白マム印 日本のこと日本のもの

 
23
 
イスム リーフレットIMG_20170222_0003


今、巷で流行っているらしいお仏像のミニチュア。

わけあって(いずれお話します)
行った先はお仏像のフィギュアの雄。
イスムさんでした。

偶然にもイスムさんのことは直前に
NHKの特集で見たばかりです。
その時は
実は歯牙にもかけなかった(少しオーバー)。
ながらで見ていました。

実際に
ずらりと展示されたお仏像さんを見ると
まあ、細部がよく出来ています。

   正直に言いますとお顔は本の少し違う。

でも
とってもよく出来ていました。


おすすめは
お手頃な値段で愛らしかった
東大寺阿弥陀堂の五劫思惟阿弥陀さま。


イスム 五劫思惟阿弥陀仏 P2222222


なんだかほっこりするお姿。


そして
もし飾っていたらいつも元気がでそうな
三十三間堂の迦楼羅さん。


イスム 迦楼羅天王 P2222216




もう一尊は
六波羅蜜寺の空也上人。


イスム 六波羅蜜寺 空也上人 P2222218


空也上人の真摯さがよく出てるなあと
思って。
今日も一日誠意をもって過ごそうと
自然に思ってしまいます。


合掌



写真撮影、OKでしたので
撮ったものを載せておきます。




イスム 永観堂 みかえり阿弥陀 P2222219
                             永観堂 みかえり阿弥陀





イスム 興福寺金剛力士 P2222214 
                                   興福寺金剛力士





イスム 浄瑠璃寺吉祥天 P2222211
                                   浄瑠璃寺吉祥天






イスム 観心寺 如意輪観音 P2222212 
                                    観心寺 如意輪観音

 



イスム 千手観音 P2222205
                                 三十三間堂 千手観音






イスム 宝菩提院 願徳寺 如意輪観世音半跏像 P2222204
          宝菩提院 願徳寺 如意輪観世音半跏像


画像はありませんが中宮寺および広隆寺の
弥勒さんも出色の出来栄えでした。


以下はイスムさんのリーフレット


イスム リーフレット IMG_20170222_0001





イスム リーフレット」IMG_20170222_0002






イスム リーフレットIMG_20170222_0004




イスム リーフレット IMG_20170222_0005


*2月28日まで京王プラザにて出展、中川学ジクレー版画展も同時開催。
*2月28日までイスム表参道店、谷中店にて中川学ジクレー版画展開催。
イスム オフィシャルサイト
*製造法はコチラをご覧ください。



スポンサーサイト
 
04
 
←前回 まほろば館

P7310780.jpg
                    白マム作 情けないお仏像さま 平成28年作



丸の内はんにゃ会代表の田中ひろみさんの
呼びかけで白マムはお仏像を彫りに
奈良まほろば館へ出向きました。

持参するもの
カッターナイフと鉛筆
   
         それだけ!

とってもお手軽です。


P7310711.jpg



けど、
マッチ箱より小さいヒノキにカッターを
入れるのは難しいものです。
情けない出来上がりになりました。


それでも
ヒノキのお仏像様には
魂が入ったのですから大切に
しなければなりません。

講師の久保先生はお若いのに
お仏像がお好きな気持ちが身体中から
溢れてるという感じの方でした。



ic_fi16   ic_fi16   ic_fi16


今回、まったく期待していなかった
仏像コスプレ。
実はとても面白くまた勉強になりました。

P7310712.jpg



10mの布地をクルクルまいて別布(紐として)
をベルトがわりに結ぶとあら不思議!


P7310714.jpg


きれいなドレープができあがります。

布地一枚で
ドレスアップ。

P7310716.jpg


肩にもう一枚かけると
ゴージャスです。

P7310738.jpg


お仏像さんを拝観するときには
きれいな模様が残っているなあと
だけに感じいるだけでしたが
これからは
腰も胸もつながっているのだなあと
思い乍らの拝観になります。

    すると、アレレレ?
    と、思うことにもでくわすかも。
    つまり昔の地方の仏師さんが
    一枚布だということを
    考えず(あるいは知らず)
    調和しない、模様や色付けを
    する場合もあるわけですね。
    

P7310765.jpg

    
布の種類が違うとこのような
優しい感じになります。


P73107721.jpg



とっても楽しい
目から鱗のワークショップでした!

    彫刻および、衣装の着付けを教えてくださったのは
    仏像修復家の久保暁子先生です。

    モデルになってくださったお二人は、
    生徒さん代表です。

    お二人はこのブログアップを了承していただきました。
    くださいました。ありがとうございます。
   


 *奈良まほろば館(奈良県東京事務所情報発信課公式ホームページ)


    



 
04
 
P10302101.jpg




1月3日は
ふらりと上野の森へ。

東博平成館にて「始皇帝と大兵馬俑」を観覧。

その後本館へ。


お仏像コーナーの
お釈迦様のおみ足の可愛くておきれいなこと。




釈迦涅槃像 P1030235



鎌倉時代作・木造
奈良県飛鳥の岡寺に伝わった



釈迦涅槃像です。




釈迦涅槃像 P1030212



岡寺よりの寄託。

岡寺は、奈良県明日香村にある真言宗豊山派の寺院。
西国三十三番ヶ所第七番札所です。

電動自転車を借りて明日香を
走ったことが懐かしく思い出されました。

岡寺は急な坂を500メートルほど登る
山の中腹に堂宇を展開している古刹です。

ご本尊は4.6メートルもある
日本最大の塑像如意輪観音菩薩坐像です。



飛鳥岡寺2009 3.20
                              飛鳥岡寺posted by(C)poco



飛鳥岡寺2009 3.20
                               飛鳥岡寺posted by(C)poco



涅槃像のおみ足の愛らしさ。
美しさに吸い寄せられて
見入ったお仏像様。

7年前に訪れた
岡寺を思い出すことになろうとは。

                      岡寺の詳細はコチラをご覧ください。



 
28
 



円空展 賓頭盧尊者IMG_0009_NEW
                       円空作 賓頭盧尊者

お可愛らしい「おびんずる様」の
ポストカードながめていましたら、

いろいろと
思い出したり
思ったり。

年といえば年寄りだけれど
それよりも
忙しすぎて
いろんなことを忘れています。

ぼんやり眺めていたら棟方志功が浮かんできました。

「わだばゴッホになる」と言った
棟方志功がはじめて鉈仏(=円空仏)を
見たとき
思わず呟いた言葉。

 「江戸時代にも俺がいたのか!」

棟方志功はそののち円空再来にむすびつけられる
釈迦十大弟子を発表します。




棟方志功
   


これは我家の壁にかかる棟方作の板画です。  
私が嫁いできたときには
たしか3つは掛っていたはずです。

ふと気がつくと
掛っているのが1つ。

義父と二人きりになった時にこっそりと聞いて
みました。
「お義父さん、志功の板画は3つあったでしょ。
他はどうなさったの?」

義父は声をひそめて言いました。

「ワシだってお小遣いが欲しいんや。
全部売ってしもた」

と。

そのあと顔を見あわせて二人して大笑いしたものです。

そんな義父もいなくなって4年です。



円空さんのおかげでまわりまわって義父の
ことを思い出しました。

義父のことを思うのは久し振りのことです。



 
22
 
あまり知られていない、
つまり
観光寺ではないお寺のすばらしいお仏像を
披露してきました。

光台院東大寺三昧堂は異なっていますが、
寺仏がすばらしいにも関わらず認知度の低い
お寺の共通点は明瞭です。

それは、
立派な建物がない。
造りが新しい。
絵にならない。
だから、
観光案内に載らない。
と、
いうことです。

たしかに、
写真を撮るのが好き(下手ですが!)な
私としても、
どんなにアングルをかえても(凝っても)
目を見開くような絵がとれないことに関しては
肩を落とします。

が、
そのようなことは
お仏像を拝観させていただくと吹き飛んでしまいます。

拝観したそののち、
この素敵な寺宝をお持ちのお寺さんを
どう皆さんに伝えたらよいのだろうと考えるわけです。



   img0613bac6zik3zj 愛知 滝山寺 帝釈天立像
      愛知 滝山寺 運慶作・帝釈天立像


en1  en1

<あまり知られていないけれど素晴らしいお仏像をお持ちの寺院>
守山市福林寺/大津市盛安寺/東大寺三昧堂/高野山光台院/王寺融念寺/
備考/岡崎市瀧山寺/三井寺微妙寺/雷山千如寺大悲王院/宝菩提院願徳寺/
山の辺長岳寺 1/





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday