白マム印 日本のこと日本のもの

 
19
 


08.jpg
                             東山魁夷作 冬の花(北山杉)



川端康成の古都 を読んだのは数十年前になります。

本棚にあるかしらと探したら
でてきました。
日焼けした「古都」が。

川端康成さんの中編小説はおしなべて
とてもきれいな日本語でつづられている
うえに、物語もひねこびておらず
気持よく読める、
小粒の真珠のような作品です。
残念ながら現代作家さんたちには
これがかけています。

現代作家さんがこれを真似たら安っぽい
プラスティック玉になってしまう。

それはどこからくるのか、
圧倒的な教養のさなのか、
経験なのか、その時代の要求のか、
美意識の違いなのか。

以前にも書いたことがありますが、
私自身は伊豆の踊り子が大好きです。
難しいいいまわしや、自分の窮状をひたすら
語る小説に辟易すると、この小説を手に取ります。
端正な文章とちょっと切なくなる物語。

読み終えると、ざわついていた気持が
落ちつく。
どうも自分の気持を戻すために
伊豆の踊り子を読んでしまうようです。




さて、
今回なぜ本棚の奥から「古都」を手にとった
かといいますと、
実は京都名物「いもぼう
のせいです。

先の、見仏・知恩院の帰りに寄った
お店が非常に有名ないもぼうのお店。
そのお品書きには
「川端康成の古都にもえがかれている当店」と
あるではないですか。

はて、
古都にそんな記述があったのやらと・・・。

そんなよこしまな思いでページをめくりはじめました。


                                      つづく

  

関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/168-5d57741f
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday