白マム印 日本のこと日本のもの

 
04
 
35_20130904123100c51.jpg




東大寺大仏殿の正面観相窓が開き大仏様のお顔を
外から拝顔できるのは年2日。8月15日と1月1日です。



2013年08月15日_DSC_0179



8月15日19時~21時 拝観料500円


大仏さまに2500基の灯籠をお供えして、
お盆に帰省できない方々にもせめて御先祖の供養を
していただけるようにという趣旨で、
昭和60年から始められたものです。

灯籠1基の中には4本の明りがともされて
計1万の明りがともる幻想的な行事です。


仁王門の金剛力士もライトアップされます。



2013年08月15日_DSC_0182
                               東大寺仁王門金剛力士 阿形





2013年08月15日_DSC_0181
                                東大寺仁王門金剛力士 吽形




前回訪れた時は7時の開門にあわせて
6時半頃に訪れました。
人人人。
長蛇の列でした。

今回は学習しましたので8時半頃に
訪れたところ、よみは見事にあたり
すんなりと入ることが出来ました。



万灯供養会2013年08月15日_DSC_0199






万灯供養会2013年08月15日_DSC_0188



南大門からまっすぐ伸びる参道の敷石や側面に
祈願奉納された灯籠がならび、とても幻想的です。



2010年08月15日万燈供養会_DSC_0458






2013年08月15日_DSC_0208






東大寺万燈供養会2013年08月15日_DSC_0207


大仏殿内より僧侶の華厳経の読誦がきこえてきます。



2013年08月15日_DSC_0210
            東大寺金堂(大仏殿)本尊 盧舎那仏座像(るしゃなぶつざぞう)



殿内は三脚は不可ですが写真撮影はOKです。
フラッシュを皆さんたいていらっしゃるのですが
どうも、お仏像様にフラッシュは申し訳なくて
私はなしでの撮影です。

かなりピントがあっていませんがご容赦ください。



2013年08月15日_DSC_0229
                                          花立ての蝶々


上記の写真の間違い探しです。

さて、どこがおかしいでしょうか?








    答え
    蝶々(昆虫)は肢は6本です。



実は、これには説があります。

蝶々のこの8本の肢は
「これ人間界にあらざる」を
表現している、
とね。



東大寺虚空蔵菩薩像2013年08月15日_DSC_0219
                                        虚空蔵菩薩坐像





2013年08月15日_DSC_0227
                                        如意輪観音坐像



大仏様の左右には脇侍として
虚空蔵菩薩坐像(こくぞうぼさつざぞう)
如意輪観音坐像(にょいりんかんざぞう)
がおられます。




広目天2013年08月15日_DSC_0222
                                             広目天





東大寺大仏殿多聞天2013年08月15日_DSC_0225
                                              多聞天



大仏殿北西隅には広目天、北東隅には多聞天
が、安置され大仏様を守っています。




カメラをローアングルにすると
実は人ひとヒトです。




2013年08月15日_DSC_0212



大仏殿の廂の下のおびんずる様の下にも
灯籠が。
いつみても
おびんずる様のお顔はおっかない。



2013年08月15日_DSC_0230



2013年8月15日は
今までにない暑さのなか、
午前中は京都武徳殿にて合気道。
午後は南禅寺散策。
夜は、東大寺万燈供養会と、
よく動きました。



2013年08月15日_DSC_0232



ビールを飲んであとは寝るでけ・・・。




en1参考en1


<注1:おびんずる様>
釈迦の弟子で賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)。
通称「おびんずる様」と呼ばれ、堂の前に置かれている。
「なで仏」で、病んでいる部位をなでると除病の功徳があります。
神通力の持ち主であった賓頭盧尊者が、その神通力を自在に誇示して
見せたので、お釈迦様は、「お前は究極の悟りを得ず、
この世にとどまって仏法を守り、人間の病を癒し、多くの衆生を救いなさい」
とおしかりになりました。そのため賓頭盧尊者は堂内に入れず
お堂の庇の下にまつられています。
東大寺大仏殿 賓頭盧尊者像(びんずるそんじゃぞう)

<東大寺に関して>
万燈供養会ホームページ
東大寺公式ホームページ

白マム印東大寺ブログ

en18月15日16日17日見仏足取りen1

8月15日
京都武徳殿にて合気道→南禅寺順正にて昼食南禅寺 1
南禅寺水路閣天授庵金地院東照宮金地院開山堂奈良東大寺
8月16日
木津川岩船寺→奈良忍辱山円成寺勧請縄円成寺運慶作大日如来坐像
8月17日
京都法界寺(日野薬師)醍醐寺三宝院醍醐寺五重塔
豊国神社方広寺→京都博物館


関連記事
スポンサーサイト

Comment

2013.09.05 Thu 00:37  |  はじめまして

はじめまして。
和室の和さんです。
西日本の仏には負けるかもしれないけど、
会津地方にもいい仏がたくさんあるようです。
喜多方の方へ仏をめぐる旅へ出かけます。
またいい情報、教えてくださいね。

2013.09.05 Thu 20:08  |  和さま

はじめまして白マムです。
和さんのブログにもお邪魔させていただきました。
外国語に堪能でいらっしゃるんですね。
羨ましいかぎりです。
そろそろ、北の方のお仏像さんめぐりも開始しようかなあと
思っています。
その時はよろしくご指導ください。

  • #Ic.ZkQK6
  • mom
  • URL
  • Edit






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/229-4cba0ea6
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday