白マム印 日本のこと日本のもの

 
23
 
滋賀 三尾神社2012年11月25日_DSC_0219



御祭神   伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
ご神紋   真向きの兎

住所    滋賀県大津市園城寺町21
電話    077-522-3044
交通    京阪電車石山坂本線「三井寺」駅下車、
       徒歩約10分

見所    本殿前の随神(身)及び狛犬



                                三尾神社前の手水
滋賀 三尾神社手水舎

滋賀 三尾神社手水


三井寺の隣に位置します。

4年前に三井寺を訪れた際にこの兎の手水に
魅せられてふらりと入ったのがこの
三尾神社です。今回2度目となる参拝です。

ここかしこに兎が見られます。


滋賀 三尾寺2012年11月25日_DSC_0191 三尾神社 兎2012年11月25日_DSC_0203

三尾寺 兎2012年11月25日_DSC_0198  滋賀三尾神社 神紋 真向き兎2012年11月25日_DSC_0213


  太古の頃、伊弉諾尊が長等山の地主神として降臨したのが縁起の始まりとされ、
  神はいつも赤、白、黒三本の腰帯を垂らしていたのが三つの尾を曳くように
  見えたところから「三尾」と名づけられました。

  腰帯は、それぞれ赤尾神、白尾神、黒尾神となり、本神である赤尾神が最初に
  三井寺山中琴緒谷(ことおだに)に出現。
  それが、卯年の卯月卯日、卯の刻に、卯の方角から現れたため、
  当社の使いとして、瑞祥の神獣である兎が選ばれたと伝えられています。
  御神紋も「真向き(まむき)の兎」。               三井寺HPより




滋賀 三尾神社2012年11月25日_DSC_0218


兎好きの方にはつとに有名な神社だそうです。

元々三井寺の守護神社でしたがご多分にもれず
明治維新の神仏分離により切り離されてしまいました。


三尾神社 神紋真向き兎2012年11月25日_DSC_0201
                                   三尾神社 神紋真向き兎




滋賀三尾神社 拝殿 2012年11月25日_DSC_0204


実は前回まったく気がつかなかったのですが、

拝殿より本殿をみると、
門帳の向うに随神(身)の
矢大臣左大臣(注2)がおられるのが見られます。


滋賀 三尾神社随神2012年11月25日_DSC_0208

滋賀三尾神社随神2012年11月25日_DSC_0207



随神(身)がこのようにして見られるのはとても珍しいような
気がします。


一角狛犬
                                          一角狛犬


また、矢大臣の上段には堂々たる一角の狛犬(注1)
も見られて、このシーンはとても貴重と思えます。


三尾神社2度目の参拝で、気がつくとは、
うっかりも甚だしいのですが、
よく考えてみると4年前は随神(身)のことを
まだ知らなかったように思います。


兎云々よりこの方が私には貴重です。



2012年11月25日_DSC_0199




今回ちょっとがっかりしたことは
ご神紋が「リニューアル」して
可愛くなくなったことです。

                                        新しいご神紋↓
ご神紋 真向き兎

                

                                   4年前(以前)のご神紋↓
滋賀三尾神社 テンプルカーテン (門帳)


私は以前のふっくらとした「真向きの兎 」の方が
好きなのですが、いかがでしょうか?



en1参考en1

<注1:一角狛犬>
狛犬と現在はひとくくりによばれていますが本来は
獅子・狛犬です。
百獣の王であるライオン(獅子)を1対、仏前の前に
置き守護獣としたのはインドで、仏教伝来とともに
日本に伝わったのですが、平安時代に、
日本特有の獅子と狛犬となり、狛犬には一角が生えます。

昭和初期頃から角のない狛犬が流行り出したといわれて
います。

三尾神社の木造獅子狛犬は、見た感じ(私見)は
かなり古いものと思われます。
だいたいにおいて木造の獅子・狛犬は古いものです。

京都 仁和寺 狛犬
                                         仁和寺の狛犬


談山神社 伝運慶作 一角狛犬
                                        談山神社の狛犬

<注2:随神>
随神に関してはコチラをごらんください。

en1 en1

<11月25日旅取り>
大原 三千院来迎院大津市歴史博物館三井寺微妙寺三尾神社


関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/139-afacd0fa
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday