白マム印 日本のこと日本のもの

 
19
 
仁和寺と御室派のみほとけ



   仁和寺と御室派のみほとけ
   ―天平と真言密教の名宝―
   2018年1月16日~3月11日
   東京国立博物館 平成館


まったくもって私の考えですが
この「仁和寺と御室派のみほとけ」展は
9月よりはじまる運慶展に
ひけをとらぬ見応えのある特別展です。

運慶展は今までに何度も開催されていますし
ご出陣される御仏をみますと
愛知の瀧山寺の聖観音菩薩さまが初ご出陣で
その他のお仏像様は不遜な言い方ですが
出たり入ったりなさっている。
秘仏と言っても年に何回もご開扉がある。

初公開の瀧山寺の聖観音様は岡崎駅から
車で15分ほどの山寺ですが
秘仏ではあられません。

すばらしい運慶仏の出陣ではあるけれど
何度もいいますが
よくお出ましになるし、
意外や拝観しやすいお寺においでになります。



仁和寺と御室派のみほとけ IMG_20170719_0007





仁和寺と御室派のみほとけ IMG_20170719_0008





仁和寺と御室派のみほとけ IMG_20170719_0010





仁和寺と御室派のみほとけ IMG_20170719_0009


「仁和寺と御室派のみほとけ」展には
神呪寺の如意輪観音菩薩さま(5月18日のみご開扉)や
福井の中山寺や徳島の雲辺寺からもお仏像様が
おいでになりますし
葛井寺の千手観音菩薩坐像もご出陣。

ため息が出る特別展です。



仁和寺


しかし
とても残念なことに
高野山の御室光臺院さんの阿弥陀三尊は
お出ましになりません。
光臺院さんは
はっきりおっしゃいましった。

「仏さまは門外不出です」と。




スポンサーサイト
 
23
 
←前回 南郷会館聖観音立像

DSC_0103<


2012年8月のこの醍醐寺のお写真と比べて
4年後の現在(2016年5月)の醍醐寺は
とてもきれいで新しいです。

建て替え以前の醍醐寺は写真で拝見する限りでは
趣のある山寺として素敵です。



DSC_0105


unnamed1161.jpg


この醍醐寺も役小角(えんのおづぬ)
によって草創されたと言われる古刹ですが、
幾多の戦火によって栄枯盛衰を経て現在は
真言宗豊山派の一寺院として姿をとどめています。

しかし
その歴史の重みは寺宝にみることができます。


その主なものは、
運慶作毘沙門天立像、
不動明王立像、
大日如来像、
弘法大師画像などですが、

残念なことに秘仏ということで
おめもじするご本尊は御前立ちになります。



P5231947.jpg




また、
毘沙門天立像は運慶作といわれていますが
こちらも秘仏ということで
収蔵庫のお厨司の中においでで、拝観は
かないませんでした。

残念ながら公開の予定はないとのことです。


神護山醍醐寺 収蔵庫 DSC_0104



湖北 神護山醍醐寺 鐘楼 DSC_0116



DSC_0111


          手水マニアとしてはせっかくの古い手水鉢に
          とってつけたような
          龍の頭に興ざめしてしまいます。
          多分、新たに建て替えられたときに、
          付けたされたと思うのですが、
          「洗心 卍 」 が泣いています。
          卍は醍醐寺の寺紋です。

          古いものに新しいものを継ぐのは
          非常に高度な技術とセンスを
          要します。
          中途半端ならば、
          そのままのほうがいいのですが。




DSC_0119



空気も美味しいし、
そよ風も心地よい
湖北観音巡りにはぴったりの
いいお天気です。



湖北 大聖寺不動堂 ご朱印 IMG_20160525_00021

                                
                                             次は大吉寺→

<滋賀 湖北 観音の里めぐり2016 初公開の秘仏に会う>

  <滋賀 湖北 観音の里めぐり2016 初公開の秘仏に会う>


   9時20分長浜駅西口集合
   ↓
  五先賢の館
   ↓
  大聖寺不動堂
   ↓
  浅井三姉妹の郷
   ↓
  南郷会館
   ↓
  醍醐寺
   ↓
  大吉寺
   ↓
  17時30分長浜駅西口解散
 
*浅井三姉妹の郷にて昼食
P5151639

<観音の里巡り>
料金8,500円(昼食つき)
集合場所 長浜駅西口
詳細・申し込みはコチラ

初夏コース:木彫の里を訪ねる   (5月30日・6月5日・6月15日・6月19日)
初秋コース:水源の郷をゆく     (9月7日・9月11日・9月21日・9月25日)
爽秋コース:実りの季節に訪れる  (9月24日・10月5日・10月26日・10月30日)
紅葉コース:国宝・重文の観音を巡る(10月29日・11月13日・11月23日・11月27日)

< 観音の里の祈りとくらし展Ⅱ >
    の お知らせ
観音の里祈りとくらし展 IMG_20160518_0003

7月5日~8月7日
東京藝術大学大学美術館

*パートⅠはとてもいいものでした。
 Ⅱも期待できるのではと思っています。

< 上野、びわ湖長浜KANNON HOUSE >
  のお知らせ
びわ湖長浜KANNON HOUSE DSC_0889
                            竹生島 宝厳寺 聖観音立像

お出ましになるお仏像様は3ヶ月に1回、
入れ替わります。

台東区上野2-14-27
上野の森ファーストビル1F
10:00~18:00
月曜休館
入場料無料
*JR上野不忍口 徒歩2分
  アパマンホテル隣

 
03
 
前回 悲田院                                        次回 妙法院

泉涌寺塔頭 戒光寺 PB010153



ー丈六 戒光寺ー

寺格 準別格本山
本尊 丈六釈迦如来立像

悲田院をあとにし、
快慶の弥勒さんの美しさの余韻に
ひたり参道にでると



泉涌寺塔頭 戒光寺 PB010147


なる
板の立て看板が目にはいりました。

運慶湛慶合作!
丈六!
木彫り!

ぐっときました。
特に
「木彫り」に。

木造ならばひっかかりもしなかったの
ですが丈六(5.4m)で木彫り。
なんだか匂います。


泉涌寺塔頭 戒光寺 PB010146


普通のといいますか、
地元密着のどこにでもあるお寺さんなのですが、、、




本堂に入って









仰天!






prec1.jpg



ゴージャス!

大きい!
  台座、光背をいれると10m!

色がすごい!

迫力!

妖艶!


エクスクラメーションマークだらけ。

なんだか
思いっきり叱り飛ばされそうな居丈高!

光背は蛇みたいに絡みついてる!



いっとき呆然と眺める白マムです。

    首の辺りから何か流れている様に見えるのは、
    血の跡だといわれてます。
    これは、後水尾天皇が即位争いに巻き込まれ
    暗殺者に寝首を掻かれた時に、
    この釈迦如来が身代わりにたたれ、
    ついたものだといわれています。

                 オフィシャルサイトより


これが木彫りねえ。

木彫りというと
「木彫りの熊」しか思い出さない
白マムに木彫りといえば戒光寺が
刷り込まれた瞬間です。


まったく前知識なしに
入った塔頭がこんなに当たりだったとは!

こうやって
ふらりと入るのもいいものです。


泉涌寺に行かれる方は
おすすめです。


泉涌寺塔頭 戒光寺 PB010145
             真言宗の本坊のお玄関は生け花が嗜み! のようです



泉涌寺塔頭 戒光寺 PB010148



泉涌寺塔頭 戒光寺 PB010150

                                      次は三十三間堂本坊妙法院へ

en1参考en1
戒光寺オフィシャルサイト
泉涌寺塔頭マップ
拙ブログ 総本山泉涌寺楊貴妃観音

IMG_0004_NEW
                       泉涌寺 楊貴妃観音

en1備忘録en1

2015年11月1日
東京→京都→東寺(五重塔、金堂、講堂小子房灌頂院)→
泉涌寺塔頭(即成院、悲田院、戒光寺)→
三十三間堂本坊妙念院→三十三間堂→京博(琳派展)→
奈良
11月2日
奈良→法隆寺(上御堂、金堂、講堂、五重塔、大宝蔵院)→
高野山→霊宝館
→大師協会→赤地蔵→金剛峯寺→光台院
11月3日
光台院→金剛峯寺→根本大塔→奥之院→遍照光院→東京

                                     赤字:特別拝観
                                     青字:要電話   




 
29
 
←前回 まじない秘法に十字羯磨


高野山霊宝館 PB020377
                                    高野山霊宝館


住所 伊都郡高野町高野山306 
電話 0736-56-2029
交通 大門行きバス、霊宝館前下車

開館時間
    5月~10月 午前8時30分~午後5時30分
    11月~4月 午前8時30分~午後5時
入館料
    一般:600円



霊宝館
興福寺の国宝館に匹敵すると私は思っています。



高野山霊宝館 PB020376
高野山霊宝館 PB020376 posted by (C)poco






高野山霊宝館 PB020372
高野山霊宝館 PB020372 posted by (C)poco


興福寺に匹敵と記載しましたが
運慶作の不動明王の従者八大童子は
阿修羅を含む八部衆に劣りません。

八大童子が一同に会された部屋に入ると
身の毛がよだつ。
そして見入ってしまう。
恵光(えこう)童子、制多迦(せいたか)童子の
眼光鋭いこと。

そのうえ
安阿弥陀仏(快慶)の銘のはいった四天王は
今にも動きださんばかりです。

快慶作では孔雀明王や深沙大将も
収蔵されています。



霊宝館
                   不動明王に従う八大童子





日本の仏像
                          恵光(えこう)童子      





制多迦童子
                       制多迦(せいたか)童子





運慶作の八大童子や快慶作の孔雀明王に深沙大将

孔雀明王
                     快慶作 孔雀明王

この孔雀明王は
金剛峯寺の孔雀堂に安置されて
いたといわれています。


高野山霊宝館収蔵 深沙大将
                     快慶作 深沙大将


深沙大将はわかりやすくいえば
西遊記の沙悟浄です。
注目は、
胸元には髑髏。
膝には像。


四天王立像
                     快慶作 四天王立像

いまにも動きださんばかりの
四天王です。



霊宝館は大門の手前です。
残念なことに
素通りされる方が多い。

せっかく高野山までいらっしゃったのだから
霊宝館にも目をむけて
いただきたいものです。

この項にアップしたお像は
一度に霊宝館にお揃いになることは
ありません。
2015年11月の訪問時は
八大童子および深沙大将は
姿をお見せになっていませんでした。

私自身は2回の訪問ですべてを
拝観することができました。


高野山霊宝館 PB020382



en1参考en1
< 近辺情報 >
近辺には大門大師教会常喜院等があります。 

常喜院 恵宝地蔵尊(えほうじぞう・赤地蔵さま)PB020398
                  常喜院 恵宝地蔵尊(えほうじぞう・赤地蔵さま)


常喜院 恵宝地蔵尊(えほうじぞう・赤地蔵さまPB020400






en1掲載en1

                                      
2015年11月1日
1 東寺(教王護国寺)五重塔の邪鬼・力士
2  東寺(教王護国寺)講堂の背面は初公開(2015 秋 特別拝観 )
3 東寺 小子房  (2015 秋 特別拝観 ) 1
4 東寺 小子房 2  勅使門解体新写
5 東寺 灌頂院・十二神将 (2015 秋 特別拝観 ) 
6 泉涌寺 塔頭 1 即成院 「極楽浄土を奏でる仏像のオーケストラ」
7 泉涌寺 塔頭 2 悲田院 快慶作 宝冠阿弥陀如来坐像
8 泉涌寺 塔頭 3 戒光寺 驚きの丈六釈迦如来像
9 妙法院門跡 蓮華王院三十三間堂本坊の普賢菩薩
10 新日吉神宮 (いまひえじんぐう)
11 京都 平成知新館  京を彩る 琳派

2015年11月2日
1 法隆寺 上御堂(特別開扉 11月1日~11月3日のみ)
2 高野山金剛峯寺 大門 九度山より町石道を行く
3 高野山 霊宝館
4 高野山 最強のまじない秘法に十字羯磨(ジュウジカツマ)
5 高野山 橋本警察署 高野幹部交番
6 高野山大師教会 破風飾り解体新写

2015年11月3日
1 光台院 (高野御室別格本山 光臺院)のすべて 序
2 光台院(高野御室別格本山 光臺院)のすべて 2 本堂破風飾り
3 光台院 (高野御室別格本山 光臺院)のすべて 3 快慶作阿弥陀三尊像
4 光台院 (高野御室 別格本山光臺院)のすべて 5 本堂破風飾り
6 光台院 (高野御室別格本山 光臺院)のすべて 4  重森三玲の曲水の庭
7 高野山真言宗 総本山金剛峯寺、金剛峯寺
8 高野山 金剛峯寺1 正門解体新写
9 高野山 金剛峯寺2 下門解体新写
10  高野山 金剛峯寺3 大玄関解体新写
11  高野山金剛峯寺 壇上伽藍 1 中門~西塔
12  高野山金剛峯寺 壇上伽藍 2 孔雀堂~根本大塔~東塔
13 高野山 奥之院
14 高野山 遍照光院 破風飾り解体新写



en1足取りen1

2015年11月1日
東京→京都→東寺(五重塔、金堂、講堂小子房1小子房2灌頂院)→
泉涌寺塔頭(即成院悲田院戒光寺)→三十三間堂本坊妙念院
三十三間堂→新日吉神宮京博(琳派展)
奈良
11月2日
奈良→法隆寺(上御堂、金堂、講堂、五重塔、大宝蔵院)→
高野山霊宝館街並み橋本交番大師協会→赤地蔵→金剛峯寺→光台院→
11月3日
光台院・破風飾り快慶三尊本堂外観重森三玲
金剛峯寺、金剛峯寺建築詳細・正門下門大玄関
根本大塔奥之院遍照光院→東京

 
10
 
56.jpg
         阿弥陀如来坐像光背


<にんにくせん えんじょうじ>

山号  忍辱山(にんにくせん)
宗派  真言宗御室派
創建年 (伝)天平勝宝8年(756年)
開基  (伝)虚瀧、聖武・孝謙両天皇(勅願)
本尊  阿弥陀如来(重要文化財)

住所  奈良県奈良市忍辱山町1273
電話  0744-76-3390
交通  JR・近鉄奈良駅より奈良交通バス柳生方面行で約40分、
     「忍辱山」バス停下車、徒歩すぐ。


文化財 春日堂・白山堂(国宝)、木造大日如来坐像(国宝)
     本堂 、楼門、宇賀神本殿、石造五輪塔、木造阿弥陀如来坐像、
     木造四天王立像(重要文化財)、庭園(名勝)




円成寺2013年08月16日_DSC_0292





2013年08月16日_DSC_0299
                楼門三間一戸入母屋造・桧皮葺 室町時代(1468年)




円成寺楼門2013年08月16日_DSC_0295
                                              


優美な姿とうってかわって
雄々しい木組みです。




円成寺の蛙股2013年08月16日_DSC_0296
                                            楼門 蛙股



奈良市街の奈良坂・般若坂を東に進み
柳生街道にはいる、その道沿いに位置する古寺を
もっとも有名にしているのは、
優美な浄土式庭園をもつお寺の姿も
さることながら
仏師・運慶のもっとも初期の作品である
国宝大日如来坐像をお持ちということが
大です。

その大日如来像は多宝塔の安置されて
いますが、まず優美なる本堂を
ご案内いたします。



円成寺本堂54





円成寺2013年08月16日_DSC_0297
                                     舞台付神殿造り本堂
                                   文明4年(1472年)建立



向拝(ごはい)を中央に左右対称に
舞台が設えてあります。
それがとても趣がある美しい本堂です。




円成寺2013年08月16日_DSC_0300





img3e39c85bzikczj 円成寺





2013年08月16日_DSC_0303
                                      本堂より楼門をみる


 


img6a896e4dzik6zj 円成寺



本堂には
阿弥陀如来坐像や、慶派の四天王が安置
されていますが、
内陣を囲む柱に描かれている
極彩色の阿弥陀来迎図に目が奪われます。

とても保存状態がよい来迎図です。
阿弥陀様もちょっと幼いお顔だちですが
丸みのあるお優しい姿をしておられます。



54_20130910120559b4a.jpg
                     阿弥陀如来坐像
                       平安時代作




円成寺本堂柱78
                     来迎図


極彩色の観音菩薩がみてとれます。


今回、円成寺さんを再訪したのは
無論「好き」だからということもありますが
実は「東京藝大院生の模刻」が安置されているかなあ?
拝観出来るかなあ?
という気持も大いにあったのです。

先に述べたように円成寺には運慶25才頃の作品である
大日如来が安置されています。
その大日如来を藝大の藤曲隆哉さんが再現されたという
記事が1月10日毎日新聞夕刊に掲載されました。


50_20130910163523eb2.jpg


その模刻が安置されているのでは!?

ご住職に伺うと答えは残念ながら、
1、2年後に安置予定とのことでした。
新たに収納庫をつくりそちらに運慶作の
大日如来様をおさめ、現在の多宝塔には
その模刻を安置する予定だそうです。

古来よりの銘品の模刻は、美学生さんには
とても勉強になるものです。
私が尊敬する三輪途道先生も東京藝大時に
東大寺俊乗堂の重源上人を模刻されています。
模刻をするということはその間仏師になる
ということです。
彫っていくうちに、その彫刻の謎が解けていく。
机上ではわからなかったことが
解けていく・・・ようですよ。

勿論、腕のある方に関してですが。

本堂におられたご住職とは
いっときのあいだ仏像談義で花が咲き
ました。
お仏像に詳しいかたとお話をするのは
楽しいものです。

この時に、「勧請縄がない」ことも
お尋ねしたのでした。
勧請縄に関してはこれで「文化」が途絶えてしまう
と思うと本当に残念です。




円成寺多宝塔2013年08月16日_DSC_0313
                             多宝塔



こちらの多宝塔に
運慶の銘がはいった最古の
大日如来坐像安置されています。

が、

開扉はされていますが
保護のためにプラスティック板が
はめ込まれており反射がはげしく
お姿が拝めません。

ということで



円成寺70



新兵器ののぞきめがねを使います。
「ガラスに押さえてのぞいて」みます
と、



円成寺 運慶作大日如来坐像53
                    写真は2008年撮影のもの 現在は写真不可です



↑ご覧のとおりです。



円成寺 運慶作大日如来坐像64



若い時のお作ですから
硬さを感じます。(注1)




円成寺は決してひろくはありませんが
素晴らしい堂宇が点在しています。




円成寺2013年08月16日_DSC_0306
                        国宝 鎮守社 春日堂・白山堂 鎌倉時代



前回は間近まで拝観できたのですが柵が
ほどこされてこのような写真しかとることが
できませんでした。


ので、

前回の写真を掲載いたします。




円成寺 春日堂・白山堂imgd578da1czik0zj 円成寺




円成寺2013年08月16日_DSC_0307
               重文 宇賀神本殿 鎌倉時代




円成寺2013年08月16日_DSC_0315
                             護摩堂




円成寺 十三重石塔2013年08月16日_DSC_0318
                十三重石塔 平安時代後期



この石塔はマニアの方にはたまらないものだと
思うのですが、気の毒なことにこの石塔は
お手洗いの前に姿をあらわしています。
マニアでなくともなんだか、、、、気の毒です。





円成寺2013年08月16日_DSC_0320



緑に覆われ
楼門よし
本堂よし
お仏像よし

忍辱山 円成寺 は
最高のお寺さんです。


                                           ←
                                          前回 勧請縄
en1参考en1

<関連拙ブログ>
金沢文庫に運慶展を観にいく
お仏像と三輪途道先生への長い道

<注1:若い時の作>
丸みを帯び腰がひきしまった中期の作(円成寺の10年後位)
真如苑蔵 運慶作大日如来坐像
真如苑蔵 運慶作大日如来坐像2010年01月31日_2010年01月31日_DSC_0135



円成寺の大日如来坐像
運慶展
運慶展 posted by (C)poco


山野辺 長岳寺楼門
2012年01月09日長岳寺 鐘楼門
日本最古の楼門といわれています。




en18月15日16日17日見仏足取りen1

8月15日
京都武徳殿にて合気道→南禅寺順正にて昼食南禅寺 1
南禅寺水路閣天授庵金地院東照宮金地院開山堂奈良東大寺
8月16日
木津川岩船寺→奈良忍辱山円成寺勧請縄円成寺運慶作大日如来坐像
8月17日
京都法界寺(日野薬師)醍醐寺三宝院醍醐寺五重塔
豊国神社方広寺→京都博物館




プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday