白マム印 日本のこと日本のもの

 
09
 
←前回3

228417409_624_v1444032872.jpg
                           


金堂より石段をさらにあがると
室生寺の本堂、灌頂堂が姿をあらわします。



228415708_v1443800650.jpg
                             灌頂堂 鎌倉時代延慶元年(1308)


カンジョウとは
仏様の教えを継承したもの。
一人前の僧侶になりました、という
証を授かることといえばよいと思います。


室生寺 灌頂堂 扁額 P9210071
                           灌頂堂 扁額 悉地院 シッチイン



室生寺 灌頂堂 本堂 P9210151




室生寺 灌頂堂 本堂 P9210153



今回、わたくしの室生寺拝観(2015年9月21日)は
灌頂堂の御開帳を念頭にいれたものです。

如意輪観音さんにお会いしたい。
その思いで、早朝の新幹線に乗って
東京よりやってきたのでした。(注1)


室生寺灌頂堂の如意輪さんは
日本三如意輪のおひとかたに数えられて
おいでです。
    日本三如意輪
     大阪 観心寺(注2)
     西宮 神咒寺
     室生 室生寺

室生寺灌頂堂の如意輪さんは
堂宇を入って正面の厨子におわしました。

そのお顔は、如意輪さんのエロス的なものが
前面にでておらず
童女のようなおっとりとしたふくよかなお顔で、
井之頭弁財天の弁財天(秘仏)さまを
思わせるものです。

   井之頭弁財天さまのお写真は
   残念ながらありませんが
   愛らしいお顔なんですよ。



8EBA90B68E9B944088D397D68ACF89B9919Csmall11.jpg
   灌頂堂 如意輪観音坐像(藤原時代)



P9210074



P9210147



室生寺の境内のいたるところに
石像や石塔がたっています。


P9210067



石段をまた登りましょう。

皆さんの記憶にもあると思いますが
1998年9月22日、台風7号による
杉の倒壊で五重塔の北西側が無残にも
壊れてしまいました。(注3)

けれど
見事に再建されています。





室生寺 五重塔
      800年頃建立 、1999年~2000年にかけて復旧




室生寺 五重塔P9210086



室生寺 石像P9210089



室生寺 石像P9210090


無数の石像の前を通って
またも石段を上がって
上がって400段ほどあがると

奥の院!



室生寺 五重塔P9210095


灌頂堂、五重塔を背中に
上ります。



室生寺 五重塔P9210140





マ、マムシ注意ですか!




マムシ注意 P9210094
 


                             次回はゴールの奥の院です


en1参考en1

室生寺 灌頂堂 ご朱印 unnamed11
          室生寺 灌頂堂 ご朱印

注1:東京よりのアクセス例 
 東京からのアクセス
 東京6:30のぞみ5号→8:11名古屋
 近鉄名古屋8:25特急大阪難波行→9:54名張
 名張10:00発急行上本町行→10:09室生口大野
 室生口大野バス10:20室生寺行→10:35室生寺到着

 電車:乗り換え2回、13480円

注2:観心寺 如意輪観音菩薩
75271349.jpg
  観心寺 木造如意輪観音坐像 平安時代前期・9世紀作

観心寺如意輪観音さんにあいたくて

注3:1998年9月22日、台風7号五重塔
goju_vol01_ph_02.jpg
  ↑JR東海うましうるわし奈良 より

en1

山号  宀一山(べんいちさん) 
宗派  真言宗室生寺派
寺格  大本山
創建年 宝亀年間(770年 - 781年)
開基  賢憬(賢璟)   
本尊  釈迦如来(国宝)
別称  女人高野(注1)
住所  奈良県宇陀市室生78
電話  0745-93-2003
交通  近鉄室生口大野駅から室生寺行き15分
     バス終点下車徒歩5分
所要時間 最低2時間
駐車場 有
公式ホームページ

en1

バスの時刻
    室生口大野駅から室生寺 (日・祝)
     8:20 9:20 10:20 11:20
     13:00 14:00 15:00 16:00
    *乗車時間 約15分
    *運賃430円
    *タクシー利用 2500円前後
    室生寺から室生口大野駅
     8:50 9:50 10:50 11:50
     13:30 14:30
    *奈良交通ホームページ








関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/338-582c2373
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday