白マム印 日本のこと日本のもの

 
28
 
大原来迎院 本堂内部2012年11月25日_DSC_0079

<魚山 来迎院>

山号    魚山(ぎょざん) 
宗派    天台宗
創建年   仁寿年間(851年~854年)
開基    慈覚大師円仁
本尊    薬師・阿弥陀・釈迦三尊

住所    京都市左京区大原来迎院町537
電話    075-744-2161 ‎
交通    京阪出町柳駅下車、駅前バス停乗り場より「大原」行きにて33分
       徒歩10分 他アクセス

拝観時間   9時~17時         
拝観料一般  400円
公式ホームページ 無し
京都観光ナビ

*声明(しょうみょう)の修練道場として、創建される
*写真撮影は受付で許可をえること

2012年11月25日_DSC_0068

2012年11月25日_DSC_0067 2012年11月25日_DSC_0063



来迎院は、比叡山に天台仏教を開いた最澄の直弟子である
慈覚大師円仁によって中国からもたらされた
声明(しょうみょう)の修練道場として創設されました。。
寺の山号となっている魚山は、中国の声明の聖地・魚山の
名に因んでいます。


来迎院は三千院のご殿門(山門)を出て朱雀門の前を

大原三千院 朱雀門2012年11月25日_DSC_0052
                          三千院 朱雀門(往生極楽院への正門)


2012年11月25日_DSC_0060





石垣に沿って5分ほど緩やかな坂を
登っていきます。

穴太の里をおもわせるような石積み、
三千院の喧騒が嘘のようです。


大原来迎院2012年11月25日_DSC_0103


本堂は三千院の往生極楽院によく似た
お堂です。


大原来迎院 本堂2012年11月25日_DSC_0072
                             来迎院 本堂(室町時代後期再建)



本堂には
ご本尊である薬師如来を中央に
向かってひだりに阿弥陀如来
右に釈迦如来

藤原時代の三尊が安置されています。


大原来迎院本尊三尊2012年11月25日_DSC_0090
    阿弥陀如来         薬師如来      釈迦如来



大原来迎院本堂内部2012年11月25日_DSC_0088


お堂の中は私ひとり。
しばし夢うつつです。


境内の脇の小高いところには鎌倉時代の
鎮守堂、獅子飛石、地蔵堂があります。


大原来迎院2012年11月25日_DSC_0093
         地蔵堂         鎮守堂          獅子飛石




大原来迎院 獅子飛石2012年11月25日_DSC_0096
                                            獅子飛石

この獅子飛石は、大原の里に声明道場を
根付かせた良忍上人が修行中に石が
獅子となって飛んだという伝説から
この名がつけられたといわれています。



来迎院 鐘楼2012年11月25日_DSC_0099
                                        室町時代の梵鐘



この来迎院から300メートルほどのぼると
音無の滝(おとなし の たき)があります。

音無の滝は、来迎院を創建し天台声明や融通念仏宗を興した
良忍上人が、滝に向かって声明の修行をした時、
滝の水音と声明の声が調和し、滝の音が消えたと伝えられています。

時間がなく、音無の滝にはいけませんでした。
この大原の里は2日費やして散策するところといえます。



2012年11月27日_PB270004


en1参考en1

<近辺情報>

浄蓮華院(宿坊)
大原 浄蓮華院2012年11月25日_DSC_0104

三千院から来迎院に行く途中に浄蓮華院があります。
大原の宿坊として有名です。
宿泊した人々のレビューをみるととても好評、
高評価です。
特に精進料理が皆さん大満足とのことです。
が、
ひとつだけ難点があります。
お風呂が家庭用のお風呂で湯船は一人用だそうです。
これはちときついですね。
早い者順でしょうか。

一人でも大丈夫で広いお部屋に通してくださるそうです。
客室は3間ですから、
満室にしても人数的にはすくないでしょうから
お風呂もどうにかなるでしょう。

ちょっと泊まってみたい宿坊です。

電話 075-744-2408
1泊2食8,000円
参考ウェブ

<11月25日旅取り>
大原 三千院来迎院大津市歴史博物館三井寺微妙寺三尾神社
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/134-8790ba13
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday