白マム印 日本のこと日本のもの

 
17
 
胴咲桜 P4122380


桜の幹にいきなり咲く桜を
胴咲桜と言うそうです。

枝に咲き誇る桜にもため息がでますが

胴咲桜 P4122389

苔むした幹に咲く桜は
いじらしくって
ガンバレと声をかけたくなります。


胴咲桜 P4122395





スポンサーサイト
 
03
 



11025757_801562993269726_3683405026156262575_n.jpg


今年は
あまりの忙しさのために
写真で桃の節句気分を味わっています。

私はそれでよしとして
箱の中のお雛様は
さぞ
怒っておいでのことでしょう。

どう埋め合わせをお雛様たちにするか
考えあぐねています。




             手前は
             母が私に購入してくれたお雛様
             後ろ
             私が娘のために依頼した
             四代目中ノ子勝美作 古型博多人形。

                          *ああ無情なお雛様エピソードはコチラ
                                          ごらんください。




 
06
 
2017 お節 P1031826



今年は
不本意なお節料理で載せるのを躊躇ったのですが
恒例ですし、私自身の記録、備忘録として
アップいたしました。


< お節 >

鶏ガラ出汁の雑煮
ホタテ出汁の茶碗蒸し
黒豆
牛タン味噌漬け
カズノコ
お赤飯
おナマス
栗キントン


黒豆 P1031821


年末から年始の間
今回は
それはそれは忙しくて
最低限のお節になりましたが
どれもお味は
最高です。

とくに
黒豆は
みなさまに食べさせてあげたいとすら
思う出来です。


黒豆 P1031829




ぎっしりスケヂュールが詰まっているうえに


お節 PC311751



PC311747 PC311762
お節 P1031827 PC311749


煮えたぎるうしろで
お姫ちゃまが遊んでいるわけですから
ヤケドでもされたらと
お節どころではありません。



PC311740



それでも
なんとか作ります。


                        2016年のお節
                        おせち料理 P1010111



 
03
 




                PC30173611.jpg


                       今年一年
                       どなたさまも 幸 多からんことを 

                                        白マム



                                                     

                                                  張り子 大野博之


 
14
 
P9111255

9月10日11日は
街の至る所でお祭りでした。

わが町内も
神酒所が空き地に作られて
神輿が担がれました。

掛け声は
ソイヤ ソイヤ。

セイヤ セイヤ。


もう何年も「ワッショイ」を聞いていない。
掛け声にも流行があるのかしら。


ワッショイ ワッショイ 

遠くなりにけり。








                 深川八幡祭は「セイヤ」「ソイヤ」を
                 禁止して昔ながらの「わっしょい」だそうです。


 
21
 
お彼岸のお墓参りになくてはならないもの。
それは
お線香とお花。

みなさんは
どのような花を供えられますか?

*仏花は同じ種類の花2束で1対
*形は神事の榊のように菱形に整えて供するのが最も一般的
*本数で言うと3本、5本、7本のいずれかが良いでしょう
*輪菊・小菊・マム(洋菊)・カーネーション を中心に
    春は アイリス・金仙花 ・スターチス
    夏は りんどう・グラジオラス・ケイトウ

 なのだそうですね(仏花より)。


日本の伝統や文化が大好きな白マムですが、

その白マムが泉下の義父に供えるお花は、






ラナンキュラス


愛らしくて明るい
ラナンキュラスです。


明るかった義父は
きっと喜んでくれているに
違いありません。


 
13
 
中ノ子勝美作 古型博多人形 内裏びな 112324
                   四代目中ノ子勝美作 古型博多人形 内裏びな


<娘の内裏雛>
最奥の内裏雛が四代目中ノ子勝美作 古型博多人形です。
その前の内裏雛は、同じ中ノ子氏作の土鈴です。
手前の両脇は博多人形です。





お雛様P2112322



< 私の立雛 >

母に買ってもらったものですが
お顔がとても愛らしくて
愛着があります。



*お雛様のお話はコチラをご覧ください。




お雛様






 
10
 
あまった黒豆を使って P1100374


材料
お餅 1個
砂糖 大匙半分
水   大匙半分
黒豆 適宜
片栗粉(小麦粉でも可)


あまった黒豆を使って P1100370



あまった黒豆を使って P1100371



まず、耐熱ボウル(レンジ可ならば何でも)に
おもち、砂糖、水をいれてラップをしレンジで
1分30秒~2分くらい加熱してください。


あまった黒豆を使って P1100372




軽くまぜて再度レンジへ。
1分弱の過熱。


あまった黒豆を使って P1100373



取り出したら、黒豆をいれて
もう1度、軽くまぜ

丸めます。

手につくので
サランラップに片栗粉をまぶして
お餅をのせて
茶巾の要領でラップごとくるむと
丸くできあがります。


P1100377



お味、食感は
大福というより
スアマに近いものです。

小さな
お子様がおいでなら
一緒に作る楽しさがある
お節利用おやつといえます。  



                
 
02
 
おせち料理 P1010111


西日本、中でも福岡は三社参りの風習が根付いています。
といっても白マムが過ごした昔の話ですが。

これは
初詣を三社に詣でるという風習です。

我が生家は信仰心が強いというわけではなく
田舎の慣習に充実というだけで
元旦は氏神さまを参り
そのあと写真館に直行して家族写真を撮り
太宰府天満宮に詣で
あとの一社は
その時の父の気分で決まりました。

宗像大社の時もあれば
お隣の県の
祐徳稲荷ということもあります。

書けば簡単ですが
距離にすると随分とあります。
ちょっとしたドライブです。

晴着を着て、帯で胸を圧迫されている私は
いつも車に酔って
父が怒り
母に迷惑をかけたものです。

正月の思い出といえば
つい
このことが思い出され
いい気持ちはしません。


本家の婆さんとなった今は
お休みにわざわざ来てくれるのだから
皆に楽しい一日を過ごしてもらいたいという
気持ちが強くて
せめて美味しものをと下手なりに饗応する
次第です。






 
01
 


                 張子の干支 PC310049


                       2016年
                       どなたさまも

                       幸

                       多からんことを






                                                干支張子・まねき屋





プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday