
山はきれいですし、琵琶湖疎水なども流れていますが
この坂道が延々と続く。

山科毘沙門堂 DSC_0228 山科毘沙門堂 DSC_0224


日差しを遮るものがなくて完全に顎が出ている
白マムです。

毘沙門堂跡の碑が見えてきました。
気分的には20分以上かかりました。
日差しがきつい日はかなり体力を消耗しますので
要注意です。



山科毘沙門堂 DSC_0229







山科毘沙門堂 DSC_0234







山科毘沙門堂 DSC_0237 (2)
                                           仁王門


仁王門の向こうに朱色の唐門がみえます。
本堂はその向こうです。




山科毘沙門堂 DSC_0239 山科毘沙門堂 DSC_0238








山科毘沙門堂 DSC_0240 (2)







山科毘沙門堂 DSC_0242
                                                手水






山科毘沙門堂 DSC_0244 (3)
                            唐門の破風下の蟇股、大瓶束






山科毘沙門堂 DSC_0245 (2)
                                             本堂






山科毘沙門堂 DSC_0289
                                             本堂






山科毘沙門堂 DSC_0247


本堂にはお前立の拝毘沙門天がおられ
続く霊殿にはハ方睨みの龍の天井図が
観られます。




山科毘沙門堂 DSC_0288







山科毘沙門堂 DSC_0248







山科毘沙門堂 DSC_0250







山科毘沙門堂 DSC_0257
                                          晩翠園







山科毘沙門堂 DSC_0260
                                          手水鉢


実はこの毘沙門堂を目指した理由は
手水鉢の銘器があると聞き及んでいたからです。
手水鉢が好きな私としては見逃せないと
キョロキョロした結果、上の画像の鉢が銘器らしい、、、です。

あとで案内の方に訊いたのですが「さあ?」と
首を傾げられました。

    晩翠園の一角にある銘器で一品
    公弁親王が大変好まれた鞍馬自然石の手洗いで、
    上野寛永寺へ下向の砌り牛に引かさせて所持
    されたことでも有名である。

                  毘沙門堂web.より引用

この手水、緑に覆われすぎて
残念ながら姿かたちがよくみえませんでした。



山科毘沙門堂 DSC_0254
                                           宸殿







山科毘沙門堂 DSC_0269
                                        勅使門より







山科毘沙門堂 DSC_0274
                                          勅使門







山科毘沙門堂 DSC_0267
                                      勅使門破風下







山科毘沙門堂 DSC_0271
                                           玄関







山科毘沙門堂 DSC_0263








山科毘沙門堂 DSC_0275







山科毘沙門堂 DSC_0276




本堂、宸殿エリアから出ると、緑の中に
堂宇が点在します。



山科毘沙門堂 DSC_0279 (2)
                                         一切経蔵






山科毘沙門堂 DSC_0278








山科毘沙門堂 DSC_0281








山科毘沙門堂 DSC_0284
                          弁天堂


      太閤秀吉公の(母)大政所が大阪城内で念じ、
      大阪城落城後に(奥方)北政所が高台寺に移され
      祀られた弁才天であったが、
      当門跡中興第三世一品公弁親王が巡錫の砌り、
      庶民福楽の為に、所望せられて当地に勧請せられた。

                毘沙門堂web.より引用



山科毘沙門堂 DSC_0287









山科毘沙門堂 DSC_0285


境内を出て
勅使門にまわります。




山科毘沙門堂 DSC_0291


敷もみじで有名な勅使門へ続く石段です。





山科毘沙門堂 DSC_0292 (2)
                                         勅使門






毘沙門堂 御朱印
                  毘沙門堂 ご朱印




ライイン sp_l364


<天台宗五門跡>

妙法院
三十三間堂本坊妙法院 普賢菩薩 PB010159

三千院
大原 三千院2012年11月25日_DSC_0023

青蓮院
青蓮院 相阿弥の庭P4140163

毘沙門堂
山科毘沙門堂 DSC_0234

漫珠院
  残念ながら未拝観です

2019年5月2日
東京→徳島
5月3日
徳島大津三尾神社→三井寺 1 / レレレ観音 / 3 / 4京都瑞泉寺大阪心斎橋リズールホテル
5月4日
錦市場錦天満宮京都ロームシアター山科毘沙門堂山科聖天堂京都→東京





 
01
 
DSC_0205



俵屋に泊まりました。

と言いたいところですが、
錦天満宮から京都ロームシアターに向かう途中のタクシー
からパチリ。

タクシーの運転手さんが気をきかせてくれて
「あれが俵屋ですよ。写真撮らはったらどうですか」
と教えてくれました。

なんと
テレビで何度かお顔を拝見したことのある
女将と若女将が立っておられました。


俵屋 DSC_0207

黒塗りのハイヤーがス~っと動き出したので
お泊り客のお見送りだったのでしょう。




DSC_0211


ロームシアター蔦屋店では
敬愛する中川学画伯の本が展示されおり
なにがなんでも観なければ気がおさまらない、、、というわけで
タクシーで乗りつけた次第。



DSC_0209


榲桲に目鼻のつく話 の刊行記念の展示は
残念ながら店内撮影禁止でした。
こっそり1枚だけ禁を犯して撮ってしまいました。
ごめんなさい。

中川学 榲桲に目鼻のつく話 DSC_0334
                            ジャケットサイズのイラスト


ジャケットサイズのイラストを購入したところ
丸坊主の店長さんらしき方が
「どちらからおいでですか?」
と、お訊きになるので
「東京です。中川さんのファンです」
と言ったところ
「僕、中川さんよく知ってます」
との返答。
わたくしめ、まじまじと坊主頭をながめて
お返し。

「もしかしてお坊様ですか?」

「そうです。坊主で店員やってます。
中川さんは坊主でイラストレーターやってます」
と破顔。

短い会話でしたが
楽しかったです。

こういうちょっとした出会いがいいですね。

これは↓中川学さんが書いてくださった合気道のポスターです。
合気道入江道場 京都
                京都 合気道入江道場の詳細



それでは
次の目的地→→→山科 毘沙門堂へ


ライイン sp_l364

2019年5月2日
東京→徳島
5月3日
徳島大津三尾神社→三井寺 1 / レレレ観音 / 3 / 4京都瑞泉寺大阪心斎橋リズールホテル
5月4日
錦市場錦天満宮京都ロームシアター山科毘沙門堂山科聖天堂京都→東京







プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
2月22日 新潮社より長編書下ろしが世にでました。「夜間飛行 北迫薫」。
現在アマゾンにて購入できます。

てんやわんやの日常blg.
古巣の楽天blg.(多数の寺院あり)

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday