白マム印 日本のこと日本のもの

 
30
 
                                         次回 松島湾遊覧

東北歴史博物館 東大寺と東北展 P4281465
                                  JR仙台駅ビル内


東日本大震災復興祈念特別展
東大寺と東北-復興を支えた人々の祈り-

期間 2018年4月28日(土)~6月24日(日)
場所 東北歴史博物館(宮城県多賀城市)
アクセス JR東北本線国府多賀城下車すぐ



東北歴史博物館 東大寺と東北展 P4281386
                                      東北歴史博物館

東大寺は南都の焼き討ちなどで
ほとんどの伽藍が焼尽します。
が、
俊乗房重源上人の大勧進により見事復興し
その後も幾度の試練を乗り越えて
現在にいたります。

当時よりの気運・気概が今も大きくのこり
東北の復興に熱い眼差しを送っていると言って
よいでしょう。



665.jpg







東大寺と東北 IMG_20180305_0010



東大寺展開催初日は
東大寺別当である狭川普文ご住職と
東大寺の復興を担った
重源上人の肖像彫刻を模刻された
三輪途道(上原三千代)先生と
日本画家の篠崎祐美子先生の
トークショーにて幕があきました。

三輪先生を敬愛している白マムは当然の
ことながら駆けつけました。
博物館の講堂は満席。
誠実にお話になる三輪先生と
軽妙な狭川ご住職との話は
聴く私たちを飽かせることなく
二時間はすぐに経って
しまいました。

トークショーは
三輪先生の重源上人模刻、
東大寺四聖のおひとり菩提僊那坐像制作に関しての
秘話を中心に進められました。

三輪先生のひたむきさと
東大寺さんの懐の深さがとてもよくわかる
セッションでした。


     トークショーにはレジュメが配られました。
     お話を聴くのが精いっぱいで
     会場ではこのレジュメを熟読していませんでした。
     帰宅して、内容の濃さに驚きました。
     のちほどなんらかのかたちで公開できたらと
     思っています。
     このレジュメは
     「今回の展覧会は、東北のこれからについて皆さんと一緒に考え
     そして祈り続けることの大切さを感じていただきたいと願っています。」
     という文章から始っていることだけをまずは記しておきます。

三輪先生作の菩提僊那坐像は東大寺の聖武天皇殿の
聖武天皇坐像のお隣においでになり
聖武天皇祭時に拝観がゆるされます。

東大寺に寄贈された重源さんの模刻
東大寺の寺務所の写経場の床の間に安置されていますので
写経をすればその場で拝観することができます。

その模刻の重源さんがこの度
東北歴史博物館においでになっています。


東北歴史博物館 東大寺と東北展 P4281417




三輪先生の重源さんの模刻は写真撮影が許されています。


東北歴史博物館 東大寺と東北展 P4281396
東京藝術大学大学院美術研究科保存修復技術専攻修了制作
東大寺俊乗堂重源上人像模刻  1994 年 上原三千代(三輪途道)作




東北歴史博物館 東大寺と東北展 P4281415







東北歴史博物館 東大寺と東北展 P4281410







東北歴史博物館 東大寺と東北展 P4281414







P4281412


模刻のもととなった
東大寺俊乗堂においでの
国宝重源上人坐像(秘仏)は
展覧会後期からおでましになるとのことですから
おふたかをじっくり拝観することができます。

P42813941.jpg

三輪先生の横ではしゃぐ白マム。




三輪先生を慕うばかりに本展に出陳された
東大寺の寺宝をお座なりにしてはいけませんね。




公慶上人 IMG_0002_NEW
                         公慶上人







IMG_0003_NEW
                 地蔵菩薩坐像 快慶作



東大寺の五劫思惟阿弥陀菩薩坐像や
東大寺末寺の五劫院の五劫思惟菩薩坐像が
横並びでおでましです。


東大寺勧進所阿弥陀堂 五刧思惟阿弥陀如来
     東大寺勧進所阿弥陀堂 五刧思惟阿弥陀如来

       ちなみに
       「劫」というのは時間の単位をあらわし、
       一劫とは、「40里立方の大きな石に、
       天女が3年に1度舞い降りてきて、
       衣でその石を撫でる。それを繰り返して、
       その大きな石が擦り切れて無くなるまでの
       時間」。

       五劫は劫×5倍だから永い時間をあらわします。
       その永い間、私たちを救わんがために
       思惟されたので、髪がどんどんのびた
       ということです。



7.png
            二月堂御正躰


三輪先生がおつくりになった菩提僊那坐像は
おでましにはなりませんが、
四聖御影(ししょうのみえい)が
出展されています。

そこには聖武天皇、菩提僊那上人、
行基上人、良弁僧正が描かれていますので
ゆっくりと拝観されてください。


3.jpg


聖武天皇のとなりにおられるのが菩提僊那上人です。
三輪先生は菩提僊那上人をおつくりになるさいには
この御影を参考になされたそうです。




東北歴史博物館 東大寺と東北展 P4281387








東北歴史博物館 東大寺と東北展 P4281388








東北歴史博物館 東大寺と東北展 P4281382



ライイン sp_l364

展覧会の見どころ。                     
*河北新報の記事はコチラです。
三輪途道先生オフィシャルサイト


ライイン sp_l364

三輪途道先生展覧会ニュース
・三輪途道展 社の番猫
  2018年6月9日(土)~17日(日)
  画廊翆巒・前橋市文京町1-47-1

・三輪途道展 一路堂で会いましょう
  会期が延長されました。
  5月9日まで 
  一路堂caffe ・高崎市石原町2710‐1(高崎白衣観音前)
  ランチの予約をされてご覧になるのを
  おすすめします。 📞090-2475-4893


ライイン sp_l364

<ポコマム4月28日・29日の軌跡>

28日
東北歴史博物館→塩釜→遊覧船→松島→瑞巌寺→仙台
29日
東北大学自然史標本館→大崎八幡宮→瑞鳳殿→定禅寺通

地元のものを食べて、見て、乗って、お土産買って
お金をつかいました。
これもわたしは復刻支援の形のひとつだと思っています。
ゴールデンウイークの初日で松島は混んでいると
思ったのですが、
あまり人はいませんでした。
ボランティアだけが支援ではありませんよ。
観光客として行くことだって立派立派。



松島遊覧 P4281445


                                         次回 松島湾遊覧



4月28日
東北歴史博物館→塩釜→遊覧船→松島→瑞巌寺→仙台
29日
東北大学自然史標本館大崎八幡宮定禅寺通瑞鳳寺瑞鳳殿


スポンサーサイト
 
04
 
お正月の楽しみのひとつは
三輪途道先生から送られてくる
カレンダーです。


三輪途道 先生 カレンダーP1030783
                                  めざすは大間のまぐろ

今年のカレンダーは
ふてぶてしいニャンコ。
いかにも三輪途道ワールドの猫です。




en1 en1

・2月中旬から4月末まで 高崎市白衣観音の一路堂caffeにて旧作作品展
・4月28日 宮城県東北歴史館「東大寺と東北-復興を支えた人々の祈り」展にて講演
・6月 前橋市の画廊翠巒にて個展
・12月 金沢市ガレリアポンテにて三輪洸旗氏(ご主人)と二人展


 
14
 
PB1406181111.jpg


三輪途道先生の個展第二段です。

のら暮らし2

LOWER AKIHABARA にて
11月14日- 25日 まで
住所:東京都千代田区東神田1-11-7
    東神田M.Kビル1F
交通:JR秋葉原下車、 昭和通り口 徒歩8分


PB1406001.jpg



いつものことながら
三輪先生の猫はふてぶてしい顔つき
態度です。
けれども
今回は可愛いニャンコが登場します。
愛くるしい目を持つニャンコは
はじめての観覧となります(私に関しては)。



PB1405711.jpg
                                           社の番猫



    PB1405781.jpg  PB1405761.jpg  PB1405771.jpg
                          画像をクリックすると大きくなります







PB14058711.jpg
                                     八幡神社の次郎坊



   PB1405881.jpg  PB1405911.jpg  PB1405891.jpg





PB14058511.jpg
                        回転鮨もありです


PB1405821.jpg PB1405831.jpg PB1405861.jpg






PB14060511.jpg
                                     めざすは大間のまぐろ


      PB1405641.jpg  PB1405661.jpg  PB1405671.jpg 






PB1405691.jpg






PB14056311.jpg
                                    いつか大間のまぐろ


 PB1406091.jpg  PB1405621.jpg  PB1405601.jpg


このつぶらな瞳の仔猫も
辺りを睥睨するニャンコ大明神になるのでしょうか、ネエ。




PB1405961.jpg




                 *三輪途道先生のオフィシャルサイト
                 *三輪途道先生が上原三千代時代(学生時代)のお作、
                  俊乗堂重源上人坐像の模刻は東大寺の写経上に奉安
                  されています。素晴らしい模刻です。



  


 
07
 
2017-11三輪途道展 PB040437



三輪 途道 展 ー地平線から  

11/2–11/27 まで  
ギャラリー TAGA2 にて

三輪先生の個展に行ってまいりました。
犬好きな私はいつものことですが
顎の下に手をいれてコシコシしたくなって
しまいますし、

ワンコの横で寝転びたくなる衝動を
抑えるのに一苦労です。



2017-11三輪途道展 PB040461



このアフガンハウンドのお腹(下)に
グリグリと足を入れたらあたたかいだろうなあ。

ラブラドール犬グレを家族の一員として生活すること18年。
寒い日は家族全員でグレをおこたがわりにしたものです。
枕にして寝そべった日も数え切れません。




2017-11三輪途道展 PB040477



グレの尻尾は先っぽが
禿げていていつも血がこびりついていました。
尻尾の振り過ぎです。

ブンブン振ります。
旋回しそうなくらい。
狭いところでも。

だから
壁やら物にあたって切れちゃう。
グレの尻尾は痛々しかったけど
我家の50センチほどの高さの処は血のあとで凄惨!





2017-11三輪途道展 PB040433



このアフガンは下仁田小町に違いない。
うちのグレも武蔵野小町だったから。


ああ、
この首にまとわりつきたい。







2017-11三輪途道展 PB040452



なんて可愛い子でしょう。

チチチと舌をならすと、
子犬が飛んでやってきました。
それがグレです。




252104142_v1509882267.jpg



私の胸に抱かれて
そのまま我家の一員に。
賢そうな顔をしていると思った途端、
スリッパを銜えて逃げさります。




2017-11三輪途道展 PB040457



叱りつけようと思うと
お座りをしてうなだれます。

もう叱れない。




2017-11三輪途道展 PB040460



もう一度グレに会いたい。
グレも私達に会いたいに違いない。






2017-11三輪途道展 PB040467



会場の隅にはご意見番のような猫が一匹。
三輪先生の猫はいつも小憎たらしい顔をしている。
猫が苦手な私を
先生の猫も苦手に違いない。




2017-11三輪途道展 PB040439



いつも素知らぬ顔をされる。
こっちだってあんたなんか知らない。
と、
思うも、やはり手なずけたいのは人の心。




2017-11三輪途道展 PB040472



けれど
微動だにしない。




2017-11三輪途道展 PB040444



だから猫なんて嫌いなのよ。

ついつい悪態をついてしまう。




2017-11三輪途道展 PB040476



三輪先生の猫の前に立つと
どうも大人げなくなるワタシだ。





2017年、秋。
三輪途道展にて



                           ○GALLERY TAGA2 詳細
                           ●三輪途道オフィシャルサイト
                         2017-11三輪途道展 PB040432



 
30
 
久し振りに三輪途道先生の作品に会える!
と思いきや
去年8月、長野県上田市にてお会いしていた。
随分前のような気がしていましたが
一年しか経っていないとは。

好きな人、好きな作品だと
こんなに焦れるんですね・・・・・・。

11月は三輪先生の個展が2ヶ所で開催されます。


PA290420


三輪途道 展 ― 地平線から

GALLERY TAGA2
2017年11月2日(木)~11月27日(月)
  世田谷区祖師谷1-34-2
   ℡ 03-6411-5590
   小田急線祖師谷大蔵駅、 徒歩5分
12:00~19:00 (最終日 17:00)
水・日・祝日 休

IMG_20171030_0001




en1  en1


15年ほど前になりますでしょうか。
「月の舟」という作品に一目惚れをしたのは。

月の舟1
                     月の舟 


てっきり50代の油の乗った男性作家さんの手による
ものと思っていましたら
お会いして驚きました。
お若い女性作家さんとは。
以来
慕っております。



en1  en1


三輪途道 展 ― のら暮らし2

Lower Akihabara
2017年11月14日(火)~11月25日(土)
 千代田区東神田1-11-7東神田M.Kビル1F
 ℡03-5829-8735
 JR総武線馬喰町4番出口、徒歩4分
11:00~18:30
日・木 休


三輪途道 展 IMG_20171030_0003


 
19
 
←前回 常楽寺

三輪途道展 義の人といつかは獣勇士

 
長野県上田市サントミューゼ 多目的ホールにて
開催されていた「義の人といつかは獣勇士」に
三輪作品見に逢いたくて最終日の8月15日に
行ってまいりました。



13902702_1103641559728533_3643316312479170808_n11.jpg
                                                   義の人   



三輪途道先生はリーフレットに幸村のイメージを
   「秀吉の死後、大坂冬の陣、夏の陣を戦い、
   義を貫いた人。
   一般的に名称といえば、眼力が鋭く、意気盛んな人相の
   イメージがあるかと思いますが、
   私が想像する真田幸村は冷静で、声を張り上げて怒ることも
   少なく、知的でやさしい人物のような気がします。
   和歌山の九度山に蟄居した年月も加わり、
   人生を達観した僧のような眼差しさえ感じる
   死を覚悟した男。」
と、語られています。

三輪途道展  義の人といつかは獣勇士 P8150166P8150168







三輪途道展  義の人といつかは獣勇士 P8150166







三輪途道展  義の人といつかは獣勇士 P8150166P8150169



  「展覧会を構成するにあたって、
  諧謔性、喜劇性を意識的に加えまして、
  真田十勇士ならぬ
  真田獣勇士を作りました。」




三輪途道展  義の人といつかは獣勇士 P8150166
                              たま吉






三輪途道展  義の人といつかは獣勇士 P8150166P8150172


三輪先生彫るところの
猫はいつも千年も万年も生きたような
「なにもかお見通しさ」てな
ふてぶてしさがある。

このたま吉も、ご多分に漏れず。

可愛げがないことこのうえない。
でも
いつも気になってしかたない、愛すべき猫。







三輪途道展  義の人といつかは獣勇士 P8150166

撫でると
愛らしい声でミア~と鳴きそう。





三輪途道展  義の人といつかは獣勇士 P8150166P8150176

いつ見ても何度見ても
この猫足が大好きな私です。





三輪途道展  ハチ太郎 義の人といつかは獣勇士 P8150188
                                         ハチ太郎

白いハチ太郎は紀州犬なのだろうか。
九度山蟄居を考えると間違ってもいないような・・・・・・。

ハチの目は一点の曇りもない。
どこまでも義の人を信じてついていく
無辜の目をしている。

どんなに信じても鼻水は出る!
悲しかろうが
怖かろうが
勇気リンリンだろうが、
出るものは出る。

何故ならば
それが生きていることだからだ。




三輪途道展  ハチ太郎 義の人といつかは獣勇士

やはり
ハチ太郎は紀州犬だ。
そういうことにしておこう。

どこまでも忠実に。


三輪途道展  佐助 義の人といつかは獣勇士 P8150166P8150186
                                       佐助の助


なんという思慮深い眼差し。
意思の強さと勇敢さをあらわす口元。



三輪途道展  佐助 義の人といつかは獣勇士 P8150166


いつも冷静で
義の人を諭すことさえありそうだし
義の人のためなら命も惜しまない。

そのような佐助の面構え。



三輪途道展  義の人といつかは獣勇士 P8150166







三輪途道展  義の人といつかは獣勇士 P8150166P8150183







三輪途道展  義の人といつかは獣勇士 P8150166P8150179






三輪途道展  義の人といつかは獣勇士 P8150203P8150204






三輪途道展  義の人といつかは獣勇士 P8150207P8150209






P8150203






三輪途道展  義の人といつかは獣勇士 P8150207






真田殿はよき家来をお持ちじゃ。



en1参考en1

上田市サントミューゼ P8150154
*三輪途道展は終了。
サントミューゼオフィシャルサイト

en1足取りen1

8月15日
安楽寺 1//常楽寺三輪途道展
 
05
 
三輪途道展 義の人といつかは獣勇士

 < 三輪途道展  義の人といつかは獣勇士 >

   長野県上田市サントミューゼ 多目的ホールにて

   平成28年8月8日(月曜日)~8月15日(月曜日) 
   9:00~17:00
    *初日は12:00から
    *9日(火)休館日
    アクセス:上田駅より徒歩7分マップ



三輪途道先生のお作に会える!
東京から上田はそう遠くはありません。

車を飛ばしていきますかっ。

少し足をのばして安楽寺常楽寺
訪れるのもいいかもしれません。

 
10
 


三輪途道カレンダーと藤井製帽の麦帽とルシェルブルーP5081324P5081341



好きなものに囲まれて

   三輪途道先生のカレンダー
   尾道 藤井製帽の麦わら帽子
   手塩にかけて育てているバラ、ル シェル ブルー


 
04
 
         231146255_624_v1449216779_20151205084906e18.jpg
                                       午後は鮨八で待つ


三輪途道先生の「猫」たちは
いつもふてぶてしい。

羨ましくなるほど
ふてぶてしい。




三輪途道 のら暮らし PC041220
                                     午後は鮨八で待つ


そのうえ堂々として威圧的でさえある。

午後は鮨八で待つ

と、言われたら
取るものも取り敢えず
駆けつけそうである。



三輪途道 のら暮らし PC041211
                                      しめ鯖は苦手です



アンヨは可愛いのだが


三輪途道 のら暮らし PC041236
                         しめ鯖は苦手です


この顔で

しめ鯖は苦手です

と、言われたら
思わず
もうしわけありませんでした

と頭を垂れてしまいそうな私。



三輪途道 のら暮らし PC041210
                         しめ鯖は苦手です





三輪途道 のら暮らし PC041213
                       フーテンの寅蔵


ど、どどどうかなさいましたでしょうか?

と、
つい卑屈になっちまう私。



三輪途道 のら暮らし PC041214
                                    フーテンの寅蔵






三輪途道 のら暮らし PC041216
                           フーテンの寅蔵






三輪途道 のら暮らし PC041226
                            霧隠才蔵の助



お、お待ちくださいませ。
才蔵の助さま!



三輪途道 のら暮らし PC041229
                                        霧隠才蔵の助





三輪途道 のら暮らし PC041222


振り向くのも面倒くさそうな
霧隠才蔵の助さん。





三輪途道 のら暮らし PC041231


ひとくせも
ふたくせも
ある猫たちの集会である。


*    *    *

敬愛する三輪途道先生の
久しぶりの東京での個展です。

三輪先生は東大寺1250年祭時の菩提僊那上人坐像
の作者でいらっしゃいます。

*    *     *

三輪 途道 展 - のら暮らし -
Michiyo Miwa solo exhibition

会期 2015年12月4日(金)-12月19日(土)
時間 11:00-19:00
休廊 日月
会場 LOWER AKIHABARA
アクセス
三輪途道オフィシャルサイト




 
05
 
三輪途道2014年09月05日_P9050639

MIWA Michiyo EXHIBITION

2014年9月6日(土)~23日(火)
           定休日/水曜日
ガレリア ポンテ Galleria Ponte
金沢市野町1‐1‐44宮本ビル1f
tel 076-244-6229
公式ホームページ

*展示の詳細はコチラをご覧ください。


en1

立木寛子著 爺さんとふたりの詳細は
コチラをご覧ください。

爺さんとふたり2014年09月05日_P9050631

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday