白マム印 日本のこと日本のもの

 
06
 
前回

長浜観音ハウス 集福寺聖観音立像



< びわ湖長浜 KANNON HOUSE >
開館時間:10:00~18:00
入場無料
休館日:月曜日
     年末年始12月29日~1月3日
アクセス:京成、京成上野駅徒歩1分
      JR/メトロ上野駅徒歩2分
      不忍の池畔、アパマンホテルの隣
電話:03‐6806‐0103
オフィシャルサイト
フェイスブック


P6040694
平安時代(後期)~鎌倉初期 木造 古色 彫眼 像高68.2㎝






長浜観音ハウス 集福寺聖観音立像P6040689

とっても穏やかで童女のような
なお顔です。





長浜観音ハウス 集福寺聖観音立像P6040681







長浜観音ハウス 集福寺聖観音立像P6040690

手も愛らしい。





長浜観音ハウス 集福寺聖観音立像P6040684







長浜観音ハウス 集福寺聖観音立像P6040697



集福寺の集落は、かつてこの地に
吉祥山集福寺と称する寺院があったことに
由来します。
往時は
天台宗の末寺が十二坊あったといわれ
このお像は、その末寺のご本尊だったものです。


P6040682  



この観音HOUSEにはいつも上野の博物館や
美術館を観覧したおりに訪れます。
花園稲荷神社の朱色の鳥居をくぐり五条天神
の階段をおりて不忍池に出ます。
美術観覧に疲れた身には
ほっと安らぐ空間といえます。

出陣のお仏像様はいつもおひとかたです。

ゆっくりとおめもじがかないます。

湖北の観光や観音巡りの情報などの
発信地でもあるので
湖北を知りたい人にはとても便利な場所ともいえます。

湖北の物産販売は一切ないところが
白マムにはとても好ましいです。


長浜観音ハウス 集福寺聖観音立像 長浜観音ハウス 集福寺聖観音立像P6040701



ライイン sp_l364

*6月18日(日曜日)11:00 - 15:00 ギャラリートークあり。
  湖北地域に残る豊かな民俗文化の一端を紹介。

*KANNON HOUSEの「リピーターカード」に、スタンプを4つ集めると
 オリジナルグッズがもらえます。こちらから申し出ないとカードは貰えません。

フェイスブック

長浜観音現在募集中のツアー



長浜観音ハウス P3051181
        今まで観音ハウスにお出ましになられた観音様

1 竹生島宝厳寺、聖観音立像
2 尊住院、聖観音菩薩立像
3 常楽寺、岩座にお立ちの聖観音菩薩立像
4 片山観音堂、十一面観音立像
5 長浜城歴史博物館蔵、聖観音菩薩立像
6 集福寺、聖観音立像


sp_l114


   






スポンサーサイト
 
20
 
前回の展示 尊住院                                       片山観音堂


P9191137.jpg
                                      常楽寺 聖観音菩薩立像

開館時間:10:00~18:00
入場無料
休館日:月曜日
     年末年始12月29日~1月3日
アクセス:京成、京成上野駅徒歩1分
      JR/メトロ上野駅徒歩2分
      不忍の池畔、アパマンホテルの隣
電話:03‐6806‐0103
オフィシャルサイト


長浜観音ハウス 常楽寺 聖観音立像 P9191116

        湖北町山本常楽寺 聖観音菩薩立像 長浜市湖北町山本 常楽寺蔵
        平安時代・十二世紀 木造 古色 彫眼 像高・101・8cm
                                     長浜市指定文化財

真言宗泉涌寺派 朝日山常楽寺
本尊 薬師如来
拝観は要予約
滋賀県長浜市湖北町山本1066 
0749-65-6551(長浜市教育委員会)
最寄駅 JR北陸本線「高月」駅から約5キロ、徒歩約60分


琵琶湖山本山(324m)の中腹にある常楽寺。
真言宗泉涌寺派寺院で、
地元では「山寺」と呼ばれ親しまれています。

   蓮華を両手で捧げ、腰を左に軽く曲げるたおやかな立ち姿。
   皺や襞を刻まない平滑で簡素な衣の表現。
   体つきも薄く、全体的に穏やかな雰囲気のある
   平安時代後期(12世紀)の作です。
   目力を宿した理知的な表情で、ふもとの集落を見守っています。
 サイトより



長浜観音ハウス 常楽寺 聖観音立像 P9191135


このようなことを申すのは如何なものかとも
思いますが、
今までの三聖観音様のなかで一番お美しい
というのが率直な意見です。




長浜観音ハウス 常楽寺 聖観音立像 P9191128


横顔の
気品に満ちてお優しいこと。




長浜観音ハウス 常楽寺 聖観音立像 P9191127






びわ湖長浜KANNON HOUSE P9191125







長浜観音ハウス 常楽寺 聖観音立像 P9191129







長浜観音ハウス 常楽寺 聖観音立像 P9191119

台座は岩座です。
おみ足がきれいび見えます。



長浜観音ハウス 常楽寺 聖観音立像 P9191134







長浜観音ハウス 常楽寺 聖観音立像 P9191126







びわ湖長浜KANNON HOUSE



sp_l114


   


sp_l114

< 東京藝術大学美術館 >
*総合案内はコチラをご覧ください。


< 現在募集中の観音里巡り >
*2016 観音の里巡りの詳細はコチラをご覧ください


<滋賀 湖北2016 白マムが巡った観音の里 >

  春コース
   ↓
  五先賢の館
   ↓
  大聖寺不動堂
   ↓
  浅井三姉妹の郷
   ↓
  南郷会館
   ↓
  醍醐寺
   ↓
  大吉寺

 初夏コース
   ↓
  蓮華寺 1/ 
   ↓
  松尾寺
   ↓
  醒井楼(昼食)
   ↓
  西山観音堂(初公開)
   ↓
  伊吹の見える美術館
   ↓
  日光寺(初公開)
   ↓
  青岸寺



 
28
 
                                  6月よりの展示 尊住院・聖観音菩薩立像

237108456_624_v1464406880.jpg
                                             竹生島宝厳寺 聖観音立像

< びわ湖長浜 KANNON HOUSE >

開館時間:10:00~18:00
入場無料
休館日:月曜日
     年末年始12月29日~1月3日
アクセス:京成、京成上野駅徒歩1分
      JR/メトロ上野駅徒歩2分
      不忍の池畔、アパマンホテルの隣
電話:03‐6806‐0103
オフィシャルサイト



 DSC_0916 びわ湖長浜KANNON HOUSE DSC_0915 

DSC_0315



上野、不忍池のほとりに3月にオープンした
びわ湖長浜KANNON HAUSE
は、とても静かな空間です。

長浜は観音里といわれています。
その長浜(湖北)より
3か月に1回の入れ替わりで
観音さまがおいでになります。


上野 長浜観音ハウス 竹生島聖観音立像DSC_0904





びわ湖長浜KANNON HOUSE DSC_0890
     竹生島宝厳寺よりおいでの聖観音立像




ヒノキが連子窓のように観音様を
囲んで、堂宇をあらわしているのでしょう。

狭い空間が無限の空間に感じられます。


びわ湖長浜KANNON HOUSE DSC_0893




びわ湖長浜KANNON HOUSE DSC_0914




びわ湖長浜KANNON HOUSE DSC_0895





びわ湖長浜KANNON HOUSE DSC_0894



一地方団体がアンテナショップを出店し
産物を販売するのは珍しくありませんが
このように
観音さまのためのミュージアムを開設
するのは珍しいことです。
それも無料です。

長浜の観音さまは、僧侶が守っている場合も
ありますが、里人がいにしえより守っている観音さまも
たくさんおいでです。

このKANNON HAOUSEにおいでになるには
信仰されている里人の了解を得て
はるばるおこしになるわけです。


長浜のこの試みを応援したいとわたくしは思っています。



DSC_0903 DSC_0909


びわ湖長浜KANNON HOUSE DSC_0901




6月7日より尊住院の聖観音菩薩様が
お越しになります。

一躯のお仏像さまをゆっくりと拝観する。
「ラグジュアリーな空間」というCMが
よく流されましたが
まさにラグジュアリーです。

今回は竹生島の宝厳寺からおいでの
聖観音さまにお会いしたのですが、
実際はどのようなところに祀られて
おられるのか、
現地に行かれることをおすすめします。

竹生島はフェリーで30分弱です。
ただし、この観音さまは
本堂ではなく、普段は宝物館に
安置されているとのことです。

竹生島2013年01月13日_DSC_0178
                            竹生島



竹生島宝厳寺観音堂 唐門(国宝)2013年01月13日_DSC_0227
                                 竹生島宝厳寺観音堂


                    *竹生島の詳細

< 次回の観音さまの予定 >
6月7日より
長浜市川道町の尊住院より聖観音立像が
安置されます。

<観音の里巡り>
料金8,500円(昼食つき)
集合場所 長浜駅西口
詳細・申し込みはコチラ

初夏コース:木彫の里を訪ねる   (5月30日・6月5日・6月15日・6月19日)
初秋コース:水源の郷をゆく     (9月7日・9月11日・9月21日・9月25日)
爽秋コース:実りの季節に訪れる  (9月24日・10月5日・10月26日・10月30日)
紅葉コース:国宝・重文の観音を巡る(10月29日・11月13日・11月23日・11月27日)

< 観音の里の祈りとくらし展Ⅱ >
    の お知らせ
観音の里祈りとくらし展 IMG_20160518_0003

7月5日~8月7日
東京藝術大学大学美術館

*パートⅠはとてもいいものでした。
 Ⅱも期待できるのではと思っています。

コチラをクリックされると< 観音の里祈りとくらし展 >
  にジャンプします。



プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday