白マム印 日本のこと日本のもの

 
10
 
パーマネント神喜劇
                         パーマネント神喜劇 万城目学



7月9日(日曜日)
NHKカルチャーセンター青山教室にておこなわれた
万城目学氏の講演会に出席してまいりました。


万城目学 IMG_1325


婆さん白マムは
浮くかしら と心配して席を見渡すと
意外や若い人より中高年が多い!

鴨川ホルモーが出版されたのは11年前なので
20歳だった人は31歳。
フム
それを考慮しても年齢層が高かった。

悟浄出立とっぴんぱらりの風太郎 の
影響だとしたら嬉しい限りです。

万城目さんは少年ファンタジー(ライトノベル)作家に位置づけ
されていて私から見ると
不当に評価が低いと思っています。


万城目学氏のサイン IMG_1326


万城目さんがお話になったことで
もっとも印象に残ったのは

「何度も何度も文章を考えなおす。
新しく書いたとこから読み直すのではなく
最初から読み直して書き直す」

ということです。


このことは
趣味で文章を書くことがある白マムにも
実は通じるので
そうせずにはいられないという
お気持ちがとってもわかります。

パーマネント神喜劇 表紙 中川学 IMG_1327


装画はとっぴんぱらりに続いて中川学さん。

万城目さんは表紙やタイトルで
内容がすぐわかるのは「イヤ」だそうで
表紙に「赤い鳥居」なんて
絶対描かないでくださいとお願いされた
そうです。

その表紙は

誰も「加齢臭漂いそうなおっさん」が神様とは
思いませんよね。
中川さん凄い!
それらしき注連縄があるも
その注連縄はハートにうねっている。
   ↓

パーマネント222

カバーの裏には
鳥居が。


パーマネント神喜劇

よくよく見れば
このマトリックス風紳士の影が鳥居を
うつしだしている!

鳥居イコール神様の象徴。

万城目さんを得て
中川学さんは絶好調です。

この講座の内容は9月に
NHKラジオ第2の「カルチャーラジオ」にて
放送されるそうです。





   

 

スポンサーサイト

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday