白マム印 日本のこと日本のもの

 
27
 
8月13日8:40北大路駅もくもく号出発→10:00志明院→12:00上賀茂神社
     →13:10大徳寺 1///→15:40宇治上神社 /
8月14日11:00奈良十輪院→12:30仏教美術資料センター→13:40東大寺 



大徳寺にある22の塔頭のうち常時拝観可能なのは
4塔頭です。

今回3塔頭拝観したのですがそのうちの撮影可能な
2塔頭をご披露いたします。

<瑞峯院>

大徳寺 瑞峯院(ずいほういん)
大徳寺 瑞峯院(ずいほういん)


キリシタン大名として名高い大友宗麟が自らの菩提寺として
創建したものです。

この瑞峯院庭は昭和の作庭家、重森三玲になるものとして
有名です。
私自身、三玲の庭見たさに炎天下の大徳寺へよろばいながら
まいった次第です。



瑞峯院



瑞峯院2012年08月13日_DSC_0170


きつい日差しをやっとしのぐことができてほっとし
気がゆるんでしまいました。
入ってすぐ右手に「東の壷庭」があります。
お恥ずかしいことにこのお庭があとで肝となることに気がつかず
ポイントをついた写真を撮っていませんが、
写真右手が立て蹲(つくばい)。
そしてその左手にみえるのがキリシタン灯籠です。



瑞峯院2012年08月13日_DSC_0185
方丈南庭 独坐庭

パンフレットによると

峨々たる蓬莱山の山岳から半島になり、大海に絶え間なく荒波に、
打ちよせもまれながら雄々と独坐している、大自然の活動をあらわしており
「独坐」とは、
中国の禅僧百丈禅師が、独坐大雄峰と呼唱された禅語からの引用だそうです。
その意味は
泰然自若として悠々と一人座禅を組む。雑念は一切消えそのことに没頭する。

ということです。

瑞峯院2012年08月13日_DSC_0184<



瑞峯院012年08月13日_DSC_0176

↑独坐庭の奥(西側)は静かな入江をあらわしています。



瑞峯院2012年08月13日_DSC_0183

方丈南の扁額
105代・後奈良天皇の宸筆。



瑞峯院2012年08月13日_DSC_0181
方丈北庭 閑眠庭 

この閑眠庭は「十字架の庭」ともいわれています。
そういわれても
わからない。知っててもわからない。
知らないともっとわからない。
というか、
気がつきません。

トップ画像から3枚目の
「東の壷庭」のキリシタン灯籠がここで
肝要なのです。

東の壷庭のキリシタン灯籠を背にこの北の閑眠庭を
ながめると、↓


瑞峯院閑眠庭 十字の謎
瑞峯院閑眠庭 十字架の謎


瑞峯院 キリシタン灯籠
東の壷庭のキリシタン灯籠


実は私自身、ブログを下書きしながら
画像に線をひいてやっと明確にわかりました。

大徳寺 瑞峯院 閑眠庭 十字架の庭
大徳寺 瑞峯院 閑眠庭 十字架の庭

この「閑眠庭」は「閑眠高臥して青山に対する」という禅語からきており
老齢にはいり心にかかる何事もなく、こだわり無く、しずかに眠り青山に対す。
修行をし尽くした後の悠々閑々とした境地をさすとのことです。


瑞峯院012年08月13日_DSC_0179





瑞峯院2012年08月13日_DSC_0189
東の壷庭

右手にあるのがキリシタン灯籠です。
あの灯籠を背にして閑眠庭をみると
重森三玲がきっと大友宗麟の気持を斟酌して
つくったであろう十字の石が浮き出てくるわけです。

私はこの瑞峯院のなかで小さな、
この「東の壷庭」が一番好きです。



瑞峯院012年08月13日_DSC_0174




瑞峯院2012年08月13日_DSC_0188
茶室 安勝軒



問題は茶室、餘慶庵(じょけいあん)の西庭の露地です。

瑞峯院2012年08月13日_DSC_0177
餘慶庵 露地

素敵でしょ?
悪くはないとおもいます。
ところが、なにかひっかかりませんか?

瑞峯院2012年08月13日_DSC_0178

再度言います。
素敵でしょ?

私は、素敵だけどアレレとずっとひっかかるものがあって
ブログを下書きしながらネット検索をし続けたら
なんと三玲のお孫さんの千青さんのウェブに行きつきました。

そこにはこの西庭の露地に関して痛烈な記述がありました。
この西庭は三玲の作ではなく
三玲の作を解体して作りかえられたとのことです。

これで私のアレレも解決しました。
実は、素敵だけど「普通に素敵」であって
三玲の作とは異質だなあと思っていたのです。

当初の三玲の西庭は草木1本ない敷石が詰められて
立手水鉢のみがおかれた
簡潔にして簡素にして独創的なもので、
現在の西庭とは全く趣が違います。

お孫さんの重森千青さんのウェブには当初の写真がアップ
されていますのでどうぞごらんください。
お孫さんならではの歯に衣着せぬ物言いは気持よいものです!



IMG_0002_NEW_0002



en1  en1

拝観料  400円 抹茶400円
お問い合わせ075-491-1454

*重森千里 現代の庭園
カバ屋印マムの素もあわせてごらんください。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
en1  en1

2012年魔夏の京都・奈良神社仏閣見仏記
8月13日8:40北大路駅もくもく号出発→10:00志明院→12:00上賀茂神社
     →13:10大徳寺 1///→15:40宇治上神社 /
8月14日11:00奈良十輪院→12:30仏教美術資料センター→13:40東大寺 

関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/106-ba5ef1ac
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday