白マム印 日本のこと日本のもの

 
21
 
54_20130919182216557.jpg
                                               三宝院 国宝唐門


山号  醍醐山、深雪山(上醍醐寺)
宗派  真言宗醍醐派
寺格  総本山
創建年 貞観16年(874年))
開基  聖宝
本尊  薬師如来(重要文化財)

*三宝院本尊 宝冠弥勒菩薩坐像(快慶作) 


住所  京都市伏見区醍醐東大路町22
電話  075-571-0002
交通  市営地下鉄東西線「醍醐駅」下車徒歩20分
    又は 京阪バス「醍醐三宝院」下車すぐ

文化財 醍醐寺境内(史跡)金堂、五重塔、
    木造薬師如来及両脇侍像ほか(国宝)
     清滝宮本殿、絹本著色阿弥陀三尊像、
    木造薬師如来及両脇侍像ほか(重要文化財)
    三宝院唐門(国宝)、庭園(特別史跡、特別名勝)



醍醐寺2013年08月17日_DSC_0390
                      醍醐寺仁王門



醍醐寺といえば誰もが思い浮かべるのが
豊臣秀吉により1958年に催された
「醍醐の花見」でしょう。

私としては、醍醐寺といえば
三宝院の国宝唐門です。
実は、この唐門見たさ
それから三宝院のご本尊にお会いした
それのみで訪れました。


今回の醍醐寺拝観は醍醐山頂の上醍醐には
登らず下醍醐のみの散策です。


三宝院は醍醐寺の仁王門の手前に位置します。




醍醐寺三宝院2013年08月17日_DSC_0375


三宝院は醍醐寺の本坊(座主の居住地)として
1115年に建てられたものです。
その庭園は秀吉醍醐の花見時に秀吉自ら設計されたものです。

この三宝院の唐門は黒と金色のみの配色の斬新なデザインとして
有名です。

醍醐寺三宝院2013年08月17日_DSC_0382


菊に五七の桐。(注1)
シンプルで堂々として端正です。

この色使いは緑の木々の隙間から見え隠れして
とても映えます。

桜の季節、桜色にもとても映えると思える
黒と金色の色使いです。
そこまで
計算にいれての意匠と思われます。

豊臣の遺構を見るにつけ思うのですが
いったいどなたが意匠されたのか?
知りたいです。


醍醐寺三宝院2013年08月17日_DSC_0377



醍醐寺三宝院2013年08月17日_DSC_0384


この三宝院のご本尊が
なんと快慶作の宝冠弥勒菩薩坐像。

秘仏で拝観はできませんが
せめて安置されている場所の空気くらいは
吸いたいものと、肺がいっぱいになるほど
三宝院の空気をすってまいりました(←冗談)。



85572f6af8bbaebdbdd2155fcf85c20a.jpg
         快慶作 宝冠弥勒菩薩坐像 1192年作



まさに快慶作ですね。
美しすぎるというか、
私は
「人智を超えた美しさ」と
称するのですが、
人間とおなじ美しさではない
超越した美しさです。

この透徹した美しさならばこそ
「釈迦の死から56億7千万年後に人々を救う」
と信じられます。

三宝院の弥勒さん、拝観したい!!!

     注:2014年7月~9月奈良博「醍醐寺のすべて」にて
        快慶作弥勒菩薩坐像はおでましになりました。


                                 醍醐寺編つづく



醍醐寺三宝院2013年08月17日_DSC_0380




en1参考en1

<注1:五七桐>
11kaike1.jpg

五七桐といえば秀吉の紋。
と思いがちですが、これはもともと
天皇家が使っていた紋です。

天皇家は古来より
桐と菊の紋を印として使用して
いました(天皇家の紋と法律上明文化はされていません)。
桐の紋は功労のあったものに天皇家が下賜したために武士に
広がりました。
ちなみに徳川家康も賜りましたが、秀吉が使用していたために
使わなかったといわれています。

明治政府は「朝廷の政府」ということをビジュアル化(しらしめる)
するために桐の紋を使用しました。

現在、首相の会見時にこの紋がみられます。
平成15年より演台に使用されています。


en1en1

2014.7より奈良国立博物館にて開催された
醍醐寺のすべて」にて快慶作・宝冠弥勒菩薩坐像
さんはおでましになり
拝観することができました。
やはり
快慶仏の特徴、人智を超えた美しさでした。
2014年06月29日_P6291714

en18月15日16日17日見仏足取りen1

8月15日
京都武徳殿にて合気道→南禅寺順正にて昼食南禅寺 1
南禅寺水路閣天授庵金地院東照宮金地院開山堂奈良東大寺
8月16日
木津川岩船寺→奈良忍辱山円成寺勧請縄円成寺運慶作大日如来坐像
8月17日
京都法界寺(日野薬師)醍醐寺三宝院醍醐寺五重塔
豊国神社方広寺京都博物館


関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/236-ad8ec65e
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday