白マム印 日本のこと日本のもの

 
13
 
60.jpg


梅雨入りしたというのに6月9日はとてもいい天気で
夏日でした。

この日は初孫のお宮参りを氏神様でとりおこないました。

悪筆なもので
お初穂料をおさめる祝い袋の表書きがかけない。
こういう時は、能筆であった義父や私の母がいないことを
ことさら悔やみます。

コンビニそして文具店を渡り歩くのですが
お宮さん用の祝儀袋が売っていません。
もとより文具専門店が町から姿を消して
なかなかありません。

能筆であれば、いえせめて悪筆でなければ
私自身でしたためるのですが・・・。

お宮参りの用意はまず
祝い袋探しからはじまりました。


祝い着は、30年前に息子が着た物を用意しました。
白羽二重を下に着こんだ祝い着です。
暑い日でしたので祝詞の途中で脱がせてしまいました。
写真だけ撮っておけばいいかしらとバアバ思いました。

私のほうも単衣といえど暑くて暑くて汗が首筋を伝うのが
わかりますし、
汗で手が滑り、孫が手から滑り落ちそうで大変な思いを
しました。

暑くて、むずがっていた孫も祝い着を脱がせると
静かになり、うつらうつらしだしました。


神主さんも心得ておいでなのでしょう。
時間にして10分くらいでしょうか。
時々鳴る太鼓の音に驚いて
孫の両手が万歳の形をとるのが、可愛くて
厳粛な場所なのに笑みがこぼれます。

神主さんが
「赤ちゃんは神の子です。7歳までは神の子ですよ。」
と、
仰ったのがとても新鮮でした。

私ときたら「赤ちゃんは、野獣みたいなものだからね」と
よく、口にしていたのですから
反省することしきりです。

71.jpg


神主さんにいただいた袋を開けてみると
お食い初めに使う祝い膳のセットが
入っていました。

可愛いものです。

暑くて大変でしたが
この品々をみたら、
やはりお宮参りはいいものだなあと
思いました。



今度はお食い初めをしなければなりません。
私は福岡育ちですが、
お食い初めとはいわず「お百日」と言って
いました。

面倒ということもあり、
この頃は、このようなことをしない家も
多いようですが、
やっぱりいいものです。
大袈裟、あるいは派手にする必要はありませんが
やってあげて欲しいなあと思います。

関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/218-e9e5c45d
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday