白マム印 日本のこと日本のもの

 
21
 
高台寺1                                             ねねの道

高台寺勅使門 P5010503
                                 勅使門 方丈より


勅使門とは天皇の代理としてつかわされた人(勅使)を
迎えるためにつくられた門をいいます。
そのため勅使門は特別、あるいは格別な門として
技術の粋をこらした門といえます。

近代に至る数度の火災で仏殿、方丈などを焼失。
創建時の建造物で現存しているのは、
開山堂、秀吉と北政所を祀る霊屋(おたまや)、
茶室の傘亭と時雨亭などです。

勅使門も大正元年(1912年)に方丈とともに
再建されたものです。



高台寺 勅使門 P5010571
                                 表より 高台寺 勅使門






高台寺 勅使門 P5010569
                                            懸魚






高台寺 勅使門 P5010568
                                上 笈形   下 蛙股(蟇股)

蛙股は「波に兎」。
謡曲 『竹生島ちくぶしま』 の一節に由来すると言われます。

『 緑樹影沈んで 魚木に登る気色あり 
月海上に浮かんでは 兎も波を奔るか 面白の島の景色や 』




高台寺 勅使門 P5010566
                                上 笈形   下 蛙股(蟇股)

こちらの蛙股は
「唐獅子に牡丹」。

これに関しては臨黄ネットの法話。
牡丹に唐獅子 竹に虎
をごらんください。
なるほどと唸るお話です。





高台寺 勅使門 P5010564

上より
懸魚 笈形 蛙股 蛙股 





高台寺 勅使門 P5010565








高台寺 勅使門 P5010567








高台寺 勅使門 P5010572







高台寺 勅使門 P5010575





高台寺勅使門 P50105701



勅使門に、興味を持つようになったのは
仁和寺さんの繊細なレースのような
透かし彫りの勅使門を見て以来です。


仁和寺勅使門 京都特別公開 055




<4月30日・5月1日>
4月30日
東京→京都府、蟹満寺→奈良、奈良国立博物館・快慶展
資料センター・興福寺三条通り
5月1日
奈良博・快慶→東大寺→京都、八坂神社・円山公園
長楽寺→八坂界隈 /→高台寺 //→東京



スポンサーサイト
 
18
 
長楽寺                                             祇園閣

P5010470
                            大谷祖廟(東本願寺) 唐門


長楽寺を拝観し大谷祖廟の
唐門を眺めます。
こちらは東本願寺さんです。



大谷祖廟 唐門






P5010473
                                   上 笈形 下 蛙股





P5010472
                                           束




<4月30日・5月1日>
4月30日
東京→京都府、蟹満寺→奈良、奈良国立博物館快慶資料センター・興福寺三条通り
5月1日
奈良博・快慶→東大寺→京都、八坂神社・円山公園
長楽寺→八坂界隈 /→高台寺 //→東京



 
25
 
東大寺1

P1220939

この白マム印に東大寺をアップするのは
これで20編になります。

目新しいことは殆どなくて
いつもいつも同じこと。
大好きなお寺さんですし
皆さんにも好きになってほしい。

そんな思いがなせる業でしょうか。 笑


東大寺兜跋毘沙門天2013年04月29日_DSC_0199
                      東大寺中門 西 兜跋毘沙門天(2013年撮影)

残念なことに中門は改修中で覆い屋の中。
上記の画像の兜跋毘沙門天を拝観することは
できませんでした。

改修が終わったら
中門をさらりと通り過ぎられずに
どうぞ門の左右をご覧くださいね。


2013年4月の中門
東大寺中門2013年04月29日_DSC_0185


東大寺持国天2013年04月29日_DSC_0189 東大寺兜跋毘沙門天2013年04月29日_DSC_0188
西 持国天                       東 兜跋毘沙門天

作者は、大仏殿の
如意輪様と虚空蔵様を作造した
京都の仏師山本順慶一門と、
大坂の仏師椿井賢慶一門らで、
江戸時代に制作されました。(詳細はコチラ


P1220942


お天気が悪く残念ですが
天気がよければ青空に屋根の
金色の鴟尾(しび)がとてもきれいに
映えます。


P1220943
    国宝 金銅八角燈篭 奈良時代創建当初のもの


何度訪れても大仏殿の大きさに感動します。
入口にいる人と見比べてください。




東大寺大仏殿破風 笈形・蟇股 2013年01月14日_DSC_0424<


毎年正月、盆、には唐破風下の観相窓が開き
廬舎那仏のお顔を拝むことができます。



万灯供養会2013年08月15日_DSC_0194
                         2013年8月撮影

観相窓の上の笈形と蟇股の
堂々としたこと。



東大寺大仏殿 破風下 笈形 2013年01月14日_DSC_0421
                                    破風下 笈形





東大寺大仏殿蛙股2013年01月14日_DSC_0422
                                    破風下 蟇股





P1220951



ささ、
中に入りましょう。


en1参考en1

*中門の持国天・兜跋毘沙門天の詳細。
東大寺に関してのすべてのアップはこちらでご覧にいただけます

< 2017.1.22の足取り >
東京6:50発→京都9:11着→京都国立博物館聖護院→奈良
→東大寺 ///興善寺十輪院→東京20:10着


プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday