白マム印 日本のこと日本のもの

 
28
 
0000000003_20141127165528566.jpg
                                     法観寺 五重塔(八坂の塔)内部

  <法観寺

山号   霊応山
宗派   臨済宗建仁寺派
創建年  伝・崇峻天皇5年(592年)
開基   伝・聖徳太子
本尊   五智如来(大日・釈迦・阿閦・宝生・弥陀)
別称   八坂の塔
札所   京都十三仏霊場11番
文化財  五重塔、紙本着色八坂塔絵図(重要文化財)
      太子堂・薬師堂(市文化財)

住所   京都市東山区清水八坂上町388
電話   075-551-2417
交通   市バス東山安井または清水道下車徒歩5分             
拝観志納金 400円
所要時間 15分~1時間
*五重塔内は拝観可能ですが、不定期でお休み
 になるので要電話確認。写真撮影可。


2014年05月04日_P5040890



八坂の塔ほど、
テレビドラマや映画に使われる頻度の高い
塔はないでしょう。

東山安井のバス停で下車して
八坂をぐるぐる歩いていると
なんちゃって舞子さんが沢山います。
「舞子体験屋さん」が軒を連ねていますから。

だらだら歩いて角を曲がると
いきなり「八坂さん」が
目の前に現れます。

ちょっと、いえ、かなり驚きます。



2014年05月04日_P5040888
   本瓦葺五層、高さ46m1440年 足利義教によって再興



八坂のランドマークあるいは
山村美紗シリーズご用達といっても
過言ではないのに
境内に入る人は殆どいません。

五重塔にもはいれるというのに!
五智如来さんを間近に拝観できるというのに!
写真撮影もOKというのに!
二層(二階)に上がれるというのに!

もったいないことです。

某ブログには
「二階にあがれるぐらいしか見るべきものが
ない」
などと書かれいますが、とんでもないことです。
堂宇の中のお仏像のすばらしいこと。


2014年05月04日_P5040887




五重塔初層にはご本尊である、
「五智如来(ごちにょらい)」が安置されています。


法観寺 五重塔 八坂の塔の内部2014年05月04日_P5040846
                         不空成就如来(北方)




五智如来坐像はたおやかで
ふくよかなお仏像様です。
また、
堂内は極彩色にあふれています。




法観寺 五重塔 八坂の塔の内部2014年05月04日_P5040844




法観寺 五重塔内2014年07月21日_P7210112




法観寺 五重塔 八坂の塔の内部2014年05月04日_P5040865




法観寺 五重塔 八坂の塔の内部2014年05月04日_P5040862




法観寺 五重塔 八坂の塔の内部2014年05月04日_P5040861


見ごたえあるでしょ。
それでは、
五智如来坐像をご案内いたしましょう。



法観寺 五重塔 八坂の塔の内部
                   阿閦(あしゅく)如来(東方)





014年05月04日_P5040848
                                    阿弥陀如来(西方)





法観寺 五重塔 八坂の塔の内部2014年05月04日_P5040869
                                    宝生如来(南方)




法観寺 五重塔内2014年07月21日_P7210111
                   不空成就如来(北方)



う~~~~ん
素晴らしい・・・・・・けど
ちょっと待った!

四躰しかおられぬ。
大日さんはどちらにおわす?
と、
思いながら
西方の宝冠阿弥陀如来さんのお飾りに
目を凝らす。



法観寺 五重塔 八坂の塔の内部2014年05月04日_P5040868
                            阿弥陀如来


近づいてみましょう。↓


法観寺 五重塔 八坂の塔の内部2014年05月04日_P5040849


↑あっ、五智如来の中心でいらっしゃる
大日如来さんが頭上にいらっしゃいました。

こちらを加えて五躰、五智如来といえます。



法観寺 五重塔 八坂の塔の内部2014年05月04日_P5040864





法観寺 五重塔 八坂の塔の内部2014年05月04日_P5040856
                               心柱




法観寺 五重塔 八坂の塔の内部2014年05月04日_P5040851



ほとんど直立の階段を上り
二層へ。
窓から大パノラマがみえるかしらと
心が躍りましたが、残念ながら
うす曇りでなにも見えませんでした。



法観寺 五重塔 八坂の塔の内部2014年05月04日_P5040852


しかし
五重塔で、常に公開されて写真可能で
二層に上れるのは
今のところ、私自身は
八坂さんしか知りません。

とても貴重ですから
塔を背景に記念写真を撮るだけで
通りすぎずに塔の中に入ってください。



法観寺 五重塔 八坂の塔の内部2014年05月04日_P5040858



下りは、とっても怖いです。

2014年05月04日_P5040860



境内は狭いですが
緑がとてもきれいですし、
静かで休むのにもとても良い場所です。


法観寺 五重塔 八坂の塔の内部2014年05月04日_P5040870




2014年05月04日_P5040881




法観寺2014年07月21日_P7210123




2014年05月04日_P5040883
                                      木曽義仲の首塚




法観寺 八大龍王2014年05月04日_P5040884
                                          八大龍王塚


法観寺(八坂の塔)境内2014年05月04日_P5040871
                                            薬師堂




法観寺2014年05月04日_P5040872
                                          薬師堂内部





法観寺2014年07月21日_P7210119



八坂の塔として有名な法観寺は
その名に反比例して
境内には拝観者はいません。

五重塔と二堂宇(太子堂、薬師堂)
の小さなお寺ですが
非常に見ごたえがあります。

何度もいいますが
もったいないことです。

この五重塔ですが
創建されて落雷や応仁の乱で
幾度と消失し
1440年に足利義教の援助により再建されたものです。

お仏像様の来歴はお寺さんからいただいた
冊子にものっておらずがわかりませんが
気持のよいお仏像さまたちです。


法観寺2014年05月04日_P5040880





en1参考en1

5月4日 伏見稲荷大社1・2・3・4→千本釈迦堂→法観寺(八坂の塔)→京博→豊国神社

京都十三仏霊場に関してのウェブ

<近辺情報>
庚申堂、高台寺、祇園


八坂庚申堂2014年05月04日_P5040901
                                             庚申堂
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/304-25eba7db
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday