白マム印 日本のこと日本のもの

 
30
 
27072302_1662571307168886_5106353672728672446_n1.jpg
                                   中川学圖案繪集 UKIYO







中川学さんの作品集、
中川学圖案繪集 UKIYO が刊行されました。

聖なるものの内なる俗を愛でては描き
俗なるものの内なる聖を敬して描くという
中川氏、八面六臂です。
美しくも妖しくおかしき世界が
展開されます。

内容は
幻想、京都、時代、現代、神仏の
五つに分類されており
末尾には舞台裏も用意されています。

本の一部を紹介いたしましょう。


<幻想>より

中川学圖案繪集 UKIYO 27067501_1662318697194147_6771461100967541826_n
                                   遠野物語 やまびと




中川学圖案繪集 UKIYO 26993600_1662570717168945_6609571806170320393_n
                                           絵本 化鳥





<京都>より

26994200_1662570527168964_7478434920843929173_n
        上 月刊京都 / 下 家庭画報デリシャス、錦市場挿絵 世界文化社





<時代>

27073000_1662570493835634_1000214531456723945_n
                                          橘花抄/決斗




27540247_1662570443835639_5162798697067619493_n
                        とっぴんぱらりの風太郎 週刊文春挿絵





<現代>より

中川学圖案繪集 UKIYO27337002_1662610080498342_3129562405979297734_n




<神仏>より

26993968_1662570583835625_1622117932495000340_n
                               韋駄天   日本曼荼羅



ページを繰るのが楽しくなる
中川ワールドです。





   

     

 




スポンサーサイト
 
27
 
Kindle Paperwhite Wi-Fi + 3G、ホワイト  DSC_0427
               Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ホワイト 


訳あって仕方なく購入。

訳ですか?

単純です。
仕事上、読まなければならない本が
ネット配信だったのです。

勿論スマホに落として読むこともできますが
小さな画面をスクロールして読み込むのは
わたくしのような年寄りには
非常に困難です。

本が装幀が装画が好きな私は
1ヶ月以上購入を悩みましたが、
とにかくネット配信なので仕事上
タブレットかkindleを購入する
しか道はありませんでした。



Kindle Paperwhite Wi-Fi + 3G、ホワイト  DSC_0424


kindleといってもいろいろな機種がある!

ひるみます。
何がどう違うのかわからない。
まわりにkindle愛用者ゼロ。

ひたすら検索して
得た情報は
普通に本を読む人は
Kindle Paperwhite Wi-Fi + 3G
が最適ということでした。

     漫画を読む人は
     「Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル
     が、いいらしい。



Kindle Paperwhite Wi-Fi + 3G、ホワイト  DSC_0420
           Kindle Paperwhite Wi-Fi + 3G、ホワイト  



使い勝手は悪くありません。
目が疲れないというのが
一番の利点でしょうか。

無論、
紙の本のような
愛おしさ感はありません。
しかし
機能のなかに辞書も含まれていますので
読書しながら
ひくこともできます。


Kindle Paperwhite Wi-Fi + 3G


ボーダーラインもひける。
栞機能もある。
字の大きさ、書体もかえられる。
本のサンプルも読める。
画面の明るさも自在。
たぶん
もっといろいろ出来るのでしょうが、
白マムが使いこなしている機能は
今のところ
これくらいでしょうか。




Kindle Paperwhite Wi-Fi + 3G、ホワイト  SC_0422  Kindle Paperwhite Wi-Fi + 3G、ホワイト  DSC_0423


「白」にしたのは黒は重い感じがするので。
「3G」を加えたのは
Wi-Fi環境がないところでも
ダウンロード可能だから。
といっても
分厚い本は3Gでは無理。
サンプルや、リーフレット等が可能。

キンドル版が書籍より安いといっても
お金を払わなければいけないので
私自身は、仕事で必要なもののみを
購入しています。
そこで助かるのがこの3G機能です。
出先(ネット環境無し)でサンプルを
どんどんダウンロードしては
楽しんでいます。
サンプルは無料ですから。

本屋で立ち読みしている感覚ですね。

これはすごく楽しいし
助かります。

常にWi-Fi環境があるとは限らない
ですからね。

     勿論、
     スマホをテザリングすれば
     スマホをWi-Fiルーター代わりに使うこともできます。
     が、いちいち面倒。


Kindle Paperwhite Wi-Fi + 3G、ホワイト



購入するときに
情報キャンペーン付きにするや否やの
選択があります。
「情報キャンペーン」ってなんぞや?
何のことはない。
広告です。
これを不要にすると追加料金2000円が
派生します。

ホーム画面に広告は表示されますが
読書中には表示されないので、
あってもなくてもよいのではと思います。
少しでも安くと思ったら、広告付きでということですね。

私は
広告が好きではないので2000円は初費用ということで
「情報キャンペーン」不要です。



Kindle Paperwhite Wi-Fi + 3G、ホワイト  DSC_0426
                スリープ画面は無作為にかわる


さて
あとになりましたが
一番の心配は初期設定がパソコン並みに
煩雑なのでは!
ということ。

アマゾンのアカウントをもっていると
(アマゾンで取引している人は当然持っていますよね)
送られてきたキンドルには
初期設定があらかじめされていました。



これで
白マム婆さんも大丈夫。

         < 追記 2018年1月24日 >
         著作権が切れた(青空文庫にあり)
         夏目漱石の草枕が無料でしたので
         ダウンロードしました。

         実は草枕は最後まで読み通した
         ことがなかったので、
         これはとても助かります。

         無料版をあれこれダウンロードするのも
     ↓   よいですね。



   kindle版↑


   


仕事で必要とはいえ
合計24,710円の出費は白マムには
かなりの痛手でした。

これはマム的には1奈良に相当しますから。

上手に使いこなさなければ。


                            *kindle使用説明書



 
21
 

スピン



今、読んでいる文庫本は栞紐(スピン)がついていない。

だから
閉じるときに面倒。

そこいらの紙片を挟んだり
カバーの折り込み部分を差し込んだり。

以前はどの出版社の文庫にもスピンがついていた。
けれども
手間暇やコストを考えたら、間尺に合わないということで
新潮社以外はスピン取り付けやめ。

唯一スピンをつけてくれているのが
新潮文庫。

スピンがあるとないとでは大違い。
読者はとっても助かっている。

応援しているので
頑張って欲しい!!!


             *星海社文庫もスピンをつけているらしい。


 
08
 
タラブックス愛蔵特装版 24862425_1609414895817861_5714510833828623557_n



白い和紙を開くと

プ~ンと印刷の匂い。


タラブックス愛蔵特装版 24910035_1609414939151190_7348984934320598476_n
                                  タラブックス愛蔵特装版

ミスプリント紙「フルークペーパー」を使っての
手製本です。




252821195_624_v1512723598.jpg
                             表紙の裏(見返し?)と とびら(?)


 

       ↑       ↑
タラブックス愛蔵特装版 24862151_1609414965817854_1305707695318828069_n







タラブックス愛蔵特装版
                        裏表紙 400部のうちの320 のナンバリング






タラブックス愛蔵特装版 24862368_1609415072484510_4907827921514504735_n




今年1年の私へのご褒美です。




                          *タラブックスの詳細はコチラをごらんください。
                         
                          *タラブックスの専門書店が3日間だけオープンします
                          2017年12月8日(金)〜10日(日) 13:00-19:00
                          恵比寿ギャラリーショップ山小屋


    
 
05
 

24296709_1603579416401409_4999363136281770473_n




10年以上前のダ・ヴィンチを読んでたら、
酒井順子さん著の「都と京
という本の好意的な書評にひかれた。
東京と京都の比較都市論あるいは文化論です。


「10年以上前!アマゾンを見てみるか」と
覗いたら出てました。

1円という値でズラリと。

手元不如意な当方は
良心の呵責をおぼえながらも
1円にクリックしてしまいました。

届いた本は新品同様の美品。
新古書でしょうか(未確認)。
購入しておきながら
1円はないでしょうと、複雑。
いまだに、後味が悪い。

購入した私が言うのもおこがましいのですが
1円という値は
著者にも
この本を売り出すまでに関わった方々
すべてにも失礼、
冒涜ではないでしょうか。

早晩、春樹さんの「騎士団長殺し」も1円になるでしょう。

こういう値を本につけるのは
決して良いことではない。

届いた本を手にとって
そう思ってしまいました。

 
25
 
中川2525
                                                  中川 学 づくし


友人S から、
「ほらマムさん。あなたの大好きなもの」
と袋を手渡され
開けてみると、
なんと中川さんづくし。

七人の筆侍の日本手拭い
白蛇恋奇譚
法然上人八百年大遠忌記念散華
瑞泉寺さんの当麻曼荼羅の解説リーフレット

思ってもいなかった西方よりの賜物に
嬉しくて夜更かしの昨日。


中川学 氏による白蛇恋奇譚 _20171124_223006


物語もとっても素敵です。



中川学 氏による散華 OI000019



週刊文春に万城目学さんの
とっぴんぱらりの風太郎が連載されたのは
もう5年ほど前になると思います。

今迄の文春の連載とは異質の
戦国時代・豊臣滅亡を軸にした青春群像小説
でした。

万城目物をはじめて読む私は
奇想天外だけども
悲哀がそこここに散りばめられた
万城目ワールドの虜になってしまいました。

同時に、その挿絵を担当されていた
中川 学氏のファンになってしまいました。

連載を読んでいた方々も多分同じだと思うのですが
挿絵を見るのが楽しくて。

中川さんの挿絵は風太郎らの心象風景がとってもよく
現れていて
とっぴんは中川さんの挿絵なくしては
語れないと私は思っています。

文春で中川さんの挿絵を拝見して以来
中川学さんのファンです。


178196784_v1511085731.jpg


お孫は
だいぶつさまのうんどうかい
が、お気に入り。
寝るときも一緒です。


IMG_19011.jpg
      だいぶつさまのうんどうかい












 
02
 
わたしを離さないで PB021780
               わたしを離さないで カズオ・イシグロ(ハヤカワepi文庫)


読後、これほど後をひく小説は
村上龍さんのコインロッカーベイビーズ、
村上春樹さんの世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド
以来です。
この三作品の中でもイシグロさんの作品は群を抜いて
私を途方に暮れさせます。

抑制がきいた端正な文章は、村上両氏の筆致と
一線を画し、静かに心にはいってきます。
面白い比喩はいっさいありません。
淡々とした回想のなかに
介護人
提供者
という単語が織り込まれ
いったいそれが何を意味するのか
読む私たちはひきこまれていきます。
先に述べたように
抑制がきいた文章、こけおどしの一切ない文章は
現実みを帯びていて
読みて(私)にあたかも本当の話のように
入り込んできます。

おすすめです。
「わたしを離さないで」
カズオ・イシグロ
早川書房

余韻を大切にしたいという気持ちが
強くて、
次の読書にすすめない。。。



    


 
01
 
仏像好きにはたまらない絵本が出来ました。
お仏像さんの図もいいしお話もとても面白い。
これを子供ものだけにするのは
もったいない!


中川学画伯の手にかかると
本は
「表紙、表紙カバーの裏、
見返し、扉、本文、裏表紙」
とアイデア満載ですから
くまなく見なければなりません!

あだおろそかにすまじ。

P90109351.jpg
                                          だいぶつさまのうんどうかい



     だいぶつさまのうんどうかい
     文 苅田澄子
     絵 中川学
     アリス館 \1512



P90109201.jpg





カバーの裏は↓

P901092211.jpg


中川さんですから
仕掛け満載。
見落としのないように。




P90109281.jpg
                                        見返し






P90109301.jpg
                                        扉
↑なんだか未知との遭遇のようですね。
それともETが自転車に乗って
横切っていきそうかしら。

スケールが大きい!


    ― お話 ―
    毎年開催される
    お仏像さんたちの運動会に
    初参加の大仏さんはオタオタ。
    でも大仏さんのおかげで
    圧巻の大団円を迎えますよ。
    それが見もの!


本文初っ端から
まさかの
弥勒さんのジャージ姿。
それもライン引き。
笑えます。


P90109251.jpg




どのお仏像さんも
特徴がよくとらえられていて
適材適所。

しちふくじんさんも
応援にかけつけて場内を盛り上げます。

P90109311.jpg
                          玉入れで、大活躍の千手観音さん



大仏さんも頑張られているのだけどねええええ。


「もう おてらに かえりたい」
と弱音をはいちゃって。

     お寺ってやっぱり東大寺かしら
     とか。

でも
最後は見(魅)せますよ。

曼荼羅を思わせる世界が
ど~んと現れます。

本当はこのブログに載せたいのだけど
この一番の見せ場は
どうそご購入のうえじっくりごらんください。


うんどうかいのあとは皆さんお風呂で
疲れを癒されています。
あみださんも前をお隠しになるのね。↓



P90109271.jpg



最後の見返し↓

P90109331.jpg





おしまい。

絵本を閉じると、
テントの中の観覧席のお椅子が
一つ空席です。

さあて

誰がすわるのかな?





P90109341.jpg





<お知らせ>
「龍馬×よさこい」イラスト展 
 画 中川 学 京都霊山護国神社
開催中

パーマネント神喜劇
しちふくじん

とっぴんぱらりの風太郎
慈舟山 瑞泉寺



    



 
07
 
毎日新聞朝刊連載小説 我らが少女A IMG_1382


8月1日より
高村薫さんの連載小説がはじまり
仕事を終えて
毎日新聞を開くのが楽しみになりました。

合田刑事シリーズです。
加納さん早速登場。




小説も楽しみですが
挿画が装幀家の多田和博氏監修にて
毎回替わるというのが
新鮮です。


毎日新聞連載小説 我らが少女A 高村薫 IMGIMG_1386
                                 イラスト ヤマモトマサアキ





毎日新聞連載小説 我らが少女A 高村薫 IMGIMG_1394
                                イラスト 西川真以子





毎日新聞連載小説 我らが少女A 高村薫 IMGIMG_1392
                                イラスト 山田博之




                           その他のイラストレーターさんは
                           赤勘兵衛さんや西口司郎さん



面白い試みですよね。
不勉強及び無粋なので
知らないイラストレーターさん(申し訳ありません)
を知るのはとても嬉しいことです。

ああ、
早く仕事を終えて帰宅したい。

                        *我らが少女A は毎日新聞のコチラでご覧になれます。
                        *高村薫さんインタビュー


<合田雄一郎シリーズ>

  

        




 
10
 
パーマネント神喜劇
                         パーマネント神喜劇 万城目学



7月9日(日曜日)
NHKカルチャーセンター青山教室にておこなわれた
万城目学氏の講演会に出席してまいりました。


万城目学 IMG_1325


婆さん白マムは
浮くかしら と心配して席を見渡すと
意外や若い人より中高年が多い!

鴨川ホルモーが出版されたのは11年前なので
20歳だった人は31歳。
フム
それを考慮しても年齢層が高かった。

悟浄出立とっぴんぱらりの風太郎 の
影響だとしたら嬉しい限りです。

万城目さんは少年ファンタジー(ライトノベル)作家に位置づけ
されていて私から見ると
不当に評価が低いと思っています。


万城目学氏のサイン IMG_1326


万城目さんがお話になったことで
もっとも印象に残ったのは

「何度も何度も文章を考えなおす。
新しく書いたとこから読み直すのではなく
最初から読み直して書き直す」

ということです。


このことは
趣味で文章を書くことがある白マムにも
実は通じるので
そうせずにはいられないという
お気持ちがとってもわかります。

パーマネント神喜劇 表紙 中川学 IMG_1327


装画はとっぴんぱらりに続いて中川学さん。

万城目さんは表紙やタイトルで
内容がすぐわかるのは「イヤ」だそうで
表紙に「赤い鳥居」なんて
絶対描かないでくださいとお願いされた
そうです。

その表紙は

誰も「加齢臭漂いそうなおっさん」が神様とは
思いませんよね。
中川さん凄い!
それらしき注連縄があるも
その注連縄はハートにうねっている。
   ↓

パーマネント222

カバーの裏には
鳥居が。


パーマネント神喜劇

よくよく見れば
このマトリックス風紳士の影が鳥居を
うつしだしている!

鳥居イコール神様の象徴。

万城目さんを得て
中川学さんは絶好調です。

この講座の内容は9月に
NHKラジオ第2の「カルチャーラジオ」にて
放送されるそうです。





   

 

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday