白マム印 日本のこと日本のもの

 
24
 
2
                                               国宝唐門


西本願寺の唐門、大徳寺の唐門
そして、この豊国神社の唐門を
京都国宝三唐門といいます。


< とよくにじんじゃ・ほうこくじんじゃ >

主祭神  豊臣秀吉公
創建   1599年(慶長4年)
      再建1880年(明治13年)
国宝   唐門


住所  京都市東山区大和大路正面茶屋町530
電話  075-561-3802
交通  市バス 博物館三十三間堂前下車 徒歩約5分



豊国神社2013年08月17日_DSC_0414



三十三間堂前、
京都国立博物館に隣接したところに
豊臣秀吉公をを祀った神社があります。

三十三間堂と京博という人気スポットに
ありながら、参拝客はまばらです。



豊国神社豊国神社2013年08月17日_DSC_0415




豊国神社2013年08月17日_DSC_0417


せっかく近くまで来て
こちらに足を伸ばさないのは
もったいないことです。

といっても
かく言う私も、豊国さんが
こんな近くにあるとは知らず、
いずれと後回しにしていたのです。

この豊国さんの唐門は見事です。



豊国神社2013年08月17日_DSC_0444
                          千成瓢箪の絵馬が左右を飾り風が吹くと
                          カラカラと音をたてます


この唐門は言い伝えによりますと、
秀吉の最後の居城となった伏見城の
門だったといわれています。

豊臣秀吉は没後
豊国大明神(ほうこくだいみょうじん)の神号
を天皇より与えられて
この豊国神社にまつられました。
そしてこの門は伏見城より移築されます。

が、

豊臣家滅亡後、家康の命を受け神社や廟は
破壊されます。

唐門は、南禅寺金地院に移築されます。

時代を経て
1868年(明治元年)、明治天皇が大阪に行幸したとき、
秀吉を、天下を統一しながら幕府は作らなかった尊皇の
功臣であるとして、豊国神社の再興を布告した。
(ウィキより)

この布告のため、門は南禅寺金地院より
豊国神社に移築されます。


この唐門は数奇な運命をたどってこの地に
落ちついたといっていいでしょう。

二条城→豊国神社→金地院→豊国神社


豊国神社2013年08月17日_DSC_0420





2013年08月17日_DSC_0434



威風堂々たる唐門の代表格。
立派な門ですが、
意匠の細かくすぐれていること。



豊国神社2013年08月17日_DSC_0432





豊国神社2013年08月17日_DSC_0431





豊国神社2013年08月17日_DSC_0426

↑左甚五郎作といわれています。
濃いの滝登り。
すなわち登竜門です。



豊国神社2013年08月17日_DSC_0435





豊国神社2013年08月17日_DSC_0451





豊国神社2013年08月17日_DSC_0439


門の左右には秀吉の印の千成瓢箪をかたどった
絵馬がかけられており、風がふくたびに
カラカラと音をたてます。

参拝はこの門までです。

奥に拝殿、本殿が見えます。



豊国神社2013年08月17日_DSC_0438



清々しい、清冽さえ感じる
シンプルな境内・建物です。



2013年09月24日_DSC_0691
                                       bs5 京都2000年の旅より



もっともっと有名になってしかるべき
京都の神社です。



豊国神社2013年08月17日_DSC_0462



この神社の隣が方広寺。

豊臣家滅亡のきっかけを作った
「国家安泰」の銘のはいった梵鐘が
ある方広寺です。


このエリアは歴史的に非常に密度の濃い
地域です。



                               次回は番外編:珍しい大覚寺の唐門画像
                                          TV画像です

en1参考en1

西本願寺唐門
西本願寺唐門

<近辺情報>
三十三間堂
2010年04月04日蓮華王院三十三間堂_DSC_1360

京都国立博物館
方広寺

en18月15日16日17日見仏足取りen1

8月15日
京都武徳殿にて合気道→南禅寺順正にて昼食南禅寺 1
南禅寺水路閣天授庵金地院東照宮金地院開山堂奈良東大寺
8月16日
木津川岩船寺→奈良忍辱山円成寺勧請縄円成寺運慶作大日如来坐像
8月17日
京都法界寺(日野薬師)醍醐寺三宝院醍醐寺五重塔
豊国神社方広寺京都博物館


関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/239-cfcb33b5
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/09/25 09:12)

京都市東山区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

  • ケノーベル エージェント
  • 2013.09.25 09:12

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday