白マム印 日本のこと日本のもの

 
12
 
東大寺僧形八幡神坐像
東大寺僧形八幡神坐像 posted by (C)poco


御神像をご覧になったことはありますか?



大半の方が首を横に振られると思います。
そして仰る。

「神様は山や木に宿られて姿はないでしょ」と。

確かに、そうです。
が、
神仏習合により山や木や岩などにお宿りになっていた神は、
その時代の徳の高い人に降りられるようになりました。
それが高僧や天皇です。


私がはじめてご神像にお目もじしたのは
東大寺勧進所の一角、東大寺八幡殿でのことです。

トップの画像がそのご神像、
「僧形八幡神(そうぎょうはちまんしん)」で
いらっしゃいます。


この保存状態のよい、おきれいなお像は
快慶の作です。



次回は、わたくしがつい「お美しい」

口をもらしたご神像、

大分県奈多海岸、八幡奈多宮の應神天皇(八幡神)
のお像を
新幹線、在来線、バスを乗り継ぎたずねた様子を
あらわしながら紹介いたします。


1 ご神像をご存知ですか
2 よしっ 八幡奈多宮に行こう
3 八幡奈多宮 ご神像を訪ねて
4 神像の美



en1  en1

東大寺僧形八幡神坐像(秘仏)

東大寺の鎮守八幡宮(現、手向山八幡神社)の御神体でしたが、
明治の神仏分離・廃仏毀釈によって、東大寺に移されたものです。

    寺院に行かれてお気がつかれる方も多いと思いますが、
    古い御寺には鎮守のお社が祀られています。
    これは、本来、神の国であった日本に仏教が伝来し
    ひろまったためにおこる争いをさけるためにとられた
    共存共栄=神仏習合政策がもたらしたものです。
    ご神像は平安初期よりみられ、奈良薬師寺の鎮守さま、
    休ヶ岡八幡宮のご神体が有名です。


開扉日 毎年10月5日(9:00~16:00)
場所  東大寺勧進所八幡殿・入堂無料

*当日は勧進所阿弥陀堂の五刧思惟阿弥陀如来坐像
 開扉されます。

関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/38-9417455a
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday