白マム印 日本のこと日本のもの

 
24
 
八坂神社西楼門2013年01月13日_DSC_0308

2009年にはじめて八坂神社を参拝したときの
感想を正直いうと、

「もっともっと大きいと思っていた」。

テレビを見ていますと(山村美紗もの等)
八坂神社は頻繁に出て来ます。
祇園祭でも有名です。
日本中の八坂神社の本社です。

東京人のイメージだと
広大な敷地をもつ神社のイメージです。

しかし、西門(西楼門)にちゃんと隋神さんがおいでになる。


随神門2013年01月13日_DSC_0304
                                             矢大臣


随神門2013年01月13日_DSC_0307
                                             左大臣


先にご案内した三尾神社は
本殿の脇で神様を守っておいででした。
こちら八坂さんでは、
よく見られる随神門におられて邪悪な物が
神域に入りこまにように守っておいでの形です。

嬉しいことにお札が貼られていないので
よく見ることができて大満足です。
といっても
網が張られているので写真がとれないのですが・・・。


八坂神社2013年01月13日_DSC_0297



前回、八坂神社を訪れたのは2009年11月です。
その時にはなかったものが本殿の柱にありました。(注1)


八坂神社2013年01月13日_DSC_0296

縁起のよい「稲藁の亀飾り」です。
神社の柱に飾られているのは
はじめてみるのでとても新鮮です。
いつもお正月には八坂神社の本殿に
飾られるのでしょうね。
(注1)


境内には摂末社がたくさんあるのですが、
長蛇の列がみられたのは、


2013年01月13日_DSC_0294

美御前社(うつくしごぜんしゃ)。


美御前社2013年01月13日_DSC_0281



絵馬には、

お肌のトラブルが減りますように。
やら
ずっときれいでいられますように。

まじって
「おけいはんになれますように」。

む???
「おけいはん」
おけいはんってなんだろう?

見仏旅行を終えて自宅に戻って解決。
おわかりにならない方はコチラ
ご覧になってください。


この美御前社のご祭神は
   
   八坂神社の美御前社には美人の誉れ高き宗像三女神がお祀りされています。

   『古事記』には、天照大御神が建速須佐之男命の十拳の剣を三段に打ち折り、
   天之真名井に振りすすいだ時に生じた 神々だと記されております。
   また『日本書紀』には、天孫降臨の際にその道中の安全を守護するようにと
   天照大御神から命じられたとあり、そこから海上安全、交通安全の神として
   も信仰されるようになりました。

   宗像三女神のうちでも、ことに際立つ美人の神が市杵島比売命様です。
   神仏が習合していた時代は七福神の一神である弁財天(弁天様)
   と同じ神として崇められ、さらには美貌の女神とされる吉祥天とも
   習合していました。
   これにより、財福、芸能、美貌の神としての信仰があります。

                                 八坂神社ウェブより



ここで注目していただきたいのは
杵島比売命(いちきひめ)です。
このお方は、このブログでも何回も
紹介していますが、
天照大御神につぐくらい、有名です。
ご祭神には常に名前がでる姫君です。
上記の説明にもありますが
弁才天でもあり吉祥天でもあるわけですから
どの神社からもひっぱりだこです。

神社に行かれたらご祭神はどなたか、
注意されるとおもしろいですよ。


八坂神社 はしまき
                                 はしまき(2009年11月撮影)

前回、頬張った「はしまき」の前を
懐かしく思いながら京都駅に向かいます。


京都タワー2013年01月13日_DSC_0312
                       京都タワー



en1参考en1

*実際は知恩院、円山公園の方から入りましたので、
 最後は西楼門となります。

*2011年11月の八坂神社はコチラをご覧ください。

<注1本殿柱の稲藁亀飾り>
2009年11月に訪れた際の八坂神社の写真を見ると
本殿柱に稲藁の亀飾りが飾ってありました。
お正月だけではないようです。通年でしょうか?

八坂神社
  

                                       2009年11月8日
<2013年1月13日旅取り>
滋賀/三尾神社→三井寺→竹生島宝厳寺→京都/知恩院→八坂神社→奈良/興福寺
<1月14日旅取り>
奈良/東大寺→京都/東寺



en11月13日・14日見仏記en1

1 滋賀三尾神社 見返り兎
2 三井寺 左甚五郎の蛙股 龍
3 竹生島宝厳寺
4 竹生島宝厳寺 国宝唐門
5 竹生島神社(都久夫須麻神社)のご神紋
6 竹生島 贔屓
7 京都知恩院 三門楼上内部
8 京都名物
9 八坂神社を駆け抜ける
10奈良らしいもの
11東大寺 大仏様(だいぶつよう)の大仏殿
12東大寺 大仏殿のお仏像さまたち
13東大寺 上院へ行く前の箸休め
14東大寺 二月堂石階段 ますかけ のこと
15東大寺 二月堂手水舎の彫師相野徳兵衛
16東大寺 手向山八幡宮をさらり散策
17東大寺 ミュージアム
18京都東寺 小子房の美しい勅使門
19東寺 西院にて神獣 贔屓 にまみえる
20見仏紀行 〆 551を貪り食らふ


関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/155-f8284a3c
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday