白マム印 日本のこと日本のもの

 
14
 
←前回

室生寺奥の院 P9210097




五重塔の先にさらに石段(参道)が続きます。
本の少し進むと朱色に彩られた「無明橋」が
かかっています。
この橋から370段あまりの石段を上ると
弘法大師が祀られた奥の院となります。



Dsc_00301.jpg




Dsc_00441.jpg





室生寺奥の院 P9210099
                              石段の寄贈者銘でしょうか?

370段の石段は不揃いということもあり
ちょっとシンドイですが
石段の左右には
石仏や祠などが点在して
それらを見ながらゆっくり上っていくと
楽しめます。


室生寺奥の院 P9210098
                          天然記念物室生山暖地性羊歯の石碑

この辺りは
暖地性シダの分布の北限とのこと
です。

ついつい
マムシ&落石注意に目をとられて
シダの掲示は見落としてしまいます。


P9210107
             ↑ 山中の川が水源ですので
               時々枯渇しま
               す ご了承ください
                      の掲示あり。

石段を上っていると
右手に石塔がみえます。

寄り道をしましょう。

ここは賽の河原です。


室生寺奥の院 P9210100






室生寺奥の院 P9210103






室生寺奥の院 P9210104






室生寺奥の院 P9210101


賽の河原にはたくさんのオモチャが供えられています。
前回同様(8年前)、胸が締め付けられます。
しばし沈黙。

さ、
もと階段にもどりましょう。

室生寺奥の院 P9210106






P9212975






室生寺奥の院 P9210132






室生寺奥の院 P9210141






室生寺奥の院 P9210109


やっと
懸造りの奥の院の位牌堂が見えてきました。


室生寺奥の院 P9210112



懸造りの位牌堂の舞台には休憩用の
椅子が設けられています。


室生寺奥の院 P9210130






室生寺奥の院 P9210131


弘法大師が祀られた御影堂は
露盤が石造りという珍しいものです。
                                     


室生寺奥の院 太子堂P9210124


この日9月21日は
本堂と共に弘法大師が祀られた
御影堂もご開帳で
お大師さまのお姿を拝むことが
できました。

室生寺奥の院 太子堂P9210119






室生寺奥の院 御影堂 石造り露盤
                                      石造り露盤



御影堂の向かいの香炉の覆い屋
の蟇股と木鼻↓

室生寺奥の院 蛙股 P9210123
P9210121 室生寺奥の院 P9210120
室生寺奥の院  P9210122


御影堂の陰には諸仏出現の岩があり
その上に七重の石塔が聳えています。



室生寺奥の院 七重石塔 諸仏出現の岩  P9210126
               七重石塔 諸仏出現の岩




P9210129

位牌堂の舞台に座って
しばし小休止。

前回は舞台より室生の里が見えたのですが
残念なことに木々の遮られて
見ることができませんでした。

おにぎりの美味しかったこと。

さて
次は龍穴神社にいきましょう。



P9210134


下りの方が
膝にくるうえに、ちょっと怖い!


en1参考en1

山号  宀一山(べんいちさん) 
宗派  真言宗室生寺派
寺格  大本山
創建年 宝亀年間(770年 - 781年)
開基  賢憬(賢璟)   
本尊  釈迦如来(国宝)
別称  女人高野(注1)
住所  奈良県宇陀市室生78
電話  0745-93-2003
交通  近鉄室生口大野駅から室生寺行き15分
     バス終点下車徒歩5分
所要時間 最低2時間
駐車場 有
公式ホームページ

バスの時刻
    室生口大野駅から室生寺 (日・祝)
     8:20 9:20 10:20 11:20
     13:00 14:00 15:00 16:00
    *乗車時間 約15分
    *運賃430円
    *タクシー利用 2500円前後
    室生寺から室生口大野駅
     8:50 9:50 10:50 11:50
     13:30 14:30
    *奈良交通ホームページ



近辺情報:室生龍穴神社
 室生川上流徒歩10分
近辺情報: 龍穴神社
室生川を10分ほどさかのぼる。 
室生 龍穴神社 P9210164
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/339-a8ad66ed
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday