白マム印 日本のこと日本のもの

 
19
 
雨宝院                                          夜の八坂

瑞泉寺 豊臣秀次公の墓 PA160708
                                    2016年11年撮影


山号  慈舟山
宗派  浄土宗西山禅林寺派
開基  立空桂叔
本尊  阿弥陀如来

住所  京都市中京区木屋町三条下ル石屋町114-1
電話  075-221-5741 
交通  京阪「三条」駅より徒歩5分
     三条大橋を渡り高瀬川沿い、
     木屋町通り添いの、三条通りから南へ二軒。
オフィシャルサイト(ご住職手作りの素敵なサイト)
*拝観は境内のみ自由


三条大橋 PB030311 瑞泉寺 PB030360


瑞泉寺は三条大橋の袂、高瀬川を前にした
繁華な場所に位置します。

とても分かり易いのですが
ひっそりと佇み、
あまり人の目がいかないといってよい
お寺さんです。
しかし
由緒正しいといいますか
日本の歴史上、
とても大切なお寺です。

瑞泉寺 P9231077
                              豊臣秀次公及びご一族の墓






瑞泉寺 PB030330
                   秀次公の御首がおさめられているという石びつ




瑞泉寺 PB030333
                             一族各々のお墓

NHKの大河ドラマ真田丸 
は皆さんの記憶に新しいことと
思います。

あのドラマの中で
悲劇の関白として描かれた
豊臣家を継ぐために養子となった
関白豊臣秀次公のお墓が
この瑞泉寺にあります。

高野山で自刃し
御首のみ京の三条河原に移され、
その場で一族が処刑され以来
瑞泉寺さんは
秀次公を弔っておいでです。

詳細は瑞泉寺さんのウェブ
とても分かり易く記載されているので
ご覧ください。


瑞泉寺 P9231078
                          引導地蔵尊


9月23日
歩き疲れて
瑞泉寺さんにはついた頃は
よれよれのボロ雑巾のような白マムです。

秀次公の資料が展示されている
東屋に座り込みしばし休憩。


瑞泉寺 PB030323




どうにか人心地がつき
お腹も減ったので
すぐそこにあるホホホ座さんで
人気のバターカレーを頂こうと
立ち上がる。

が、
売り切れ。
では
有喜屋さんでお蕎麦でもと思うと
準備中。


ホホホ座三条大橋店 PB030379 三条大橋 有喜屋 PB030364




途方に暮れて
またも瑞泉寺さんの東屋で
小休止。


瑞泉寺 PB030324


ため息をつきつつ
京都見仏には必携の「バスなび」を広げる。

「三条京阪から東山三条に出てバスで祇園」

を、確認。

23日は残すところ
宿坊と夕食のみ。

あ~~~~
疲れた。

< 9月23日、24日の足跡 >
23日 蚕の社広隆寺仁和寺五智山蓮華寺雨宝院
    瑞泉寺夜の八坂メリメロ・遊行庵
24日 祇園摩利支天尊堂西福寺・六道珍皇寺祇園閣八坂界隈武徳殿真如堂



瑞泉寺



瑞泉寺のご住職中川学氏は
イラストレーターとして
数々の挿絵、装画、絵本、ポスタ―を
出されています。
現在乗りに乗った絵描きさんです。

瑞泉寺さんでは朗読会や、音楽会や
トークショー、
クロッキー稽古会など様々な催しをされて
いますので、
興味あるかたはウェフのニューストピッグを
注意されたし。

慈舟山 瑞泉寺 オフィシャルサイト
*拙 瑞泉寺 
拙 ホホホ座


  

  

  

  

  

↑画像をクリックするとアマゾンの該当本にジャンプします 



スポンサーサイト
 
10
 
蛸薬師堂 PB030417
                  蛸薬師通新京極 蛸薬師堂

地下鉄東西線市役所前駅より随分歩きました。
15分いえ、20分くらい歩いたように思えます。

< 瑠璃光山林秀院永福寺 >

本尊  蛸薬師如来
創建  1181年
開基  林秀
ご利益 病気平癒、安産守護、諸願成就

住所 京都市中京区新京極蛸薬師東側町503
電話 075-255-3305
拝観時間 8:00~16:30
交通 阪急四条河原町駅下車、9番出口
         新京極通を北へ300m
オフィシャルサイト
*蛸薬師堂の写真はコチラをご覧ください


PB030427
                 この先の路地の向こうには阿弥陀堂があります



「永福寺」は
1181年、比叡山の根本中堂の薬師如来様を深く信仰して
いた富豪の林秀さんが、「もうわたしは年老いて月参りが
できません。ゆえに私に仏さまを一体御与えください」
と祈願したところ瑞光赫々とした立派な石の御尊像
を得る事が出来、それを祀ったのが始まり。 詳細

では、なぜ「蛸薬師」?
かつてこの寺にいた親孝行な僧が病身の母の求めで
「タコ」を買ったが見とがめられ、
進退につまった僧が日頃信仰する薬師如来に
祈念したところ、タコは薬師経に変わり、
また母の病が癒えたという。詳細


蛸薬師堂 PB030419



堂宇に一歩踏み入れただけでも、
蛸薬師如来さまのご加護があると言われている
霊験あらたかなお寺はまるでテーマパークのように
沢山の神仏が仲良くおいでです。

蛸薬師如来さんは無論、勢至・聖観音菩薩、十二神将、阿弥陀如来、
愛染明王、なで蛸薬師、地蔵菩薩・・・・・。

ぎっしり。

目移りしてしまう。
宗派がなにかもわからない。
比叡山だから天台宗?

楽しくなってしまいます。


PB030424
                                 なで蛸薬師さん

なで蛸薬師さんがおいでですから
さすがになで仏のお賓頭盧さんは
おいでになりませんでした。

この堂宇の左手の奥には細い通路があり
そのむこうには阿弥陀堂があります。
残念ながら拝観時間を過ぎており
入場することはかないませんでした。


蛸薬師堂 PB030428


蛸薬師堂は
堂内にいるだけでウキウキしてしまいます。
再度
訪れたいと思っています。



蛸薬師堂 ご朱印
                  蛸薬師堂 ご朱印

*蛸薬師堂の写真はコチラをご覧ください。

 
< 11月3日足取り >
平等寺因幡堂 瑞泉寺ホホホ座三条大橋店
本能寺矢田寺 蛸薬師堂




 
09
 
矢田寺 矢田地蔵尊 PB030396


山号  金剛山
宗派  西山浄土宗
本尊  地蔵菩薩(矢田地蔵)
創建年 平安時代前期、天正7年(1579年)現在地に移転
開基  満米上人

拝観時間 8:00~19:30
*代受苦地蔵・梵鐘、送り鐘

住所  京都市中京区寺町通三条上ル
電話  075-241-3608
交通  地下鉄「市役所前駅」下車、徒歩10分


矢田寺 矢田地蔵尊 PB030404


寺町通はその名の通り
寺院がそこかしこにあります。

一瞬「ここが蛸薬師さん」と思ったのですが
早合点でした。

矢田寺。あるいは矢田地蔵尊。

本能寺と同様、まったく
脳裏になかった御寺です。

町場の小さなお堂は
ごちゃごちゃ賑やかで
なんだかお祭りのようです。

次々に拝観の人が現れます。

いきなり
ゴ~ンと大きな鐘の音が響き
女子高生さんが恥かしそうにしています。

好きです。
こういう光景。

「鐘は力いっぱい撞かないでください」の
貼り紙があって微笑ましいです。


矢田寺 矢田地蔵尊 PB030402



堂内には無礼な表現ですが所狭しと
仏さまがおわし、そのはざまに
ぬいぐるみ地蔵さんなどのグッズが
置かれています。


矢田寺 矢田地蔵尊 PB030412
                           なで仏の おびんずる尊者

おびんずるさまは、
型とりのおざなりのものを
よく見かけるのですが、
こちらのお賓頭盧尊者は
とてもいい作造のお賓頭盧さまです。


矢田寺 矢田地蔵尊 PB030401
                                       大日如来

左端の坂本龍馬がきになります。


矢田寺 矢田地蔵尊 PB030399



さて、ご本尊です。
この地蔵菩薩立像は地獄の火焔の中に身を置かれおり、
地獄で罪人を救っているお姿といわれています。

矢田寺 矢田地蔵尊 PB030406
                                 矢田地蔵尊(代受苦地蔵)

ゆえに「代受苦地蔵(だいじゅくじぞう)」
苦を代って受けていただくお地蔵尊とあがめられています。

紅蓮の炎なにするものぞと
威厳に満ちたご尊顔です。
ありがたいことです。






矢田寺 矢田地蔵尊 PB030409






矢田寺 矢田地蔵尊 PB030413
                                        おくり鐘

女子高生さんが撞いていた梵鐘は
送り鐘と言われ、
8月16日にこの鐘をついてご先祖様を
冥土へお送りするとされています。

六道珍皇寺で迎い鐘をついた後に矢田地蔵尊で送り鐘をつき、
夜は大文字の送り火でご精霊をお送りするのが京都のならわしです。


○ ぬいぐるみ地蔵さん(手作り) 1体 500円
○ 救い絵馬(重要文化財、矢田地蔵縁起より) 1体 1,000円
○ 安産祈願、腹帯 1体 3,000円
○ ご祈祷、水子供養、朱印は日曜日のみ受け付け。



矢田寺 矢田地蔵尊 PB030408
一見いかついお坊様ですが親切な方です。
その理由はコチラをごらんください。





矢田地蔵尊 ご朱印 IMG_20161104_0003
                     矢田寺 ご朱印



*賓頭盧尊者の写真はコチラをごらんください。

< 11月3日足取り >
平等寺因幡堂 瑞泉寺ホホホ座三条大橋店
本能寺矢田寺 蛸薬師堂






 
08
 
本能寺 PB030382

<チラリどころかチラっと本能寺拝観>


地図を見ると、
瑞泉寺さんから蛸薬師堂は近くといっても
かまいません。
地下鉄東西線の駅で言えば一駅。
市役所前下車です。

民間信仰が根付いている御寺が好きな白マムは
蛸薬師堂をめざします。

地下街のゼスト御池10番出口より寺町通を10分。
と頭に刻みます。

ゼストの地下街がながくて延々と歩き不安。
やっと突き当りの10番出口です。

「蛸薬師に行きたいんですけど」

いかにも「地元」という方々に訊くも
皆さんまず、首をふって
「ここを渡って多分、ずーっとまっすぐだと思う」という答えが
大半。

あまり知られていない?

そのようなわけで
どうにかなるでしょうと行動開始。

携帯画面にグーグルマップをだして
 (ポケモンゴーとやらをやっていると
        思われるのは嫌だなあああ)
大きな通り(御池通り?)を渡って
右手をみて、月並みな表現ですが
目が点になりました。

「本能寺ってここなの!」


PB030383PB030383






PB030383PB030384
                                          本堂


本堂はとても広く
内陣は遥かかなたです。
須弥壇の中央に
一見、連獅子の白の被り物をしておいでのような
お方が祀られています。
開山した日隆上なのか、よくわかりません。

   本音をいうならば、誰もいない空間は
   荘厳というよりがらんとして
   寒々しく、早急にきりあげてしまいました。


goods_forTemple014.jpg
                     本堂内宮殿須弥壇
 
     ↑寺院内陣の装飾名称を検索していましたら
     翠雲堂さんのサイトに行きつき
     本能寺内宮殿須弥壇がアップされて
     いました。



PB030383PB030389


1415年(応永22年)の創建以来、
幾度も火災にあっておりこの本堂は1928年(昭和3年)の
再建となります。
織田信長が最期を遂げた本能寺の変は当時は別の場所です。
当然当時の本能寺は焼失しており秀吉により
この地に移されました。

秀吉によりこの地に移ったあともまたも焼失。

   本能寺の建物の歴史
   1418年 妙本寺の教徒たちによって本応寺(能ではない)は破却
   1536年 天文法乱にて延暦寺の僧徒により焼き討ち
   1582年 本能寺の変が勃発し焼失
   1788年 天明の大火にて焼失
   1864年 蛤御門の変により焼失
   1928年 現在の本堂再建


PB030383PB030386
                        本能寺寺紋 結び雁金と鶴の丸







PB030383PB030387
                           信長公廟





PB030383PB030388






本能寺 ご朱印 IMG_20161104_0001
                      本能寺 ご朱印


宗派 法華宗本門流
本尊 南無妙法蓮華経曼荼羅本尊あるいは三宝尊
創建 1415年(応永22)

住所 京都府京都市中京区寺町通御池下る下本能寺前町522
交通 地下鉄東西線「市役所前駅」すぐ
オフィシャルサイト

仏壇仏具の翠雲堂オフィシャルサイト

< 11月3日足取り >
平等寺因幡堂 瑞泉寺ホホホ座三条大橋店
本能寺矢田寺 蛸薬師堂





 
07
 
ホホホ座三条大橋店 PB030379
  ○屋根には鍾馗さん、足元にはサボテンを配置したホホホ座三条大橋店○



瑞泉寺さんを満喫するも
身体は正直です。
お腹がすきました。

瑞泉寺さんの裏手の有喜屋さんの
新蕎麦が目にはいり、ふらり。

三条大橋 有喜屋 PB030364 三条大橋 有喜屋 PB030363

久しぶりの蕎麦の香りに元気がでて
ついビール注文。

     歳をとっていいことは
     飲食店(酒場だったり 笑)に一人ではいれること。
     真昼間にビールを飲めること。

幸せいっぱいになり路地を歩いていると
中川学さんのツイッターで頭にいれていた「ホホホ座三条大橋店」
発見。

実は
グーグルでこのホホホ座さんの住所をいれて検索するも
なぜか「瑞泉寺」さんにピンがたつ。
何度やっても同じ結果なので諦めていましたら、
なんとホホホ座さんは瑞泉寺さんの真裏でした。



ホホホ座三条大橋店 PB030378






ホホホ座三条大橋店 PB030370



このお店はオープンしたばかりで
店内はなんとはなしに
初々しさがあります。

靴下やらメモ(相撲取りのメモ用紙購入)用紙やら
本やら手提げやらが買ってくださいなと
並んでいます。



ホホホ座三条大橋店 PB030368






ホホホ座三条大橋店 PB030366




本棚左に目をずらすと
驚きです。

友人倉元孝三氏の新刊
新しい時間 「13の月の暦」から始めよう!
が、表紙を向けて本棚に。



ホホホ座三条大橋店 PB030376



こういう偶然は嬉しいものです。
鶴見俊介さんと並んでいるというのが
また面白くて。

ついつい
店番(この言葉が一番しっくりです)の
お姉さんに
「この本の作者とお友達なんです」なんて
言ってしまいました。

     わたくしの悪い癖がでました。
     「どういう意味合いでこのチョイスですか?」

     ついつい質問してしまう。

     店番のお姉さんはちょっと困った様子。
     しまった!と思うももう遅い。

     「・・・・・・ここは私の担当ではないので」

     恥をかかせてしまいました。

なににせよ、非日常でばったり友人に
会うも同然のこと。
いい兆です。

ホホホ座三条大橋店 PB030365
                     リーフレット 文化の発信




ホホホ座三条大橋店 PB030372





ホホホ座三条大橋店 PB030374




   ↑反省したばかりなのにまたも質問。
   「このオブジェ素敵ですね。
   これはどういうことでしょう?」

   「あ!それは使おうとしてた檸檬がほっといたら
   こんなになっちゃって」

   笑

益々、「青カバ印」化ている
今日この頃の「白マム印」です。



ホホホ座三条大橋店 PB030380

*ホホホ座さんのカレーライスはとても美味しいという情報あり!
*オフィシャルサイトホホホ座


< 11月3日足取り >
平等寺因幡堂 瑞泉寺ホホホ座三条大橋店
本能寺矢田寺 蛸薬師堂





 
06
 
瑞泉寺詳細(10/16編)

IMG_20161105_0001.jpg
                                      特別公開記念 瑞泉寺ご朱印

山号  慈舟山
宗派  浄土宗西山禅林寺派
開基  立空桂叔
本尊  阿弥陀如来

住所  京都市中京区木屋町三条下ル石屋町114-1
電話  075-221-5741 
交通  京阪「三条」駅より徒歩5分
     三条大橋を渡り高瀬川沿い、
     木屋町通り添いの、三条通りから南へ二軒。
オフィシャルサイト(ご住職手作りの素敵なサイト)
*拝観は境内のみ自由



三条大橋 PB030311 瑞泉寺 PB030360

非業の死を遂げられた豊臣秀次公とそのご一族を
400年以上弔われている御寺は
鴨川を背にそして向かいは高瀬川という三条大橋の
袂にひっそりと建っています。


瑞泉寺 PB030313


普段は拝観者の少ない御寺、瑞泉寺さんは
特別公開ということもあり賑やかでした。

境内に設けられている休憩所には
瑞泉寺さんの寺宝の写真が掲げられています。
特別公開はこの品々が庫裏にて直接拝観することでできます。


                            ピンボケでお恥ずかしい写真です

瑞泉寺 PB030327



瑞泉寺 PB030322 瑞泉寺 PB030323


瑞泉寺 PB030324 瑞泉寺 PB030325





瑞泉寺寺宝 PB030319


公開されている寺宝は下記↓の品々です。

秀次公縁起
秀次公と家臣及び処刑された御一族の御影
薙刀 備前国住 長船彦兵衛祐定作
秀次ゆかりの品々
瑞泉寺縁起
瑞泉寺裂

↑クリック 瑞泉寺さんのサイトにジャンプして品々および
       解説がご覧になれます。

私自身は、秀次事件の顛末を描いた絵巻及び
秀次公の肖像画を拝観するのが一番の目的
でしたが
おもいがけず、心をうたれたのは
「瑞泉寺裂」といわれる
事件に連座した秀次公の子女妻妾ら三十余名の
辞世の和歌懐紙を彼女たちが着用していた小袖などの裂で
表装された掛け軸
と「辻が花染め」とよばれる表装です。
これは天皇の仰せを受けて蔵人所(くろうどどころ)から出した文書(もんじょ)。
命令の書で綸旨(りんじ)といいます。

辞世の句の表装はあでやかで
とても美しく、
それがかえって子女妻妾の悲しさをまします。

また、
綸旨の辻が花染も色あざやかに残り
綸旨の文字も流麗なものです。

こちらをクリックされればご覧になれます。

瑞泉寺 PB030334


今回の特別公開ではたくさんの方々が
拝観されています。



瑞泉寺 PB030348






瑞泉寺 PB030336






瑞泉寺 PB030345
                                       引導地蔵尊





瑞泉寺 PB030340
                           引導地蔵尊説明





瑞泉寺 PB030330
                      秀次公の御首がおさめられていたという石櫃



秀次公のお墓の左右には処刑されたご一族方々の
各々お墓が並んでいます。


瑞泉寺 PB030333 瑞泉寺 PB030332






瑞泉寺 PB030355



特別公開もあますところ、
あと一日です。

歴史を知ってみませんか。




瑞泉寺 豊臣秀次公の墓 PA160709


       ライイン sp_l364
       *10月16日アップの
         慈舟山 瑞泉寺 豊臣秀次公の墓と東雅夫氏朗読会と中川学氏原画展
         をごらんくだされば瑞泉寺さんがなぜ秀次公の墓をお守りされているか
         おわかりいただけます。



2016 京都特別公開 IMG_20161104_0002

< 11月3日足取り >
平等寺因幡堂 瑞泉寺ホホホ座三条大橋店
本能寺矢田寺 蛸薬師堂







にほんブログ村                              (2016年11月3日拝観)
 
05
 
前回 本堂・薬師如来立像

平等寺因幡堂 PB030233




平等寺因幡堂の境内は広くはありませんが
民間信仰の御寺らしく、堂宇が溢れています。


平等寺因幡堂 PB030271
                     観音堂  洛陽三十三観音第二十七番霊場




                                        観音堂の内陣
PB030274
                           洛陽三十三観音第二十七番霊場



平等寺因幡堂 PB030279
                                       聖天堂 歓喜天





平等寺因幡堂 PB030281
                                地蔵堂





                                       地蔵堂 内部
平等寺因幡堂 PB030282
                                             地蔵堂






平等寺因幡堂 PB030283
                                       十九社権現





                                       十九社権現内部
平等寺因幡堂 PB030284
                                       十九社権現





                           十九社権現 神木
平等寺因幡堂 PB030290 平等寺因幡堂 PB030288







平等寺因幡堂 PB030291







平等寺因幡堂 PB030292
                                          閻魔大王





平等寺因幡堂 PB030251
                                        大日如来祠






平等寺因幡堂 PB030294




境内をぐるりと回ってみました。




平等寺因幡堂 PB030306






平等寺因幡堂 PB030310






平等寺因幡堂 PB030309



前回 本堂・薬師如来立像

                                       次は三条大橋瑞泉寺 →


en1参考en1

2016 京都特別公開 IMG_20161104_0002


< 11月3日足取り >
平等寺因幡堂 瑞泉寺ホホホ座三条大橋店
本能寺矢田寺 蛸薬師堂




 
05
 
                                               次回 境内案内

平等寺因幡堂 PB030231
                                            平等寺因幡堂

山号  福聚山
宗派  真言宗智山派
開基  橘行平
創建  長保5年(1003年
本尊  薬師如来
別称  因幡堂、因幡薬師


住所  京都市下京区松原通烏丸東入る上る因幡堂町728
電話  075-351-7724 
交通  地下鉄烏丸線 五条下車。徒歩5分
     
*特別公開料 800円
*がん封じ
平等寺の歴史詳細
因幡堂狂言会
オフィシャルサイト


平等寺因幡堂 PB030233

五条駅から路上に上がり最初の路地にはいると
最奥に平等寺本堂が見えます。

風景として街並みに溶け込んでいます。

   < 縁起 >
   1000年前
   村上天皇の命で因幡国の国司となった橘行平と言う人物がいました。
   この橘行平が急病で倒れた時に、
   「因幡国賀留津の海中にある浮き木を供養すれば治る」と
   夢枕に不思議な僧が現れました。
   引き揚げたものが「薬師如来像」だったそうで


がん封じに霊験あらたかということで民間信仰が
根付いた御寺といえます。
また「因幡堂」「鬼瓦」「仏師」「六地蔵」「金津(金津地蔵)」
などの狂言の曲目の舞台となっており
2003年より年に一度「因幡堂狂言」が復活したことでも
知られています。


平等寺因幡堂 PB030310

11月7日まで
秋期特別公開にて宝物庫においでの
ご本尊が公開されています。

お座蒲を頭上にのせられていることで有名な
薬師さんにやっとお会いできます。


平等寺因幡堂 PB030239
                            寺紋 菊に橘






平等寺因幡堂 PB030263




本堂は大きく内陣はとても荘厳ですが、
残念ながらカメラは外からのみの許可です。


平等寺因幡堂 PB030260







平等寺因幡堂 PB030245PB030247
                         なで仏・賓頭盧尊者(おびんずる様)        







平等寺因幡堂 PB030249
                               ご紋が入った130年前の鬼瓦







平等寺因幡堂 PB030268







平等寺因幡堂 PB030270
本堂正面 蟇股



今回の特別公開では本堂裏も開扉されました。
ここには修復された鈴木松年作の仁王が
奉安されています。

この部屋は長い間物置となっており
物蔭にこの仁王は隠れていたそうです。
上村松園の師として有名な松年の名前も
荷物の蔭だったとのこと。

修復されてのお目見えです。



平等寺因幡堂 PB030256 平等寺因幡堂 PB030257 
                                本堂裏 鈴木松年の『仁王』



宝物殿の前には隅蓋として使用されていた
贔屓さんがおられました。


平等寺因幡堂 PB030265
                                     隅蓋・贔屓






平等寺因幡堂 PB030266


贔屓さんは元来重い物を支える役目があるのですが
こちらの贔屓さんは隅蓋として屋根の上に乗っておいでです。
面白いですね。
しかし、宝珠を背負っていらっしゃる。
やはり責務は果たしておいでです。


さて宝物庫にはいりましょう。


Inabadou_Yakushi.jpg
       木造 薬師如来立像 平安後期 


この薬師如来は日本三如来(注:1)の
お一方といわれています。

うわさ通り頭におザブをのせておいでです。
お厨司にはすぐに移動できるように
滑車がついています。

これは
いざという時に厨子ごと持ちだせるようにとの配慮です。
お座布団は緩衝材ということです。

なにかいわく因縁があるというわけではありません。
いくたびの火災を経験した御寺や町の人々の知恵です。


この如来の両隣には、清凉寺式の如来立像と
如意輪観音坐像が奉安されています。
が、
私が一番関心を持ったのは
堂宇の左端におられた

漢織神(あやはとり)姫
呉織神(くれはとり)姫

の二神坐像です。

お顔がとてもおきれいで一瞬弁財天かと
思ったものです。
平安時代の作造ということです。

質問しなければこの姫神には
案内の方は一切ふれられませんでした。

もったいないことです。




平等寺因幡堂 PB030254







平等寺因幡堂 PB030306
                              本堂屋根の隅蓋 贔屓






平等寺因幡堂 PB030277





平等寺因幡堂 ご朱印IMG_20161104_00012
                平等寺因幡堂 ご朱印
                                               次回 境内案内
                                           
en1参考en1


2016 京都特別公開 IMG_20161104_0002

< 11月3日足取り >
平等寺因幡堂 瑞泉寺ホホホ座三条大橋店
本能寺矢田寺 蛸薬師堂


 
<注1:日本三如来>
清凉寺嵯峨釈迦堂善光寺、因幡堂


 
26
 
                                                   サインはコチラ

瑞泉寺 豊臣秀次公の墓 PA160708
                                        慈舟山瑞泉寺


山号  慈舟山
宗派  浄土宗西山禅林寺派
開基  立空桂叔
本尊  阿弥陀如来

住所  京都市中京区木屋町三条下ル石屋町114-1
電話  075-221-5741 
交通  京阪「三条」駅より徒歩5分
     三条大橋を渡り高瀬川沿い、
     木屋町通り添いの、三条通りから南へ二軒。
オフィシャルサイト
*拝観は境内のみ自由

ビルに挟まれた門は
ちいさいおうちを思わせるというと
御寺様に叱られるでしょうか。


瑞泉寺 豊臣秀次公の墓 PA160711
    扁額:ようようにして(ようやく)確かな境地に至る(いたった)。


瑞泉寺さんにはかねてより拝観に赴きたいと
思っていました。
その大きな理由は
この御寺には豊臣秀次公およびご一族郎党の
お墓があると聞いていたからです。

この日(10月16日)は、本堂にて
文芸評論家の東雅夫さんの朗読会および
この御寺のご住職でありイラストレーターである
中川学氏の原画展が開催されました。

そのようなわけで東京より馳せ参じた次第です。



瑞泉寺 豊臣秀次公の墓 PA160716


瑞泉寺さんが京都の街中にあるということは
頭にありましたが、実際に行ってみますと
本当に繁華街!
三条大橋のすぐそば。
裏が鴨川、表が高瀬川。

京都のお仏像には詳しい私ですが、
美味しい物やファンシー雑貨に街歩きに
時間を割くなら仏像歩き最優先ですから
10年通っても街中のことは全くしりません。

先ほどまで、静かな西陣の路地にいたというより
いつも鄙なる処を行き来している私には
ちょっと眩しい場所でした。


PA160734
                                           本堂

しかし境内に一歩足を踏み入れると
とても静かです。

 


瑞泉寺 豊臣秀次公の墓 PA160718
                                       本堂 扁額


境内の向かって右手にそのお方のお墓が
ありました。



PA160728
                           豊臣秀次公、ご一族のお墓


司馬遼太郎氏の作品のなかで
あまり皆さんの口々にはのぼりませんが、名著といえる
豊臣家の人々 (角川文庫)」という作品があります。

出だしの自然描写は三島由紀夫の金閣寺の出だしを
思わせるような美しい文章です。

その作品の、最初が
「殺生関白」です。

セッショウカンパク、無論秀次公のことです。
極悪非道の人として描かれています。

一般に秀次公は暴君であったといわれていますが、
実際はどうだったのか?

今現在放映中のNHK真田丸は大変の人気のようです。
そのなかで
秀次公は繊細で優しい人物として描かれています。
新納慎也の整ったお顔と非業の最後があいまって
秀次ファンがふえたのではないでしょうか。

私自身は秀次は三谷さんによってつくられた
繊細な秀次には否定的ですし、
司馬さんの描かれた秀次像は
秀吉が自分の残虐性を正当化するためと
そののちの江戸幕府が、豊臣家を貶める
ために創り上げたものだと思っています。

秀吉が、一族郎党残虐なかたちで皆殺しにしたのは
それほどに秀次が優秀で剛の者だったからでは
ないでしょうか。
完膚なきまでに叩き潰したのは
甥である豊臣秀次が恐ろしかったのでしょう。

秀次が生きていたら江戸幕府が成立しなかったと
思うのは私だけではないと思います。

PA160721






PA160729

鴨川の河原の穴に処刑され投げ込まれたご一族郎党の
お一方ずつに墓石が建てられています。



瑞泉寺 豊臣秀次公の墓 PA160727


覆い屋の向こうに一対のシキミが見えます。
その奥が、秀次公の斬首された御首が
入れられていた石櫃です。

この瑞泉寺は400年のながき間、
非業の死を遂げられた方々をお守りしているということです。


瑞泉寺 豊臣秀次公の墓 PA160736


当日は中川ご住職みずから
この御寺の由来を説いてくださいました。

  後継ぎのいない豊臣秀吉の後継者として秀吉は
  甥の秀次を指名します。
  しかし秀吉には茶々との間に秀頼が誕生し
  その将来のために秀次を自刃に追い込みます。
  首実検のためにその首は京都にもたらされ
  そのあげく三条河原に晒され
  その前で、1歳の幼児はもとより正室、妻妾、下女にいたる
  までが、処刑(一説には槍で突き殺されたとも)され
  河原の穴に埋められます(放りこまれた)。
  そしてその上に秀頼の御首がはいった石櫃を据えました。

  この首塚の碑銘には「秀次悪逆」の文字が彫られて、
  みせしめられます。
  人はこれを「畜生塚」や「秀次悪逆塚」と畏れます。

  が、
  時はうつり、この場は鴨川の氾濫などで
  荒廃し姿が人々の目に入らなくなりました。

  自刃から16年後の慶長16年(1611年)。

  豪商角倉了以は運河として高瀬川を開削する工事中に
  この塚を発見します。
  偶然にも角倉了以の弟は秀次の主治医でした。

  秀次公とそのご一族に深く同情していた了以は、
   浄土宗西山派の僧「立空桂叔和尚」
  (後に瑞泉寺の開山上人)と計り、
  この地に
  ご一族の菩提を弔う寺をその場所に建立しました。

  それが、慈舟山 瑞泉寺 です。




瑞泉寺 豊臣秀次公の墓 PA160726






瑞泉寺 豊臣秀次公の墓 PA160714
                       宝篋印塔 1740年建立

塔身に刻まれた経文の最後には
「伏して祈る 願わくば この塔の功徳を以って
この世のすべての人々が苦しみから平等に
救われますように」
とあり、秀次公一族の供養のために建てられたものではと
思われてています。



瑞泉寺 豊臣秀次公の墓 PA160744






瑞泉寺 豊臣秀次公の墓 PA160741






PA160724
                                      大日如来坐像





PB030350






瑞泉寺 PB030349

↑明治の廃仏毀釈の嵐のおりに天皇家にはばかり
菊の菊花紋を自主的にセメントで塗り潰したもの。





瑞泉寺 豊臣秀次公の墓 PA160725






瑞泉寺 豊臣秀次公の墓 PA160723
             京都でよくみかける蘇民将来の厄除粽(ちまき)


それでは
本堂にお邪魔して東雅夫先生の朗読会と
中川学氏の原画展を鑑賞しましょう。



瑞泉寺 IMG_20161020_0006
             *終了しました(イラストは中川氏)




朗読会は初めてです。
怪談朗読なので(東さんは怪談好きとして名高い!)
おどろおどろしいのは当然ですが、
東さんのお声の良いこと!
朗々としていて、私は内容よりそのお声にうっとりと
する次第。

その熱演にお人柄の良さも滲みでていました。

朗読のあとは中川氏と対談。

中川氏いわく
「僕は、これでもオシャレのイラストも描いていた
時期もあるんですよ」
が、一番印象に残ったわけで、
その「おしゃれ」な作品も見てみたいと思ってしまいます。

瑞泉寺 イラストレーター中川学原画展 PA160750






瑞泉寺 イラストレーター中川学原画展 PA160747






瑞泉寺  イラストレーター中川学原画展 PA160746



中川さんのイラストに開眼したのは
万城目さんのとっぴんぱらりの風太郎の
挿絵でした。
   つけ加えるなら万城目さんを好きになったのも
   とっぴんぱらりからです。

以来ファン。

その中川さんが瑞泉寺のご住職なのですから
白マムにはたまりませヌ。
   (この頃の白マムは青カバ化してますね 汗)

瑞泉寺 IMG_20161020_0007
                      *終了しました


最後にサイン会があり
私は勿論、とっぴんぱらりの風太郎の分厚い
単行本を東京より持参。
表は万城目さんのサイン。
裏は中川さんのサインというW学。
豪華本にあいなりました。


IMG_20161020_0008.jpg



3時より境内の案内がはじまり
すべてが終了したのは6時ころでした。

外にでるともう日が落ちて暗かったのですが、
街はとても賑わっていました。

瑞泉寺 PA160751






瑞泉寺 PA160753
                                       高瀬川

このように朗読会や原画展をなさりながら
瑞泉寺のこの場所でどのような
歴史的事実があったかを広める。
忘れ去られている事実を掘り起こす。
とてもいい試みだと思っています。


10月16日は朝からずっと御寺参りでしたが
本当に充実した1日でした。


  

  

  

↑画像をクリックするとアマゾンの該当本にジャンプします 

en1瑞泉寺寺宝展のお知らせen1

平成28年度 秋期京都非公開文化財特別公開

10月28日(金)~11月7日(月) 会期中無休
公開時間 午前9時〜午後4時
拝観料 大人800円 中学生・高校生400円

「秀次公縁起」や「瑞泉寺裂(きれ)」「瑞泉寺絵縁起」など
博物館に寄託された寺宝が展示されます。

*詳細はご住職のブログをご覧ください。

en1白マムよりen1

瑞泉寺さんは拝観料をおとりになっていません。
400年以上も秀次公のお墓を守るということは
大変なことと思われます。
これからも守っていただき語り継いでいただかなければ
なりません。
境内には浄財の箱が設置されています。
些少でもいいと思います。
どうぞ志納を!

en1参考en1

2016年10月16日(日)
6:47東京発瀧尾神社戒光寺来迎院雨宝院首途八幡宮瑞泉寺22:44東京着

慈舟山 瑞泉寺オフィシャルサイト
*東雅夫氏・中川学氏にいただいたサインは次をご覧ください→








にほんブログ村

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday