白マム印 日本のこと日本のもの

 
01
 
宇賀神をご存知ですか?

身体はとぐろを巻いた蛇。
頭は翁、
あるいは少数ですが女神です。

現世ご利益の神様といえばよいでしょうか。
商売繁盛の神様といえます。

本来は日本神話に登場する神。
宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)といわれ
名前の「ウカ」は穀物・食物の意味で、穀物の神です。
が、
調べていますと面白いことに
稲荷明神と同一のようです。
  ↑これに関してはもっとしらべないといけません
お稲荷さんも現世ご利益の神さんですから
確かにつながっていても不思議ではありませんね。

この宇賀神は弁財天(財宝神、豊穣神)と習合合体し
しばしば、弁財天の頭上に祀られ鳥居をいただく
かたちで姿をあらわされています。

弁財天も商売繁盛の神様、現世ご利益の神様。
民間信仰とは、
こういうものでしょう。

その典型的な例が琵琶湖の竹生島宝厳寺の弁財天です。


401px-Hogonji11s3200.jpg
竹生島宝厳寺の弁財天
(この画像はWikimwdia Comons/著者663highlandよりお借りしています)



さて、


私の散歩の場所のひとつである井の頭公園に
宇賀神さんがおいでなのです。
しかし
あまり知られてはいません。

井の頭弁財天の参道の階段の脇に宇賀神は
おいでです。




井の頭弁財天 宇賀神2013年01月01日_DSC_0615
井の頭弁財天 宇賀神



井の頭弁財天 宇賀神



宇賀神2013年01月01日_DSC_0665


参道である石段の下には井の頭公園口からはいった
たくさんの人々が弁天様に参拝されていましたが、
本来の弁天様の参道には誰もおらず、
当然
宇賀神に気がつく人もおらず
そのまわりは鎮まりかえっています。

井の頭公園に行かれたら
この宇賀神さんにお会いになられたらどうでしょうか。


井の頭弁財天参道2013年01月01日_DSC_0628



                               


en1参考en1


実は宇賀神を知ったのは
高野山霊宝館のウェブでした。
その宇賀神は
高野山の親王院蔵のものでした。

とぐろをまいた蛇の頭が翁というもので、
正直に言えば、その異形に驚きました。

早速、お会いしたいと思い
霊宝館に電話すると
現在、親王院に戻しているとの答え。
すぐに親王院に拝観の連絡をとると
親王院さんはご立腹でした。

それは、大切な宇賀神を霊宝館に寄託した
というのにウェブ載せたということです。

そのために異形が、キワモノ扱いされて
ネット上で一人歩きしてしまった。
ということです。

ゆえに、この宇賀神は門外不出の
秘仏としてどなたにも開帳ならずということ
でした。

とても残念です。

関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/143-aad0e109
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday