白マム印 日本のこと日本のもの

 
05
 

張子のハシビロコウ P4012331


張子作家の大野博之さんより
ハシビロコウ君が届きました。





張子のハシビロコウ 大野博之作 P4012326







我が家の十二支は十三支になりそうです。



張子の十二支とハシビロコウ P4012333




                                     *張子のまねき屋
                                     *まねき屋のきのこblog




スポンサーサイト
 
03
 




                PC30173611.jpg


                       今年一年
                       どなたさまも 幸 多からんことを 

                                        白マム



                                                     

                                                  張り子 大野博之


 
28
 
張子 大野博之作 PC281704

まねき屋さんから
来年の干支の酉、鶏さんが届きました。


大野博之さんの張子の起き上がり小法師。
干支を集めだして5年ということになります。

一度に全部購入することも出来ますが
毎年一個づつ送っていただいています。


張子ってどうやってつくるんだろうと
疑問を持ったことから作り出した
張子ですが
わからないことだらけ。

素人の私の質問に丁寧に答えてくださったのが
張子 まねき屋」の大野さんです。


         ↓思考錯誤の白マム印の張子↓

張子の唐茄子7 張子の唐茄子青河馬13
張子の型2012年07月06日_P7060444        張子の作り方2012年05月28日_DSC_2494






以来、一方的に親しくではなく
親しみを感じさせていただいている仲(?)
です。

大野さんはキノコ博士でもあって
キノコのブログはとても面白く
かつ
勉強になります。



                    *張子 まねき屋
                    *まねき屋のキノコblog
                    
 
05
 
2014年01月04日_DSC_0312
                              神馬 まねき屋・大野博之 作




昨年に続き今年も
まねき屋・大野博之さんの
干支張子を購入しました。

大野さんの張子は従来の
作り方が「民芸」っぽいといいうか、
民芸だからちょっと雑でもいい。
みたいな
甘えがないので大好きです。

民芸雑貨店や、和物を置いている高級店でも
驚くほど稚拙な造りの張子が
びっくりするほど高いお値段で飾られています。

それなら私でもできるわいな。

思って私も作ってみたりしたわけです。↓


張子の唐茄子7張子の猫面2012年07月07日_P7070451

その作業工程で
教えを請うて気持よく教えてくれたのが
大野さん(そういう意味では先生です)です。

実際に大野さんの作品を手にすると
これ張子ですか?

叩いてみたり、ひっくり返してみたりと
してしまうくらいツルンツルンです。

昨年、宝珠蛇を購入して今回で2作。
干支全てコツコツと揃えるつもりですので
あと10年かかります。


張子 干支神馬 大野博之2014年01月05日_DSC_0315



張子 干支神馬 大野博之作2014年01月05日_DSC_0314



*1/9~11には東大阪の布施戎に出店をなさいます。
まねき屋さんのホームページ
♡♡これも張子です・・・かね!?←ご覧ください。




 
15
 
張子 宝珠蛇2012年12月14日_PC140080
                              宝珠蛇 まねき屋・大野博之 作


張子を見よう見真似で
作って遊ぶにあたって
たくさんのブログを拝見させて
いただいて
いろいろと教えていただいたり
参考にさせていただきました。


張子 宝珠蛇2012年12月14日_PC140078


数多くのお世話になった方々のその中で、
「この方の作品を実際手にとってみたい」
と、
思ったのが、
まねき屋の大野博之さんの作品でした。



張子 宝珠蛇2012年12月14日_PC140075



なぜ大野さんだったかというと、
意匠が洗練されていること、
それ以上に
写真で見るかぎり質感がまったく違ったと
いうことです。

ツルンツルンです。

多分、胡粉7度塗りの成果だと思うのですが、
まるで、
プラスティック
まるで
陶器です。



来年の干支は蛇ですが、
私は蛇が大嫌い。
怖くて、作りものでもいけません。

ところが、
まねき屋さんの十二支の
「宝珠蛇 笑い目」ときたら
愛らしい。

そのうえ
形がとてもシンプル。

そのうえ
そのうえ
お値段も本を1冊読むのを我慢すればよい
お値段。


私の手元に届いて当然の張子です。




張子 宝珠蛇2012年12月14日_PC140074




包みを開いて驚きました。
これは
まるで陶器です。
爪で
はじいてみたら
コン と 硬質な音がしました。

この宝珠蛇は起き上がり小法師です。
コンとはじくとグラグラ揺れてまた
元にもどります。
とても縁起がよいものです。


今現在所有している
中尾俊雄(3代目)作の虎の張子同様
孫の代までも
大切にしようと思っています。



en1 en1



まねき屋さんのホームページ


張り子の虎(中尾俊男作)
3代目中尾俊雄作

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday