白マム印 日本のこと日本のもの

 
08
 
前回 妙法院                                             次回 琳派展

新日吉神宮 PB010193


三十三間堂の本坊 妙法院をあとにして
京都国立博物館の琳派展へ。

待ち時間2時間!

では
閉館ぎりぎりに入ろうと
急きょ

新日吉神宮へ。

予備知識ゼロ。

シンヒヨシジングウ



思いきや、

イマヒエジングウ

と読む。


新日吉神宮 PB010192
                              新日吉神宮 随神門(随意神門)


京都女子大を
左に、緩やかな坂をのぼると朱色の随神門(随身門)が見えて
きます。

山門の脇に随神(身)がおられるので随神門といいます。


新日吉神宮の随身さん 随神さん 吽形 PB010195
                                 随神(随身)吽形 矢大臣



新日吉神宮 PB010194
                                随神(随身)吽阿形 左大臣
↑目の位置に網が被って写真としては失格ですね。
随神さんは、向かって右を「左大臣」というようです。
阿形吽形がおいでの場合もあるし、
お二方とも口を結んだお像も多く、
徹底していないような気がします。


新日吉神宮 PB010196



   新=いま。 「今」の意味
   日吉=ひえ。 「日枝」「日吉」「比叡」は同じ。

   平安末期。平氏・源氏・公家が争っていた時代。
   後白河天皇は天皇を退位なされ上皇になられました。
   この時代の実権は上皇が握っていました。

   後白河上皇は院の御所をお定めになられましたときに
   皇居の守護神として、比叡山の守護神/日吉社(現・日吉大社)
   を勧請なされ、京都・東山の麓に「新しい日吉神社」を創祀
   され ました。(1160年)
   創祀850年以上になりますが「新」が付いております。

                    オフィシャルサイトより

新日吉神宮 PB010197


この新日吉神宮は「御神猿」で有名と
のちほど知ったのですが
たしかに
本殿の左右に狛猿さんがおいででした

写真を撮るか迷ったあげく撮らずじまい。
後悔してもあとの祭りです。

では
なぜ撮らなかったかといいますと。

えらく気の毒にみえてしまって・・・・・・。
まるで檻に入れられたお猿さんのようでした。

防犯のためといえ
なんだか撮るのを躊躇ってしまった次第です。

この御神猿さんのお写真はコチラ
ご覧になれます。


新日吉神宮 PB010204


新日吉神宮 PB010201



本殿の虹梁には御神猿さんがおいででしたが
これは肉眼では見えない可能性ありです。
カメラのレンズを通してやっと
浮かび上がってきました。



PB010198


この新日吉神社には
近くに豊国神社があるにも関わらず
境内の端に
豊国神社が鎮座して
いました。

それほど疑問にも思わずお詣りだけしたのですが
これものちほど後悔。

こちらの豊国神社は
徳川家康によって破壊された
豊国大明神(豊国神社)の霊を
密かに祀っておられたということです。

この神社の当時の名前は

樹下社」(このもとのやしろ)。

秀吉の木下姓、
日吉丸という幼名を新日吉
にたくして祀ったといいます。

このような由来を知っていたならば
写真を撮っていたのですが・・・・・・。
無念


新日吉神宮 PB010200

                                              次回は琳派展

en1参考en1

新日吉神宮オフィシャルサイト

<近辺情報>

蓮華王院三十三間堂
京都 三十三間堂 蓮華王院


京都国立博物館
2014年05月04日_P5040907


新日吉神宮(いまひえじんぐう)
新日吉神宮 PB010193

豊国神社
豊国神社2013年08月17日_DSC_0447


方広寺
方広寺梵鐘2013年08月17日_DSC_0466


三十三間堂本坊 妙法院
三十三間堂本坊妙法院 普賢堂 PB010191




en1備忘録en1

2015年11月1日
東京→京都→東寺(五重塔、金堂、講堂小子房灌頂院)→
泉涌寺塔頭(即成院、悲田院、戒光寺)→
三十三間堂本坊妙法院→三十三間堂→京博(琳派展)→
奈良
11月2日
奈良→法隆寺(上御堂、金堂、講堂、五重塔、大宝蔵院)→
高野山→霊宝館
→大師協会→赤地蔵→金剛峯寺→光台院
11月3日
光台院→金剛峯寺→根本大塔→奥之院→遍照光院→東京

                                     赤字:特別拝観
                                     青字:要電話   



関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/394-5b4db5d0
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday