白マム印 日本のこと日本のもの

 
25
 
0003_201405251316240fe.jpg
                                                      中宮寺 本堂


宗派   聖徳宗
山号   法興山
創建年  7世紀前半、一説に推古天皇15年(607年)      
開基   (伝)聖徳太子あるいは母・穴穂部間人皇女(間人皇后)
本尊   (伝)如意輪観音 (=弥勒菩薩半跏思惟像)

文化財  木造菩薩半跏像・天寿国繍帳残闕(ともに国宝)
    紙製文殊菩薩立像・紙本墨書瑜伽師地論(ともに重要文化財)     
住所   奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺北1-1-2
電話   0745-75-2106    
交通   ・JR法隆寺駅下車、徒歩で20分。、
      ・JR下車、奈良交通バス、「法隆寺門前下車」すぐ
      ・近鉄筒井駅から王寺駅行きバス「中宮寺前」下車徒歩5分
        *法隆寺東院伽藍隣接
拝観料  500円
トイレ  なし(但し法隆寺のトイレが有り)
公式ホームページ

中宮寺2014年02月10日_DSC_0374


中宮寺は、平安時代の「聖徳太子伝暦」に、
聖徳太子が母・穴穂部間人皇女(間人皇后)
アナホベノハシヒトの宮殿を
寺としたと伝えられています。

が、
平安時代には寺運衰退し、
鎌倉時代の真如によって復興され
江戸の初めには門跡尼寺となり
高貴な姫君を迎え維持していきますが
昭和の時代にはお堂は一宇のご本尊のみと
荒廃してしまいます。

昭和43年に高松宮妃の御発願により、
吉田五十八によって昭和43年に
建立されたのが現在の本堂です。


中宮寺2014年02月10日_DSC_0371


さすが吉田五十八(注1)の建物です。
屋根の流れが優しく庇が深く
慎み深い美しさがあらわされていて
アルカイックスマイルで有名な
国宝 弥勒菩薩半跏思惟像に
ふさわしい建物です。

00000003.jpg
     国宝 弥勒菩薩半跏思惟像


本堂の周りは堀になっており
水辺に浮かぶ様相です。

ただ、苦言があります。
コンクリート造りに異議はありませんが
コンクリート造りならば木造以上に
メンテナンスをしなければ
建物はうらぶれ感が非常にあらわれます。
木造は古びた感じが「美」につながって
いきますが、
コンクリートが古びていくと
「落魄」のイメージが前面にでます。

コンクリートに着色された朱色が
ささくれているのを毎回の拝観でみるのは
辛いものです。
五十八もいやだろうなあ・・・と。


中宮寺2014年02月10日_DSC_0369



中宮寺2014年02月10日_DSC_0383
                     表御殿と蛙股


中宮寺よりの夢殿露盤宝珠2014年02月10日_DSC_0373
                                   中宮寺よりの夢殿露盤宝珠


                                         前回まで
                                      1 魅力的な手水編
                                      2 西院伽藍西円堂編
                                      3 西院伽藍五重塔の邪鬼とトーテムポール
                                      4 西院伽藍金堂の凄み
                                      5 大宝蔵院百済観音
                                      6 東院伽藍夢殿


法隆寺遠景blog_import_4f4ede7734ffa

                                              法隆寺 完

en1参考en1

<境内図>
0000002.jpg
                        中宮寺ウェブより


<注1:吉田五十八>
よしだいそや
1894‐1974(明治27‐昭和49)
東京都に生まれる。1923年東京美術学校建築科卒業、49年東京芸術大学教授。
日本建築の現代化に一貫して取り組み、大壁造り、荒組み障子、
新素材の活用などの独自の手法による〈現代数寄屋〉と呼ばれる様式を創始して、
戦後の和風建築に多くの影響を与えた。作品には杵屋別邸(1936)、
梅原竜三郎邸(1958)などの住宅のほか、新喜楽(1962)など多数の料亭がある。kotobankより

<参照>
*寺院別国宝建造物・彫刻の所有件数表
古都の奈良銘刹寺院の紹介、仏教文化財の説明など
ほぼ日刊イトイ新聞 法隆寺へ行こう!
*ブログ 木もれ陽日記様
*2008年法隆寺国宝金堂展図録

拙ウェブ
2007年11月中宮寺・弥勒さま
2007年11月法隆寺1
2007年11月法隆寺西円堂
2010年1月法隆寺
2008年7月国宝法隆寺金堂展
三井寺展
法隆寺金堂展ちけっとIMG_0002
  国宝法隆寺金堂展チケット

<2014年2月9日>
大津市歴史博物館→三尾神社→北野天満宮→石像寺(釘抜地蔵)→なら瑠璃絵
<2月10日>
法隆寺→吉田寺(ぽっくり寺)→龍田神社→大阪ながほり

関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/278-86fda839
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday