白マム印 日本のこと日本のもの

 
29
 
0003_20140428211649f86.jpg
                                               東院伽藍 夢殿(金堂)

宗派   聖徳宗
寺格   総本山
創建年  (伝)607年      
開基   推古天皇・聖徳太子
本尊   釈迦如来
別称   斑鳩寺
文化財  金堂、五重塔、夢殿他(国宝)
      中門金剛力士像他(重要文化財)
     
住所   奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
電話   0745-75-2555    
交通   JR法隆寺駅下車、徒歩で20分。あるいは、
     JR下車、奈良交通バス、法隆寺門前下車、すぐ
拝観料  1,000円(西院、東院、大宝蔵院)
公式ホームページ


法隆寺東院伽藍 東大門2014年02月10日_DSC_0343
                                    国宝東大門 奈良時代

東大門をくぐると東院伽藍(上宮王院 注1)
があらわれます。

2014年02月10日_DSC_0347

夢殿の中門には、薄くなっていますが
「上宮王院夢殿」と大書されています。

当時、聖徳太子は上宮王といわれていました。
別格の人だったのでしょうね。



法隆寺手水舎2014年02月10日_DSC_0352
                        鳳凰の手水

夢殿を拝観する前に
この愛らしい鳳凰をかたどった手水で
清めましょう。


法隆寺 東院夢殿 2014年02月10日_DSC_0365


    聖徳太子が住まわれた斑鳩宮跡に、行信僧都という高僧が、
    聖徳太子の遺徳を偲んで天平11年(739)に建てた
    伽藍を上宮王院(東院伽藍)といいます。その中心となる建物が
    この夢殿です。八角円堂の中央の厨子には、
    聖徳太子等身と伝える秘仏救世観音像(飛鳥時代)を安置し、
    その周囲には聖観音菩薩像(平安時代)、乾漆の行信僧都像(奈良時代)、
    平安時代に夢殿の修理をされた道詮律師の塑像(平安時代)
    なども安置しています。
    この夢殿は中門を改造した礼堂(鎌倉時代)と廻廊に囲まれ、
    まさに観音の化身と伝える聖徳太子を供養するための殿堂として、
    神秘的な雰囲気を漂わせています。
 法隆寺web.より


法隆寺夢殿2014年02月10日_DSC_0354


建築家ブルーノ・タウトが夢殿を「建築の真珠」と
評した八角円堂です。

夢殿中には等身大の聖徳太子のお像といわれる
救世観音立像がおさめられています。

樟の一木造では最古の木彫像です。

お顔はとてもにこやかで慈しみにあふれ
このようなことを記すとお叱りをうけるかもしれませんが
拝観したときにふとよぎったのは清子さまのお顔でした。


住職でさえ拝顔したことない絶対秘仏を
明治17年、岡倉天心とフェノロサが開扉したことは
有名な話です。

仏罰が当る「この世が滅ぶ」と僧侶が反対するも
政府の許可をとり強権発動で、何重もの布、和紙で厳重に巻かれ
ていたのを取り外させました。
500メートルほどの長さの布をまきとったときの
一同の驚きは想像するに難くありません。


法隆寺imgd577950ezik7zj
国宝救世観音立像 奈良時代


1000年以上、夢殿本尊として祀られたこのお像は
法隆寺の史料に「上宮王(聖徳太子)等身観世音菩薩像」と
記載されていますがそれがなぜ「絶対秘仏」となったかは
あきらかではありません。
しかし、そのために保存状態が非常によいという恩恵を
うけることになります。

このお像の公開は春と秋です。
確認のうえ参拝をされてください。

  春季の4月11日~5月18日
  秋季の10月22日~11月22日

堂内は薄暗く、ボランティアのかたがペンライトを照らして
くださるので、なるべくボランティアさんとともに行動
されることをおすすめします!



2014年02月10日_DSC_0357
           絵殿                        舎利殿 




法隆寺東院夢殿回廊2014年02月10日_DSC_0363
                                             夢殿回廊



法隆寺東院夢殿回廊2014年02月10日_DSC_0362
                                            回廊の木組み




夢殿 宝珠
                                    夢殿 露盤宝珠

↑青銅製で、下方から
露盤、反花、蓮華、花実、宝瓶、天蓋、光明の構成です。



法隆寺東院伽藍 鐘楼2014年02月10日_DSC_0348
                                 国宝袴腰付鐘楼 鎌倉時代


法隆寺東院袴付き鐘楼2014年02月10日_DSC_0366



袴腰付鐘楼としては最古のものです。




最古や国宝ばかり・・・の
法隆寺です。


何度訪れてもただただ頭を垂れる私です。






                                   2014年2月法隆寺
                                   1 魅力的な手水編
                                   2 西院伽藍西円堂編
                                   3 西院伽藍五重塔の邪鬼とトーテムポール
                                   4 西院伽藍金堂の凄み
                                   5 大宝蔵院、百済観音
                                   6 東院伽藍夢殿

en1参考en1



東院伽藍
img_00002.jpg


東院伽藍に行く道筋の脇道はとても
絵になります。
2014年02月10日_DSC_0345

<注1:上宮王院>
聖徳太子を上宮王と呼び
太子一族のことを上宮王家の人々と呼びます。

<参照>
寺院別国宝建造物・彫刻の所有件数表
古都の奈良銘刹寺院の紹介、仏教文化財の説明など
ほぼ日刊イトイ新聞 法隆寺へ行こう!
*ブログ 木もれ陽日記様
*2008年法隆寺国宝金堂展図録
2010年 興福寺南円堂水煙

拙ウェブ
2007年11月法隆寺1
2007年11月法隆寺西円堂
2010年1月法隆寺
2008年7月国宝法隆寺金堂展
三井寺展


<2014年2月9日>
大津市歴史博物館→三尾神社→北野天満宮→石像寺(釘抜地蔵)→なら瑠璃絵
<2月10日>
法隆寺→中宮寺→吉田寺(ぽっくり寺)→龍田神社→大阪ながほり

関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/277-6706817d
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday