白マム印 日本のこと日本のもの

 
07
 
太宰治 玉鹿石
                         玉川上水 玉鹿石

2月18日に津島佑子さんがお亡くなりになりました。


三鷹駅南口玉川上水には「ここらあたりで入水したのでは」と
思われる場所に太宰が生まれた津軽金木町産の
玉鹿石がぽつねんと置かれています。

私は太宰の短編が好きです。
文章のうまさに唸り、ユーモアに笑い、
どうしようもないだめ男ぶりが
おかしくて今もよく読むのですが、

次女の津島佑子さんのファンでもあります。
その津島さんが2月18日にお亡くなりになってショックを
うけています。
まだお亡くなるにはお早い。


今から35年くらい前でしょうか。
佑子さんにはお会いしたことがあって、
太宰に会ったこともないのに
「なんて太宰に似てるのだろう」と思ったものです。
一挙手一投足。
話しの間のとり方までそっくり。
再度書きますが、太宰を知らないのに太宰に
瓜二つと不思議な感慨をもったものです。


玉鹿石の前を通るたびに
太宰のことを思っていましたが
それに佑子さんが加わりました。


太宰は同棲していた山崎富江と玉川上水にて
入水自殺しますが、奥様美知さんにあてた
遺書の最後を皆さんは
ご存じですか?


美知様
 お前を誰よりも愛してゐました




en1 en1 

私が好きな津島さんの作品をあげておきます。
燃える風 」は子供の気持ちを丁寧にとらえた
お勧めの作品ですが、アマゾンには画像がありませんでした。
また
山を走る女
は、初出は毎日新聞の連載されたもので
残念なことに絶版になっています。
単項本化された頃、
恥ずかしいことですが経済的に苦しく
購入を躊躇ってしまい、そのうち絶版。
ところが
ある日、古書店の棚で発見。
いまでは私の本棚の一冊です。

   

そして
燃える風 」。


津島さんをお好きな方はおわかりになると
思いますが、どれも1980年前後のものです。

最近のものは私には正直に言えば難しい。
しかし
世界的に評価が高いといわれています。



                       *青カバ印には「修理に出したラヂオの顛末」掲載


関連記事
スポンサーサイト

Comment






(編集・削除用)

Trackback

URL
http://gurekomom.blog.fc2.com/tb.php/401-88146207
この記事にトラックバック:(FC2Blog User)

プロフィール

gurekomom

Author:gurekomom
ひとりテクテク、本をポッケにいれてお仏像巡りをしている時が一番幸せです。
楽天のマムの素より移転してきました。こちらに収められてない神社仏閣がたくさん記録されています。
https://plaza.rakuten.co.jp/cotton12/
またカバ屋印では日常のてんやわんやぶりを公開しています。
http://pocomom12.blog.fc2.com/

掲載写真の無断使用は禁止いたします。ご使用になりたい場合はご一報ください。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ありがとう

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
Copyright © gurekomom / Designed by Paroday