白マム印 日本のこと日本のもの

 
13
 

2013年04月13日_DSC_0421


着物のことは詳しくないのですが、
着物を上手に着ている人を見かけると
ずっと見ていたいと思います。
いえ、
ついついずっと見てしまいます。

着物のお作法などはまったく知りませんが、
無謀にも着物が大好きです。

これは母が盛夏以外はいつも着物を着ていたことから
きていると、断言できます。

それでは母がいい着物を若い時から持っていたかというと
それは違います。
若い時はそれほど自由になるお金がなかったのでしょう。
銘仙の着物が多かったと記憶しています。

濃いあずき色の銘仙の着物に白い割烹着。
そして足袋はやはり濃いあずき色のタビックス。
それが冬の母のいでたちでした。

母自身がよく着物を誂えるので私が小さい時は
ウールのアンサンブルをよく仕立ててくれたものです。
また、
私が子供の頃は、ウールのアンサンブルが流行っていたようで
私が特異というわけでもありませんでした。

お正月は、父も着物、母も着物、そして私も妹も新しい晴れ着を
おろして神社にお参りに行き、帰りに写真館に行き写真を撮る。
それが習慣でした。

こういう家ですから
着物はいつもそばにありました。




日本の伝統美を訪ねて 白洲正子著(河出文庫)
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/194-4bfc3b1f
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday