白マム印 日本のこと日本のもの

 
29
 
2012年09月17日_P9170674





あちらこちらでハロウィンの飾りつけや、
関連商品が見られる季節となりました。

ハロウィンの飾りを見ると
必ず思い出すのが
子供の頃のお祭。

八朔(はっさく)

です。

子供の頃のことですから、
このお祭は全国区のお祭りだと思って
いましたが、
どうも福岡だけのお祭のようです。

おぼろげな記憶をたどりますと、
青空と共にギラギラした太陽が浮かび
あがります。

男の子が生まれた家の前に
七夕飾りをもっと盛大にしたような
飾りが立てられます。

その竹には駄菓子とともに、玩具がぶら下がっていました。
メンコやら、折り紙やら、芸能人のブロマイドやら、でんぐりやら、
玩具楽器のメロディやら紙風船などですが、
それはそれは子供の心をかきたてます。

なぜなら、子供が集まるとその竹は子供の背丈ほどに
横に倒されて、子供は勝手にそれをちぎりとって
持ち帰っていいのです。

私は、麦わら帽子をかぶり、
近所の子供たちと連れ立って町を歩き回ったものです。
徒党を組むといっていい状態です。


でんぐり(ハニカム)
              でんぐり(=ハニカム)


調べると八朔とは旧暦八月朔日(ついたち)を意味
するのですが、
9月1日にその年に生まれた男の子を祝うお祭とのこと。
記憶はあっていました。

当時「ムームー」といわれる風通しのよい
ワンピースを着て歩きまわったことまで
浮かんできました。

現在このお祭は福岡の一部で行われているようですが、
個人ではなくて
公的機関が催してるようです。

ハロウィンという日本とまったく関係ないお祭が
流行り
日本の一地方の行事といえ、子供の頃親しんだお祭が
消えていくのはとても残念です。



en1 参考 en1

ハロウィンで思い出す子供の頃の行事
でんぐり、、、って言うんでしたかぁ
こどもの村福岡 八朔の様子

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

2012.10.03 Wed 23:23  |  

よく読む時代小説の舞台が吉原です。
年中行事の一つに八朔があり、どういうお祭りなのか今ひとつ想像できないでいました。
八月朔日は徳川家康が江戸城に入った日で、以来その日は諸大名は白帷子を着て江戸城に登城、吉原でも白無垢を着て祝ったそうです。
男の子のお祝いというのは、家康公に関連があるのかしら。。。

  • #-
  • カプメイ
  • URL

2012.10.04 Thu 10:29  |  カプちゃん

よく読む時代小説ってなんだろ?
舞台が吉原?
う~ん、考えちゃう。

徳川家康が入城した日なんだ!
知りませんでした。
面白いなあ。

  • #Ic.ZkQK6
  • ポコmom
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/121-82dad956
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday