白マム印 日本のこと日本のもの

 
31
 
29年度

IMG_20180325_175720_949.jpg


東大寺友の会会員証が届きました。
30年度の会員証の画像は

以前、三昧堂(四月堂)におられた
千手観音菩薩立像の御手のアップです。

わたくしは小さな堂宇の三昧堂が
大好きでした。
そのなかにおわすこの観音様のふくよかで
なまめいたお姿に魅せられていました。
その脇には
白像に乗られた普賢菩薩さまがおられて
その気高いこと。

東大寺を訪れると
必ず訪れる場所でした。

今も
好きなお堂ですが
千手観音さまはもうここには
おられず
ミュージアムのお引越しをされています。




東大寺三昧堂(四月堂)IMG_0001_NEW_0004



<東大寺友の会>

年会費 3.000円
特典
・大仏殿、法華堂、戒壇堂を無料参拝。
・東大寺ミュージアム入館無料。
・東大寺の諸行事、講演会、展覧会などの案内送付。
・東大寺友の会主催の演奏会(会員特別割引)の案内送付。
・東大寺手帳配布。
・宗報『華厳』配布。

入会に関しての詳細は東大寺公式ウェブサイトをご覧ください。

ライイン sp_l364

東大寺と東北 展 ―― 復興を支えた人々の祈り


東日本大震災復興祈念特別展
東大寺と東北
復興を支えた人々の祈り

日時 4月28日~6月2日
会場 多賀城市東北歴史博物館
アクセス 仙台駅、JR東北本線に乗り換え、
       国府多賀城駅下車すぐ(仙台駅から14分)


東大寺と東北 復興を支えた人々の祈り IMG_20180305_0007

*詳細はコチラをご覧ください。

スポンサーサイト
 
12
 
東大寺と東北 復興を支えた人々の祈り IMG_20180305_0007

東日本大震災復興祈念特別展
東大寺と東北
復興を支えた人々の祈

日時 4月28日~6月2日
会場 多賀城市東北歴史博物館
アクセス 仙台駅、JR東北本線に乗り換え、
       国府多賀城駅下車すぐ(仙台駅から14分)
オフィシャルサイト


東大寺と東北 IMG_20180305_0010



lli01嬉しいことに4月28日は
第222世東大寺別当 狹川 普文師
彫刻家 三輪 途道先生、日本画家 篠崎 悠美子先生
によるトークショー、
「重源上人模刻像制作秘話」が講演されますlli01

日時 4月28日(土) 10時30分~12時
詳細はコチラ



lli01当日は三浦じゅん氏といとうせうこう氏の
トークショーも行われますlli01

日時 4月28日(土)13時30分~15時
会場 多賀城市文化センター 市民会館小ホール
     (多賀城市中央2-27-1)
詳細はコチラ



lli01関連企画、東大寺本坊襖絵32面が展示されますlli01

東大寺・奈良を彩る花の襖絵展 

IMG_20180305_0012

会場 TFUギャラリーミニモリ
アクセス JR仙石線/仙台駅から徒歩約2分
詳細はコチラ

IMG_20180305_0013


   lli01  lli01  lli01  lli01

復興のお役に少しでもたてばと白マムは
28日に多賀城市東北歴史博物館 にまいります!
皆さま、多賀城でお会いしましょう


          
リッチモンドホテル仙台​  ホテルモントレ仙台
 


 
11
 
三条通り                                     京都 八坂界隈→                                      

東大寺 中門 兜跋毘沙門天 IMG_0606IMG_0608
                              東大寺 中門 兜跋毘沙門天






持国天2013年03月03日_DSC_0023 兜跋毘沙門天2013年03月03日_DSC_0022
持国天                       兜跋毘沙門天



奈良国立博物館に行ったならば
東大寺ははずせません。
東大寺には好きなお仏像さんがおいでですし
私のお仏像好きの原点でもありますから。



東大寺 仁王門 IMG_0586

聖武天皇祭を翌日に控えているせいでしょうか。
珍しいことに南大門にテンプルカーテン(門帳)が翻っていました。

この門帳には鳳凰丸と八雲が配されています。
東大寺さんの寺紋は「鳳凰丸」?
このことに関しては宿題ですね。




東大寺 仁王門 IMG_0588 東大寺 仁王門 IMG_0600



東大寺 仁王門 IMG_0594


南大門には運慶快慶で名高い仁王・金剛力士像
安置されて、拝観者の目を奪っていますが
その背面には1196年に造られた
石獅子像が安置されいます。
ほとんどみなさん素通り。

宋人の作ということもあるのでしょうか
とてもエキゾチックです。
お洒落な首飾り。台座も素敵です。


今回のお目当て(失礼ないいまわしですね)は
中門の兜跋毘沙門天さん。


247595335_v1494151359.jpg



この中門の兜跋毘沙門天も無視に近いと
過言ではないでしょう。




東大寺 中門 兜跋毘沙門天 IMG_0606IMG_0609


毘沙門天が地天女(地母神)に支えられている
といいますか
掌に乗っているというのが正しいのか・・・。
傍らには二鬼(尼藍婆、毘藍婆)がいます。

毘沙門天の
衣装は金鎖甲(きんさこう)という鎖を編んで作った鎧に、
腕には海老籠手(えびごて)と呼ぶ防具を着け筒状の宝冠を
かぶっておいでです。

地天女
尼藍婆、毘藍婆
金鎖甲、海老籠手

この条件を満たした毘沙門を
兜跋毘沙門天(とばつびしゃもんてん)

いいます。


      作者は、大仏殿の
      如意輪様と虚空蔵様を作造した
      京都の仏師山本順慶一門と、
      大坂(阪)の仏師椿井賢慶一門らで、
      江戸時代に制作されました。


       木造如意輪観音坐像2013年01月14日_DSC_0410




兜跋毘沙門天の向かいには持国天が安置されています。


IMG_0612




*毘沙門天と多聞天は同一のお像です。
 四天王として四像で安置されると多聞天となり
 単一の場合は毘沙門天となります。


en1参考en1

   


<兜跋毘沙門天 伝説>

1200年以上も昔、中国の西域地方のある都市(城)が、
他国の民族に攻められ、囲まれてしまいました。もう終わりか!と
思われたその時です。
ゴ-ゴゴ-ッというすごい地響きと共に地面が、
激しく揺れだしました。
そして地母神が戦いの神,毘沙門天を掌にのせ、
メキメキッと音をたてて地面を割って姿を現したのです。
これに驚いた敵は、逃げていきました。
それ以来
唐の国では、この時の毘沙門天の姿を守護神(しゅごしん)
として、まつるようになりました。

東寺の宝物館には安置されている
兜跋毘沙門天は元は平安京の羅城門の楼上に
祀られ平安京を護っていたといわれています。

空海と密教美術展 兜跋毘沙門天
    東寺 兜跋毘沙門天



IMG_0004大宰府 観世音寺
     福岡大宰府 観世音寺 兜跋毘沙門天 


<4月30日・5月1日>
4月30日
東京→京都府、蟹満寺→奈良、奈良国立博物館・快慶展
資料センター・興福寺三条通り
5月1日
奈良博・快慶→東大寺→京都、八坂神社・円山公園
長楽寺→八坂界隈 /→高台寺 //→東京





 
03
 
28年度

いつも手元に届くのが楽しみです。

どんな写真かな、と。
今回は
大仏様の光背の化仏でした。




東大寺友の会 会員証 P4022341
                                   東大寺友の会 会員証





                              東大寺友の会に関しては東大寺公式サイト
                              ごらんください。



 
27
 
東大寺3

P1221008






P1220998






東大寺大仏殿 回廊 P1220996


冬空の東大寺は寒々しいものです。
けれども
回廊のお土産物屋さんは彩り鮮やか。


東大寺 お土産物屋 P1221010






東大寺 お土産物屋 P1221005

しかまろくん を 見ると
あの「せんとくん」騒ぎはなんだったのか!?

思ってしまいます。



東大寺 お土産物屋 P1221011


これに手をだしたら
大変なことになるので
いつも足早に通り過ぎることにしています。

和の心 仏像コレクション

東大寺 和の心 仏像コレクション P1221002







東大寺 和の心 仏像コレクション P1221004







東大寺 和の心 仏像コレクション P1221001



なんて素敵なんでしょう!
目の毒です。。。




東大寺 和の心 仏像コレクション P1221000



目の毒ですってばあ。。。。。。。



< 2017.1.22の足取り >
東京6:50発→京都9:11着→京都国立博物館聖護院→奈良
→東大寺 ///興善寺十輪院→東京20:10着

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday