白マム印 日本のこと日本のもの

 
21
 
←前回 雷神社

PA1204071.jpg
                                             白蛇石・金白龍神のお社



白蛇石は雷神社の鳥居の真向かいの沢に
鎮座されていると
コミュニティーバスの運転手さんが
教えてくれました。

知りませんでした。

何度も雷神社に参拝しているというのに
初めて拝観させていただきます。


雷山雷神社 金白龍神と白蛇石 PA120398



狭くて急な階段を降りていきます。
せせらぎの音が段々と強くなっていきます。
2、3分でしょうか。



雷山雷神社 金白龍神と白蛇石 PA120399




沢につき
辺りをみまわすと、上方に小さなお社が
見えました。


雷山雷神社 金白龍神と白蛇石 PA120400



近づいてみましょう。



雷山雷神社 金白龍神と白蛇石 PA120401


しばし合掌。

「石ころ」が鎮座していると
思っていたのですが、

覆い屋に米俵ほどの大きさの
白蛇石。
そのお隣に瓶(びょう)を持たれた
観音さまがおられました。
よく観させていただくと
観音菩薩立像ではなく
「金白龍神」と掲示されていました。

白蛇は弁天さまのお使いで
水神であり富をもたらす神さまと言われています。

白龍は諸説あります。
白蛇の神であり
水の神であり
家を守る神などと。


この白蛇石・金白龍神に関しての
詳細な記述はなく
来歴などはわかりません。

なにか言い伝えなどを知っているかと
父に訊きましたが「わからん」の
一言。

と言っても、父は少し痴呆がはいって
います・・・・・・。

私自身、白蛇石・金白龍神の言い伝えを
聞いたことはありません。

どなたかご存知のかた、ご教示くださると
幸いです。


雷山雷神社 金白龍神と白蛇石 PA120403


供えられているお花が
新しいところをみますと
篤く信仰されていrのだなあと
嬉しく思います。



お社の裏手には磐座(いわくら)
がおわしました。

これも
思ってもいなかったことで
思わず頭を垂れます。

まずは
この磐座ありきだったのでしょうね。

それから
白蛇石・金白龍神が祀られたのでしょう。





雷山雷神社 金白龍神と白蛇石と磐座PA120406



滝の音が聞こえるだけ。
静かです。



雷山雷神社 白蛇石と磐座 PA120409







雷山雷神社 白蛇石と磐座PA120410


下りた道の他に
もう一方、道がありました。

そちらを登っていきましょう。


雷山雷神社 PA120408


雷神社の鳥居が見えてきました。



雷山雷神社 PA120412


         
                   それではお次は雷山千如寺 大悲王院 を散策してみましょう

en1参考en1

< 雷山シリーズ >
雷山 雷神社(中宮)
雷山 白蛇石・金白龍・磐座
雷山観音 千如寺 1/


住所  福岡県糸島市雷山148
糸島観光 092-322-2098
交通  筑前前原駅南口 バス雷山観音行き
      終点下車徒歩20分
     コミュニティーバス 1日3便
タクシー利用 2900円前後
拝観料 無料
駐車場 有り

<周辺情報>
雷神社(中宮)
雷山千如寺 大悲王院(雷山観音)



関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/343-27e5da57
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday