白マム印 日本のこと日本のもの

 
10
 
高麗仏画展のリーフレット IMG_20170306_0006
                        リーフレット 表


< 香り立つ装飾美 高麗仏画 >


会期  2017年3月31日まで
場所  根津美術館

交通  地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線
      〈表参道〉駅下車
      A5出口(階段)より徒歩8分


根津美術館 P3051088 根津美術館 P3051091
根津美術館 P3051092 根津美術館 P3051094


昨年(2016年)12月4日
私は京都を歩き回っていました。

その日が京都鹿ヶ谷の泉屋博古館にて
開催中の「高麗仏画」展が最終日と知らずに。

東京に戻り
その事実をしり歯噛みしたものです。



その美術展が根津美術館にやってくると
知って、小躍り。
忘れないようにメモ書き。
それも大書。



高麗仏画展が開催されるのは38年振りです。

展示される中には
名品といわれる
泉屋博古館と大徳寺所蔵の
水月観音図があります。

これは
垂涎の展覧会です。


入館すると
壁一面の根津美術館所蔵の
阿弥陀三尊の複写に目を奪われます。↓


高麗仏画 P3051101





高麗仏画 P3051099





高麗仏画 P3051100





高麗仏画 P3051097




高麗仏画 P3051098

緻密で繊細で気高い描写。
ベールは思わず手に触れたくなるような
錯覚を与えるほどに描かれています。


高麗仏画展のリーフレットIMG_20170306_0005
                         リーフレット裏


朝鮮半島全域を統一した最初の王朝、
高麗(918~1392)の文化の高さに
私は敬服しています。
仏画のすばらしさ
高麗青磁の美しさ。
それは目を瞠るものです。

                              水月観音像
sub_15285_LL.jpg
水月観音像 
徐九方(ソグバン)筆  1323年 泉屋博古館所蔵




sub_15285_LL1.jpg





高麗仏画のクリアファイル IMG_20170306_0004


どうでしょうか。
この美しさ。
技術の高さ。

彼の国の文化度に私は
頭を垂れます。




根津美術館 チケット IMG_20170306_0015



                                       3月31日まで



スポンサーサイト
 
10
 
とても暖かな新年です。

庭におりてみると
ヒメツルソバが沢山咲いていました。


この花を見ていると
折り紙のくす玉を思い出します。

リリアンの房がついて
おばあちゃんのいるどこの家にも
ぶら下がっていたものです。
鴨居とか
仏壇にね。

そのような家には
タバコの箱で折った
鍋敷きや
色折り紙で折った傘などが
お約束のようにあったものです。


ヒメツルソバ




 
03
 
画像を保存しているフォト蔵が
2日前よりトラブルを、おこしています。
ゆえに
フォト蔵よりアップした
画像は現在壊滅状態です。
月曜日にはなんとか
もとに戻るとの報告をうけています。

見苦しくて申し訳ありません。
 
05
 
2011年05月29日_DSC_0641
                                     皇居の石垣




昨年の12月23日の天皇誕生日に
80歳の喜寿を迎えられた天皇は
お言葉を発せられています。

その中で重要なお言葉を
NHKは一切カット。
朝日新聞や毎日新聞はこの部分を掲載しましたが、
読売新聞はかなり意図的に端折って要約しています。

カットされたお言葉
 
  「戦後、連合国軍の占領下にあった日本は、平和と民主主義を、
  守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、様々な改革を行って、
  今日の日本を築きました。戦争で荒廃した国土を立て直し、かつ、
  改善していくために当時の我が国の人々の払った努力に対し、
  深い感謝の気持ちを抱いています。また、
  当時の知日派の米国人の協力も忘れてはならないことと思います」



これは、安倍首相が改憲へ意欲をみせていることへの
遠回しな苦言と私は受け止めています。

このところの暴走。
日本のこれから
若い人のこれからが
とても心配です。

私たちは
もっと
もっと
日本のことに敏感にならなければ。

                                       *ビジネスジャーナル詳細

 
24
 

京都駅 冬2012年11月25日_DSC_0232
                                         京都駅大階段


日本全国
メリークリスマス

寒いクリスマスです。


 
13
 
2012年11月03日_DSC_0314


新聞報道によると
ある反対運動の参加人員が主催(宰?)者側の
発表によると10万人でした。
そして、
その同じ新聞によると
警察の発表によると8000人でした。

この
大きな誤差をどう考えてよいのやら。



もっともっと
頭を鎮めて私たちは考えないと、
結局
ひとにぎりの人たちの私利私欲や
思いこみに
踊らされ呑みこまれていくような
気がしてなりません。



8,000と100,000
どちらを信用すればよいのやら、
どちらも信用できないのやら。



                               私がとても懸念していることなので、
                               まったく同じ内容を青カバにも記し
                               たことを明記します。


 
15
 
94.jpg

奈良の
8月13日の夜から14日の朝方の雨と雷の凄いこと。
14日早朝、目が覚めたマムの心は暗い暗い。

テレビをつけると
あちこちと道路が土砂で寸断されて不通。
近鉄京都線も不通を告げるではありませんか。
この日の午前中、奈良は陸の孤島です。

これでは関空に行けない。
いえそれ以上に心を暗くしたのは
「このような荒れ模様で落雷だらけの日に
格安ピーチの乗る」という現実です。

飛行士は熟練してるのかしら。
日本人かしら。 ←差別発言かなあ?
もしもの時の保障額はそれなりかしら。
とか
考えると憂鬱です。
考えると怖いです。

いつもなら8時30分にはホテルを出発するというのに
この日ばかりは10時までベッドに仰向けになり
天井をみながら困ったとつぶやくやら
やおら起きてテレビニュースをみるやらと往生際が悪い
私です。

まあ、そんなこんなでチェックアウトの時間となり
十輪院、仏教美術資料センター、東大寺と
真夏の犬よろしく喘ぎ徘徊したわけです。


関空行きのリムジンは近鉄奈良駅前より16時出発です。
奈良交通の案内所に早めに電話して問うと
「不通、遅れの情報は無し」とのことでしたし、
驟雨もおさまり湿度は上昇するも空は平穏となってきました。
先ずはひと安心。
定時にやってきたリムジンでのドライブはとても快適なもの、
ゆっくりのんびり車窓を眺める。
この見仏で一番の快い時間になってしまった次第です。

なんかいい感じです。


関空2012年08月14日_DSC_0455



すべるように関空につき
おのぼりさんよろしくキョロキョロの私。
なぜなら、
格安空港のさだめで、
カウンターがとんでもなく遠い離れ小島にある、
という事実。
スカイマークしかりスターフライヤーしかり。
↑ この事実を知らなかったお初の時は
時間ぎりぎりに着いたばかりに
走る走るまるで走れメロ子になった私です。

今回は余裕です。
知ってますもの、
と~~~~く、にピーチロビーがあることを。

で、
案内所で聞くと
「外に一度でてください」という
怖ろしい発言。

外!?
いくら遠いといえど外に出ちゃう!

めまいを覚えます。
外くんだり出ちゃう。

で、
出たら




関空2012年08月14日_DSC_0466








なんだすぐでした。

  

ピーチ


フロアの隅に追いやられた感はありましたが
たいしたことありません。
けど
なんの案内放送もない・・・
ままにいつのまにかチェックインがはじまりました。
皆、顔を見あわせながら列に大人しく加わります。
まっ、
9400円ですからね。

ピーチの人たちはなんだかせわしなく右往左往しています。
まだ慣れていないというふうです。


ピーチ



バスに乗った私たちは飛行場の中を大移動です。
いくら走っても着かない!
滑走路大移動です。

随分走りました。
と、
向うからくる乗客がぎっしりのピーチのバス
とすれ違いました。

え?

ってことは、
たった今、ピーチからおりた人のに
たった今からわたしたちが乗るのね。

こりゃあ忙しいわいな。


ピーチ



で、
ピーチ飛行機の前にバスはとまりました。
途端、
バスの前方に乗っていたピーチのお姉さんの
声が響きました。

「飛行機の中を見て来ますので
少しの間おまちください」

それで冗談抜き、
まるで
漫画のように
そのピーチのお姉さんは
タラップをだだだだだ~っと
駆け上がり機上の人となりました。

みごとな駆け上がりっぷり、
迫力ありましたっ。

唖然

待たされた私たちは
「掃除でもしてるのかな」なんて
ささやいたり
「9400円」だから

腑に落ちたりと
ちょっと面白がっています。

やっと飛行機の中へ。
機内は灯りがとっても明るい。
まるでよどばしカメラの店内のようです。
これは驚きました。
飛行中も、最後まで灯りが暗くなることは
なく、天井からミストがふってきます。

ピーチは手荷物を預けるごとに1000円加算され
ます。
そのせいでしょう、持ち込みギリギリのやたら大きな荷物を
みんな持ち込んできています。
ピーチのお姉さんはタイトスカートなのですが
椅子の横に足を乗せて
離陸前は殆どの時間大きな荷物を天井の戸棚に押し詰めています。
よっこらよっこらと沖仲仕のようです。
次から次に
椅子の横に足を乗せての力仕事です。
むき出しの踏ん張る足がすごい!

ズボンの方がいいよ、と私は心配しながら見守ります。
あんなに力仕事をする客室乗務員は見たことありません。

機内は真っ白に近いほど明るくミストは降り続きます。
ちょっと狭いかもですが、
9400円にしてはとても快適です。

ときおり「ごみはありませんか」とピーチのお姉さんが
ゴミ収集にやってきます。


到着したらすぐ離陸ですから、
なにもかも時間内にやっちゃう。

誰も車内販売の飲み物を買いません。

だって、少しでも安くとの思いが無駄になります。

それでいいのだとバカボンパパの気持になる私です。

だってお盆の時期に9400円ですもの。
だって飛行時間1時間ですもの。

ちゃんとお手洗いもありますし・・・。
乗客がやんちゃということもありませんし・・・。


ピーチのような格安航空がふえることに
大賛成になっちゃう私です。

          というか、高すぎですぅJALさんANAさん。


ピーチ2012年08月14日_DSC_0468



                                        で、福岡に行きました トサ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
09
 
13日(月曜日)から夏休みです。
週休1日の身にはとても大切な時間です。
いえいえ、週休2日の人でも大切です。
いやいや、週休1日の私の方がすごく貴重です。
そんなそんな・・・
               エンドレス 笑

京都、奈良。
どこへ行こうか
と、
地図を見るのがとても楽しいひとときです。
旅行は計画をたてている時が一番楽しいといいますが、
本当にそうですね・・・。
否!
やはり、
リュック背負ペタシペタシと歩いているのが一番楽しいです。


今回は、
「もくもく号」に乗って
賀茂川をひたすら上流へとさかのぼって行こうと
計画を練っています。
北山杉の合間をぬって目的地に向かう!

もくもく号終点の岩屋橋から30分ほど
山道を行くようです。

蛇が出てこなければよいのですが。
そのことを考えると
腰がひけます。


計画

某山寺(ボウサンジに非ず)
上賀茂神社
大徳寺
宇治上神社
  ↓
東大寺
奈良国立博物館
十輪院
光琳寺
  ↓
格安ピーチに乗って九州へ


いつものことですが、
ばらばらです。



2010年10月31日_PA310015みうらじゅん氏といとうせいこう氏
2010年10月31日東大寺にてposted by(C)poco



このおふたかた、どなたかおわかりになりますか?
それから
某山寺が、どこだかわかりますか?

と、
お寺さん好きには初歩中の初歩の質問です。


                                    答えは次回




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday