白マム印 日本のこと日本のもの

 
06
 
2015-11-2,3 滞在
←前回

PB0305411.jpg
                                  光台院 本堂破風



一人で宿泊するには静かすぎる光台院さんですが、
暖かいお部屋にフカフカ寝具でぐっすりと寝て
気持ちのよい朝を迎えました。



光台院 重森三玲 PB030529








御室光台院 PB030494


↑山の神様に向かってでしょうか。
榊とお供えが庇の下にしつられて
ありました。


この中庭の先には樹々に見え隠れ
していましたが優美な多宝塔が建立されて
います。
この多宝塔は、大正5年に新しくつくられたものです。




光台院 多宝塔 PB030484



本来ここにあった多宝塔は
桃山あるいは鎌倉時代に建立されたものですが
大正5年に大阪の藤田男爵が光台院より買い取り
現在の藤田美術館に移築されました。

その時に、
藤田男爵のによって同じ多宝塔が作られて
光台院に寄進されました。



光台院 PB030496



朝の境内は靄がかかっています。




光台院 PB030499


6時30分より本堂にて
勤行です。

   昨夜の夕食時ですが、
   襖を隔てた座敷から食器のかちあう音が
   響いて不思議に思っていましたが
   謎がとけました。

   外人さんでした。

   大きな声では言えませんので近寄って
   ください。
   実はね、
   「雑」。。。


勤行に集まった泊り客は
私をいれて4人です。
泊まり客全員集合。

本堂の写真がなく残念ですが
本堂は目を凝らすと
襖絵は豪華絢爛。
天井、柱と極彩色のきらびやかな
ものでした。

快慶のお仏像様にふさわしい
内陣、外陣です。

お勤めが終わると
ご本尊の近くにて拝観することを
許されました。






24773483_624_v1446783315.jpg
            快慶作阿弥陀三尊(左より勢至菩薩、阿弥陀如来、観音)




お美しい。



この言葉以外には
言葉がみあたりません。


この阿弥陀如来三尊は
快慶晩年の最高傑作といわれています。

無駄のない彫、
リズミカルな姿。

快慶の常で
破綻しているところがありません。

快慶は
このお像の影にいたるまで考え抜いて
作造したといいます。

光りの投影によって影も
刻々と美しく変化するそうです。

   <下記↓は平成21年8月に拝観したときの記述です>

    快慶作のこの三尊は後補や後付けがない保存状態のよい
    完全なものとして最善美のお作といわれています。
    その言にたがわないお仏像です。

    三尊とも寄木造に玉眼で、衣には截金文様がおかれています。

    中尊の阿弥陀如来像の慈しみ深いけれど、お厳しいお顔。
    そして脇侍の勢至、観音菩薩さまの少しおひざを屈めて
    私たちに近寄ろうと、あるいはこちらにまねくようなお姿に
    頭がさがります。

    宝冠、瓔珞(ようらく)、蓮華座にいたるまで最高の
    技術をみることができるお仏像様です。





  光台院 快慶作阿弥陀三尊
                      勢至菩薩


光台院 快慶作阿弥陀三尊
                      観音菩薩




   快慶作 阿弥陀三尊
                           阿弥陀如来



このご三方が
お迎えにおいでになるのならば
喜びて
いきましょうぞ。
彼の地へ。



                                          つづく→

 2015年11月2日3日 
         光台院 滞在記 1 序 
                    2 破風飾り
                    3 快慶作 阿弥陀三尊像 
                    4 重森三玲の庭 
                    5 本堂外観     



en1掲載en1

                                      
2015年11月1日
1 東寺(教王護国寺)五重塔の邪鬼・力士
2  東寺(教王護国寺)講堂の背面は初公開(2015 秋 特別拝観 )
3 東寺 小子房  (2015 秋 特別拝観 ) 1
4 東寺 小子房 2  勅使門解体新写
5 東寺 灌頂院・十二神将 (2015 秋 特別拝観 ) 
6 泉涌寺 塔頭 1 即成院 「極楽浄土を奏でる仏像のオーケストラ」
7 泉涌寺 塔頭 2 悲田院 快慶作 宝冠阿弥陀如来坐像
8 泉涌寺 塔頭 3 戒光寺 驚きの丈六釈迦如来像
9 妙法院門跡 蓮華王院三十三間堂本坊の普賢菩薩
10 新日吉神宮 (いまひえじんぐう)
11 京都 平成知新館  京を彩る 琳派

2015年11月2日
1 法隆寺 上御堂(特別開扉 11月1日~11月3日のみ)
2 高野山金剛峯寺 大門 九度山より町石道を行く
3 高野山 霊宝館
4 高野山 最強のまじない秘法に十字羯磨(ジュウジカツマ)
5 高野山 橋本警察署 高野幹部交番
6 高野山大師教会 破風飾り解体新写

2015年11月3日
1 光台院 (高野御室別格本山 光臺院)のすべて 序
2 光台院(高野御室別格本山 光臺院)のすべて 2 本堂破風飾り
3 光台院 (高野御室別格本山 光臺院)のすべて 3 快慶作阿弥陀三尊像
4 光台院 (高野御室 別格本山光臺院)のすべて 5 本堂破風飾り
6 光台院 (高野御室別格本山 光臺院)のすべて 4  重森三玲の曲水の庭
7 高野山真言宗 総本山金剛峯寺、金剛峯寺
8 高野山 金剛峯寺1 正門解体新写
9 高野山 金剛峯寺2 下門解体新写
10  高野山 金剛峯寺3 大玄関解体新写
11  高野山金剛峯寺 壇上伽藍 1 中門~西塔
12  高野山金剛峯寺 壇上伽藍 2 孔雀堂~根本大塔~東塔
13 高野山 奥之院
14 高野山 遍照光院 破風飾り解体新写



en1足取りen1

2015年11月1日
東京→京都→東寺(五重塔、金堂、講堂小子房1小子房2灌頂院)→
泉涌寺塔頭(即成院悲田院戒光寺)→三十三間堂本坊妙念院
三十三間堂→新日吉神宮京博(琳派展)
奈良
11月2日
奈良→法隆寺(上御堂、金堂、講堂、五重塔、大宝蔵院)→
高野山霊宝館街並み橋本交番大師協会→赤地蔵→金剛峯寺→光台院→
11月3日
光台院・破風飾り快慶三尊本堂外観重森三玲
金剛峯寺、金剛峯寺建築詳細・正門下門大玄関
根本大塔奥之院遍照光院→東京

関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/350-fd3ab78b
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday