白マム印 日本のこと日本のもの

 
05
 
                                                    →快慶展


蟹満寺 IMG_0459
                                        蟹満寺

普門山 蟹満寺

山号   普門山
宗派   真言宗智山派
本尊   釈迦如来(国宝)
創建   白鳳時代
開基   伝・秦和賀
      再興・亮範
      
住所   京都府木津川市山城町綺田浜36
交通   JR棚倉駅下車。徒歩5分
      orコミュニティーバス山城線蟹満寺口下車
               徒歩約5分(但し日祝運休)
電話   0774-86-2577
駐車場・お手洗いあり

*毎年4月14日 蟹供養放生会を修業
*見どころは国宝の釈迦如来坐像(像高2.403m、重さ2tの金銅製)
*今昔物語集に出てくる「蟹の恩返し」縁起で有名




蟹満寺には前々より拝観に伺いたいと
思っていました。
絶対に訪ねたい! 京都の仏像 (エイムック 2917)
には
彫刻家の藪内佐斗司氏選として「絶対に訪ねたい」
というなかに、この蟹満寺が入っていますし、
仏像展に行きますと、パネル等でこの蟹満寺はよく
紹介されています。

いずれ、訪ねようと思っていたのですが
なにぶんアクセスが悪い。

のばしのばしになっていましたが、
奈良国立博物館(快慶)に行くために乗った
JR奈良線を途中下車。




棚倉駅 IMG_0452


棚倉駅は無人駅に等しく
下車すると人通りがなく心細いこと。
タクシーは当然待機しておらず、
コミュニティーバスも日祝は運休。




棚倉駅 IMG_0449 棚倉駅前 IMG_0451

木津棚倉マンホール IMG_0453 棚倉 IMG_0454

棚倉 IMG_0455 蟹満寺 IMG_0456



てくてくと
歩くのみです。

ところが
目印らしきものがなし。

ここでグーグルの凄さを実感。
目印なきところを
ピンポンと音を鳴らして
右だの左だの、橋を渡れ踏切を渡れと
的確に指示。


蟹満寺 IMG_0457



迷うことなく到着。
てくてくだと30分はかかるでしょう。
速足で16分。
かなり距離があります。

IMG_0486
                                         蟹満寺 本堂



本堂は、1759年に建て替えられて以来、250年ぶりの改築が終わり、
2010年4月に新たに落慶。
そのためにとても新しいお寺さんにみえますが
1990年の発掘調査では、
創建当時の本堂は、薬師寺の金堂に匹敵するほどの大きさである
ことが判明しました。

ご本尊は国宝の銅像として有名ですが
来歴がはっきりしていないといわれています。


蟹満寺というだけあって寺紋は蟹。



蟹満寺 IMG_0462



蟹づくしです。



蟹満寺 IMG_0463
                                            蛙股




蟹満寺 寺紋 IMG_0464
                                            香炉




蟹満寺 IMG_0487
                                            燈籠




蟹満寺 IMG_0485
                                           浄財箱




蟹満寺 IMG_0489
                                            屋根瓦


見回すと蟹だらけです。
友人に蟹満寺に行ったと話すと
蟹料理が有名なのかと
真面目に尋ねられてしまったのですが、

「今昔物語集」に見える「蟹の恩返し」の説話で
有名になったお寺です。




P5040615
P5040616
P5040617

   縁起

   昔、夫婦と、ひとり娘が住んでいました。

   娘は観世音菩薩を信仰していました。
   村人になぶられている蟹を助けて逃してやりました。
   そののち
    娘の父親は蛇が蛙を飲み込もうとしているのを見て
   「もしそのガマを放つなら娘を嫁がせよう」と言ってしまいます。
   すると蛇は蛙を放しました。

   父親は悄然とします。
   事実を娘に話ます。
   日没、、衣冠をつけた紳士が門前に現れ、約束を迫りました。
   嫁入り支度を理由に日限を決めてその場を逃れ
   ました。
   ついに約束の日、蛇は本性を現して大蛇となり怒り狂います。
   すると観音様が現れて
   「決して恐れることなかれ」と告げると姿を消されました。

   夜明けに近づき雨戸から外を覗くと寸々に挟み切られた大蛇と、
   数万の蟹の亡骸がありました。

   家族は大慈大悲観世音菩薩の護守護に感謝し、蟹と哀れな蛇を
   弔いました。


蟹満寺 IMG_0493


本堂の脇入口には立派な扁額が掲げられています。



ひんやりとした空気の本堂には
飛鳥大仏をふっくらとさせたかのような
像高240.3センチ
重量2.2トンの銅像、
釈迦如来様がお座りになっています。



IMG_0469.jpg


白鳳時代作といわれる銅像は
「日本に数ある釈迦如来像のなかでも
抜群のできであり、
ことに金属製の釈迦如来像としては
最高傑作」と
藪内氏をして言わしめています。

「金属製という点に話を絞れば、蟹満寺像に匹敵するのは
薬師寺の銅像薬師如来坐像くらいしかない」。
                 ―絶対に訪ねたい! 京都の仏像 より


P5040608





247489859_v1493906306111.jpg



美しい流れるような衣紋と
指と指の間には、まん網相といわれる
みずかきがみてとれます。

これはすべての人を救済する意があります。

この流れるような造作を見ただけでも
技術の高さがわかります。

美しい!

P5040611





飛鳥大仏を思わせると記載しましたが
東京深大寺の金銅仏や奈良正暦寺の
金銅仏により近いといえます。

深大寺 金銅釈迦如来倚像
                                 深大寺 金銅釈迦如来倚像




IMG_0001_NEW_0002
          正暦寺 金銅薬師如来倚像




本堂の右手には木造の聖観世音菩薩坐像も
奉安されています。


蟹満寺 縁起本尊 厄除聖観世音菩薩 P5040614
              蟹満寺 縁起本尊 厄除聖観世音菩薩

この菩薩はとても整ったお顔を
なされています。




本堂の裏にまわると
水子の供養塔があります。

蟹満寺 IMG_0498





蟹満寺 IMG_0502




P5020590
                  蟹満寺 ご朱印



en1参考en1


京都の仏像 絶対に訪ねたい! 京都の国宝九選>

清凉寺 釈迦如来と阿弥陀三尊
浄瑠璃寺 九体阿弥陀と広目天・増長天
蟹満寺 釈迦如来
神護寺 薬師如来と五大虚空蔵菩薩
仁和寺 阿弥陀如来と脇侍
観音寺 十一面菩薩
法界寺 阿弥陀如来
鞍馬寺 毘沙門天
三千院 阿弥陀三尊




*徒歩でお行きの場合は平日運行のコミュニティーバスの利用を
 おすすめします。

<棚倉駅よりコミュニティーバス出発時刻表>
山城線
9:00~16:00まで1時間に1本発
常に 36分発  (ただし日祝運休)
<停車バス停>
棚倉→アスピア山城→北平尾→棚倉小学校→蟹満寺口
*時刻表は2017年5月現在ナビタイム引用です。
 事前にお調べになることをおすすめします。


<4月30日・5月1日>
4月30日
東京→京都府、蟹満寺→奈良、奈良国立博物館・快慶展
資料センター・興福寺三条通り
5月1日
奈良博・快慶→東大寺→京都、八坂神社・円山公園
長楽寺→八坂界隈 /→高台寺 //→東京



















スポンサーサイト

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday