白マム印 日本のこと日本のもの

 
21
 
高台寺1                                             ねねの道

高台寺勅使門 P5010503
                                 勅使門 方丈より


勅使門とは天皇の代理としてつかわされた人(勅使)を
迎えるためにつくられた門をいいます。
そのため勅使門は特別、あるいは格別な門として
技術の粋をこらした門といえます。

近代に至る数度の火災で仏殿、方丈などを焼失。
創建時の建造物で現存しているのは、
開山堂、秀吉と北政所を祀る霊屋(おたまや)、
茶室の傘亭と時雨亭などです。

勅使門も大正元年(1912年)に方丈とともに
再建されたものです。



高台寺 勅使門 P5010571
                                 表より 高台寺 勅使門






高台寺 勅使門 P5010569
                                            懸魚






高台寺 勅使門 P5010568
                                上 笈形   下 蛙股(蟇股)

蛙股は「波に兎」。
謡曲 『竹生島ちくぶしま』 の一節に由来すると言われます。

『 緑樹影沈んで 魚木に登る気色あり 
月海上に浮かんでは 兎も波を奔るか 面白の島の景色や 』




高台寺 勅使門 P5010566
                                上 笈形   下 蛙股(蟇股)

こちらの蛙股は
「唐獅子に牡丹」。

これに関しては臨黄ネットの法話。
牡丹に唐獅子 竹に虎
をごらんください。
なるほどと唸るお話です。





高台寺 勅使門 P5010564

上より
懸魚 笈形 蛙股 蛙股 





高台寺 勅使門 P5010565








高台寺 勅使門 P5010567








高台寺 勅使門 P5010572







高台寺 勅使門 P5010575





高台寺勅使門 P50105701



勅使門に、興味を持つようになったのは
仁和寺さんの繊細なレースのような
透かし彫りの勅使門を見て以来です。


仁和寺勅使門 京都特別公開 055




<4月30日・5月1日>
4月30日
東京→京都府、蟹満寺→奈良、奈良国立博物館・快慶展
資料センター・興福寺三条通り
5月1日
奈良博・快慶→東大寺→京都、八坂神社・円山公園
長楽寺→八坂界隈 /→高台寺 //→東京



スポンサーサイト
 
18
 
長楽寺                                             祇園閣

P5010470
                            大谷祖廟(東本願寺) 唐門


長楽寺を拝観し大谷祖廟の
唐門を眺めます。
こちらは東本願寺さんです。



大谷祖廟 唐門






P5010473
                                   上 笈形 下 蛙股





P5010472
                                           束




<4月30日・5月1日>
4月30日
東京→京都府、蟹満寺→奈良、奈良国立博物館快慶資料センター・興福寺三条通り
5月1日
奈良博・快慶→東大寺→京都、八坂神社・円山公園
長楽寺→八坂界隈 /→高台寺 //→東京



 
18
 
前回 開山堂                                        次回 方丈の南庭

234955643_624_v14601266021.jpg
                                     方丈 恩賜門(勅使門)

明治14年(1881)12月、東福寺は方丈よりの
出火により、方丈、庫裏、法堂、仏殿を
焼失します。

翌年、英照皇太后、昭憲皇后から、
東福寺に再興のため
の賜金があり、ゆえに方丈の唐門を
恩賜門とよぶようになりました。

正面からみると優美ですが
このようにま横からみると
堂々とした益荒男をおもわせる
姿をしています。

東福寺本坊恩賜門(唐門)P1110141


設計は京都府技師の亀岡末吉です。

         亀岡末吉はこのブログに何度も名前が
         出て来ます。
         仁和寺の勅使門の亀岡末吉の設計です。

この恩賜門の向こうには
重森三玲の有名な庭があるということで、
拝観の方々は足早にこの門の前を
通りすぎ、足を止める人は
滅多にいません。

もたいいないことです。



東福寺本坊恩賜門(唐門)P1110143

アーチ型の唐破風の下は
兎毛通懸魚(うのけどおしげぎょ)に
大瓶束、蟇股と、
力強いのに優美な装飾が施されていて
見どころが満載です。

東福寺本坊恩賜門(唐門)P1110142

透かし彫りに陽がさすとまるで
レースのようです。


東福寺本坊恩賜門(唐門)P1110147





東福寺本坊恩賜門(唐門)P1110145

唐門は勅使門なので、
菊の模様が多用されています。
この門も多分にもれず
菊が中心となり唐草や藤の花に
花菱が
意匠されています。


東福寺本坊恩賜門(唐門)P1110146




東福寺本坊(方丈)南庭と恩賜門 2010年10月31日_DSC_0226


方丈に入り
重森三玲の作庭で有名な南庭より
恩賜門をながめてみましょう。
後ろには法堂がひかえています。



東福寺 本坊恩賜門(唐門・勅使門) P1110210

左に庫裏が見えます。


                            次は方丈の庭、重森三玲の
                                 作庭をみてみましょう→


en1参考en1


<境内マップ>

map1.jpg


< 仁和寺勅使門 >

京都 仁和寺 勅使門
*仁和寺勅使門の詳細はコチラをご覧ください

< 近辺情報 >

泉涌寺 東福寺駅徒歩10分 アクセス詳細
PB010123
*拙ブログ泉涌寺


伏見稲荷 伏見稲荷駅徒歩5分 アクセス詳細
京都伏見稲荷2014年05月04日_P5040766
                      伏見稲荷 奥之院
*拙ブログ伏見稲荷



en1備忘録en1
2015年1月11日
龍安寺 /勝林寺→東福寺 /////////10→京博


< 臨済宗大本山 東福寺 2015年1月11日拝観記 >

1 三門、東司、仏殿
2 三門、仏殿内部
3 三名橋 臥雲橋・通天橋・偃月橋
4 常楽庵開山堂
5 方丈恩賜門
6 方丈(本坊)重森三玲の庭 南庭
7 重森三玲の庭 東庭・西庭・北庭
8 本坊の大瓶束
9 龍吟庵 重森三玲の庭
10 鎮守社 五社大明神 


 
01
 
234955643_624_v14601266021.jpg
                                     方丈 恩賜門(勅使門)

明治14年(1881)12月、東福寺は方丈よりの
出火により、方丈、庫裏、法堂、仏殿を
焼失します。

翌年、英照皇太后、昭憲皇后から、
東福寺に再興のため
の賜金があり、ゆえに方丈の唐門を
恩賜門とよぶようになりました。

正面からみると優美ですが
このようにま横からみると
堂々とした益荒男をおもわせる
姿をしています。

東福寺本坊恩賜門(唐門)P1110141


設計は京都府技師の亀岡末吉です。

         亀岡末吉はこのブログに何度も名前が
         出て来ます。
         仁和寺の勅使門の亀岡末吉の設計です。

この恩賜門の向こうには
重森三玲の有名な庭があるということで、
拝観の方々は足早にこの門の前を
通りすぎ、足を止める人は
滅多にいません。

もたいいないことです。



東福寺本坊恩賜門(唐門)P1110143

アーチ型の唐破風の下は
兎毛通懸魚(うのけどおしげぎょ)に
大瓶束、蟇股と、
力強いのに優美な装飾が施されていて
見どころが満載です。

東福寺本坊恩賜門(唐門)P1110142

透かし彫りに陽がさすとまるで
レースのようです。


東福寺本坊恩賜門(唐門)P1110147





東福寺本坊恩賜門(唐門)P1110145

唐門は勅使門なので、
菊の模様が多用されています。
この門も多分にもれず
菊が中心となり唐草や藤の花に
花菱が
意匠されています。


東福寺本坊恩賜門(唐門)P1110146




東福寺本坊(方丈)南庭と恩賜門 2010年10月31日_DSC_0226


方丈に入り
重森三玲の作庭で有名な南庭より
恩賜門をながめてみましょう。
後ろには法堂がひかえています。



東福寺 本坊恩賜門(唐門・勅使門) P1110210

左に庫裏が見えます。


                            次は方丈の庭、重森三玲の
                                 作庭をみてみましょう→


en1参考en1


<境内マップ>

map1.jpg


< 仁和寺勅使門 >

京都 仁和寺 勅使門
*仁和寺勅使門の詳細はコチラをご覧ください

< 近辺情報 >

泉涌寺 東福寺駅徒歩10分 アクセス詳細
PB010123
*拙ブログ泉涌寺


伏見稲荷 伏見稲荷駅徒歩5分 アクセス詳細
京都伏見稲荷2014年05月04日_P5040766
                      伏見稲荷 奥之院
*拙ブログ伏見稲荷




en1備忘録en1
2015年1月11日
龍安寺 /勝林寺→東福寺 /////////10→京博


< 臨済宗大本山 東福寺 2015年1月11日拝観記 >

1 三門、東司、仏殿
2 三門、仏殿内部
3 三名橋 臥雲橋・通天橋・偃月橋
4 常楽庵開山堂
5 方丈恩賜門
6 方丈(本坊)重森三玲の庭 南庭
7 重森三玲の庭 東庭・西庭・北庭
8 本坊の大瓶束
9 龍吟庵 重森三玲の庭
10 鎮守社 五社大明神 






 
18
 
←前回 大師教会                                     次回 高野幹部交番→

115960226_org_v1449724238.jpg
                                 遍照光院 正門(表)の破風飾り


この龍の破風飾り
素敵でしょ。

高野山 遍照光院の正門および正面玄関の
飾りはそれはそれは見事で見飽きないものです。

ご本尊は快慶作の阿弥陀如来立像でいらっしゃいます。

宿泊がかなわなくとも
この門と正面玄関をのぞくだけでも
おすすめの宿坊です。



47825920_org_v1448169220.jpg
                                           遍照光院 唐門 (表)

< 高野山別格本山 遍照光院 >

  高野町高野山575番地
  電話:0736-56-2124


遍照光院は高野山の寺院なかでも弘法大師が
創建されたといわれ非常に格式の高い別格本山です。
1265年頃に、それまで風化しやすかった木製の
卒塔婆だった道標の町石を石塔にかえられたのは
遍照光院の覚きょう上人です。そのおかげで
道標(町石)は、今日にも姿をとどめています。



高野山遍照光院 正門唐門47826390_org_v1449772841
                                        正門全景






遍照光院 正門から門破風飾り(内側から見たところ) PB030724
                                正門を内側から見たところ

この破風飾りの一番上(懸魚?)には
雲と三鈷杵(さんこしょう)があらわされています。

確認をとっていませんが
多分、下記の言い伝えを表現しているのでは
ないでしょうか。

  弘法大師が唐より帰国される折、明州の浜より真言密教をひろめるに
  ふさわしい場所を求めるため、日本へ向けて三鈷杵(さんこしょう)を
  投げると、紫雲がたなびき、三鈷は雲にのり日本にむかいました。


画像の一番下には寺紋が二つみえます。
ひとつは
「丸に二つ引き」。

丸に二つ引きはお寺さんにとてもよくみられます。
これはもともと、足利氏の紋ですから
室町幕府に庇護されていたり関係がある
お寺は「権威」の象徴として寺紋としたようです。

遍照光院 正面玄関破風飾り 丸に対い鶴 PB030728



もう一つは「丸に対い鶴」です。


高野山 遍照光院扁額 PB030741



正門の脇も立派です。


高野山遍照光院 正門脇 PB030733
                                    高野山遍照光院 正門脇


笈型も堂々としています。

高野山 遍照光院 正門脇 笈型 PB030735
                                遍照光院 正門脇 笈型





高野山遍照光院 正門脇 PB030736
                                    遍照光院 正門脇



さて
この正門の全景を再度みてください。

高野山遍照光院 正門唐門47826390_org_v1449772841


正門に左右に対になった
建物が見えるでしょ。
名称が不明なので建物としか
いえないのが悲しいのですが。
     ご存じの方、ご教示ください。


高野山遍照光院 破風飾り 力士 PB030738



その建物をみると
屋根の奥に屋根を支える力士さん。

そして懸魚の獅子。

どちらもとても迫力があります。

高野山 遍照光院 破風飾り 力士 PB030737
                            屋根の支柱の力士





高野山遍照光院 破風飾り PB030739
                                懸魚の獅子



この二つは、遍照光院に過去2度訪れて
3回目の訪問で気が付きました。

どこも見落とせない遍照光院の唐門です。


正面玄関も当然、細やかな細工が施されています。



遍照光院 正面玄関破風飾り PB030722
                             遍照光院 正面玄関破風飾り




懸魚には

高野山遍照光院 正面破風飾り 飛龍・応龍 PB030729
                               正面破風飾り 飛龍・応龍

飛龍(応龍)と鳳凰。





遍照光院 正面玄関破風飾り PB030727







高野山 遍照光院 玄関
                 玄関内部 透かし彫り

玄関内部の蓮のモチーフにした意匠は↑
アールデコのように洗練されて目をうばいます。います。




2010年08月15日_DSC_0268遍照光院
                                      玄関内部の装飾






2010年08月14日_DSC_0218遍照光院
                                      玄関内部の装飾



今回の2015年11月の訪問時は宿泊は遍照光院ではありませんが
5年前(2010年8月)の宿泊時の写真をアップいたします。



2010年08月15日_DSC_0275遍照光院






2010年08月15日_DSC_0277遍照光院 2010年08月14日_DSC_0248遍照光院
朝食                        夕食





2010年08月15日_DSC_0253遍照光院






2010年08月15日_DSC_0254遍照光院


遍照光院のご本尊は
快慶作の阿弥陀立像です。

このご本尊さんに拝観できるのは
こちらに宿泊して朝のお勤めに参加する
ことが条件です。

勿論白マムは
参加させていただき本堂にはいらせて
いただきました。

が、

残念なことに暗すぎて
一生懸命に目をこらしたのですが
阿弥陀立像様は闇の中。

「お仏像様は目でみるものではなくて
心でみるもの」

よくいわれるのですが、
凡人なる白マムはとても残念でした。

IMG_NEW_0003

目にうつるのは
闇に浮かぶ
阿弥陀さまの玉眼のみ。

しかし
同じ空間においでだと思うだけでも幸せと
思わねば。



お姿は↓こちらです。


遍照光院 阿弥陀如来像(快慶作)
  遍照光院 阿弥陀如来像(快慶作)



遍照光院は
門と正面玄関の意匠が素晴らしいうえに
ご本尊は快慶作阿弥陀如来立像。
1泊するに値する宿坊といえます。

レビュー等を見ますと
人気も高いようです。

  気になるのは
  流行っているのが裏目にでて
  ちょっと「俗」気が多いような。
                                             次回 高野幹部交番→

en1参考en1
遍照光院オフィシャルサイト
高野山参詣案内図
<楽天トラベル>

<近辺情報>
苅萱堂
30344ag2130010970_1.jpg


en1備忘録en1

11月1日
東京→京都→東寺(五重塔金堂、講堂、小子房灌頂院)→
泉涌寺塔頭(即成院、悲田院、戒光院)→
三十三間堂本坊妙念院→三十三間堂→京博(琳派展)→
奈良
11月2日
奈良→法隆寺(上御堂、金堂、講堂、五重塔、大宝蔵院)→
高野山→霊宝館
→大師協会→赤地蔵→金剛峯寺→光台院
11月3日
光台院→金剛峯寺→根本大塔→奥之院→遍照光院→東京

                                     赤字:特別拝観
                                     青字:要電話   


プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday