白マム印 日本のこと日本のもの

 
10
 
0005.jpg

<二条城唐門>

建築年代 寛永2年1625年
構造形式 四脚門、切妻造、前後軒唐破風付、檜皮葺

所在地  京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
電話     075-841-0096 
開城時間 午前8時45分~午後4時(閉城 午後5時)
入城料金 600円
交通   地下鉄東西線、二条城前駅下車
      or市バス 9・50・101号系統、二条城前下車


二条城 唐門2013年11月24日_DSC_0255


平成23年12月から行われていた唐門の修復が
25年8月に完了。
公開となったのを機に、やはり見たい!
徳川の遺構を。

ということで
西日の茜色に門が染まり出す
3時55分に唐門の前に到着。

事務方に
「早くしてください。二の丸には4時にまでに入ってください」
と、
何度もいわれたのですが、
今回はこの唐門のみの拝観。

悠然と眺めます。



二条城2013年11月24日_DSC_0245

二条城唐門2013年11月24日_DSC_0247


二条城唐門2013年11月24日_DSC_0230


見事な装飾ですが、
今までみてきた唐門とくらべると
ちょっと単調な気がします。

ちまちまして大胆性や躍動感に
欠けます。(と、思います)。

でも、再度言いますが、見事です。


二条城唐門2013年11月24日_DSC_0250


二条城の唐門を見て
お気づきになりますか?
やけに「菊のご紋」が多いことに。

国威発揚?
いえいえ、
違います。

この二条城は徳川のものだったわけで
この菊のご紋の下は
葵のご紋なのです。



005_201401101112056b9.jpg


修理でわかったことなのです。
葵隠しです。



二条城2013年11月24日_DSC_0233


二の丸にははいりませんでしたが、
車寄せの装飾も見逃せません。


二条城2013年11月24日_DSC_0240



二条城2013年11月24日_DSC_0239



二条城2013年11月24日_DSC_0236

いかがでしたか今回の見仏記は?
私的最大の収穫は、お仏像ではなく
銀閣寺方丈の蕪村の襖絵でした。

もう一度観たいものです。

2013年11月24日見仏紀行はこれにて終了です。


en1 en1


<11月24日>
6:15京都着→嵯峨嵐山→常寂光寺二尊院清涼寺銀閣寺1
大徳寺二条城→17:50新幹線


<唐門・勅使門>
仁和寺/東寺/竹生島宝厳寺/西本願寺/醍醐寺三宝院/
豊国神社/大徳寺1

仁和寺勅使門 京都特別公開 055 東寺 小子房勅使門 2013年01月14日_DSC_0525

竹生島宝厳寺観音堂 唐門(国宝)2013年01月13日_DSC_0227 西本願寺唐門2013年04月29日_DSC_0490

醍醐寺三宝院2013年08月17日_DSC_0380 豊国神社2013年08月17日_DSC_0426

大徳寺勅使門 大徳寺国宝唐門
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/259-b9c59f08
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday