白マム印 日本のこと日本のもの

 
08
 
北山十八間戸 imgc47f3ebazik5zj
                                    北山十八間戸

北山十八間戸とは、一体なんでしょう。
読み方すらわからない。

キタヤマジュウハチケンコ(あるいは、ト) 
と、読みます。

1間幅の個室が18室ある建物です。

個室は病室です。


北山十八間戸 img17fd197bzik5zj



1243年創設の日本最古のハンセン氏病の救済施設です。
仏間もあったといいます。

創設したのは律宗の僧侶、忍性(良観房忍性)。
忍性は、ハンセン氏病の患者を背負って
町に通ったといわれています。


奈良 般若寺 imge170fe8ezik1zj
                                      国宝 般若寺

早朝に般若寺に到着したために残念ながら
門が閉まっており中にはいることがかないませんでした。

コスモス寺でとして有名な般若寺には
飛鳥時代に平城京の鬼門、鎮護寺として創設
されました。

奈良と京都を結ぶ京街道にあるために、治承4年(1180年)、
平重衡による南都焼き討ちの際には、
東大寺、興福寺などとともに般若寺も焼け落ち、
その後しばらくは廃寺同然となりました。

般若寺は十三重石塔でゆうめいですが、
境内には
保元の乱で失脚した藤原頼長(悪左府)の供養塔が
あります。

    保元の乱にて敗者となった頼長は奈良に逃走中
    流れ矢に当たり、般若寺にかくまわれたといわれていますが、
    たすかることはありませんでした。
    この般若野にて葬られましたが、勝者の信西の命にて
    首実検のために掘り起こされましたが、腐敗していたため
    埋め戻されることもなく放置されたといいます。(保元物語)

    般若寺では、謀反人となった頼長を弔うことが憚れたので
    境内に元々あった五輪塔を「頼長卿供養塔」として
    祀ったといわれています。

    NHK大河ドラマ「平家物語」の影響でしょうか。
    頼長の供養塔に訪れる参拝客が多くなり
    今現在は石碑「藤原頼長卿供養塔」が
    建てられています。


IMG無題


境内に入ることが出来ず写真は2枚だけとなりましたが
この国宝の楼門は益荒男的で堂々としています。



奈良坂には夕陽地蔵が微笑み乍ら
おられます。

奈良坂 夕陽地蔵 imged37404fzik8zj
                               奈良坂 夕日地蔵
室町時代後期(1509年)に、
興福寺の僧・浄胤が死後の冥福を祈って造立したものです。


imgcd2bac14zikezj.jpg

夕日地蔵の脇には會津八一(あいづやいち)の歌が
詠まれた立て札がありました。

   ならざかの いしのほとけの おとがひに
       こさめながるる はるはきにけり
            ― 八一 歌集 『鹿鳴集』 の 「南京新唱」


    夕日地蔵があるのならば朝日地蔵があるのでは?
    はい、
    実はあります。
    近くですが、奈良坂ではありません。
    東大寺の裏手にある五劫院の墓地の入口です。↓
       奈良 五劫院 見返り地蔵朝日地蔵 img22cd769ezik3zj
          向かって左 見返り地蔵 右 朝日地蔵


奈良坂界隈は奈良から木津に向かう幹線ですから
車の通行量もおおいのですが
横道にそれると風情があっていいものです。


imgf5901193zikdzj.jpg



東大寺 転害門 img9acb856czikczj
                                       東大寺 国宝 転害門
バス停は手貝町。

この門は大仏殿の西北にあり、吉祥の方角で害を転ずる
意から転害門と呼ばれています。
あまり知られていませんが、東大寺現存の最古の建物で
焼き討ちや天災にあわず、修復や再現されたものではない
三間一戸八脚門の形式をもつ堂々とした門で、
天平時代の東大寺の伽藍建築を想像できる唯一の遺構です。

10月5日の転害会では、この基壇上において
手向山八幡宮の祭がおこなわれます。

         転害会(てがいえ)
    東大寺の鎮守の手向山八幡神社の祭礼のことで、
    手掻会(てがいえ)とも書かれます。
     平安時代には八幡宮祭と呼ばれ、
    転害門が祭礼のお旅所になり、
    鳳輦(ほうれん)と神輿の三基が門の中央に安置され、
    門の西面に長い大きな注連縄が結わえられます。
    祭礼の行列はここから出発し、手向山八幡宮に向かいます。
    この八幡宮祭が転害会と呼ばれるようになったのは、
    この門の位置が大仏殿の西北にあり、
    吉祥の位置で害を転ずる意から転害門とも呼ばれ、
    祭礼の名前にもなりました。
 
             ―奈良観光ボランティアより



東大寺 転害門 imgc830e945zikdzj




東大寺 転害門 img18f1df80zik9zj



en1参考en1


                   *般若寺ブログ
                   *般若寺オフィシャルサイト
                   *五劫院拙ブログ


  


                                        




スポンサーサイト
 
07
 
奈良坂は京都と奈良をつなぐ由緒ある古道といえます。

が、

この地は京都と奈良をむすぶということもあり
常に戦乱の火ぶたを切る場所であり
また風葬の地でもありました。

そのようないわくがあるためか
忍性が創設した日本最古のハンセン氏病の施設が
あった場所でもあります。

私見ですが少年刑務所がこの地に開設されたのも
関係ないとはいえないのではないでしょうか。

奈良坂をくだり右手には東大寺の転害門(てがいもん)が
見えます。
ここから佐保路がスタートします。

奈良市立高校を通り法華寺までが
佐保路。
ここから西大寺までを佐紀路といいます。

奈良少年刑務所、北山十八間戸、般若寺、興福院(こんぶいん)、
不退寺、海龍王寺、法華寺、秋篠寺、西大寺。


上記の名前があがった御寺は
失礼な言い方ですが、それほど大きくはない御寺といえます。
しかし
とても姿のよい美しい御寺といえます。

それでは奈良少年院から出発しましょう。

< 奈良少年刑務所 >


奈良少年刑務所 img6f1cfe0ezikbzj


青空に赤レンガが映えます。
笑われるのですが、
バスの車窓から見えたこの建物を
わたしは「奈良ドリームランド」と思ったものです。



奈良少年刑務所 imgc40a4cd7zikezj


まるで
ミッションスクールのようです。
が、

imgbc51aac9zikbzj.jpg


間違いなく少年刑務所。

明治34年に着工され7年の歳月を掛けて
明治41年に完成した
元 「奈良監獄」です。

設計者は山下啓次郎。
ジャズピアニストの山下洋輔さんのおじいさまに
あたります。

この少年刑務所は今年の末(平成28年)に
閉鎖が決定していますが、

山下洋輔さんが会長となって
「近代の名建築 奈良少年刑務所を宝に思う会」が発足。
この7月には民間払い下げが決定し、
事業者を募集を発表しましたが結果はどうなったのでしょうか?


img5365c2c9zik9zj.jpg


正門をはいった脇には
殉死職員の碑とお地蔵様が
まつってあります。
監獄時代に暴動でもあったのでしょうか。

吉村昭さんの破獄 (新潮文庫)
を読むと
戦前の監獄のことがよくわかります。


imge9c40075zik9zj.jpg



                                  次は北山十八間戸・般若寺







プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday