白マム印 日本のこと日本のもの

 
03
 
前回 悲田院                                        次回 妙法院

泉涌寺塔頭 戒光寺 PB010153



ー丈六 戒光寺ー

寺格 準別格本山
本尊 丈六釈迦如来立像

悲田院をあとにし、
快慶の弥勒さんの美しさの余韻に
ひたり参道にでると



泉涌寺塔頭 戒光寺 PB010147


なる
板の立て看板が目にはいりました。

運慶湛慶合作!
丈六!
木彫り!

ぐっときました。
特に
「木彫り」に。

木造ならばひっかかりもしなかったの
ですが丈六(5.4m)で木彫り。
なんだか匂います。


泉涌寺塔頭 戒光寺 PB010146


普通のといいますか、
地元密着のどこにでもあるお寺さんなのですが、、、




本堂に入って









仰天!






prec1.jpg



ゴージャス!

大きい!
  台座、光背をいれると10m!

色がすごい!

迫力!

妖艶!


エクスクラメーションマークだらけ。

なんだか
思いっきり叱り飛ばされそうな居丈高!

光背は蛇みたいに絡みついてる!



いっとき呆然と眺める白マムです。

    首の辺りから何か流れている様に見えるのは、
    血の跡だといわれてます。
    これは、後水尾天皇が即位争いに巻き込まれ
    暗殺者に寝首を掻かれた時に、
    この釈迦如来が身代わりにたたれ、
    ついたものだといわれています。

                 オフィシャルサイトより


これが木彫りねえ。

木彫りというと
「木彫りの熊」しか思い出さない
白マムに木彫りといえば戒光寺が
刷り込まれた瞬間です。


まったく前知識なしに
入った塔頭がこんなに当たりだったとは!

こうやって
ふらりと入るのもいいものです。


泉涌寺に行かれる方は
おすすめです。


泉涌寺塔頭 戒光寺 PB010145
             真言宗の本坊のお玄関は生け花が嗜み! のようです



泉涌寺塔頭 戒光寺 PB010148



泉涌寺塔頭 戒光寺 PB010150

                                      次は三十三間堂本坊妙法院へ

en1参考en1
戒光寺オフィシャルサイト
泉涌寺塔頭マップ
拙ブログ 総本山泉涌寺楊貴妃観音

IMG_0004_NEW
                       泉涌寺 楊貴妃観音

en1備忘録en1

2015年11月1日
東京→京都→東寺(五重塔、金堂、講堂小子房灌頂院)→
泉涌寺塔頭(即成院、悲田院、戒光寺)→
三十三間堂本坊妙念院→三十三間堂→京博(琳派展)→
奈良
11月2日
奈良→法隆寺(上御堂、金堂、講堂、五重塔、大宝蔵院)→
高野山→霊宝館
→大師協会→赤地蔵→金剛峯寺→光台院
11月3日
光台院→金剛峯寺→根本大塔→奥之院→遍照光院→東京

                                     赤字:特別拝観
                                     青字:要電話   




関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/390-4056554e
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday