白マム印 日本のこと日本のもの

 
24
 
法照寺

大澤寺 PA220242

< 湖北長浜 観音の里めぐり2017奥びわ湖の観音様と仏像に出会う旅 >
  
  ○ 龍頭山 大澤寺 ○


宗派   曹洞宗   
本尊   十一面音菩薩立像

住所    滋賀県長浜市木之本町黒田字大沢
交通    JR木ノ本駅より車でで5分
電話    0749-82-5909(奥びわ湖観光協会)
*要予約


大澤寺 PA220240


標識をみて黒田観音が直ぐ近く!
と、
以前より拝観したかった神社が
左250メートルとはと
肩を落とす白マムです。


   黒田の観音さまは藝大美術館で開催された
   長浜の観音さまにて拝顔しているのですが
   やはり
   奉安されている場所にいきたいというのが
   お仏像好きの性です。



大澤寺 PA220243


階段が苦手な連れのスーミンは
最後の力をふり絞って上がっていきます。


大澤寺 PA220248


台風が接近中のこの日、
最後の拝観地では
本降りですが
風がないためになんとか
やり過ごせます。


大澤寺 PA220256


ご本尊は、神亀元年に行基菩薩が
自ら刻んだものと伝えられています。



大澤寺 PA220262
                本尊 神亀元年 伝行基作
    




大澤寺 PA220270





大澤寺 PA220255 大澤寺 PA220254




大澤寺


お堂のすぐ下に鐘堂があります。
ここの鐘は応永19年(1412年)の銘があり、
賤ヶ岳の合戦で、柴田勝家の家臣が、
羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)の軍兵が着陣したことを
味方に知らせるために乱打したと言われてた鐘だそうです。

戦場にあまり興味がないわたしは
うっかりして
この有名な鐘楼の写真を撮っていません。
雨のせいもあって
写真の枚数の少ないこと。

帰京して後悔することしきり。


長浜 大澤寺 IMG_20171030_00091
                  ご朱印 大澤寺


台風接近中の湖北観音巡りは
解散時間を早めようということで
駆け足でした。

いつもここかしこと写真を撮る白マムも
雨には勝てませんでした。

どのお寺さんも管理は殆ど里の方々です。
無住と言ってよいでしょう。
そのために
窃盗にあいもどらぬ観音様もおいでです。

「信仰篤き里の人々」ということに頼りすぎている
結果なのではと思っています。
里の方々も疲弊してみえるのは
私だけでしょうか。
自治体がもっとお仏像の保護に力を
いれるべきでしょう。

2017年秋 湖北の観音めぐり   完


<観音の里めぐり 2017 爽秋コース、国宝・重文の観音を巡る>
参加費用8500円(昼食費込み)

9時15分JR長浜駅西口集合

蓮通寺

徳圓寺

正応寺

昼食 ウッディパル

源昌寺

法照寺

大澤寺

JR長浜駅西口解散

現在募集しているツアー



    

    


       xms03_1 Ofen mom からのお知らせ xms03_1

       シュトーレン 2017 オーフェン シュトーレン の窯出し IMG_1970                     
        一台 \2,970
       シュトーレンの窯出しが始りました。
       地方発送承ります。
       店頭受け渡しもいたしております。
       詳細はコチラをご覧ください

      シュトーレン      xms03_5



lm_08スマホで写真を撮られる方へlm_08

知らない間(気がつかない)にグーグルマップに
当方の写真が実名入りで投稿
されていました。そういう人が沢山いるようです!
その削除・解除法をマムの素に掲載しましたので、
予防のためにもご覧ください。
そしてスマホの「写真追加をOF」にすることをおすすめします。
    ↓    ↓
グーグルマップ で気がつかぬ間に写真を投稿されないための設定メモ







スポンサーサイト
 
18
 
源昌寺                                   大澤寺

252375991_624_v1510969076.jpg


< 湖北長浜 観音の里めぐり2017奥びわ湖の観音様と仏像に出会う旅 >
  
  ○ 東野山 法照寺 ○


宗派   
本尊   聖観音菩薩立像

住所    滋賀県長浜市余呉町東野
交通    JR余呉駅下車、車にて約7分
電話    0749-82-5909(奥びわ湖観光協会)
*要予約


PA220197.jpg PA220198.jpg PA220199.jpg

PA220204.jpg PA220228.jpg PA22022911.jpg


小高い神社に隣接したところに小さな観音堂が
ありました。

長浜 法照寺 PA220206

江戸時代に造られた堂宇は痛みが激しく
平成13年に落慶。
その費用は里の全戸平等に4年の月日を経て
まかなわれたものです。


長浜 法照寺 PA220210







長浜 法照寺 PA220218

きれいなお厨子には
木の香りがしそうな
まだ新しいご本尊聖観音さまが
奉安されています。


長浜 法照寺 PA220217

このお堂が創建された頃は
ご本尊は観世音菩薩だったと伝えられ、
のちに
十一面観音菩薩へと変わった由ですが
昭和43年に盗難にあいます。
が、数ヶ月後にご本尊は無事に帰還されます。

ところが、
なんとまた盗難にあわれ
残念なことに帰還されていません。


長浜 法照寺 PA220223

お厨子の聖観音菩薩は観音堂落慶のおりに
寄進されたものです。

新しいお像ですが
おきれいな顔をされています。


厨子手前には盗難にあったという
ご本尊の写真がありました。


法照寺窃盗本尊

気品に満ちたお顔です。





長浜 法照寺 PA220221


堂内には金銅仏も奉安されていました。


案内は里の方、おふたりでした。
説明用のカセットデッキが壊れており
緊張されながらのお話でしたが
テープよりも私は里の方のお話を聞くほうが
楽しい。

何度も書いていますが
湖北の観音様を守っていらっしゃるのは
里の人々です。

ありがたいことです。
しかし
こちらの観音さまのように
盗難にあわれることもある。

ありがたいありがたい
とばかり言っていられない。

難しいですね。

長浜 法照寺 PA220230






長浜 IMG_20171030_0009
                       ご朱印 法照寺


                                       次は大澤寺
                                  大澤寺 PA220240



<観音の里めぐり 2017 爽秋コース、国宝・重文の観音を巡る>
参加費用8500円(昼食費込み)

9時15分JR長浜駅西口集合

蓮通寺

徳圓寺

正応寺

昼食 ウッディパル

源昌寺

法照寺

大澤寺

JR長浜駅西口解散

現在募集しているツアー



    

    


       xms03_1 Ofen mom からのお知らせ xms03_1

       シュトーレン 2017 オーフェン シュトーレン の窯出し IMG_1970                     
        一台 \2,970
       シュトーレンの窯出しが始りました。
       地方発送承ります。
       店頭受け渡しもいたしております。
       詳細はコチラをご覧ください

      シュトーレン      xms03_5



lm_08スマホで写真を撮られる方へlm_08

知らない間(気がつかない)にグーグルマップに
当方の写真が実名入りで投稿
されていました。そういう人が沢山いるようです!
その削除・解除法をマムの素に掲載しましたので、
予防のためにもご覧ください。
そしてスマホの「写真追加をOF」にすることをおすすめします。
    ↓    ↓
グーグルマップ で気がつかぬ間に写真を投稿されないための設定メモ







 
16
 
正應寺

長浜252215902_624_v1510628593


< 湖北長浜 観音の里めぐり2017奥びわ湖の観音様と仏像に出会う旅 >
  ○ 源昌寺、中林寺 ○


宗派   源昌寺:曹洞宗 中林寺:真言宗
本尊   源昌寺:阿弥陀如来坐像(?)  中林寺:聖観音菩薩立像

住所    滋賀県長浜市余呉町上丹生2247
交通    JR北陸本線余呉駅下車、バスで約25分
電話    0749-86-2650
*要予約


長浜 源昌寺 PA220187
                              最奥の家屋が寺院です

民家と見紛う建物です。
しかし
屋根の上に寺紋が寺院であることを示しています。

長浜 源昌寺 PA220185


ガラガラと玄関に入って右手をみますと、
ああ、ここはお寺さんなのだと納得します。

お仏像様がたくさんおいでです。

源生寺(中林寺)を一言で言いあらわせば
「仏像館」です。




長浜 源昌寺 PA220184


通された座敷の半分が
源昌寺(手前)、中林寺(奥)です。

お仏像様に関しては
上丹生(かみにう)にあった廃寺となった
20寺ほどの小寺の
沢山のお仏像様が奉安されています。

奥様にいただいたリーフレットを読んで
思い返してもどのお像がどちらのお寺の
どなたさまやらわからず
途方に暮れています。



長浜 源昌寺 PA220153
                                 源昌寺 側  須弥壇上





長浜 源昌寺 PA220181


このお仏像様、とてもきれいなお顔をされています。
このお像の下には珍しい見返り文殊菩薩様がおられます。

見返りのお仏像さまといえば
永観堂の見返り阿弥陀立像(注1)でしょう。



長浜 源昌寺 見返り文殊菩薩  PA220183
                  長浜 源昌寺 見返り文殊菩薩

↑画像が切れていますが、蓮の下には
 獅子がいます。




長浜 源昌寺 PA220179














長浜 源昌寺 PA220158
                                中林寺 側






長浜 源昌寺 PA220163
             中林寺 ご本尊お前立 聖観音立像






長浜 源昌寺 PA220160
                   医王山長福寺 如意輪観音






長浜 源昌寺 PA220169







長浜 源昌寺 PA220177







長浜 源昌寺 PA220168






長浜 源昌寺 PA220147





去年より、湖北という狭い地域の観音巡りを
始めました。
巡るほどに、里の人々のおかげで
多くのお仏像様が今もここに在ることに
気がつきます。

人の好さそうな奥さまが一生懸命に
説明されているのを聞きながら思ったものです。

なにかというと「篤い信仰に守られて」という
言葉で片づけてしまいますが
里の誰もが信仰が篤いとはいいきれないでしょう。
だからこそ
大変だと思いますし、お偉いなあと思っています。


長浜 源昌寺 PA220141







長浜 源昌寺 PA220188
                                    余呉のマンホール






長浜 IMG_20171030_0008
西林寺 ご朱印                   中林寺 ご朱印



                                      お次は法照寺→
                                    PA220206




<注1:見返り阿弥陀>
拙ブログ 禅林寺永観堂

仏像
永観堂 見返り阿弥陀

<観音の里めぐり 2017 爽秋コース、国宝・重文の観音を巡る>
参加費用8500円(昼食費込み)
9時15分JR長浜駅西口集合

蓮通寺

徳圓寺

正応寺

昼食 ウッディパル

源昌寺

法照寺

大澤寺

JR長浜駅西口解散

現在募集しているツアー



    

    


lm_08スマホで写真を撮られる方へlm_08

知らない間(気がつかない)にグーグルマップに
当方の写真が実名入りで投稿
されていました。そういう人が沢山いるようです!
その削除・解除法をマムの素に掲載しましたので、
予防のためにもご覧ください。
そしてスマホの「写真追加をOF」にすることをおすすめします。
    ↓    ↓
グーグルマップ で気がつかぬ間に写真を投稿されないための設定メモ



       xms03_1 Ofen mom からのお知らせ xms03_1

       シュトーレン
                    一台 \2,970

       シュトーレンの窯出しが始りました。
       地方発送承ります。
       店頭受け渡しもいたしております。
       詳細はコチラ→をご覧ください。



 
08
 
徳圓寺                                          源昌寺

正応寺 長浜 PA220072

< 湖北長浜 観音の里めぐり2017奥びわ湖の観音様と仏像に出会う旅 >
  ○ 白峰山 正應寺 ○


宗派   曹洞宗
本尊   聖観音菩薩立像

住所    滋賀県長浜市西浅井町余1112
交通    JR近江塩津駅下車、徒歩10分
電話    0749-88-0122
*要予約


正応寺 長浜 PA220071 PA220069

PA220067 正応寺 長浜 PA220070


台風接近の中の観音巡りでしたが
雨のなかでも十分に田園地帯の
豊かな自然を感じました。





正応寺 長浜 PA220074


姿の美し楼門が見えてきました。




正応寺 長浜 PA220125


楼門にいたる石段の手前の祠のひとつは
半跏思惟のお姿の石像が奉安されていました。
お地蔵様なのか、如意輪観音様なのか判然としません。




正応寺 長浜 PA220078






正応寺 長浜 PA220079






正応寺 長浜 PA220080
                                      楼門


この楼門は永平寺より移築されたと伝えられて
います。
階上が鐘楼になっています。




正応寺 長浜 PA220083







正応寺 長浜 PA220084
                                        本堂





正応寺 長浜 PA220088






正応寺 長浜 PA220115

正應寺といえば、聖観音立像なのですが
ご本尊は、不確かですが、
こちらの
阿弥陀如来坐像と思われます。



正応寺 長浜 PA220100


聖観音菩薩立像
平安時代後期(12世紀) ・木造(ヒノキ材)、割矧造り、古色・像高90.3㎝




正応寺 長浜 PA220105







正応寺 長浜 PA220095
                       勢至菩薩






正応寺 長浜 PA220109
                       勢至菩薩






正応寺 長浜 PA220097






正応寺 長浜 PA220117






正応寺 長浜 PA220121






正応寺 長浜 PA220122






正応寺 長浜 PA220130




 正應寺の境内には豪雪と賊兵に
 進路を阻まれ自害したと伝えられる
 新田義貞とその兵の
 お墓があるといわれています。
 残念ながら、今回はそのお墓におまいり
 することはできませんでした。

 今回の正應寺に関しての掲載は不確かなことが
 多く申しわけありません。
 湖北の観音さまは里の方が守っておいでだったり
 ご住職がおいででもリーフレットなどがないうえ
 奥さまが説明される場合が多く
 確実性にかけることが多々あります。
 そういう長閑なところも魅力的ですが。



長浜 正應寺 IMG_20171030_00071
                 ご朱印 正應寺




                        ウッディパルにて昼食をとって
                        昼食 ウッディパル PA220132
                        次は源昌寺へ
                        PA220140


<観音の里めぐり 2017 爽秋コース、国宝・重文の観音を巡る>
参加費用8500円(昼食費込み)

9時15分JR長浜駅西口集合

蓮通寺

徳圓寺

正応寺

昼食 ウッディパル

源昌寺

法照寺

大澤寺

JR長浜駅西口解散

現在募集しているツアー



    

    


lm_08スマホで写真を撮られる方へlm_08

知らない間(気がつかない)にグーグルマップに
当方の写真が実名入りで投稿
されていました。そういう人が沢山いるようです!
その削除・解除法をマムの素に掲載しましたので、
予防のためにもご覧ください。
そしてスマホの「写真追加をOF」にすることをおすすめします。
    ↓    ↓
グーグルマップ で気がつかぬ間に写真を投稿されないための設定メモ



       xms03_1 Ofen mom からのお知らせ xms03_1

       シュトーレン
                    一台 \2,970

       シュトーレンの窯出しが始りました。
       地方発送承ります。
       店頭受け渡しもいたしております。
       詳細はコチラ→をご覧ください。




 
26
 
蓮通寺                                 正應寺

徳圓寺  馬頭観音 PA220050
                                    徳圓寺  馬頭観音

あらら!?
おみ足。

そうです。

お邪魔する今回のお寺さんは
この踵立ちしたご本尊で有名です。


徳圓寺 PA220024


< 湖北長浜 観音の里めぐり2017奥びわ湖の観音様と仏像に出会う旅 >
  ○ 晋門山 徳圓寺 ○


宗派   曹洞宗
本尊   馬頭観音立像 鎌倉時代、榧(カヤ)一木造、高さ78.2cm

住所    滋賀県長浜市西浅井町庄1083
交通    JR湖西線永原駅下車 、徒歩30分
電話    0749-82-5909(奥びわ湖観光協会)
*要予約


徳圓寺 PA220027







徳圓寺 PA220054







徳圓寺  馬頭観音 PA220047
    馬頭観音立像 鎌倉時代、榧(カヤ)一木造、高さ78.2cm






観音の里の祈りとくらし展? IMG_20160711_0026

頭上に馬頭を配し、三面八臂、炎髪、三目、瞋目開口で、
上歯列をみせ、牙が上出しています。
元は、大谷山大通寺の宿坊成円坊の本尊であったと伝えられています。

脇侍は、毘沙門天立像と不動明王立像が
向かい合わせに祀られています。

PA2200491.jpg   PA2200481.jpg
毘沙門天立像 室町時代作           不動明王立像 室町時代作 




再度、馬頭観音菩薩立像を拝観してみましょう。

徳圓寺  馬頭観音 PA220039







徳圓寺  馬頭観音 PA220051

憤怒のお顔にしては
しなやかな御手です。




徳圓寺  馬頭観音 PA220050

そしてこの踵立ちしたおみ足です。
まるでトムとジェリーの
追いかけっこを思い出させます。

トムが急に止まるときは
いつもこのような感じですね。

馬頭観音様が懲らしめる相手を追いかけて
ストップなさったところでしょうか。

この馬頭観音さまは
年に東京藝術大学美術館にて開催された
観音の里 祈りとくらし展Ⅱ」に
出陣されて、とても人気がおありでした。
やはり
踵立ちが珍しくて。

わたくしも、感心して見入ったものです。
以来、
お祀りされているお寺さんに
拝観に行きたいと思っていました。

今回の観音の里めぐりのツアーには
この馬頭観音菩薩立像のお寺が入っており
欣喜雀躍したものです。


徳圓寺 PA220060



厨子の裏手 ↑  ↓



徳圓寺 PA220062







徳圓寺 PA220063







徳圓寺 PA220061







徳圓寺 PA220066







徳圓寺







徳圓寺 PA220064






長浜 徳圓寺 IMG_20171030_0007
                    ご朱印 徳圓寺




                                   次は正応寺→
                                  長浜 正応寺 PA220074





<観音の里めぐり 2017 爽秋コース、国宝・重文の観音を巡る>
参加費用8500円(昼食費込み)

9時15分JR長浜駅西口集合

蓮通寺

徳圓寺

正応寺

昼食 ウッディパル

源昌寺

法照寺

大澤寺

JR長浜駅西口解散


現在募集しているツアー



    

    


lm_08スマホで写真を撮られる方へlm_08

知らない間(気がつかない)にグーグルマップに
当方の写真が実名入りで投稿
されていました。そういう人が沢山いるようです!
その削除・解除法をマムの素に掲載しましたので、
予防のためにもご覧ください。
そしてスマホの「写真追加をOF」にすることをおすすめします。
    ↓    ↓
グーグルマップ で気がつかぬ間に写真を投稿されないための設定メモ



 
24
 
                                          徳圓寺

長浜 御華山 蓮通寺 PA220023
                                       御華山 蓮通寺





蓮通寺 PA220004


< 湖北長浜 観音の里めぐり2017奥びわ湖の観音様と仏像に出会う旅 >
  ○尾華山 蓮通寺 ○


宗派   浄土真宗 東本願寺派
本尊   阿弥陀如来立像

住所    滋賀県長浜市西浅井町岩熊543
交通    北陸本線近江塩津駅、 湖国バス岩熊下車JR高月駅より
電話    0749-88-0713
オフィシャルサイト
*廃寺の護国山大聖寺の大日如来を
  収蔵。


蓮通寺 PA220002








蓮通寺 PA220006 








蓮通寺 PA220003
                     ご本尊 阿弥陀如来立像


ご本尊は本堂の阿弥陀如来立像ですが
収納庫には
補修されて金色の光を放つ
大日如来坐像が安置されています。
このお像は元々は
蓮通寺の下方に位置していた護国山大聖寺(廃寺)
のご本尊だったものです。


蓮通寺 PA220021
                       元、護国山大聖寺 大日如来坐像

収納庫にはたくさんのお仏像様が
奉安されていました。

戦乱の地である
湖北はたくさんの寺が戦火に
あい廃寺になっています。
また、
過疎地ということで廃寺に拍車がかかりそのために
宗派が違っても
お仏像を奉安されている寺院が珍しくありません。


蓮通寺 PA220011







蓮通寺 PA220012







蓮通寺 PA220018



ご住職はお話好きの方とみえます。
拝観は電話確認をおすすめします。

お仏像様は↓ 収蔵庫におられます。

蓮通寺 PA220022




                                   次は徳圓寺→
                                 長浜 徳圓寺 馬頭観音 PA220047



<観音の里めぐり 2017 爽秋コース、国宝・重文の観音を巡る>
参加費用8500円(昼食費込み)

9時15分JR長浜駅西口集合

蓮通寺

徳圓寺

正応寺

昼食 ウッディパル

源昌寺

法照寺

大澤寺

JR長浜駅西口解散


現在募集しているツアー


    

    
 
23
 
長浜観音の里めぐり PA230275
                 長浜観音の里めぐり2017


今年初めての観音巡りバスツアーは
台風接近の影響で雨の中の
拝観となりました。

長浜9時15分集合。
東京発6時26分のひかりに乗れば
米原乗り換えで十分の間に合います。


長浜 西浅井風景
                                        西浅井


天気がよければきれいな田園風景が
眺められたことでしょう。
雨に煙るのも風情があるのは
確かですが、
小雨がやがて本降りになり
それも風をともないはじめて
ともすれば気持ちが萎える観音巡りに
なってしまいました。

台風接近とあっては
観光局も大事をとって
拝観時間を短縮し、道の駅に
寄ることも中止。

そのおかげもあって
帰りは予定より1時間も早い新幹線に乗れて
午後8時には家にて寛ぐことができました。


長浜 蓮通寺 PA220021
                                         蓮通寺 







長浜 徳圓寺馬頭観音立像 PA220038
                                徳圓寺 馬頭観音立像


徳圓寺の馬頭観音は足の裏を見せておいでなのが
特徴で、東京藝術大学美術館に出陣されたきは
とても人気がありました。


長浜 正応寺 PA220080
                                         正応寺

楼門がいいですね。




石造り 如意輪観世音 ? PA220125
                       如意輪観世音 ?




正応寺の参道で見かけた
お地蔵さま。

思い近寄ると、如意輪観音様でしょうか?



長浜 源昌寺PA220177
                                            源昌寺

源昌寺さんは民家のようなお寺さんです。
座敷には二寺(源昌寺、中林寺)のお仏像が祀られています。




長浜 法照寺 PA220223
                                            法照寺






PA220240







長浜 大澤寺 PA220270
                                            大澤寺



<観音の里めぐり 2017 爽秋コース、国宝・重文の観音を巡る>
参加費用8500円(昼食費込み)

9時15分JR長浜駅西口集合

蓮通寺

徳圓寺

正応寺

昼食 ウッディパル

源昌寺

法照寺

大澤寺

JR長浜駅西口解散

昼食 ウッディパル PA220132
                     昼食

                             次回より少しずつ、
                             びわ湖長浜のお仏像さまを紹介しいて
                             いきます。


  < 参考 >

<今までの観音の里巡りツアー>
観音の里めぐり2016 春コース、初公開の秘仏に会う
観音の里めぐり2016 初夏コース、木彫りの里を訪ねる
観音の里めぐり2016 初秋コース、水源の郷をゆく
観音の里めぐり2016 爽秋コース、実りの季節に訪れる 
観音の里めぐり2016 紅葉コース、国宝・重文の観音を巡る
観音の里巡り2017 爽秋コース、奥びわ湖の観音様と仏像に出会う

現在募集中のツアー

長浜観光協会
        〒526-8501 滋賀県長浜市八幡東町632
        TEL.0749-65-6521

        米原観光協会
        〒521-0392 米原市春照490-1 米原市役所伊吹庁舎
        米原市経済環境部商工観光課内
        TEL 0749-58-2227

        奥びわ湖観光協会
        〒529-0492 滋賀県長浜市木之本町木之本1757-2
              (長浜市北部振興局内)
        TEL 平日:0749-82-5909 
        土・日・祝日:0749-82-5135 (木ノ本駅観光案内所)

        北びわこふるさと観光公社(滋賀県知事登録 旅行業 地域-242号)
        〒529-0313 滋賀県長浜市湖北町伊部757-1
        TEL 0749-78-0300 【営業日:平日(月~金)9:00~17:00】


  
びわ湖・長浜のホトケたちII      びわ湖・長浜のホトケたち


    
    



 
10
 
赤後寺

< 湖北長浜 観音の里めぐり2016紅葉コース、国宝・重文の観音を巡る >
        ○西野薬師堂(充満寺)○

PB270761


宗派   浄土真宗大谷派
本尊   伝薬師如来立像、
      十一面観音立像

住所    滋賀県長浜市高月町西野 1696
交通    JR高月駅より
       東口からコミュニティバスで「西野」バス停下車
電話    0749-85-6405(高月町観光協会)
       0749-82-5909(奥びわ湖観光協会)
*要予約(問い合わせは上記↑)
*びわ湖百八霊場35番札所
*天台宗の泉明寺という寺院が前身
*現在は充満寺の飛地境内


PB270774
PB270774 posted by (C)poco


 
  かつて西野の小字寺山に天台宗の泉明寺と称する寺があり、
   大友皇子の末裔・西野丹波守家澄が菩提寺として庇護したといわれる。
   その後度重なる戦乱により荒廃したが、村人によって守られてきた。
   堂内には、ふっくらとして穏やかな表情で肉付き豊かな十一面観音と
   ふくよかで目鼻立ちの整った相好の薬師如来像が安置されています。

                                滋賀・びわ湖観光より



西野薬師堂 IMG_20161128_0065
本尊 十一面観音立像 重文 平安時代藤原期
(後補:両手、両足先、右袖の一部)






西野薬師堂 IMG_20161128_0064
本尊 伝薬師如来立像 重文 平安時代藤原期
(後補:両手、両足先、右袖の一部)


この二尊も戦乱の世を里人に守られて現在にいたられています。
そのために破損されています。
こちらの薬師如来像は阿弥陀の来迎印を結んでおいでですが
両手は後補のため尊名は不確かです。


IMG_20161210_0001



赤後寺もそうですが、
しっかりとした肉厚なお身体のお仏像です。

堂宇には
十二神将の巳と辰も奉安されています。

IMG_20161128_0063
           天部二躰(巳と辰)






西野薬師堂 長浜 PB270771




とてもきれいなものが目にはいりました。

堂宇の中は撮影禁止でしたが
どうしても写真に撮りたく
図々しくそのこと世話役さんに言うと、
とても快く応じてくださいました。


西野薬師堂 オコナイ 神事 オトウ(御神体) PB270762


写真を撮り終えて
「これはなんですか?」
と世話役さんに訊ねると
「滋賀出身のかたですか」と
質問されたので首をふると
「ああ、じゃあわからないかな、オコナイのこと」

「知ってます。春先におこなわれる豊穣の神事ですね」

応えると
とても嬉しそうにされて
「その時につかうんです」と
教えてくださいました。

のちに
しらべると<注連縄>と思っていたコレは
<オトウ>といわれるご神体そのものであられました。

   湖北は各集落に独特の<オコナイ>があります。
 
ご神体であられたとは、おきれいなはずです。



西野薬師堂 オコナイ IMG_20161210_0003
↑西野の守頭(もろと)オコナイびわ湖・長浜のホトケたちより 







PB270769


向拝柱には数珠が掛けられていました。
どなたでもお詣りくださいということでしょう。



PB270767


子供たちが境内で遊ぶのでしょうね。
微笑ましい。



PB270763



なにやら石が。
近付いてみましょう。


PB270766


謎の珠石。
だそうです。
古墳群のいしなのか、境界石なのか
謎だそうです。

まだ石がありました。

PB270775


これは力石でした。
重さ92kg。


IMG_20161128_0007
                  ご朱印 西野薬師堂


en1参考en1




  
びわ湖・長浜のホトケたちII      びわ湖・長浜のホトケたち



<観音の里めぐり 2016 紅葉コース、国宝・重文の観音を巡る>

9時50分JR長浜駅西口集合

石道寺

己高閣・世代閣 /

昼食 己高庵

渡岸寺観音堂(向源寺) 

赤後寺

西野薬師観音堂

湖北みずどりステーション

JR長浜駅西口


観音の里巡り 昼食
                 昼食



<今までの観音の里巡りツアー>
観音の里めぐり2016 春コース、初公開の秘仏に会う
観音の里めぐり2016 初夏コース、木彫りの里を訪ねる
観音の里めぐり2016 初秋コース、水源の郷をゆく
観音の里めぐり2016 爽秋コース、実りの季節に訪れる 

現在募集中のツアー



    
    



 
07
 
渡岸寺

< 湖北長浜 観音の里めぐり2016紅葉コース、国宝・重文の観音を巡る >
       ○赤後寺(日吉神社)○


PB2707121.jpg



正式名称  唐喜山 赤後寺(からきざん しゃくごじ )
別名    転利(コロリ)観音
住所    長浜市高月町唐川1055
交通    JR高月駅より車にて10分
電話    0749-82-5909奥びわ湖観光協会
       0749-85-6405(高月町観光協会)
*要予約
*7/10は千日会


PB2706991.jpg



赤後寺は、湧出山(ゆるぎやま)の中腹、
日吉神社境内に建ち、
古くは足利尊氏から荘園を寄与され
隆盛を極めていたといいます。

厄を転じて利となす「転利(コロリ)観音」としてしられており、
三回参拝すれば長患いせず極楽往生できるともいわれいます。
毎年、7月10日の「千日会」は、その日一日参拝すれば千日分の
ご利益に預かられ全国から訪れる参拝者で賑わいます。


PB27074511.jpg



コロリ観音としての功徳もさることながら
やはり
千手観音、聖観音の気高さが目をひき
また
奉安されている宮殿型のお厨子の
豪華さに
里の人々のこの観音さまに対する
気持ちの篤さを感じます。



PB27072311.jpg






PB2707301.jpg
               左 千手観世音菩薩(通称コロリ観音)平安時代前期(810年)
               右 聖観音立像 平安時代前期(930年)


こちらの観音像も長く続く戦乱から守るために
川底や、土中に身を隠されていました。

そのためにご尊顔には無数の傷がはいり
手首から先が失われるというおいたわしい
お姿になられています。

そのお姿の悲しさに里の人々は観音さまを
秘仏としていたそうですが
重要文化財の指定を受けた昭和44年に
一般公開に踏み切ったといいます。


IMG_20161126_00101.jpg





IMG_20161126_00071.jpg





IMG_20161126_00111.jpg





PB2707311.jpg



堂々とされた肉体美を感じませんか?


PB2707341.jpg






PB2707201.jpg

立派なお厨子です。



↓何を覗いているのでしょうか?

PB2707191.jpg

正解は
ナフタリン。

観音様の足元にはたくさんの
ナフタリン。
里の人の気持ちが伝わってきます。


PB2707171.jpg


厨子の左におられた撫で仏さまです。
何千何万のかたに撫でられたのでしょうね。
思わず合掌をしてしまいました。


PB2707361.jpg





PB2707481.jpg


石仏に見惚れて
写真を撮ったのはいいのですが
この鐘楼も凝った造りだったことが
画像を見て判明。

あとの祭りです。↓

PB27074411.jpg






PB2707421.jpg
                                         日吉神社





PB2707051.jpg
                                                御枕石

手水舎の脇には御枕石が在りました。
これは観音様を川に沈める際に
枕にしたといわれいます。

PB2707461.jpg


立派なお厨子をもつ堂宇も
お守りしているのは里の人々。
世話役さんたちです。

常時一般公開ですが、
電話にての予約が必要です。
少しでも里の人々の負担を減らすためにも
当日予約ではなく、前日にされることを
おすすめします。



PB2707571.jpg PB2707551.jpg

PB2707531.jpg PB2707521.jpg

赤後寺にいたる道には
立派な茅葺を持つ門の家がありました。
造り酒屋さんのようです。

手入れが大変ですね。
でも
それだけの
美しさがありますね。




IMG_20161128_00071.jpg
                   ご朱印 赤後寺


*  *  * 参考 *  *  *

IMG_20161128_00621.jpg


<観音の里めぐり 2016 紅葉コース、国宝・重文の観音を巡る>

9時50分JR長浜駅西口集合

石道寺

己高閣・世代閣

昼食 己高庵

渡岸寺観音堂(向源寺)

赤後寺

西野薬師観音堂

湖北みずどりステーション

JR長浜駅西口


観音の里巡り 昼食
                 昼食



<今までの観音の里巡りツアー>
観音の里めぐり2016 春コース、初公開の秘仏に会う
観音の里めぐり2016 初夏コース、木彫りの里を訪ねる
観音の里めぐり2016 初秋コース、水源の郷をゆく
観音の里めぐり2016 爽秋コース、実りの季節に訪れる 

現在募集中のツアー



    
    





 
06
 



西野薬師堂でみかけたもの。。。


どうぞおつかいください。






PB2707691.jpg



      未だフォト蔵のシステム障害治らず。

      3万枚ほど画像を預けている白マムの
      ブログはこの1週間、壊滅状態です。

      このブログの管理画面をみると
      沢山の方々が見に来てくださっています。
      だけども
      画像はゼロ。
      そのうち閑散としたブログになるのかしら
    

      フォト蔵からの復旧の最後の情報は
      12月3日。

      「復旧の予定は12月5日」とのことでした。

      これを読んだ方は
      「なんだまだ1日しか経ってないじゃないか」
      と
      思われるでしょうが、
      12月1日より
      何度も復旧予定日を日延べされたうえ、
      画像が消えてからもう6日ですからねえ。


      多分、フォト蔵に画像を保存している方々の
      心配はひとつ!

      預けた画像が消滅したのではっ。

      10年間のお仏像の記録が
      消えないことを祈るのみです。


                         *12月6日11時フォト蔵情報*
                              7日に復旧予定
 



プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday