白マム印 日本のこと日本のもの

 
04
 






前回、古型博多人形のお雛様をご覧いれましたが
今回はその土鈴です。

高さは12cmと土鈴としては大きいといえます。
鳴る音はこの大きさに土ですから転がるような
愛らしい音とはいえず、ころんころんと平仮名書き
が似合う音といえます。






この男雛女雛ひと組の土鈴は昭和56年に
4代目中ノ子勝美によって作られたものです。

博多人形は1600年頃に福岡にて、
白水家、正木家、中ノ子家が考案したと
いわれています。

作風は当然洗練されていくのですが
本来の土臭い人形作りをまもったのが
中ノ子吉兵衛で、中ノ子勝美が
繊細な博多人形と区別するために
昭和28年に「古型」という冠を博多人形の前に
つけ初代2代の作品を復元しました。






私が幼いころは、型からはずされた無数の博多人形が
整然とならんで天日干しされる姿をよく空き地で
みかけたものです。

関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/23-6bb1f3a2
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday