白マム印 日本のこと日本のもの

 
08
 
多田宏九段
多田宏九段と入江康仁五段 posted by (C)poco


合気道を知ったのは30年以上前になります。

その当時は、合気道はまったく知られておらず、
知っているという人でさえ、
相手の体にふれずに、エイヤアと相手を気合いで投げ飛ばすんでしょ、
なんてまことしやかに言っていたものです。

いえいえ、今現在もそういうふうに思われています。

自分なりに懸命に稽古をしているつもりですが、
ちっとも上手にはなりません。
合気道の真髄にふれることもできません。
情けないかぎりです。


多田宏九段
posted by (C)poco


合気道はとても日本的なものだと思います。
柔道や剣道、空手の対極にあるように思えます。

少しづつ、このブログでも合気道のことを
そして合気界の至宝である我が師の
多田宏九段のことなどを紹介していこうと思っています。

今回は我友であり、出来の悪いわたくしを嫌がらずに
お稽古の相手をしてくれた入江五段のことを紹介しましょう。


合気道入江康仁四段
合気道家入江康仁五段 posted by (C)poco

<入江康仁五段略歴>

1982年 京都生まれ 神奈川育ち
      早稲田大学進学後合気道会に所属し、
      本部道場、月窓寺道場を中心に稽古をつづける。
      早稲田大学合気道会45代主将となる。
2008年 早稲田大学専門職大学院公共経営研究科に
      合気道の専門家として入学(1年コース)
2009年 3月 大学院卒業

2010年 (財)合気会合気道多田塾入江道場設立

2011年 2月、本拠地を京都へ移す
      3月より京都市武道センター 旧武徳殿にて稽古会を開始
 

現在、京都を中心に合気道場を開設。
      (そのほか滋賀、東京桜堤)

入江道場ホームページ

果敢に合気道場を開拓している入江五段です。少しずつ生徒さんも
ふえていますが、まだまだです。
そんな五段の稽古日誌を転載しました。

技(入り身)や対峙、同化、気の感応等普段聞くことの
ない単語がでてきますが、これらのこと追々説明できたらと
思っています。

en1  en1
入江道場稽古日誌  4月7日

烏丸御池で稽古をしています。まだ会員は少ないですが、
自分としては楽しくいい稽古ができています。

稽古のテーマは入身です。自分が入身をしていくことによって相手の線をはずす。
相手の線をはずした位置に自ら入身をするということ。相手の線をはずすために
入身をするというのとは違います。結果的にそうなるようにするということで、
それは目的には成り得ません。また勝手にそういう結果になったというのも違う。
ちゃんと自分でそういう結果を導き出していくことに意味があります。

掛り稽古などで、スピードをつけてやると大抵最初から受けがずれたところで取ったりします。
そうするとこういう稽古はできません。元々同じ線の上でしっかり向かい合っている。
その時、相手とどう向き合っているかということがその後の結果を変化させると思います。

対峙するのではなく、同化する。そういう感じを常に持って稽古をしていきたいと思っています。
こういうところは、気の感応で当たる状態を作っていくのと似ています。
桜堤に来ている兄妹が京都へ旅行で来たらしく、稽古の終わりに会いに来てくれました。
嬉しいものです。次回はぜひ稽古に。

<稽古内容>
坐技正面打一教 正面打一教 片手取呼吸投 相半身入身投 坐技呼吸法

片手取呼吸投 四方投 入身投 小手返 坐技正面打一教 坐技呼吸法



*掲載の画像の転載は多田塾生のみとさせていただきます。
*2015年現在五段です。
関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/36-470e704b
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday