白マム印 日本のこと日本のもの

 
29
 
2012年09月17日_P9170674





あちらこちらでハロウィンの飾りつけや、
関連商品が見られる季節となりました。

ハロウィンの飾りを見ると
必ず思い出すのが
子供の頃のお祭。

八朔(はっさく)

です。

子供の頃のことですから、
このお祭は全国区のお祭りだと思って
いましたが、
どうも福岡だけのお祭のようです。

おぼろげな記憶をたどりますと、
青空と共にギラギラした太陽が浮かび
あがります。

男の子が生まれた家の前に
七夕飾りをもっと盛大にしたような
飾りが立てられます。

その竹には駄菓子とともに、玩具がぶら下がっていました。
メンコやら、折り紙やら、芸能人のブロマイドやら、でんぐりやら、
玩具楽器のメロディやら紙風船などですが、
それはそれは子供の心をかきたてます。

なぜなら、子供が集まるとその竹は子供の背丈ほどに
横に倒されて、子供は勝手にそれをちぎりとって
持ち帰っていいのです。

私は、麦わら帽子をかぶり、
近所の子供たちと連れ立って町を歩き回ったものです。
徒党を組むといっていい状態です。


でんぐり(ハニカム)
              でんぐり(=ハニカム)


調べると八朔とは旧暦八月朔日(ついたち)を意味
するのですが、
9月1日にその年に生まれた男の子を祝うお祭とのこと。
記憶はあっていました。

当時「ムームー」といわれる風通しのよい
ワンピースを着て歩きまわったことまで
浮かんできました。

現在このお祭は福岡の一部で行われているようですが、
個人ではなくて
公的機関が催してるようです。

ハロウィンという日本とまったく関係ないお祭が
流行り
日本の一地方の行事といえ、子供の頃親しんだお祭が
消えていくのはとても残念です。



en1 参考 en1

ハロウィンで思い出す子供の頃の行事
でんぐり、、、って言うんでしたかぁ
こどもの村福岡 八朔の様子

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
 
26
 
運慶展


2012年
1月21日ー3月6日
金沢県立金沢文庫

このパンフレットの写真は
奈良の忍辱山(にんにくせん)円成寺の
多宝塔に祀られた
運慶作の大日如来坐像です。

この、大日さんを拝観するために
バスに揺られ、東大寺転害門やら奈良少年刑務所、
般若寺を通過し大慈山そして忍辱山バス停へと
奈良坂を行ったものです。

パンフレットを眺めていると4年前の夏に
この大日如来坐像を拝観したことを思い出します。

円成寺(えんじょうじ)はちいさなお寺ですが緑の多い
美しいお寺で、
高野山光台院と共に私が好きなお寺です。

忍辱山(にんにくせん)円成寺 勧請縄 img6bac2fe5zik7zj 円成寺
       円成寺 勧請縄  円成寺 多宝塔  

このパンフレット
裏をかえすと、
尊敬する運慶の傑作が1枚の紙切れに
おさめられている。
どれも名品です。


unkeichirasi02 運慶展


どうでもいいような「チラシ」ですが、
ペラペラの紙片ににこれだけのものが
一堂に会しているなんて
めったにないことです。


苦労して現地で拝観したお作もあれば
博物館にてお会いしたお仏像もあります。


このパンフレットですが、
印刷数が少なかった、あるいは
入館者の予想がいい意味ではずれてしまい
不足したのか会期終了2週間前に行ったときには
裏の写真がないものが置いてありました。
それはそれは気落ちしました。
が、
実はこのパンフレット、2枚所蔵しています。
1枚は会期はじまってすぐに行った友人が
「よかったよ」と言ってくれたもの。
そうして
もう1枚は、会場ロビーの隅に落ちていたものです。
まさかと思いながら拾い裏を返すと「写真有り」の
ものでした。
嬉しかったですねえ。
落ちつきなくキョロキョロする癖も役にたつ
と思ったものです。



en1 参考 en1

金沢文庫に運慶展を見に行く
忍辱山円成寺 大日如来をめぐる冒険
吉祥陀羅尼山瀧山寺


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
23
 
人形師 山崎明咲2012年09月23日_P9230695


新宿京王百貨店にて催されている
「市松抱き人形 山崎明咲展」に
行ってきました。


記憶違いだと申し訳ないのですが、
昨年だか一昨年だか・・・
市松人形展の開催案内のポストカードが
掲示されているのを見かけました。

気になっていたのですが、
どなたかなあと
思いつつもやり過ごしてしまいました。

ところが、年甲斐もなくfacebookを
やりはじめて、友人のページにお邪魔したところ
奥様が、山崎明咲さん。
「あのポストカード」の主だと
わかった次第です。


人形師 山崎明咲2012年09月23日_P9230698


そしてちょうど「わかった」その頃は、
皆さん、ご存知の
へなちょこ張子に挑戦しだした頃と
重なります。


胡粉のあつかいかたがわからず、
まるでゾンビのように
ガピガピのシワだらけのお面が
出来上がります。


なのに、
胡粉を使った
明咲さんのお人形のきれいなこと。

あ~、もうやめたっ!

とは、思いませんよ。

ただただ、一筋にやっている人々の
凄さを思い、恥いるばかりです。

(だいたいくらべるのがおかしいですよね 恥)



人形師 山崎明咲2012年09月23日_P9230702


明咲さんのお人形は、
市松人形というとわたしたちが思い起こす
「怖い」
「あやかし」
「艶」
的な
ところより、
「愛らしいくて抱き寄せたい」
「着せ替え人形にしてみたい」
という
要素が現段階では強いようです。


人形師 山崎明咲2012年09月23日_P9230700
↑上のお人形は明咲さん曰く「わざとブタ鼻にしてみました」と
いう作品です。
こういう顔立ちの女の子、どこにでもいますよね。 笑



人形師 山崎明咲2012年09月23日_P9230696


当然、お人形自体、素敵なのですが、
まとっている衣装も非常に凝っています。
見ていてとても楽しいです。


人形作家さんは男性が多いのですが、
男性ということもあるのでしょうが、
まとう衣装にあまり心配りがされておらず
着物に帯だけで帯揚げや帯締めがなくて
色や柄も、ため息をもらすような
工夫がないように思います。
(ただし明咲さんのお師匠さんの藤村光環さんの
衣装はとても凝っています)


人形師 山崎明咲2012年09月23日_P9230699


お師匠さんの藤原光環さんは若手を、後継者を、
育てることを伝統を担う作家の責務だと
思っておいでのようで、
明咲さんに対して、もてる技術をおしみなく
披露されたようですし、独立をうながされたようです。

これは伝統工芸の世界ではとても大変なことだと思います。

そういう意味では、明咲さんは
ご自分の技術の凄さに加えていいお師匠さんにつかれた
幸運の方と思えます。


人形師 山崎明咲2012年09月23日_P9230697


表面の胡粉は「蛤の粉」なのでとても硬いそうです。
修復も勿論ひきうけてくださるそうで
子供の遊び相手としてもよいのでしょうが、
もったいなくて、
とてもとても!

下世話なことも書きますが、
価格は、高いとは思えません。
手の届くお値段といえます。

桃の節句や端午の節句にきらびやかな
飾りを購入されるのならば
わたくしは、明咲さんの市松人形を
おすすめします。
お値段も明咲さんの作品の方が
ずっとずっとお安いです。


人形師 山崎明咲2012年09月23日_P9230703
↑三つ折り人形は古くからの日本の伝統の
人形です。
正坐ができるように作られています。


人形師 山崎明咲2012年09月23日_P9230706
  山崎明咲                                  藤原光環



場所 新宿京王百貨店6階美術工芸サロン 
会期 9月20日~9月26日



緑青 vol.5 市松人形



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 
21
 



大徳寺塔頭 大仙寺
                                            国宝玄関




大仙院は大胆でおおらかな作風の
いいお庭でした。

残念なことに撮影禁止です。

加茂の河原で梟首された千利休の首を
持ち帰り手厚く葬ったことや
沢庵(たくあん)和尚が宮本武蔵に剣道の極意を
教えたことで有名です。



大徳寺 大仙院




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
20
 
博多 櫛田神社2012年08月18日_DSC_0521
                                            櫛田神社


住所   福岡県福岡市博多区上川端町1−41
電話   092-291-2951
交通   地下鉄「中洲川端駅」「祇園駅」から徒歩5分

御祭神  大幡主命(櫛田大神)オオハタヌシノミコト
      天照皇大神アマテラスオオミカミ
      素盞鳴命(祇園大神)スサノオノミコト
創建年  天平宝字元年(757年)
開基   空海
例祭   博多どんたく5月3日~4日
      博多祇園山笠7月1日~15日
      博多おくんち10月23日~24日
見どころ 拝殿唐破風の装飾 



博多 櫛田宮2012年08月18日_DSC_0523
                                  楼門 扁額「稜威 いつ」


櫛田神社は博多っ子に親しまれています。
楼門には「稜威」と大書されて扁額。

これはイツと読み、
 ・威勢の鋭いこと
 ・斎み浄められていること
を、あらわしています。(注1)

博多っ子のことを考えますと、
「威勢の鋭いこと」の意が強いでしょうか。

楼門の左右には随神が祀られています。


櫛田神宮 随神 櫛田神宮 随神
          矢大臣 (吽形)         左大臣 (阿形)


随神(注2)とは仏閣でいえば仁王にあたります。
そういう意味ではこの楼門は
随神門といってよいでしょう。
口元を
ご覧ください。
ちゃんと
阿形吽形です。


博多 櫛田宮狛犬2012年08月18日_DSC_0525 博多 櫛田宮狛犬2012年08月18日_DSC_0524


博多 櫛田宮2012年08月18日_DSC_0529
                                          楼門の天井


楼門を通り振り返ると


博多 櫛田宮2012年08月18日_DSC_0532

 博 多
総 鎮 守


の扁額がみえます。
♪村の鎮守の神様は♪と歌にありますが、
小さい小さい。
ここ櫛田さんは大陸との交易を果たした
古くからの大都市の博多っ子の守り神さまです。

また、
博多祇園山笠は櫛田さんの祇園神(素盞嗚命)に対する
氏子の奉納神事
として全国的に有名です。


櫛田神社銀杏2012年08月18日_DSC_0618
                    福岡県指定天然記念物 櫛田の銀杏(樹齢1000年)



博多 櫛田宮手水舎2012年08月18日_DSC_0535
                                              手水舎


博多 櫛田宮手水鉢2012年08月18日_DSC_0537


見ずらいのですが、
水が流れ出る鉢には飾り山笠をひく
男衆が浮き彫されています。



博多 櫛田宮2012年08月18日_DSC_0534
                                          手水の蛙股


鳩の糞害で多くの神社のいたるところが
金網に覆われ、仕方ないといえ
なにか方策はないものかと憂い戸惑います。


博多川端 櫛田神社2012年08月18日_DSC_0548

櫛田神社では、神殿の式年遷宮を25年ごとに行います。
平成12(2000)年に執り行われたそうです。



2012年08月18日_DSC_0569
                                               拝殿                                                                           

2012年08月18日_DSC_0559


拝殿の中には確認できただけで
8個も天狗のお面がかかげられていました。

なにかいわれがあるに違いないと思い
社務所できくと
「魔除け」ということでした。
大きな逆ほこも多分魔除けなのでしょう。
当方、深読みしすぎて少しがっかりです。


櫛田神社 拝殿唐破風

拝殿の唐破風には楽しい装飾がほどこされています。



櫛田神社雷神 櫛田神社風神
                        雷神                           風神
風神が雷神に博多に嵐を起こそうと誘うのですが
雷神は「アカンベー」をして誘いにのらない様子です。

脇にまわると木鼻は、迫力ある獅子。


櫛田神社 木鼻2012年08月18日_DSC_0566



櫛田神社拝殿 虹梁2012年08月18日_DSC_0564


しかしそれよりも面白いのは
木鼻の上をご覧ください。

からす天狗 櫛田神社拝殿 破風飾り  PA110269
                                            烏天狗                                                                                                            
烏天狗がいます。
これは右側面ですが左側面には
頭が龍で大きな翼をつばめのように
広げた飛龍(応龍)がいます。


櫛田神社破風飾り 応龍 あるいは 飛龍 神獣 PA110273
                             応龍 あるいは 飛龍 

格好いいですね。


櫛田宮手水2012年08月18日_DSC_0563
                        霊泉鶴の井戸
拝殿脇のこの霊泉ですが、
塩分・鉄分が強く飲みにくいとのことですが、
霊泉ですから霊験あらたかなのでしょう。
頑張って飲んでいる人たちがいましたが、
水が心なしか、いえ、実際に
濁っていたので、とても飲む気にはなりませんでした。



ご神紋
博多 櫛田神社 神紋2012年08月18日_DSC_0538
    素盞嗚大神のご紋   大幡主大神のご紋   天照皇大神のご紋  
    (祇園宮)          (櫛田宮)        (大神宮)


櫛田宮 門帳2012年08月18日_DSC_0553    
                                          銀杏の門帳


2012年08月18日_DSC_0567



境内は、思ったより狭い。
しかし、摂社・末社やら正門のほかに北門・南門が
ありそれぞれに狛犬さんがおいでですから
見どころは満載です。


櫛田神社 注連懸稲荷神社2012年08月18日_DSC_0577
                                        注連懸稲荷神社



2012年08月18日_DSC_0584
                                            石堂神社


櫛田神社石堂神社前の狛犬2012年08月18日_DSC_0582 櫛田神社石堂神社前の狛犬2012年08月18日_DSC_0583
             石堂神社前 狛犬

狛犬2012年08月18日_DSC_0544 博多 櫛田神社北神門狛犬2012年08月18日_DSC_0543 
             北神門 青・赤狛犬

狛犬2012年08月18日_DSC_0552 狛犬2012年08月18日_DSC_0550
                     中神門 狛犬



櫛田神社試石2012年08月18日_DSC_0608
試してください。力石。                                         

昔、櫛田神社では卯日相撲(うのひすもう)が盛んに行われ、
多くの有名力士が力自慢をし持ち上げた石が数多く奉納しました。

朝青龍や、若の花、貴の花が持ちあげた石も奉納されています。


櫛田神社試石2012年08月18日_DSC_0610
                                               力石



境内にはその年の博多祇園山笠飾り山笠が
常設展示されています。

9.jpg 5.jpg
平成24年度 表「大刀一閃巴武勇」       平成24年 見送り「古事記献上一三〇〇年日本曙」 
だいとういっせんともえのぶゆう           こじきけんじょう1300ねんにほんのあけぼの
 人形師 田中比呂志                      人形師 田中勇
 

楼門(正門)から参拝し境内を散策したら
南門から退出。
私はこのコースをすすめます。
南門をでると、
川端商店街が参道のように続きます。

櫛田神社 南神門
                             南神門


櫛田神社狛犬2012年08月18日_DSC_0607 櫛田神社狛犬2012年08月18日_DSC_0606
                       南神門 一角の狛犬(注3)




川端商店街2012年08月18日_DSC_0604
                                           川端商店街




櫛田神社


en1参考en1

<注1:稜威>
「いつ」あるいは「りょうい」と読みます。
 ・威勢の鋭いこと
 ・斎み浄められていること
   の他に
 ・神霊や天皇の威光のこと
   という意味があります。

<注2:随神>
昔、やんごとなきおかたを守った
随身といわれる武士から転じて
神を守る随神となったようです。

三輪途道先生の随神について

<注3:一角の狛犬>
古い狛犬には1角がたまに見られます。
現在のような角無しは昭和初期頃から流行り出したようです。
この、南門の狛犬は1角ですが、古い形を継承した新造だと
思います。

京都 仁和寺 狛犬
               京都 仁和寺 狛犬

en1 en1
博多区の神社 櫛田神社
博多祇園山笠公式サイト
博多川端商店街
榛名神社随神門

en1 en1

福岡にはJR中央線東京駅にあたる「福岡」と言う駅名は
ありません。JR筑紫線「博多」駅が福岡の陸の玄関です。
「福岡駅」というと、西鉄大牟田線という私鉄で、
郊外にいく路線の出発駅です。

「博多」というのは、那珂川(中州)を基点に
東をさします。
港も含み古くから商人の町です。
「福岡」は中州より西をさし、黒田藩士の町といえます。

川端近辺は博多で最初に栄えた、古い商店街です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
16
 
東長寺 2012年08月18日_DSC_0476


住所   福岡県福岡市博多区御供所2-4
電話   092-291-4459
交通   地下鉄「祇園駅」から徒歩1分

山号   南岳山 
宗派   真言宗九州教団
創建年  伝 大同元年(806年)
開基   空海
本尊   千手観音(重要文化財)・弘法大師・不動明王
別称   東長密寺

面白いもの 贔屓、 鈴のかわりの木玉
見どころ 福岡大仏 六角堂
拝観料  無し

*毎月28日 六角堂開扉(必見)



東長寺 石碑 贔屓2012年08月18日_DSC_0482


 弘法太師開基
 密教東漸日本最初霊場
   西安 青龍寺住持 寛旭

2006年に、東長寺創建1200年を記念し
長安(西安市)の青龍寺より贈られた石碑。
「東漸」とは文明・勢力が、東方に移り進むことを
意味しここでは仏教が日本に伝来したという意。

東長寺 2012年08月18日_DSC_0481

この石碑を背負っている
赤鼻のトナカイのような亀!?

いえ、違います。

山門前の石碑を背負っているのは贔屓(ひいき)です。
贔屓と申します。
一見、亀ですがこれは龍の子供です。

龍が産んだ9頭の神獣の龍生九子のうちの
一子。
重きを負うことを好み石柱・石碑にみられます。(注1)


2東長寺 012年08月18日_DSC_0483



東長寺 毘沙門天 2012年08月18日_DSC_0478 東長寺 増長天 2012年08月18日_DSC_0479
毘沙門天              増長天


東長寺は博多の中州川端近くの祇園の
街中にある寺院です。
このあたりは
櫛田宮や承天寺その他
多くの神社仏閣がひしめいていると表現しても
さしつかえない地域です。

博多湾がすぐそこにある。
ということは、
弘法大師が唐よりもどり
一歩をしるした場所であり
弘法大師創建の寺としては日本最古
といわれています。

この東長寺が昨今耳目を集めたのは、福岡大仏。
東長寺 2012年08月18日_DSC_0485


1992年に
木造(檜)坐像では、日本一の大きさの大仏が
(高さ10.8m、重さ30t)開眼したことでしょう。



東長寺 2012年08月18日_DSC_0487


どれほど大きいかは↑ をご覧くだされば想像がつくと
思います。

この目で拝観しますと、新しくとも
この大きさと丁寧な造作に荘厳なものを感じます。

光背の後壁面には5000もの小仏が祀られています。

この台座の下には「地獄・極楽めぐり」の
真っ暗な通路があり手探りで進んでいきます。



東長寺 2012年08月18日_DSC_0484
鐘楼




東長寺 2012年08月18日_DSC_0490
本堂



東長寺 2012年08月18日_DSC_0506



東長寺 本堂


本堂は広い畳敷きで御本尊、千手観音(重要文化財)・弘法大師・不動明王
が祀られています。


東長寺 2012年08月18日_DSC_0495
お賓頭盧様



東長寺 2012年08月18日_DSC_0497


九州といえど福岡は南国ということは
ありませんが、
このようにして写真で切り取ると
ちょっとエキゾチックですね。


東長寺 2012年08月18日_DSC_0498



黒田家の菩提寺としては崇福寺が知れ渡っていますが
この東長寺も菩提寺、二代・忠之、三代・光之、八代・治高らが
弔われています。



東長寺 2012年08月18日_DSC_0500
聖天堂



東長寺 2012年08月18日_DSC_0502


この聖天堂には鈴のかわりに
大きな木製の数珠玉が釣瓶のように
ぶら下がっています。

この大きな数珠をくり

東長寺 聖天堂の鈴2012年08月18日_DSC_0504

手を離すと、
この木製数珠が落ちて
コトンコトンと鈴のかわりに
音をたてます。



東長寺 2012年08月18日_DSC_0507
六角堂



東長寺 2012年08月18日_DSC_0513



この東長寺は新しい堂宇ばかりなのですが、
六角堂は1842年に建てられたもので、
まわるお厨子、輪蔵を覆った覆屋からなる
どっしりとしていながら優美なる堂宇です。

この中には
弘法大師像
薬師如来像
白衣観世音像
地蔵菩薩像
文殊菩薩像
北辰霊符神像

の6体の仏像が安置されており
毎月28日に開扉されます。

これは必見です。



東長寺 2012年08月18日_DSC_0508

東長寺 2012年08月18日_DSC_0509


六角堂の前にはピカチュウのような
狛犬が。


境内には石塔や石仏が並んでいます。



東長寺 2012年08月18日_DSC_0514


東長寺 2012年08月18日_DSC_0512



東長寺 2012年08月18日_DSC_0510



東長寺 2012年08月18日_DSC_0518
手水



東長寺


en1参考en1


<注1:贔屓>
中国の伝説によると、贔屓は龍が生んだ9頭の神獣・竜生九子のひとつで、
その姿は亀に似ている。重きを負うことを好むといわれ、
そのため古来石柱や石碑の土台の装飾に用いられることが多かった。
日本の諺「贔屓の引き倒し」とは、
「ある者を贔屓しすぎると、かえってその者を不利にする、
その者のためにはならない」という意味の諺だが、その由来は、
柱の土台である贔屓を引っぱると柱が倒れるからに他ならない。
         *上記はウィキペディアより*


en1  en1

<近辺情報>

櫛田宮
櫛田宮2012年08月18日_DSC_0556

承天寺

*博多川端(中州川端)商店街
川端商店街2012年08月18日_DSC_0604



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
15
 
94.jpg

奈良の
8月13日の夜から14日の朝方の雨と雷の凄いこと。
14日早朝、目が覚めたマムの心は暗い暗い。

テレビをつけると
あちこちと道路が土砂で寸断されて不通。
近鉄京都線も不通を告げるではありませんか。
この日の午前中、奈良は陸の孤島です。

これでは関空に行けない。
いえそれ以上に心を暗くしたのは
「このような荒れ模様で落雷だらけの日に
格安ピーチの乗る」という現実です。

飛行士は熟練してるのかしら。
日本人かしら。 ←差別発言かなあ?
もしもの時の保障額はそれなりかしら。
とか
考えると憂鬱です。
考えると怖いです。

いつもなら8時30分にはホテルを出発するというのに
この日ばかりは10時までベッドに仰向けになり
天井をみながら困ったとつぶやくやら
やおら起きてテレビニュースをみるやらと往生際が悪い
私です。

まあ、そんなこんなでチェックアウトの時間となり
十輪院、仏教美術資料センター、東大寺と
真夏の犬よろしく喘ぎ徘徊したわけです。


関空行きのリムジンは近鉄奈良駅前より16時出発です。
奈良交通の案内所に早めに電話して問うと
「不通、遅れの情報は無し」とのことでしたし、
驟雨もおさまり湿度は上昇するも空は平穏となってきました。
先ずはひと安心。
定時にやってきたリムジンでのドライブはとても快適なもの、
ゆっくりのんびり車窓を眺める。
この見仏で一番の快い時間になってしまった次第です。

なんかいい感じです。


関空2012年08月14日_DSC_0455



すべるように関空につき
おのぼりさんよろしくキョロキョロの私。
なぜなら、
格安空港のさだめで、
カウンターがとんでもなく遠い離れ小島にある、
という事実。
スカイマークしかりスターフライヤーしかり。
↑ この事実を知らなかったお初の時は
時間ぎりぎりに着いたばかりに
走る走るまるで走れメロ子になった私です。

今回は余裕です。
知ってますもの、
と~~~~く、にピーチロビーがあることを。

で、
案内所で聞くと
「外に一度でてください」という
怖ろしい発言。

外!?
いくら遠いといえど外に出ちゃう!

めまいを覚えます。
外くんだり出ちゃう。

で、
出たら




関空2012年08月14日_DSC_0466








なんだすぐでした。

  

ピーチ


フロアの隅に追いやられた感はありましたが
たいしたことありません。
けど
なんの案内放送もない・・・
ままにいつのまにかチェックインがはじまりました。
皆、顔を見あわせながら列に大人しく加わります。
まっ、
9400円ですからね。

ピーチの人たちはなんだかせわしなく右往左往しています。
まだ慣れていないというふうです。


ピーチ



バスに乗った私たちは飛行場の中を大移動です。
いくら走っても着かない!
滑走路大移動です。

随分走りました。
と、
向うからくる乗客がぎっしりのピーチのバス
とすれ違いました。

え?

ってことは、
たった今、ピーチからおりた人のに
たった今からわたしたちが乗るのね。

こりゃあ忙しいわいな。


ピーチ



で、
ピーチ飛行機の前にバスはとまりました。
途端、
バスの前方に乗っていたピーチのお姉さんの
声が響きました。

「飛行機の中を見て来ますので
少しの間おまちください」

それで冗談抜き、
まるで
漫画のように
そのピーチのお姉さんは
タラップをだだだだだ~っと
駆け上がり機上の人となりました。

みごとな駆け上がりっぷり、
迫力ありましたっ。

唖然

待たされた私たちは
「掃除でもしてるのかな」なんて
ささやいたり
「9400円」だから

腑に落ちたりと
ちょっと面白がっています。

やっと飛行機の中へ。
機内は灯りがとっても明るい。
まるでよどばしカメラの店内のようです。
これは驚きました。
飛行中も、最後まで灯りが暗くなることは
なく、天井からミストがふってきます。

ピーチは手荷物を預けるごとに1000円加算され
ます。
そのせいでしょう、持ち込みギリギリのやたら大きな荷物を
みんな持ち込んできています。
ピーチのお姉さんはタイトスカートなのですが
椅子の横に足を乗せて
離陸前は殆どの時間大きな荷物を天井の戸棚に押し詰めています。
よっこらよっこらと沖仲仕のようです。
次から次に
椅子の横に足を乗せての力仕事です。
むき出しの踏ん張る足がすごい!

ズボンの方がいいよ、と私は心配しながら見守ります。
あんなに力仕事をする客室乗務員は見たことありません。

機内は真っ白に近いほど明るくミストは降り続きます。
ちょっと狭いかもですが、
9400円にしてはとても快適です。

ときおり「ごみはありませんか」とピーチのお姉さんが
ゴミ収集にやってきます。


到着したらすぐ離陸ですから、
なにもかも時間内にやっちゃう。

誰も車内販売の飲み物を買いません。

だって、少しでも安くとの思いが無駄になります。

それでいいのだとバカボンパパの気持になる私です。

だってお盆の時期に9400円ですもの。
だって飛行時間1時間ですもの。

ちゃんとお手洗いもありますし・・・。
乗客がやんちゃということもありませんし・・・。


ピーチのような格安航空がふえることに
大賛成になっちゃう私です。

          というか、高すぎですぅJALさんANAさん。


ピーチ2012年08月14日_DSC_0468



                                        で、福岡に行きました トサ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
13
 
8月13日8:40北大路駅もくもく号出発→10:00志明院→12:00上賀茂神社
     →13:10大徳寺 1///→15:40宇治上神社 /
8月14日11:00奈良十輪院→12:30仏教美術資料センター→13:40東大寺 



東大寺南大門2012年08月14日_DSC_0397
                                        東大寺 南大門

住所  奈良県奈良市雑司町406-1
電話  0742-22-5511
交通  奈良交通市内循環バス外回り系統
「大仏殿春日大社前」下車、徒歩5分
山号  なし 
宗派  華厳宗
創建年 8世紀前半
開基  聖武天皇
本尊  盧舎那仏(国宝)
別称  金光明四天王護国之寺

*拝観料 各堂宇¥500
*友の会あり
公式ホームページ
 キッズホームページ



東大寺仁王門2012年08月14日_DSC_0399
                                          南大門天井




東大寺仁王門2012年08月14日_DSC_0408




東大寺南大門 仁王像2012年08月14日_DSC_0409
                                南大門 木造金剛力士像吽形



雨がやんだと思って気を抜くと
いきなり土砂降り。
ため息です。
そのうえ、
東大寺友の会の会員証を忘れたことに
気がついて、
ホトホトだめだね~と気落ちしながら
くぐる南大門。

東大寺を拝観するのは30回以上でしょうか。



東大寺南大門石造獅子2012年08月14日_DSC_0416
                 石造獅子像 鎌倉時代作



東大寺仁王門石像012年08月14日_DSC_0415



運慶快慶作の金剛力士像は人気ですがその裏
(南大門北側)に安置された東西1対の
石造獅子(←詳細はクリック)を熱心に見る人はまずいません。

お獅子は素敵なネクレスをつけたおしゃれな
お像です。


東大寺南大門 石造獅子2012年01月09日_DSC_0536東大寺南大門狛犬


会員証を忘れた私。


東大寺鏡池2012年08月14日_DSC_0418
                                      鏡池 中門 大仏殿



拝観は無料の、

大仏殿
戒壇堂
法華堂
ミュージアム
二月堂
三昧堂

の二堂宇ということに。


東大寺2012年08月14日_DSC_0420
                                     上院(注1)への石段

 


東大寺2012年08月14日_DSC_0424
                                        二月堂への石段



石段にはところどころ文様が線刻されており
それをひとつひとつ見るのも楽しみの
一つです。


東大寺二月堂石段 青海波文様2010年04月04日_DSC_1213
       2010年04月04日撮影 二月堂石段(C)poco

↑下方より
    青海波文様
    亀甲文様
    唐草文様



東大寺二月堂石段 桧垣文様2012年08月14日_DSC_0430
                                 桧垣文様あるいは網代文様

これらの文様のほかにも
「ますかけ」といわれるリボンシトロンちゃん
のリボン様の線刻もあります。



東大寺二月堂2012年08月14日_DSC_0444
                                        二月堂手水舎


この二月堂の横にある手水舎(←詳細はクリック)は
威風堂々としており
天井には方位盤が設えられ、
蛙股は、
初代別当良弁の生い立ちを物語にした
細工物です。(注2)
彫師は浪花の相野徳兵衛直信です。



東大寺 二月堂前の手水舎 天井
                   2010年01月11日撮影 二月堂手水舎 天井(C)poco




東大寺二月堂前 手水舎
                   2010年01月11日撮影 二月堂手水舎 蛙股(C)poco




二月堂2012年08月14日_DSC_0445



二月堂は本来は観音堂といわれて
絶対秘仏として厨子に安置されている
観音様がご本尊です。
お前立もないこの二月堂は
ここからの眺めを楽しむために
多くの人が訪れます。
が、
早朝には外陣にて手をあわせて
いっしんに経文を唱えている
おばあちゃんなどをよくみかけます。
篤い信仰の場所といえます。




東大寺二月堂2012年08月14日_DSC_0434



二月堂の扁額の隣には
木彫りの神酒口(みきのくち)が
納めてあります。
こういうところに神酒口って
ちょっと面白いでしょ。



東大寺二月堂2012年08月14日_DSC_0442




東大寺2012年08月14日_DSC_0433




東大寺二月堂2012年08月14日_DSC_0446
                                              二月堂


↑この写真はどこから撮ったかといいますと
三昧堂の側面の広縁です。

実は三昧堂にも行きましたが、
足がずぶぬれでとてもお堂内に入れたものでは
ありません。



東大寺三昧堂(四月堂)IMG_0001_NEW_0004
                   三昧堂 本尊千手観音立像


堂守さんに「どうぞどうぞ」と勧められましたが
さすがに遠慮して外よりの拝観です。





東大寺 奈良太郎エリア2012年08月14日_DSC_0451
                                     奈良太郎より念仏堂


雨は二月堂内にいたときはやんだというのに
おりた途端に強風をともなった雨。

仕方なく奈良太郎(鐘楼)の中で雨宿りです。(注3)



東大寺上院エリア2012年08月14日_DSC_0453
                                     奈良太郎より俊乗堂



「驟雨」、とは
このような雨のことを
いうんだろうなあと
奈良にきて
仏教美術資料センターに来て
東大寺に来て
奈良太郎の下で
つくづく思う私です。

                                   この後の予定
                                   関空から格安航空のピーチ搭乗です。
                                   でも関空行きリムジンは運行しているかしら?
                                   ピーチは大丈夫かしら?
                                   不安

en1参考en1
                                  
<注1:上院>
東大寺の前身の金鐘寺があった丘陵地帯。
二月堂、法華堂、三昧堂がある。

<注2:良弁物語>
初代別当の良弁は赤子のころ、鷲にさらわれ
大杉に吊るされた。それにきがついた
義淵上人が連れて帰り育てる。
30年後、良弁は母親と涙の再会を果たす。
この様子が手水の蛙股にあらわされている。
2010年04月04日_DSC_1219
                                     二月堂手水舎 蛙股
<注3:奈良太郎>
東大寺の梵鐘のこと。重量26.3t。
平等院(京都)、三井寺(滋賀)と並び
日本三名鐘の一つ。
「奈良太郎」とも呼ばれる。
東大寺 奈良太郎
                                     東大寺鐘楼(C)poco
en1  en1

原色の街・驟雨 (新潮文庫)原色の街・驟雨 (新潮文庫)
(1965/10)
吉行 淳之介

商品詳細を見る


en1  en1

石造獅子像
三昧堂
二月堂手水舎
神酒口

en1  en1
2012年魔夏の京都・奈良神社仏閣見仏記
8月13日8:40北大路駅もくもく号出発→10:00志明院→12:00上賀茂神社
     →13:10大徳寺 1///→15:40宇治上神社 /
8月14日11:00奈良十輪院→12:30仏教美術資料センター→13:40東大寺 



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
11
 
奈良市内循環バスの車窓から気になって
仕方がなかった和洋折衷の愛らしい建物。
やっと時間をつくり訪れたのは
2010年4月の春爛漫。

2010年04月04日_DSC_1285奈良国立博物館仏教美術資料研究センター
                                       2010年04月04日

なんと、そこは工事中。
工事の覆いからみえる建物は車窓から
眺めていたとおり明治の雰囲気を漂わせる
建物。
そして枝垂れ桜の美しいこと。

わかったことは、
ここは
「奈良国立博物館仏教美術資料研究センター 」。


さて、2012年8月の魔夏。

凄みの十輪院をあとにし
奈良町を歩き、いざ目的の仏教美術資料研究センターへ。
歩く歩く。


奈良町からながめる奈良ホテル2012年08月14日_DSC_0373
                              奈良町からながめる奈良ホテル

が、暑さに喘ぐ。
ソフトクリームを食べる。
喘ぐ、かき氷を食べる。

2012年08月14日_DSC_0371


おなかを下す。
喘ぐ。

これほど小休止およびお手洗いを利用した
見仏はない!


そのうえいきなりの豪雨!

2012年08月14日_DSC_0374


泣き面に蜂、
くだしっ腹に雨である。

などと言っているうちに
奈良国立博物館仏教美術資料研究センター に
到着。



ア!

なんとクローズ。
そして
土砂降り。



奈良国立博物館仏教美術資料研究センター2012年08月14日_DSC_0384


鉄柵にレンズを入れてカシャ。



仏教美術資料研究センター2012年08月14日_DSC_0386
                        奈良国立博物館仏教美術資料研究センター




奈良国立博物館仏教美術資料研究センター2012年08月14日_DSC_0393

檻の中をグルグル歩くに非ず。
檻の外をグルグル歩く私。

いい建物ですね。
意匠が楽しい。

とてもリズミカルで
いろいろな国の音楽が
奏でられているような建物といえば
わかりやすいでしょうか。

蛙股も音楽記号のようです。



奈良国立博物館仏教美術資料研究センター2012年08月14日_DSC_0392


仏教美術資料研究センター2012年08月14日_DSC_0382



奈良国立博物館仏教美術資料研究センター2012年08月14日_DSC_0395
                                        蛙股


  建物は、明治35年(1902)竣工、同年奈良県物産陳列所として開館。
  県下の殖産興業と物産の展示販売をおこなう施設として利用されました。

  設計者は、建築史学者で当時奈良県技師として古社寺保存修理事業に
  尽力した関野貞(せきのただし)(1867-1935)。

  木造桟瓦葺(さんがわらぶき)で、小屋組(こやぐみ)や壁などに
  西洋建築の技術をとりいれつつ、外観は和風を基調としています。

  正面に唐破風造(からはふづくり)の
  車寄(くるまよせ)をつけた入母屋造(いりもやづくり)の
  中央楼(ちゅうおうろう)から、東西に翼部(よくぶ)を延ばし、
  その先に宝形造(ほうぎょうづくり)の楼(ろう)をおいており、
  その左右対称の優美な姿は、宇治の平等院鳳凰堂を彷彿させます。

  細部に割束(わりづか)、蟇股(かえるまた)、虹梁(こうりょう)、
  舟肘木(ふなひじき)など、飛鳥時代から鎌倉時代にかけての伝統的な
  建築様式を取り入れる一方、
  窓にはイスラム風の意匠もみられます。

  構造・意匠に東西の要素を巧みに取り入れた明治中期を代表する
  近代和風建築として高く評価されています。


      *上記一文に関しては仏教美術資料研究センターウエブ
       を完全引用していることを明記します*

残念ながら入館できませんでしたが、
ウェブの写真で見るかぎりでは
外観に似合ったお洒落な内装です。

またの楽しみに観覧はお預けです。

                    さて、土砂降りの中、東大寺へ向かいます。

en1  en1

開館日:毎週水・金曜日
(ただし、祝日・休日、12月26日から翌年1月4日までは休館)
時間:午前9時30分~午後4時30分(複写は午後4時まで)
観覧料金:一般500円 学生250円
交通:近鉄奈良駅から市内循環バス外回り(2番)
    「氷室神社・国立博物館」バス停下車すぐ
     奈良博裏手
公開資料(平成23年4月現在)
  図書 約67,000冊
  雑誌 約3,000タイトル
  展覧会カタログ 約10,000冊
  写真 約128,000枚
公式ホームページ

en1  en1

2012年魔夏の京都・奈良神社仏閣見仏記
8月13日8:40北大路駅もくもく号出発→10:00志明院→12:00上賀茂神社
     →13:10大徳寺 1///→15:40宇治上神社 /
8月14日11:00奈良十輪院→12:30仏教美術資料センター→13:40東大寺 




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
09
 
2

第3回市松抱き人形 山崎明咲展

会期:9月20日~9月26日
会場:京王百貨店 新宿店6階 美術・工芸サロン
         *最終日 午後4時にて閉場

福福童子50体がお待ちしています

山崎明咲のブログ


lf002  lf002  lf002

若い人が頑張っている。
そのうえ、質が高い。
白マム印は無条件に応援します。

地の利のよい場所での個展です。
多くの方が足を運んでくださればと
思っています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
06
 
8月13日8:40北大路駅もくもく号出発→10:00志明院→12:00上賀茂神社
     →13:10大徳寺 1///→15:40宇治上神社 /
8月14日11:00奈良十輪院→12:30仏教美術資料センター→13:40東大寺 



十輪院2012年08月14日_DSC_0364
国宝 本堂(礼堂)鎌倉時代前期作


住所  奈良県奈良市十輪院町27
電話  0742-26-6635
交通  近鉄奈良駅より奈良交通バス(天理駅行)
      「福智院町」下車、徒歩5分

山号  雨宝山 
宗派  真言宗醍醐派
創建年 伝 1283年(弘安6年)
開基  伝 朝野魚養(あさのなかい)(注1)
本尊  地蔵菩薩

*本堂 国宝 鎌倉時代
*拝観料 ¥400
*毎週月曜日(祝日の時は、翌火曜日)は閉門日
公式ホームページ

*見どころ 石仏龕(せきぶつがん)・本堂蛙股


十輪院2012年08月14日_DSC_0354


古い奈良の町並が残る奈良町の静かな一角に
十輪院は佇んでいます。
かつては興福寺や東大寺などと並び、南都七大寺と
称されていた元興寺の別院です。

本堂は本尊の地蔵菩薩を納める石仏龕(せきぶつがん)
のための礼堂(らいどう)として建てられたもので、
鎌倉時代を代表する建造物の一つとして国宝に指定されいます。
寺院の本堂建築としては珍しい、住宅風の意匠を持ち
正面には蔀戸(しとみど)を設けた美しい建物です。


十輪院2012年08月14日_DSC_0362


また、広くはない境内は整えられており
とても気持のよい空間がつくられています。


十輪院2012年08月14日_DSC_0352


著名なドイツの建築家ブルーノ・タウトは、
著作『忘れられた日本』の中で、

「一般に外国人は、官庁発行の案内書やベデカーなどに
賞賛せられているような事物に、東洋文化の源泉を求めようとする。
しかし奈良に来たら、まず小規模ではあるが非常に古い簡素優美な
十輪院を訪ねて静かにその美を観照し、
また近傍の素朴な街路などを心ゆくまで味わうがよい。」


と述べています。
フランクロイドライトあたりも
この小さな寺院の本堂をみたのではないでしょうか。
そのような感じをうける寺院です。


十輪院2012年08月14日_DSC_0344


境内のあちらこちらに石仏や石塔が姿をみせています。

2012年08月14日_DSC_0334
不動明王石像 鎌倉時代



十輪院2012年08月14日_DSC_0341
十三重石塔 鎌倉時代



十輪院2012年08月14日_DSC_0342 十輪院2012年08月14日_DSC_0340

愛染曼荼羅石 <鎌倉時代>2012年08月14日_DSC_0338 十輪院手水012年08月14日_DSC_0332
左・伊勢大明神 右・春日大明神


蓮池の周囲にはこの他に
藤原時代の合掌観音や、興福寺曼荼羅石が
安置され、
護摩堂、御影堂がたてられています。

十輪院愛染曼荼羅石 <鎌倉時代>2012年08月14日_DSC_0336
愛染曼荼羅石 鎌倉時代


十輪院2012年08月14日_DSC_0358
魚養塚(うおかいづか)
十輪院の開基「朝野宿禰魚養(あさのすくねなかい)の墳墓


さて、本堂(礼堂)にもどりましょう。
十輪院本堂2012年08月14日_DSC_0325

外観からみてとれるように
寺院の本堂として低い建物です。
天井の高さは2.2メートル。
これはこの本堂が奥に祀られている石仏龕(せきぶつがん)の
礼拝堂として建てられたものだからです。

石仏龕(高さ2メートル)を見下すような威容を誇る
ことを避けたことによります。

礼拝堂の奥に覆堂(注2)がつづき
そこに石仏龕がおさめられています。


2十輪院012年08月14日_DSC_0330
扁額



十輪院2012年08月14日_DSC_0328
蛙股


華奢で繊細なくりぬきの蛙股です。
鎌倉前期のものです。
見られることを十分に意識しながら
建築構材としてもかねているものです。

  宇治上神社の蛙股は白壁に用いられています


さあ
礼堂(らいどう)にはいり
お地蔵さまにお会いしましょう。


十輪院 石仏龕(せきぶつがん)
十輪院 石仏龕(せきぶつがん)



肌が粟立つのを感じました。

花崗岩を組み合わせて作った石の厨子には
浮彫がその奥に地蔵菩薩。
そのかたわらに釈迦如来と弥勒菩薩。

そしてこの石仏龕の前には
畳半帖ほどの平たい、死者や棺を置く引導石。


十輪院石仏龕
十輪院石仏龕 平安後期作 高さ2メートル

引導石を見るのははじめてのことで、
畏怖の念がわき起こりました。


平安時代に彫られたもので、
覆堂に現在は祀られていますが、
造られた当初より
この場でずっと雨ざらしであったということです。


十輪院石仏龕
本尊 地蔵菩薩立像



十輪院石仏龕
釈迦如来立像

 

十輪院石仏龕
弥勒菩薩立像



この石仏龕は裏にいたるまで、
浮き彫り、先刻がほどこされています。

物凄い圧縮された密度の濃い空間が展開していると
いっていいと思います。

荘厳 につきます。



私はこの十輪院の石仏龕のことは以前より知っては
いました。
何度もこの寺院の前は通っていましたが
素通りです。

お恥ずかしいことだと、反省至極です。

やれ脱活乾漆像だ、一木造りだと、その方にばかり
目を見やって、仏像好きなどと、笑止千万でした。



十輪院2012年08月14日_DSC_0363






無口になってしまいました。


  
十輪院

en1  en1

参考

<注1:朝野魚養(あさのなかい)> 
右大臣吉備真備の長男・朝野宿禰魚養(あさのすくね なかい)
吉備真備が唐に留学した際に出来た子といわれています。
魚の助けによって日本まで泳いできたともこと。
吉備真備は奈良時代の学者であり政治家ですが、
ボストン美術館展で「海を渡った二大絵巻」の
吉備大臣入唐絵巻で有名です。

<注2:覆堂>
石仏龕をほごするために、覆い、お堂としたもの。
十輪院覆堂2012年08月14日_DSC_0359
覆堂 外観 前方は本堂(礼拝堂)

en1  en1

忘れられた日本 (中公文庫)忘れられた日本 (中公文庫)
(2007/06)
ブルーノ タウト

商品詳細を見る


en1  en1

十輪院さんは布教活動に力をいれておいでです。
東向商店街の中には「みんなのお寺」を開設して
いらっしゃいます。
また寺院のあり方などの提言などおおく
傾聴するに値ありです。
公式ウエブをごらんください。

en1  en1
近辺情報

徒歩10分 元興寺
元興寺2012年08月14日_DSC_0368

その他
福智院 (徒歩5分)、今西書院(徒歩5分)

en1  en1

2012年魔夏の京都・奈良神社仏閣見仏記
8月13日8:40北大路駅もくもく号出発→10:00志明院→12:00上賀茂神社
     →13:10大徳寺 1///→15:40宇治上神社 /
8月14日11:00奈良十輪院→12:30仏教美術資料センター→13:40東大寺 



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
04
 
目つきが悪くて
頭から背中に剛毛が生えていて
爪がとがっている、


兎さん。


宇治神社2012年08月13日_DSC_0310
宇治神社2012年08月13日



2012年08月13日_DSC_0311



めっちゃ すばしっこそう。


2012年08月13日_DSC_0312


そんな宇治神社の兎さん手水です。



en1  en1 

参考

滋賀 三尾神社手水舎
滋賀 三尾神社手水舎(C)poco


可哀想に何故か檻にいれられている
滋賀県大津市圓城寺町の
三尾神社の兎さん。  詳細 


en1  en1 

宇治市のマンホール

2012年08月13日_DSC_0306


en1  en1 

2012年魔夏の京都・奈良神社仏閣見仏記
8月13日8:40北大路駅もくもく号出発→10:00志明院→12:00上賀茂神社
     →13:10大徳寺 1///→15:40宇治上神社 /
8月14日11:00奈良十輪院→12:30仏教美術資料センター→13:40東大寺 




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
01
 
8月13日8:40北大路駅もくもく号出発→10:00志明院→12:00上賀茂神社
     →13:10大徳寺 1///→15:40宇治上神社 /
8月14日11:00奈良十輪院→12:30仏教美術資料センター→13:40東大寺 



宇治上神社2012年08月13日_DSC_0245



住所    京都府宇治市宇治山田59
電話    0774-21-4634 ‎
交通    京阪宇治線 宇治駅下車徒歩10分

御祭神   応神天皇
       菟道稚郎子命
       仁徳天皇
創建    不詳
建築様式  一間社流造り

*本殿は日本最古の神社建築
*拝殿、本殿ともに国宝
*本殿蛙股 藤原時代三名蛙股
*平等院の鎮守社
*拝観料無し
*公式ホームページ無し

宇治上神社2012年08月13日_DSC_0299

宇治というと、
平等院
宇治神社
三室戸寺
萬福寺

ということになるでしょう。
が、
この宇治上神社は小さいながら
本殿は神社建築の最古のものです。

この地の産土神であり平等院の
鎮守社でもあります。

2012年08月13日_DSC_0298




宇治上神社2012年08月13日_DSC_0295
拝殿(国宝)と清め砂


上賀茂神社同様の「立砂」、当神社では
「清め砂」が神の憑代(よりしろ)として
盛られています。


宇治上神社拝殿屋根2012年08月13日_DSC_0255


屋根の美しさが目をひく住宅風の拝殿は
鎌倉期に建てられたものです。



2012年08月13日_DSC_0250
拝殿 蛙股



宇治上神社拝殿2012年08月13日_DSC_0291


鬱蒼とした緑が背後に迫ります。
その緑の色が多種で、古くからの手つかずの
自然の中に静かにたたずむ趣が神さびて
います。


拝殿の裏手にまわると幅の広い急な石段があり
多くの神社が本殿に近づくことを禁じているのに対して、
ここでは本殿に間近まで寄ることができます。


宇治上神社本殿2012年08月13日_DSC_0286
本殿 (覆屋に本殿が保護されています)

この覆屋の中に内殿が三社あり、三神が祀られています。


宇治上神社本殿2012年08月13日_DSC_0268

本殿を保護するために覆屋がかかるのはさほど
珍しいことではありません。
が、
この宇治上神社の覆屋は本殿のなかの
左殿右殿は屋根や壁が一体化しています。


お行儀が悪いですが、
覗いてみましょう。

こちら中央は
2012年08月13日_DSC_0269

応神天皇が祀られています。


右端に菟道稚郎子命(うじのわきいらつこ)が祀られています。
この皇子のお名前から宇治とこの地が名付けられています。

宇治上神社本殿蛙股

この↑社殿の蛙股が「藤原時代三大蛙股」
として建築史上とても有名です。

蛙股好きの私はこの蛙股をしかと見たく
この地を訪れたのです。

この蛙股が
・神社建築に取り入れられた初のもの。
・輪郭だけのくりぬき式。
・平等院鳳凰堂のものに似ている(私自身未確認)。
・構造上の役割から装飾的役割へ変わった例。
等で
注目されています。

  脱線しますが、くりぬき式で美しいのは
  十輪院の項で披露しますが十輪院本堂の蛙股
  でしょう。


本殿右隣には

宇治上神社 社跡2012年08月13日_DSC_0271

古いお社の跡の「社跡」の標石。
上の小石は、願掛けをして積まれたものです。

その隣には
春日神社
住吉社
香椎社

が祀られています。


宇治上神社2012年08月13日_DSC_0279
春日神社                             住吉社   香椎社


宇治上神社2012年08月13日_DSC_0277
春日神社蛙股


本殿左手には
厳島社
武本稲荷社。


宇治上神社 厳島社
厳島社


宇治上神社 武本稲荷社
武本稲荷社


境内には、宇治七名水の一つ「桐原水」が今も湧き出ていますが、
残念ながら飲むことはできません。



宇治上神社 うさぎのおみくじ
うさぎのおみくじ


現在、うじは宇治と書きますが、
かつては、うさぎのみち、「菟道」と書いて
うじと読んでいました。(注4)


宇治上神社 2012年08月13日_DSC_0246


本当に小さな神社ですが、
神さびているということでは第一級の神社です。
この神社、奈良に欲しいなあ・・・。


宇治上神社

en1  en1
参考

<注1:神社建築の最古>
神社建築は、伊勢神宮の遷宮で知られるように建替えて、
常に新しい神様の住まいを提供してきました。
建替えることにより、その様式と技術を伝承しているといえます。
もっともふるい神社建築は建築材料の木材を測定した結果、
鎌倉期のこの本殿なのです。

<注2:覆屋>
img7550b9a7zik0zj 円成寺
posted by(C)poco
奈良 円成寺境内の宇賀神殿覆屋
詳細はコチラ

<注3:藤原時代三名蛙股>
宇治上神社本殿
上醍醐寺薬師堂
中尊寺金色堂

蛙股(かえるまた)とは
蛙が足を広げて踏ん張る形をした建築構造材。
梁の上に設けられ、二等辺三角形の頂点にかかる
天井の重みを左右に分散させる役目がある。
建築技術が向上し、装飾性が強くなる。
 装飾性が強い例  東照宮の左甚五郎作の眠り猫
日光東照宮 左甚五郎眠り猫
posted by(C)poco

<注4:菟道>
この菟道は、ご祭神の菟道稚郎子命(うじのわきいらつこ)のこと。
この皇子は応神天皇の皇子ですが、異母兄に
皇位をゆずるために自ら命をたち、兄が16代・仁徳天皇となりました。

源氏物語、宇治十帖の八宮(はちのみや)のモデルとも言われています。
この宇治上神社と宇治神社は菟道稚郎子命の邸宅跡と考えられ、
皇子が亡くなった後、霊を祀ったのが両神社といわれています。

en1  en1

2012年魔夏の京都・奈良神社仏閣見仏記
8月13日8:40北大路駅もくもく号出発→10:00志明院→12:00上賀茂神社
     →13:10大徳寺 1///→15:40宇治上神社 /
8月14日11:00奈良十輪院→12:30仏教美術資料センター→13:40東大寺 




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday