白マム印 日本のこと日本のもの

 
30
 
前回

2012年01月09日_DSC_0426長岳寺地蔵院
          posted by(C)poco  1630年 旧地蔵院(現在 庫裏)
                       室町時代の書院造りの様式を残しています

<高野山真言宗 長 岳 寺>

山号  釜の口山(かまのくちさん)
宗派  高野山真言宗
創建年 伝・天長元年(824年)
開基  伝・空海、淳和天皇(勅願)
本尊  阿弥陀如来(重要文化財)
*関西花の寺25ヶ所第19番霊場
*大和北部八十八ヶ所霊場 第80番

住所  奈良県天理市柳本町508
電話  0743-66-1051
交通  JR桜井線柳本駅下車、東へ徒歩20分
オフィシャルサイト



2012年01月09日_DSC_0427
                                    posted by(C)poco

1630年に建てられた旧地蔵院(現在 庫裏)は
室町時代の書院造りの様式を残しています 。



2012年01月09日_DSC_0413
                                    posted by(C)poco

どこをみても
優美な意匠です。



2012年01月09日_DSC_0418長岳寺
                                    posted by(C)poco





2012年01月09日_DSC_0411長岳寺 宝来 絵絹

真言宗らしく宝来(絵絹・干支紙)が飾ってあります。




2012年01月09日_DSC_0416
                                    posted by(C)poco





2012年01月09日_DSC_0412長岳寺
                                    posted by(C)poco

この廊下の向こうには
この地蔵院のご本尊、普賢菩薩様がおいでの
延命殿があります。


2012年01月09日_DSC_0415
                      posted by(C)poco
                                           次は延命殿→

en1  en1

<宝来(絵絹・干支紙)とは>
高野山真言宗のお寺さんのいたるところで
見られるものです。
高野山では稲を育てることができないので注連縄のかわりに
飾られたのがはじまりです。
年頭に、その年の干支や、縁起のいい文字をかたどって
切り絵にし家門繁栄無事息災を祈祷して、幸せを祝福
するものだそうです。
この高野山には稲作がおこなわれてないためにしめ縄の
かわりとしたとのこと。

<あまり知られていないけれど素晴らしいお仏像をお持ちの寺院>
守山市福林寺/大津市盛安寺/東大寺三昧堂/高野山光台院/王寺融念寺/
備考/岡崎市瀧山寺/三井寺微妙寺/雷山千如寺大悲王院/宝菩提院願徳寺/
山の辺長岳寺 1



スポンサーサイト
 
28
 
2012年01月09日長岳寺 鐘楼門
posted by(C)poco 日本最古の鐘楼門、弘法大師当寺創建当初の唯一の建物です
            上層に鐘を吊った遺構があるので鐘楼門 といいます

<高野山真言宗 長 岳 寺>

山号  釜の口山(かまのくちさん)
宗派  高野山真言宗
創建年 伝・天長元年(824年)
開基  伝・空海、淳和天皇(勅願)
本尊  阿弥陀如来(重要文化財)
*関西花の寺25ヶ所第19番霊場
*大和北部八十八ヶ所霊場 第80番

住所  奈良県天理市柳本町508
電話  0743-66-1051
交通  JR桜井線柳本駅下車、東へ徒歩20分
オフィシャルサイト


最古の玉眼の阿弥陀三尊がおられると
山辺の長岳寺は
あまり知られてはいませんが
その風光明媚な環境、
お寺の佇まい
そしてお仏像
この三つがどれも素晴らしいお寺さんです。

柳本駅から20分ほど歩きますが
野趣豊かで飽きることがありません。


2012年01月09日_DSC_0380
                       posted by(C)poco  崇神天皇ご陵

この周辺には
三角縁神獣鏡が出土した黒塚古墳や
崇神天皇陵、そのほかたくさんの墳墓が
あります。

柳本のバス停の背に見える森を指して
通りすがりの男性に「古墳ですか?」
と訊くと
憮然とした面持ちで

「ご陵さん」と一言返されました。


長岳寺 2012年01月09日_DSC_0488
                                     posted by(C)poco




2012年01月09日_DSC_0382
                                     posted by (C)poco




2012年01月09日_DSC_0381
                                     posted by (C)poco




2012年01月09日_DSC_0401
                                     posted by (C)poco




2012年01月09日_DSC_0383
                                     posted by(C)poco




2012年01月09日_DSC_0384
                                     posted by(C)poco




2012年01月09日_DSC_0386
                                     posted by(C)poco




2012年01月09日_DSC_0393長岳寺参道
                                     posted by(C)poco




2012年01月09日_DSC_0391
                                     posted by(C)poco


勧請縄です。
勧請縄は奈良や滋賀の山里によくみられるもので、
集落の入り口に魔よけとしてはられていたものです。




2012年01月09日_DSC_0395勧請縄
                                     posted by(C)poco




2012年01月09日_DSC_0397
                                     posted by(C)poco

この参道の両脇は春には五月がとても
きれいだそうです。


中門が見えてきました。


2012年01月09日_DSC_0399長岳寺中門
                                     posted by(C)poco

JR柳本より、15分ほどでしたが
道端の風景が鄙びて好ましく
うきうきとしたハイキング気分でした。




2012年01月09日_DSC_0427
                        長岳寺庫裏(旧地蔵院)posted by(C)poco



お堂を拝観するのがたのしみです。

                                       次 地蔵院 →


en1  en1

<あまり知られていないけれど素晴らしいお仏像をお持ちの寺院>
守山市福林寺/大津市盛安寺/東大寺三昧堂/高野山光台院/王寺融念寺/
備考/岡崎市瀧山寺/三井寺微妙寺/雷山千如寺大悲王院/宝菩提院願徳寺/
山の辺長岳寺 1/



 
22
 
前回 図録の紹介

この展覧会を一言であらわせば

たいしたものだ、
村上春樹とその仲間たち!


  村上春樹とイラストレーター
                      リーフレット 表


   ちひろ美術館(東京練馬区)
   8月7日まで
   入館料 800円
   カタログ 1800円

   アクセス
     JR中央線荻窪駅より
     西武バス石神井公園駅行き(荻14)
     「上井草駅入口」下車徒歩5分 地図
   オフィシャルサイト


ちひろ美術館 P7170380

新青梅街道沿いですが
とても静かな一角に岩崎ちひろさんの
美術館「ちひろ美術館」はありました。

炎天下のせいで、
10分以上は歩いたような気がしましたが、
バス停から 6、7分かな。


村上春樹とイラストレーター P7170381


ちひろ美術館は
思ってた以上に立派で
緑が多く、
親しみがもてるものでした。


風が
さやさや抜けるような美術館といえば
想像がつきやすいでしょうか。



ちひろ美術館 P7180521


館内を歩いていると
ここならば
村上さんはOKなさるだろうな、
展示を。

と思って
しまいました。

村上春樹とイラストレーターの展示は
1階の第2展示室と2階の第4展示室の
二部屋で行われていました。
その他の部屋では
ちひろさんの絵が展示され、
生前のちひろさんのアトリエも併設されています。

    


   ちひろさんの絵を見ていると
   私の母がちひろさんのファンだったことを
   思い出しました。
   母が描いてくれた絵はちひろさんの絵に
   似ていました。


村上春樹とイラストレーター P7170384

1階第4室へのアプローチ。


村上春樹とイラストレーター P7170389


第2室への階段の踊り場。



村上春樹とイラストレーター P7190556


これは羊をめぐる冒険の表紙です。

ここで、私は胸がじんわりと締め付けられました。
たしかに私は「羊をめぐる冒険」が好きですが、
なんなんだろう
この気持ち。
とっても意外でした。
もういちど羊をめぐる冒険を読んでみよう。

   そういえば、
   過日、手にしたオザワミカさんの絵のタイトルは

   「羊男」。

     オザワミカ P6032298
      オザワミカ 羊男



私の深層でなにが起こっているのやら。

   春樹さんと私は同世代です。
   春樹さんが国分寺でピーターキャットを
   営業されていた時、私は国分寺を
   ウロウロしていました。
   そういえば
   村上龍さんは福生をウロウロし
   あがた森魚の弟くんは
   玉川上水脇をギターを背負って
   ウロウロしていました。

ずっと
春樹本を手に取ってきた私たち年代には
感慨ふかい
村上春樹とイラストレーター 展 です。

本の内容とイラストがこれほど
合致している、それがすべてに
いきとどいている。

たいしたものだ、
村上春樹とその仲間たち!

そう思う展覧会です。


村上春樹とイラストレーター
                              羊男のクリスマス 佐々木マキ




村上春樹とイラストレーターOI000480
村上ラヂオ                      オーバーの中の子犬 大橋歩




村上春樹とイラストレーター
           ブルー・モンク        ブルーに生まれて    和田誠



村上春樹とイラストレーター
                         象工場のハッピーエンド   安西水丸



村上春樹とイラストレーター OI000479
                                 村上かるた   安西水丸


何度もいいますが
たいしたものだ、
村上春樹とその仲間たち!
です。

けれど
前回でものべましたが
一番見たかった
「安西水丸さんの中国行きのスロー・ボート」が
出展されていませんでした。

この絵を見たかった人がかなりいたのではと思っています。
春樹さん自身、この絵を好きだと断言されている。

なにか
春樹さんの思惑があるのでしょうか。

あの絵が
出ないのは不思議です。


238897461_624_v1469020219.jpg
                                                  カタログの帯

ちひろ美術館 P7180517 
                       こどものへや


ちひろ美術館 P7180519
                      図書室


ちひろ美術館 P7170393
                            カフェ

ちひろ美術館 P7170387


夏の昼下がりの外は
おすすめしません! 笑


ちひろ美術館 P7180522
                           ショップ

ショップには
春樹さん本や、イラストレーターさんらの
グッズが沢山売っています。

安西水丸さんのポストカードのかわいいこと。


安西水丸 グッズ P7230587
                                          ポストカード



安西水丸 グッズ P7230593
                                          クリアファイル



お勧めはカタログの
村上春樹とイラストレーター
です。


   
 村上春樹とイラストレーター ¥1800

村上春樹とイラストレーターの帯 IMG_20160719_0004
                                           本の帯

          村上春樹とイラストレーター IMG_20160719_0002
                       リーフレット 裏

このリーフレットを持参すると入館料が100円引きなります。↑
はて?どこにて手にいれたらよいのやら。
白マムは、ちひろ美術館いただいたのですが・・・・・・。



       

      
 

       




                村上春樹とイラストレーター展 /





             ic_fi16↓一人でも多くの方に見ていただきたい↓ic_fi16

         
 
19
 
                                     →次回 村上春樹…と ちひろ美術館

村上春樹とイラストレーター IMG_20160719_0003
                村上春樹とイラストレーター
                


村上春樹とイラストレーターの帯 IMG_20160719_0004
                                               帯


7月17日
「村上春樹とイラストレーター」を観に
ちひろ(いわさきちひろ)美術館へ。

佐々木マキ
安西水丸
和田誠
大橋歩

そして

春樹さんを満喫。



そのカタログです。


238896850_v1468917723.jpg


色がとってもきれいで
それだけでも嬉しくなります。


村上春樹とイラストレーター P7190555 村上春樹とイラストレーター P7190554

村上春樹とイラストレーター P7190552 村上春樹とイラストレーター P7190553


「村上春樹とイラストレーター」は
とても素敵な催しです。

でも
とてもとても残念なことに
一番みたかった
中国行きのスロウ・ボート の原画がありませんでした。

私はあの洋ナシの表紙をみて安西水丸さんを
好きになったのです。
カタログに載っているかなあと思って
ページを繰ると
小さく載っていました。


村上春樹とイラストレーター P7190536


「ない!」
という
不満は残るものの
とてもよいイラスト展であり
1ページたりともおろそかにできない
密度の濃い本です。





          



春樹ファンだった(過去形?)私ですが
このところちょっと一休み中です。

そろそろ起きあがりますか!




   


   




                村上春樹とイラストレーター展 /




 
16
 
238749543_v1468631454.jpg



又吉直樹さんの火花を読みました。


内容を簡単に言えば
お笑い芸人が育っていく過程での
「阿呆」さや「哲学」や「居心地の悪さ」
を先輩芸人と自分の生き様を通して
描いた青春小説。

でしょうか。

青春小説といっても
主役のひとりである
先輩芸人神谷の老成していること!
一見、40歳前後と思えるのだけど
24歳とは。

  苦労してはるんやね、と思わずつぶやく
  白マム。

単行本の57ページからはじまる
お鍋をはさんでの会話は
夢路いとし・喜味こいしの漫才
「ジンギスカン料理」が元ネタであり

54ページに
「子供の頃からテレビで見ていた大師匠の
訃報が報じられた」
というのは
2011年に亡くなった喜味こいしのことです。

これらを頭にいれると
この小説は
会話の面白さで、
聴衆をグイグイひっぱり笑わせた
いとし・こいしへのオマージュでも
あるのでしょうか?


わたくし自身がこの本で一番好きなシーンは
21ページの

「姉は無言で紙のピアノを懸命に弾き続けていた。」

ですね。
ここらあたりは又吉さん、、、
うまいなあと思わせます。
裕福ではない家の子が背負っているものが
的確にみえてくるシーンせす。


アマゾンのレビューを読むと

「”芸人”の作品にしては笑いが無かった」
というのには
笑わせてもらいました。

又吉さんは漫才のネタ帳を披露したのではないし
たしかにご自身の漫才師という立場を利用して
書かれた小説ではあるけど
又吉直樹として小説を発表されたのだから
「笑い」がないとして星2つにされても・・・・・・。

気の毒です。

漫才師の小説として
若い人が随分手に取ったようですが、
彼等のレビューは「面白くない」というのが
概ねです。

若い人はもっと活字を読んで
読み巧者になれとは言いませんが
思惟を深めてもらいたいと
アマゾンレビューを眺めて思った次第です。



さて
大ラストの神谷の行動には
賛否両論ですが

わたくしは
面白いと思っています。
純文、エンタメというくくり自体が
おかしな現象ですが
あえていえば
純文だって「びっくりなオチ」があって
いいじゃないか!です。

吉祥寺界隈が舞台の多くをしめて
いますから、中央沿線っ子には
嬉しいかぎりです。



   又吉さんは
   中学の時に太宰治の人間失格を 
   読んで衝撃を受けたと言っています。


太宰治の墓2010年03月14日_DSC_0414
            三鷹駅南口徒歩10分 禅林寺 (向かいは森鴎外の墓)


   「中学生の頃、太宰治の『人間失格』を読み衝撃を受けた。
   そこに書かれていた幼少期から少年期までの主人公大庭葉蔵の
   振る舞い方は自分自身が世界に向き合う時の方法
   そのものだったからである」

   上記のためか
   又吉さん自身は太宰治と比較されることが多いのだけど
   それは違うなあと思っています。
   なぜか?
   これに関してはまだうまく説明できません。
   
   考えがまとまったら、いずれ・・・・・・ということで。


  


   





 
 
 
15
 
2010年01月11日_DSC_1461
                                     薬師寺金堂

この龍宮造りの金堂は
奈良西ノ京の薬師寺です。


近づいてみましょう。


2010年01月11日_DSC_1463




もっと近づいてみましょう。


2010年01月11日_DSC_1462


不思議におもわれませんか?

お寺さんの金堂の上に
注連縄。


見物巡りをはじめてそう日が経っておらず
なにもわからなかったわたくしは
薬師寺のお坊様に訊ねました。

「お寺さんに注連縄は、おかしくありませんか?」


こたえは


「仏教は神さんにくらべて新参者なので
以前からいらっしゃる鎮守様の土地の上に
お寺を建てるのは申し訳ない事ですので、
仏様の上部に土地の神さまをお祀りしている。
仏様と神様のお二方を敬っています」


以来
わたくしも
神仏隔たりなく敬っています。


2007 6.3 奈良薬師寺講堂前





                             *2013年 薬師寺紀行1
                             *薬師寺2 休ヶ岡八幡宮・孫太郎稲荷大明神


 
12
 
前回の展示 竹生島観音立像                           次回9月 常楽寺

P7100347.jpg



開館時間:10:00~18:00
入場無料
休館日:月曜日
     年末年始12月29日~1月3日
アクセス:京成、京成上野駅徒歩1分
      JR/メトロ上野駅徒歩2分
      不忍の池畔、アパマンホテルの隣
電話:03‐6806‐0103
オフィシャルサイト


DSC_0315




6月より2ヶ月の予定でお出ましは、
川道町 尊住院 聖観音立像。


びわ湖長浜kannon house P7100343








びわ湖長浜kannon house P7100360
  平安時代・十二世紀  木造 古色 彫眼 像高・53.0㎝
   長浜市川道町 尊住院(そんじゅいん)蔵






びわ湖長浜kannon house P7100361








びわ湖長浜kannon house P7100345








びわ湖長浜kannon house P7100359








びわ湖長浜kannon house P7100358








びわ湖長浜kannon house P7100353


長浜は経済的には豊かな地方都市とは
いえない、と何度となく訪れている
私は思います。

しかし

緑豊かな田園が続き
すぐそこに山が、琵琶湖がある
風光明媚な土地です。

そして
なにより
里の人々が代々守り抜いた
信仰に培われた
お美しい観音様が
沢山おられます。

わたくしたちは
そのことを知らず、
ついつい
京都だ、奈良だ、高野山だと
足を運んでいます。

長浜のどなたが(観光課?)アイデアを
だされたのでしょうか。

まさに観音様のアンテナステーションです。

東京藝術大学美術館の
観音の里の祈りとくらし展しかり
観音の里めぐりしかり

素晴らしい試みだと思っています。


   *びわ湖長浜KANNON HOUSE




sp_l114


   


sp_l114

< 観音の里祈りとくらし展Ⅱ >
7月5日~8月7日
東京藝術大学大学美術館
*詳細は拙ブログ
観音の里祈りとくらし展 IMG_20160518_0003

< 東京藝術大学美術館 >
*総合案内はコチラをご覧ください。

< 現在募集中の観音里巡り >
*2016 観音の里巡りの詳細はコチラをご覧ください

<滋賀 湖北2016 白マムが巡った観音の里 >

  春コース
   ↓
  五先賢の館
   ↓
  大聖寺不動堂
   ↓
  浅井三姉妹の郷
   ↓
  南郷会館
   ↓
  醍醐寺
   ↓
  大吉寺

 初夏コース
   ↓
  蓮華寺 1/ 
   ↓
  松尾寺
   ↓
  醒井楼(昼食)
   ↓
  西山観音堂(初公開)
   ↓
  伊吹の見える美術館
   ↓
  日光寺(初公開)
   ↓
  青岸寺


 
11
 
238621303_624_v1468203827.jpg
                       伝千手観音立像 観音寺 平安時代


観音の里の祈りとくらし展のパートⅠは
地味でしたがとてもよい展覧会でした。

パートⅠを観たわたくしたちは
長浜の里の人々が
集落の観音様のお世話を代々受け継がれた
ことを知り深く感銘を受けたものです。

その展覧会が発火点となったのか
長浜市は、上野に
「びわ湖長浜KANNON HOUSE 」をオープン、
観音の里の祈りとくらし展Ⅱの開催と
矢継ぎ早に長浜のお仏像さまを
世にしらしめています。

それが
とても好評で
長浜好きの白マムにはとても
嬉しいことです。


< 観音の里の祈りとくらし展Ⅱ >

    東京藝術大学美術館
    7月5日~8月7日まで


観音の里の祈りとくらし展?
                 医王寺 十一面観音立像

↑これはクリアファイルですが、
入場者全員に配布されます。

パートⅠの時も確かいただいたと思います。
これはとても嬉しいサービスです。



さて
この本は5月の観音巡り時に
五先賢の館にて購入したものです。↓

観音の里の祈りとくらし展?IMG_20160711_0009


表紙の観音さまの
お美しお顔に魅せられて手に取りました。
このお仏像様は
鎌倉期の慶派の仏師の作に違いありません。

今回のパートⅡには、おでましになって
いるのであろうかと、
心がはやります。
しかし
会場をざっと歩いてもおいでではありませんでした。
が、
地味だけれど
とてもきれいな観音様がおいででした。
像高は43.9センチとお小さいながら
全身から気品が溢れておられます。
涼しげな眼。
ひきしまった口元。

ずっとその
十一面観音坐像の前で私は立ち止っていて
あ!
っと声をあげて、バッグから持参していたこの本を
とりだしました。

目の前の
観音様が、
私がおめもじしたかった
表紙の
知善院の十一面観音菩薩坐像様でした。

なぜわからなかったかといいますと
光背もなければ
お飾りの瓔珞(ようらく)もつけておられない
ご自身だけだったのです。
装身具を身に着けておいでにならないと
瞬時にはわからないとは
白マムはまだまだです。

でも
お綺麗な方とずっと立ち止っていたことでよしと
しましょう。

わたくしは
この知善院の十一面観音坐像が
今回の観音里展の中で一番お美しいと
思っています。

嬉しいことに
カタログにもこの観音様が1番にお出ましになります。

観音の里の祈りとくらし展?IMG_20160711_0010


↑カタログも光背と瓔珞をおつけですから
会場ですぐにおわかりにならないかもしれません。
間違いなく慶派のお作です。



観音の里の祈りとくらし展?IMG_20160711_0019
  伝千手観音立像 観音寺 平安時代

↑こちらは像高が2メートルもおありの
千手観音様です。
明るい中、真正面から見るお顔だと
わかりにくいのですが
このブログのトップの画像のお方です。

チケットにも載せられています。
↓ちょっと同じお方とはおもえないでしょ?


観音の里の祈りとくらし展?IMG_20160711_0007
チケット 伝千手観音立像 観音寺  




観音の里の祈りとくらし展 IMG_20160711_0027


斜め上より写真を撮ると威厳に満ちた
観音さまに見えます。

お仏像様は
陰影でとても様子がかわります。
下から見上げてもしかり
当然上からみても印象ががらりとかわります。



びわ湖に浮かぶ竹生島からは
弁財天様とKANNON HOUSEにおいでだった
聖観音立像さまがおでましです。


観音の里の祈りとくらし展?IMG_20160711_0011
                         宝厳寺 弁財天坐像 1557年 

弁財天さまは頭上に鳥居と宇賀神を
おのせになっています。


脱力系といいますか
おとぼけ感があるのがこちらです。↓

観音の里の祈りとくらし展? IMG_20160711_0024





観音の里の祈りとくらし展?IMG_20160711_0018
         浄光寺 十一面観音立像 室町時代


このような茫洋としたお仏像さまも
いいものですね。


こちらはクリアファイルに載っておいでの観音さまです。

観音の里の祈りとくらし展?IMG_20160711_0014
    医王寺 十一面観音立像 平安時代


クリアファイルではおすましですが
童女のような柔らかな笑みをたたえておいでです。


観音の里の祈りとくらし展?IMG_20160711_0013
安念寺 如来形立像(いも観音) 平安時代

この安念寺さんには10躯の朽損したお仏像様が
祀られています。

里の人々がお仏像様を守るために
川の底に沈めたり土中深くに埋めた
結果といわれています。


観音の里の祈りとくらし展? IMG_20160711_0025
 善隆寺(旧和蔵堂) 十一面観音立像 平安時代





観音の里の祈りとくらし展?IMG_20160711_0015
    善隆寺(旧和蔵堂)仏頭 平安時代





観音の里の祈りとくらし展? IMG_20160711_0026
  徳円寺 馬頭観音立像 鎌倉時代

↑おみ足をご覧ください。
まるでよくあるアニメの急ブレーキのような
馬頭観音様。


この展覧会を観て思ったのですが
長浜という限られた狭い区域で
バラエティに富んだ観音様がおいでだということです。
個性的といってよいでしょう。

最後に紹介する観音さまは
異形というとお叱りをうけると思うのですが
「ムカデの化身?」と思ったものです。


観音の里の祈りとくらし展? IMG_20160711_0022



まさか
千手千足観音立像観音菩薩さまとは!

観音の里の祈りとくらし展?IMG_20160711_0012
  正妙寺 千手千足観音立像 江戸時代



いかがでしたか?

いただいたクリアファイルの裏は

観音の里の祈りとくらし展?IMG_20160711_0008
                      クリアファイルの裏


緑ゆたかな里の風景です。

長浜の観音巡りに参加して
バスツアーで彼の地を訪れて
いますが、
本当に、このクリアファイルの裏の通りです。

里の方々が
お仏像さまを守っておられます。

皆さまも
ツアーに参加されませんか。


             *観音の里めぐりに参加している旨を書きましたが
              訪れた大吉寺および南郷会館のお仏像様も
              お目見えでした。







sp_l114


< 図録 >

  
びわ湖・長浜のホトケたちII      びわ湖・長浜のホトケたち

    


< 東京藝術大学美術館 >
*総合案内はコチラをご覧ください。

< 現在募集中の観音里巡り >
*2016 観音の里巡りの詳細はコチラをご覧ください

<滋賀 湖北2016 白マムが巡った観音の里 >

  春コース
   ↓
  五先賢の館
   ↓
  大聖寺不動堂
   ↓
  浅井三姉妹の郷
   ↓
  南郷会館
   ↓
  醍醐寺
   ↓
  大吉寺

 初夏コース
   ↓
  蓮華寺 1/ 
   ↓
  松尾寺
   ↓
  醒井楼(昼食)
   ↓
  西山観音堂(初公開)
   ↓
  伊吹の見える美術館
   ↓
  日光寺(初公開)
   ↓
  青岸寺


< びわ湖長浜KANNON HOUSE >

0606-1.png
           長浜市川道町 尊住院(そんじゅいん)蔵
お仏像一尊の展示です。
三か月に一回ほどで、お仏像さまが
かわります。

入場 無料

台東区上野2-14-27
上野の森ファーストビル1F
10:00~18:00
月曜休館
入場料無料
*JR上野不忍口 徒歩2分
  アパマンホテル隣




 
09
 
olympus オリンパス STYLUS TG-4 Tough 顕微鏡モード  しずくとヤブガラシ


又吉直樹さんの「火花」が出版されたのは昨年の3月。
(芥川賞受賞は7月)。

読もうと思ってPCで武蔵野図書館に予約したら
なんとこれがタイトルの759番、予約番号。
もう1年以上経つのにこの人気。

若冲展の大行列みたいな待ち順。

1年以上というのにこの数ということは、
その前から考えると
白マムが利用する図書館だけで
のべ1000人以上の人が食指を動かした、
動かしているということになる。

ということは
東京の図書館だけで10000人以上の人が
この本を買わずに読んだ、
あるいは読むことになる。

これを日本中の図書館とすると、、、
凄い数になります。

ベストセラー作家さんは別として
初版の部数は3000~5000と言われる昨今です。

そこで脳裏に浮かんだのは
小説家の万城目学さんです。
彼は再三図書館のシステムが小説家の
神経を逆なでることをツイッターで
呟いておられる。

私は万城目さんのファンですが
告白すると
「肝小さくない?」
と思ったものだ。

倹約して本を読まない人が、
図書館おかげで本を読む。

いいことじゃない(この私は倹約のため
図書館に通っている)。

読書のすそ野が広がるし。

図書館で「あなた」の本を読んで新たにファンが
できて、そしてその人は「あなた」の
本を自分の本棚におさめたいと思って
購入する可能性が大きいじゃないか。
それは「あなた」にとってプラスじゃないか。
と思ったものだった。

でもそれは過去形。
ここまで、無料読者が増えていることを知ると
万城目さんが図書館に対して異議申し立てする
気持ちがよ~くわかる。

図書館さん
「需要が多くてたくさんの利用者を待たせて
いるので、***の本をお持ちの方は
図書館に寄贈をしてください」
という告知はやめましょう。
これは、万城目さんが怒るのも当然です。

図書館さんは
そんなせこいことをせずに
ちゃんと買って蔵書をふやしましょう。
少しでも作家さんあるいは出版界を潤してあげてください。


かくいう私は
図書館で読んで気にいると
購入しています。



  


 
06
 
東京国立博物館 P7030327


7月3日(日曜日)の東京国立博物館の
暑かったこと。

噴水広場に人はまばらです。



伊東マンショ の肖像 P7030330







ほほえみの御仏 P7030319



< ほほえみの御仏 ― 二つの半跏思惟像 ― >

   東京国立博物館 、5室
   6月21日~7月10日(日)
   入場料 一般 1000円
   待ち時間 0分 (7月3日)
   手荷物検査あり
   カタログ300円


日韓国交正常化50周年記念に開催
されている特別展は
会期が20日という短いものです。

残り1週間です。


いつだったでしょうか。
2ヶ月ほど前だったと思うのですが
NHKの日曜美術館をみていますと

中宮寺の弥勒さんが
韓国国立中央博物館へお渡りになる
とのお知らせ。

ああ、
韓国に行きたい!

実はそう思いました。


その展示がそのまま上野にやってくるとは!



中宮寺の弥勒さん(半跏思惟像)は
中宮寺にて何度もおめもじしています。


中宮寺2014年02月10日_DSC_0372







中宮寺2014年02月10日_DSC_0374


中宮寺では
半跏思惟像の御前まで近づくことが
できます。

が、
お仏像が好きな私としては
背後からあるいは真横からみたいと
欲深です。

また
弥勒信仰が盛んであったという
韓国の弥勒さんにも
お会いしたい。

と、

胸踊りながら東博へやってまいりました。



東京国立博物館






238399670_v14676085981.jpg




本館特別5室には
弥勒さんお二方だけの展示です。

ほほえみの御仏 リーフレット IMG_20160704_0006
中宮寺蔵 (伝)如意輪観音 (=弥勒菩薩半跏思惟像)
                木造 飛鳥時代 7世紀




ほほえみの御仏展 IMG_20160704_0013


中宮時の弥勒さまは
聖徳太子の生母
穴穂部間人皇女(間人皇后)アナホベノハシヒト
と伝えられています。

    ↑こういう理由で中宮寺は法隆寺夢殿
      隣に建てられています。

木造ということもあるのでしょう。
全体からまろやかな優しさがにじむ
お仏像様といえます。

後頭部からお背なにかけて
「ツルツル」しておいで。
触ってみたいと不謹慎な思いがよぎります。

中宮寺での拝観では思ってもみなかったことです。

ツルツルなどと表現しましたが
厳かさをそこなうことなく
とても単純化されているといえます。


お叱りをうけるかもしれませんが
意外と
おみ足ががっしりとしておいでで
親近感をもってしまいました。




ほほえみの御仏展 IMG_20160704_0014
                                  光背






ほほえみの御仏 リーフレット IMG_20160704_0007
           韓国国宝78号 半跏思惟像 銅造
              三国時代・6世紀
              韓国国立中央博物館蔵




ほほえみの御仏展 IMG_20160704_0012


こちらの弥勒さんは韓国ではとても親しまれている
国宝のお仏像様です。

第一印象を言いますと

中宮寺の弥勒さんが「慈しみ深きお母さん」なら
韓国博物館よりおいでになった弥勒さんは
「活発できさくなお姉さん」。

伏し目がちだけども
「動」を感じます。

中宮寺さんの木造に対してこちらは
銅造ですが硬さはなく
冠や衣装、腕輪とかなり作り込まれており
見飽きません。


中宮寺の弥勒さんのおみ足を大きいと
いいましたが
実は
韓国の弥勒さんは「エラ」がはっておいでです。


ごめんなさい。



この韓国の国宝である弥勒さんをご覧に
なると、野中寺の銅造弥勒菩薩半跏思惟像を
脳裏に浮かべる方が多いのではないでしょうか。

121249988795716224094.jpg
大阪・野中寺 白鳳時代 天智天皇5年(666)

写真を取り出して観てみると
確かに姿かたちは同じですが
韓国国宝78号の半跏思惟像は
洗練されていると言わざるをえません。


参考までに日本における国宝第一号の
広隆寺の木造弥勒菩薩半跏像(宝冠弥勒)は
こちらです。

o0800118012732000810.jpg

↑やはりおきれいですね。
国宝第一号というのもむべなるかな。
最後の広隆寺拝観は7年前になりますか。
お会いしたくなってきましたっ。






ほほえみの御仏 リーフレット IMG_20160704_0005

韓国国立博物館
素敵な建物ですね。

一度行ってみたいものです。



                                             チケット
ほほえみの御仏 IMG_20160704_0001



                             *拙ブログ奈良斑鳩中宮寺
                             *拙ブログ法隆寺夢殿
                             *拙ブログ広隆寺
                             *韓国国立博物館オフィシャルサイト



sp_l114



< 伊東マンショの肖像 >

天正遣欧使節の伊東マンショの肖像画展示も10日までです。
本館7室。

伊東マンショ 肖像画




< 観音の里祈りとくらし展Ⅱ >
7月5日~8月7日
東京藝術大学大学美術館
*詳細は拙ブログ
観音の里祈りとくらし展 IMG_20160518_0003

ほほえみの御仏展は10日までですので、
東京藝術大学にて開催される
観音の里祈りとくらし展と共に
ご覧になればと思います。

そして

上野駅を通り越して
坂をくだり

びわ湖長浜KANNON HOUSE
にて休憩!

0606-1.png
           長浜市川道町 尊住院(そんじゅいん)蔵

台東区上野2-14-27
上野の森ファーストビル1F
10:00~18:00
月曜休館
入場料無料
*JR上野不忍口 徒歩2分
  アパマンホテル隣



プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday