白マム印 日本のこと日本のもの

 
18
 
230118845_624_v1447342945.jpg
                                    金剛峯寺正門

号    高野山 
宗派  高野山真言宗
寺格  総本山
創建年 弘仁7年(816年)開基  空海 
本尊  薬師如来(あるいは阿閦如来)

住所  和歌山県伊都郡高野町高野山132
電話  0736-56-2011
交通  南海高野線極楽橋よりケーブル5分、高野山よりバス(注1)
公式ウェブサイト
阿字観体験詳細
山内マップ
寺内みどころ説明マップ

高野山金剛峰寺
                           金剛峯寺 本坊 中央が大玄関


高野山は高野山全体が境内といわれ
総本山金剛峯寺とした場合は
金剛峯寺だけではなく
高野山全体をさします。

お山全体には117の小寺院(塔頭)が
あり、そのうち57が宿坊としての機能を
持っています。

この項では「金剛峯寺」の境内の
建物をご案内いたします。




金剛峯寺正門
                          金剛峯寺 正門 天井(詳細はコチラ






金剛峯寺下門
                             金剛峯寺 下門(詳細はコチラ






2010年08月14日_DSC_0199高野山金剛峯寺蛙股
                              波に兎の蟇股(詳細はコチラ

下門の蟇股は「波に兎」です。
波は水をあらわし兎は
繁栄の象徴といわれ
神社仏閣の装飾によく使われます。


金剛峯寺の正門をくぐると
ひと際目立つのが
大玄関です。

金剛峯寺 大玄関


大玄関は金剛峯寺の表玄関にあたります。
天皇・皇族や高野山重職だけが出入りされました。



高野山金剛峯寺 大玄関破風PB030575


この玄関にはみごとな龍の彫刻がほどこしてあります。
今にも飛び出してきそう。
白マムはいつもほれぼれとして
いっときの間、眺めているのですが
誰も、この破風飾りに気がついてくれず
がっかりしてしまいます。



2010年08月14日高野山金剛峯寺大玄関


ご覧ください。
上から下までぎっしりと
飾りでうまっています。

金剛峯寺に参拝されるかたは
是非、玄関の意匠に注目をなさって
ください。


金剛峯寺 天水桶 PB020419



大玄関の屋根だけではなく本坊全体の屋根に
天水桶(てんすいおけ)が設置されています。
ここには雨水が自然に貯まります。

火災が発生したときに桶の水をまいて類焼を
食い止めたいわれています。

大玄関の右横には小ぶりですが
上品な玄関があります。

小玄関です。


PB020431
                           本坊大玄関の右横、小玄関



小玄関は、御坊様として上位の上綱(じょうこう)職の
方々が使用されます。



金剛峯寺 PB020438
                                           右玄関

正面から見ると楚々とした感がありますが
斜めから見ると
堂々とした面持ちです。

左側手の玄関も見てみましょう。


金剛峯寺本坊 PB030580
                           本坊大玄関を中央に左の玄関



この玄関の破風飾りも威風堂々として
いいものです。


高野山金剛峯寺本坊玄関 破風飾り PB030581
                                 左玄関破風飾り・笈型






2010年08月14日_DSC_0186
                    2010年08月14日お盆 撮影

吊るされた白い物は
「切子灯籠」
といい、
お盆のみに先祖供養の為に
軒先につるされます。
 
   11月1,2日滞在時には
   然ながら切子灯籠はありません。
   普段はみることができません。(注2)



金剛峰寺
                                    蟠龍庭ばんりゅうてい


本坊は拝観料を払うと入場できます。
撮影OKですよ。
襖絵、お庭、台所と見どころ満載。
休憩も可能です。

   今回、時間がなくて
   白マムは中には入っていません。





金剛峯寺 鐘楼PB020427
                                             鐘楼






金剛峯寺 経蔵
                                             経蔵







金剛峯寺 護摩木アート PB020432


境内には経蔵、鐘楼が点在し
不思議なオブジェが目につきました。

護摩木のアートです。

これは高野山開創1200年記念大法会の期間中のみの
催しで「「森林(もり)のいのちの塔」といいます。
金剛峯寺に参拝に来られた方々に、
薪の護摩木に東北復興への祈りやメッセージを書いていただき、
それを美術作家の崔石鎬(チェ・ソクホ)が積み上げたものです。

福島県小名浜の冷泉寺にていずれお焚き上げされることに
なっています。


さて、
白マム見仏の常連さんならご存じ
「手水」コレクションです。

この金剛峯寺には
白マムの大好きなお茶目な
竹細工の手水があります。

ウキウキ

2010年の手水↓


2010年08月14日高野山金剛峯寺手水
                                 白マムお気に入りの手水




え!
なんということでしょう。

2015年11月2日の手水は↓
金剛峯寺手水 PB030591
               ↑現在の手水

でした。 涙





六時の鐘
                                           六時の鐘







2010年08月15日こうやくん



蛇腹道を通って
根本大塔へ行きましょう。




高野山 蛇腹道 PB030592







金剛峯寺 PB030594



en1参考en1

<注1:高野山内バス>
高野山内路線バス地図・時刻表
高野山ケーブル時刻表

<注2:切子灯籠>
高野山・金剛峯寺では、お盆を前に、先祖の霊を導くという純白の
「切子灯籠・きりことうろう」がことしも軒先につるされました。
切子灯籠は高さが2メートル余りあり、白い和紙を張った木枠の
下に4本の長い和紙が垂れています。
高野山では8月13日から15日までがお盆とされていて、
奥の院にある「燈籠堂」の火を移したこの切子灯籠の明かりを
目印に先祖の霊が帰ってくると伝えられています。

en1備忘録en1

11月1日
東京→京都→東寺(五重塔金堂、講堂、小子房灌頂院)→
泉涌寺塔頭(即成院、悲田院、戒光院)→
三十三間堂本坊妙念院→三十三間堂→京博(琳派展)→
奈良
11月2日
奈良→法隆寺(上御堂、金堂、講堂、五重塔、大宝蔵院)→
高野山→霊宝館
→大師協会→赤地蔵→金剛峯寺→光台院
11月3日
光台院→金剛峯寺→根本大塔→奥之院→遍照光院→東京

                                     赤字:特別拝観
                                     青字:要電話    



関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/356-1497e783
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday