白マム印 日本のこと日本のもの

 
12
 
25330026_624_v1445289208.jpg
                                  金剛峯寺 下門(2009年8月9日撮影)






高野山金剛峰寺







金剛峯寺下門 蛙股 波に兎 PB020437


下門の蛙股(蟇股)は「波に兎」。

私たちの兎のイメージは月に兎ですが
神社仏閣の意匠をつぶさに観ると
兎には月ということに気がつきます。

これは
波イコール水を意味しており
火除けのお守り。
火事を恐れる神社仏閣は好んで
この意匠を取り入れています。
龍の意匠が多いのもこれと同じ
理由です。

はてでは兎は?

兎は、多産です。
このことから子孫繁栄の象徴であり
元気よく、跳びはねるさまは
飛躍の象徴ともいえます。




金剛峯寺 下門 蛙股PB020433


しかし
本当の由来は
謡曲「竹生島チクブシマ」らしいです。

延喜帝(醍醐天皇)の臣下が、琵琶湖の竹生島に
祀られている弁財天に参詣するため舟に乗ったおり、

「緑樹影沈んで  魚木に登る気色あり 月海上に浮かんでは 
兎も波を奔るか 面白の島の景色や」

と、うたっ た一節が元になったとされています。




金剛峯寺下門 PB020436



*能(謡曲) 竹生島 の詳細はコチラをご覧ください。
*竹生島に関しては2013年1月の
 拙ブログ「竹生島 宝厳寺」拝観記をごらんください。


                           以上は 2015年11月2日3日滞在を元に
                           構成しています。



関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/354-ae82c2cc
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday