白マム印 日本のこと日本のもの

 
21
 
02saiyuki21.jpg


京都駅より京都国立博物館に行くには
バスロータリーから208番のバスが10分おきに
出ていますので、とても便利です。
渋滞にさえ巻き込まれなければ15分ほどで
到着。
このエリアには京博のほかに
三十三間堂豊国神社方広寺があります。

私はこの日は
八坂さんから京都国立博物館へやってきました。

お目当ては
南山城のお仏像さん展です。

奈良、京都の境の南部京都府は
古いお寺さんが点在しています。
しかし
アクセスが悪く、なかなか拝観ができません。

南山城 古寺巡礼展は
    「相楽郡笠置町の笠置寺(かさぎでら)、
    木津川市加茂町の海住山寺(かいじゅうせんじ)・
    浄瑠璃寺(じょうるりじ)・岩船寺(がんせんじ)・現光寺(げんこうじ)、
    木津川市山城町の蟹満寺(かにまんじ)・神童寺(じんどうじ)、
    京田辺市の観音寺(かんのんじ)・寿宝寺(じゅほうじ)・
    酬恩庵(しゅうおんあん)(一休寺(いっきゅうじ))、
    綴喜郡宇治田原町の禅定寺(ぜんじょうじ)ほかあわせて
    十数箇寺にのぼり、国宝2件、重要文化財26件を含む
    約140件を展覧いたします。
」    朝日新聞ウェブより


瓶原(みかのはら)の山中にある
海住山寺はアクセスが悪く
未だに拝観がかなっていませんが
今回、ゆっくりとご本尊の前にたたずむ
ことがかないました。
このご本尊は秘仏ですので
お寺に詣でてもなんどきでも
お会いできるものではありません。

平安時代作の一木造りです。
たおやかで優雅!
とてもいいお仏像様ですよ。↓

111.png
    海住山寺 十一面観音立像


これらのお寺さんのお仏像さんを
1箇所で拝観できるのですから
こんな幸せなことはありませんでした。

ただ非常に残念だったのは
京田辺の観音寺の国宝十一面観音様が
おでましになっていなかったことです。
しかし
寿宝寺の平安時代の千手観音様が
お姿をあらわしておいでで、
二度目の拝観ですが、その豊さに、ため息がでました。

寿宝寺の観音さまは圧巻です。
近鉄京都線三山木駅から寿宝寺さんは
歩いて10分ほどです。
お堂にて拝観されることをお勧めします。
お堂で拝観すると、お顔が見事にかわります。



下記画像の寺院は私自身が訪ねたお寺です。
寺院名をクリックされると詳細ウェブに
はいります。


DSC_2456
                                      クリック→浄瑠璃寺




02saiyuki2345678.jpg
                                        クリック→岩船寺




2011年01月10日_DSC_0303京田辺観音寺
                                        クリック→観音寺




2011年01月10日_DSC_0290 寿宝寺
                                       クリック→ 寿宝寺


寿宝寺さんの千手観音様は光の当たり具合で
表情が変わられるので
お仏像に興味のあるかたは、お堂にて拝観されると
目を瞠られますよ。
この千手さんは秘仏ではありませんので
電話で拝観の予約をとられて
お行きください。
素晴らしいお仏像さんです。


0002.jpg
                            寿宝寺 千手千眼観音立像




en1参考en1

各寺院の詳細は↓
浄瑠璃寺/岩船寺/観音寺/寿宝寺/海住山寺

*寿宝寺千手千眼観音立像拝観は要電話予約
   電話:0774-65-3422
   アクセス:近鉄京都線三山木駅から徒歩10分弱
*寿宝寺に拝観されたら観音寺にいかれることも勧めます。
  国宝十一面観音様がおいでです。秘仏ではありませんがやはり
  電話予約をされた方がいいです。  
  電話:0774-62-0668
  アクセス:近鉄京都線三山木駅から徒歩30分
          タクシー利用を勧めます。
          同志社大学、京田辺校の先です。
*浄瑠璃寺と岩船寺は奈良交通より巡回バスが
  出ていますので、奈良交通に問い合わせください。
  電話:0742-20-3100

<マムの呟き>
南山城を回るには車が一番!
レンタカーを借りてナビ頼りで行こうかなあ、
と、
思うも、京都・奈良のみならず地方の方々の
運転の荒っぽさには降参です。笑
  
<2014年5月4日>
伏見稲荷大社1・2・3・4→千本釈迦堂→法観寺(八坂の塔)1・2→京博→豊国神社

関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/309-31880052
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday