白マム印 日本のこと日本のもの

 
13
 
大津市立歴史博物館2014年02月09日_DSC_0005
                                  2014.2.9大津市歴史博物館


< 新発見!!速報展示
  新知恩院(大津市伊香立下在地町 浄土宗)の
  木造涅槃像の新発見と初公開について
  平成26年2月8日(土)~3月16日(日) >
                  博物館web.より


新知恩院というのは応仁の乱時の
京都知恩院の大津の疎開先です。
戦火をのがれて
多数の知恩院の宝物がもたらされたと
いいます。

歴史博物館では2012年より宝物調査を
はじめており、
新知恩院の蔵の中から鎌倉時代に遡る
「木造釈迦涅槃像」を見つかったということです。

この涅槃像は体長が12.8cmと
とてもちいさいのですが
快慶の特徴を踏まえいるといいます。

快慶好きの私が行かないわけはありません。



大津市立歴史博物館2014年02月09日_DSC_0006
                                 博物館からの琵琶湖の眺め


京都からJR湖西線大津京下車、
京阪皇子山駅まで2分ほど歩いて
石山坂本線で一駅の別所で下車します。

5分ほど歩けば到着です。

京都から30分ほどでしょうか。

この大津市歴史博物館を訪ねるのは2回目です。
前回は京都東福寺塔頭の悲田院ご本尊
宝冠阿弥陀如来坐像(快慶作)を
拝観目的でした。


悲田院 宝冠阿弥陀如来坐像 快慶2012年11月29日_PB290014
      悲田院 宝冠阿弥陀如来坐像 快慶作 2012.11.29


快慶作の宝冠阿弥陀さまの美しかったことは
今でもよく覚えています。

またも快慶作(らしい)の
お仏像に会えると思うと、滋賀まで足を伸ばすのも
楽しいものです。



涅槃像はとてもお小さいものでした。
胸に水晶がはめ込まれ
法衣には截金(きりがね)模様が
ほどこされています。

快慶作か否かは判別がつかないそうですが、
私の直観としては「否」です。

けれども
とても
おきれいです。




5_201402131859471ed.jpg


010.jpg

1210~20年代に造像されたとのことです。
寝台は江戸時代の作らしいです。
その周囲には迦陵頻伽(かりょうびんが)、
獅子、虎、白像、龍、鳳凰、雉、猿、孔雀、兎、
牛、馬など全部で12匹の動物が描かれています。

これらは
桐箱に納められていたとのことですが、
その桐箱の蓋の裏には「此涅槃像者開山以来重宝秘中之秘也」
「尽未来際不可出間(門)外者也」などと墨書されており
いかに大切にされていたかうかがえます。

快慶作ではなくても
慶派の作品には間違いありません。



穴太積み 2014年02月09日_DSC_0007
                                   穴太積の石垣29014.2.



この歴史博物館の裏山には
フェノロサの墓があります。
また
歩いて5分ほどで、三井寺。
そのお隣が三尾神社と
仏像好きにはたまらないエリアです。



三井寺山門2014年02月09日_DSC_0009
                               三井寺(園城寺)山門 2014.2.9


6_20140213192949795.jpg
                                   フェノロサの墓2008.11.24


三井寺は今回は山門から合掌するのみで
お隣の三尾神社にまいります。


en1参考en1

新知恩院
  ・毎年9月第1日曜には寺宝の虫干しが行われ一般公開される。
木造涅槃像の新発見と初公開について
大津市歴史博物館 阿弥陀さま-極楽浄土への誓い
フェノロサの墓
2013.1 三井寺
2012.12 三井寺
知恩院
2008年11月穴太里の秘仏


en1en1

<2014年2月9日>
大津市歴史博物館→三尾神社→北野天満宮→石像寺(釘抜地蔵)→なら瑠璃絵
<2月10日>
法隆寺→吉田寺(ぽっくり寺)→龍田神社→大阪ながほり



関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/262-9bd19850
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/02/14 09:06)

大津市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

  • ケノーベル エージェント
  • 2014.02.14 09:06

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday