白マム印 日本のこと日本のもの

 
25
 
230532576_624_v1447866738.jpg
            根本大塔        大会堂          西塔       ↓蛇腹道




壇上伽藍は弘法大師が
この地に開創したおりに一番に
整備を着手した場所です。

この壇上伽藍の金堂が
高野山総本山金剛峯寺の総本堂になります。


大門をくぐり中門、そして金堂を詣でるのが
本来の参詣なのですが
金剛峯寺がバス通りに接しているという
単純な理由で金剛峯寺を参詣したのち
蛇腹道を通って

中門を潜らず
東塔から堂宇を順次、お詣りされる方が殆ど
のようです。


かくいう私も蛇腹道から入りましたが
アップに際しては
中門よりご覧にいれます。



高野山壇上伽藍 中門 PB030671
                   高野山総本山金剛峯寺 壇上伽藍 中門







高野山壇上伽藍金堂
                   高野山壇上伽藍金堂 posted by(C)poco                              




金堂が高野山の総本堂にあたり
本尊は高村光雲が造立した
秘仏、阿閦如来(=薬師如来)(注1)です。
なぜ「阿閦如来=薬師如来」かといいますと
ウィキペディアによると
   「空海が開創した
    高野山金剛峯寺金堂(旧堂は1926年に焼失)の
    本尊は阿閦如来と伝承されていたが、薬師如来とする説もあり、
    さらには阿閦と薬師は同体であるとする説もあった。
    同像は古来絶対の秘仏であったことに加え、
    1926年の火災で焼失してしまったため、その像容は不明である

                                とのことです。




高野山根本大堂 金堂 PB030628








2010年08月14日高野山壇上伽藍 金堂
          壇上伽藍 金堂 posted by C)poco





高野山根本大塔 金堂 PB030634
                                        壇上伽藍 金堂





高野山壇上伽藍 六角経蔵 PB0306641
                                         六角経蔵



経蔵の基壇に把手がついており、
回すことができるようになっています。
一回りすれば一切経を一通り読誦した
功徳が得るといわれています。


ただしとても重くて一人でまわすのは
大変です。



高野山壇上伽藍 六角経蔵 PB0306611



カップルが力をあわせて回す!
素敵ですね。

上記の写真で、この経蔵がいかに
大きいかわかりますね。

金堂も
梁間23.8メートル(建物の短い方)、桁行(長い方)30メートル、
高さ23.73メートルと大きいものです。
人を配置するとわかりやすいですね。↓



PB030670111.jpg
                        高野山壇上伽藍 金堂







高野山壇上伽藍 御社 PB0306541
                            高野山壇上伽藍 御社(みやしろ)


高野山は神仏習合の里と言っても
過言ではありません。

   高野山開創の伝承(注2)にもあるように、
   高野山一帯は元々この丹生(にう)明神の神領であったと
   伝わります。お大師さまは密教を広めるにあたり、
   日本の地元の神々によってその教えが尊ばれ守られるとする
   思想を打ち出され、神仏習合思想の大きな原動力にもなりました。

                  金剛峯寺オフィシャルサイトより

この御社の辺りは
西の端になり、根本大塔はすぐそこに
あるというのに森閑として
緑に赤と黒が映えます。
不謹慎ですが
その赤と黒の様子はおどろおどろしささえ
感じさせ畏怖の念がわいてきます。

社殿は三つあり、
一宮は丹生明神、
二宮は高野明神、
三宮は総社として十二王子・百二十伴神
がまつられています。


光台院の御坊様が
「高野山は神と共にあります」

仰ったのを思い出します。



高野山壇上伽藍 御社 PB030660








高野山壇上伽藍 山王院 PB030662
                             高野山壇上伽藍 山王院




御社の前に建つ、山王院は御社の
拝殿です。




高野山壇上伽藍 山王院側面 PB030651
                              高野山壇上伽藍 山王院


この御社と山王院の右奥には
白マムがこの壇上伽藍で一番好きな
建物、場所があります。

静かで
緑の苔に覆われた場所。

西塔が建つところです。




高野山根本大塔 西塔 PB030658
                        高野山壇上伽藍 西塔


楚々としていて
尚且つ
雄々しい、西塔です。




2010年08月高野山壇上伽藍西塔







高野山根本大塔 西塔 PB030650



いつもこの辺りの
木の根元に座り
おにぎりなんかを頬張って
ぼーっとする白マムです。



高野山根本大塔 西塔 PB030645
                                 高野山壇上伽藍 西塔




                                                 つづく

en1参考en1

<注1:阿閦如来(=薬師如来>
DSCN7249-e14279868715451.jpg
橋本新聞より

<注2:高野山開創伝承>
丹生都比売神社に関しては、
弘法大師空海が高野山金剛峯寺を開いた際に地主神たる丹生都比売神社から
神領を譲られた、とする伝説が知られる。
高野山と丹生都比売神社の関係を語る最古の縁起として、
11世紀から12世紀の『金剛峯寺建立修行縁起』がある。

これによると、弘仁7年(817年)に空海は「南山の犬飼」
という2匹の犬を連れた猟者に大和国宇智郡から紀伊国境まで
案内され、のち山民に山へ導かれたという。

以上の説話は『今昔物語集』[等にも記載されており、
説話における前者は高野御子神(狩場明神)、
後者は丹生都比売神(丹生明神)の化身といわれる。
『丹生祝氏本系帳』には、丹生氏がもと狩人で神の贄のため
二頭の犬を連れて狩りをしたという伝承があり、
これが高野山開創に取り入れられたと見られている。
                        ウィキペディアより

高野山壇上伽藍名所一覧




空海 高村 薫


関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/357-983fcc4c
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday